•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

HDDを処分・・・の前に
・万一、片方が壊れても冗長性を保つようにしていた。
先日、ファイル共有サーバーに接続している外付けHDD1台が、何の前触れもなく落ちた。
「あれ?」
と思って電源を入れて事なきを得たんだけど、ふとそこで気付く。


「そういや、外付けHDD2台ってかれこれ10年近く使っているよな・・・?」


しかも、365日ほぼ付けっぱなしなのでそれなりに使い込んでいるはず。
と思って、CrystalDiskInfoで調べてみた。

WesternDegital 1TB
Seagate 1TB

うん。もうあかんね。
注意の出ているSeagateもそのまま使うと後悔しそうだから、新しいHDDを買うことにした。
勿論、前回購入したものと全く同じ奴。



Amazonの注文履歴を見たら、毎年同じのを買っていた(笑)

購入履歴

最近買った方が安い(笑)



1TBを2台買うのを止めて、2TB1台に集約することにした。
2台に分けていたのは、

・万一、片方が壊れても冗長性を保つようにしていた

と言うシンプルな理由。
しかし、ファイル共有用HDDの実使用は1TBに対して1GB以下だったので、物凄く無駄なことをしていた。
そこで、今回は1本化に集約した。
冗長性は失われるが、バックアップを物理的に分けているので、万一集約した2TBのHDDが壊れても大丈夫。
バックアップ元が壊れていたらどうしようもないけど、そこはもう割りきりかな。


これまで、HDDを廃棄するときは分解して円盤をガリガリに傷つけて捨ててました。
しかし、それも面倒だから「ディスク消去ユーティリティ」を使って完全消去。
そして、地元自治体では処分できないので、使用済小型家電回収をしている公民館に放り込みました。
ACアダプタと専用ケーブルだけが残ったので、闇市にでも長そうと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31