•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

商品を購入したあとに届くダイレクトメールで思うこと
私はそう言うお店は、配信するDMにそれ程力を入れていないし、マーケティングレベルがマチナカのフリーペーパー程度しかない。
ところで、昨年末に色々とネットで買い物をした際に新規会員登録をしました。
会員登録をすると、たいてい「ダイレクトメールを受信する」にチェックが入っているか、もしくは半ば強制的に受け取るようなシステムになっています。


とあるサイトで商品を購入するために会員登録をしたことで思ったのですが、改めてダイレクトメールを配信するなら、もうちょっと考えて配信したら良いのに。と感じたことがあります。
例えば、プリンター用のインクやミネラルウォーターを1ケース買った翌日に、「今だけお買い得!ミネラルウォーター2リッター6本1ケース699円!」や「メーカー別4色インク899円!」って購入したいと思いますか?
「昨日買ったばかりなのに要らねーよ!」と思う人が多数でしょう。
「あ!これ買い忘れていた!」と思う人はほんの極僅か。1万人に1人くらいじゃないでしょうか。


私はそう言うお店は、配信するDMにそれ程力を入れていないし、マーケティングレベルがマチナカのフリーペーパー程度しかない。と判断します。
そうなると、せっかく手間暇かけたDM作成が物凄く勿体ないと思います。
DMだって、作成するのにコストをかけています。
配信にはそれ程コストをかける必要ないと思いますが、受け取った消費者にとって心証を悪くするケースがあります。
そうなると、機会損失となりかえって最悪です。
まず、その店が配信するDMは、購入した商品に対してレビューを書いてもらったり、商品がきちんと受け取られたかどうかではないでしょうか。
特に、季節商品なんかは重要で、短期間にリピート買いをするかどうかは、会員のお買い物傾向をキャッチしてDM配信した方が高効率だと思うんですよ。


配信主が「そんなのいちいち考えるの面倒くさいし、所詮ダイレクトメールなんだから1万通送って1通でも反応できたら儲けもん!」なら、そんなお店からはダイレクトメールはおろか、次回からの購入を控えた方が良いと思います。
だって、そんなの詐欺メールと殆ど同じなんですから。
読まれるためのダイレクトメールを徹底的に分析し、そこから導き出される内容を配信する方が、余程利に適っていると私は思いますがいかがでしょうか。


私は、せっかくインフルエンサーの人を見てとある商品を購入したのですが、次からは絶対に買わないな。
と、そっと退会したのでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29