•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

たいようのいえ(1)~(13)
両親を失った3兄弟妹と、複雑な家庭環境で育った真魚と関わる織りなすストーリー。


2018年09月19日購入(1)~(3)
2019年07月06日購入(4)~(13)
2019年07月12日読了

このコミックスのテーマは、私の独断と偏見で「家」と「家族」。
両親を失った3兄弟妹と、複雑な家庭環境で育った真魚と関わる織りなすストーリー。
最初の3巻は、たぶん、無料で3巻をGETして、ずっとほったらかしでした。
最近、読み始めたタイミングで、今月d払い20%キャッシュバック月であるため、残り10巻をまとめて購入しました。

兄弟と真魚の三角関係や、真魚と真魚の友達、その彼による恋愛、妹の自責による自宅拒否、真魚と父、義母、真魚と真母の話しなど、上手にまとめられたと思います。
真魚の父と妹の会話で、妹が家に戻る決意をしたエピソードは、何かグッと来るものがありました。
親娘の無理解からスレ違いが生じ、真魚が基の家に逃げ込み、その後、父との会話を重ねることによって、深い溝が修復していくところも良かったです。
特に9巻あたりから、話しが大団円に向い急加速していき、グイグイと引き込まれてしまいました。(お陰でその日に寝たのは1時過ぎになった。)
読後感は、とても心が温かい気持ちになりました。
また読み直すわ。これは。。。
できれば、アニメ化して欲しい作品ですね。


お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31