•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

現場指導者から声が上がらないのは何故か
決して、指導に体罰や暴力はあってはいけませんが、指導者も選手同様人間です。
アマチュアスポーツ界での不祥事が続いています。
決して、指導に体罰や暴力はあってはいけませんが、指導者も選手同様人間です。
人間は、過ちを犯す動物です。


ヒューマンエラーは、常に発生するんです。
どんなに大きな声で体罰や暴力指導の撲滅を掲げても、現場では大なり小なり発生します。
だから、撲滅や厳罰化を求めるのではなく、起きた後、指導者と選手のフォローが大事じゃないでしょうか。
すぐに指導者を排除する行動は、結果的に選手やチームにとって不幸になるケースが発生します。


それにしても、選手経験者からの声がニュースになって記事にするのは目にしますが、監督やコーチ経験者の声がニュースになって記事はほとんど見ません。
ひょっとして、今ここで監督・コーチ・指導者らの声を上げた記事を出すと、叩かれることが目に見えて分かるからでしょうか。(何を言っても弁解、言い訳にしか捉えてくれない。)
そうなると、これから指導者になろうとする人達が、その進路を諦めてしまうかも知れません。
これって、学校の先生が生徒に体罰をする構図と被ってしまいます。
生徒に外傷を負わせるなどの行きすぎた体罰は糾弾しなくてはなりませんが、ちゃんとした理由があっての体罰は必要。なのが私の考え。
なんでも 体罰=暴力 と結びつける短絡思考はどうにかして欲しいものです。


ところで、現場の指導者やコーチ、監督はどのように思っているのでしょうか。
私も時折教えに行きますが、生徒達とのコミュニケーションを良好に保つことが最優先です。
勿論、指導もします。
けど、彼らとの信頼を保てなければ、ただの陸上好きのオッサンです。
ここ数ヶ月、お家事情で全然行けてません。すみません。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
アマチュアスポーツ界の不祥事
ところが、女子レスリングの強化コーチのパワハラから始まり日大アメフト危険タックル問題や女子体操の専属コーチ解任などが表沙汰になると、選手自らが弁護士を立てて記者会見(女子レスリングは弁護士)をする事態にまで発展して、もはやアマチュアの域を超えている感があります。
なんでしょうか。
このところ、アマチュアスポーツ界で不祥事が頻発しています。
不祥事だけならまだしも、選手自身が記者会見を開き協会や幹部を訴えている姿は、正直言って見るに耐えられません。
はっきり言って、記者会見を開く時点で、それはもうアマチュアというレベルを超えてプロです。
私が考える「アマチュア」と言う定義は、

・企業(所属する企業を除く)スポンサーが殆ど付かない(付いても1~2社程度)
・活動経費は、殆どが自分で賄う
 ⇒学生については、日々の生活や治療は自費だが、遠征費用は協会が持つ
・CMに出演しても、出演料は所属協会が接収
・大会に高額な賞金が付かない
 ⇒あっても薄謝程度
・練習環境は様々
 ⇒最近はナショナルトレーニングセンターと言うのがあるそうですね
・トラブルは、所属の監督やコーチが解決し、選手は純粋にトレーニングに励む

ところが、女子レスリングの強化コーチのパワハラから始まり日大アメフト危険タックル問題や女子体操の専属コーチ解任などが表沙汰になると、選手自らが弁護士を立てて記者会見(女子レスリングは弁護士)をする事態にまで発展して、もはやアマチュアの域を超えている感があります。
弁護士を立てると言う事は、推測ですけども自費だと思います。
どの事案も、協会に反目しているわけですから、協会から費用は出ません。
高額な弁護士費用をイチ選手が負担すると言う事は、相当な覚悟があるわけです。
恐らくこれまでも似た事案があったと思いますが、誰に相談して良いか分からないまま闇に葬られたか、所属する監督や協会側の圧力に屈して泣き寝入りしていたかのどちらかでしょう。


こうしたことが立て続けに起こると言う事は、今後アマチュア選手においてそうしたトラブルの事案を考えながらトレーニングに励むしかありません。
時代の趨勢でしょうかね。
これから、協会側もトップ選手に不都合な真実があれば、あの手この手で闇に葬り去る方に力を出しそうですね。
実に嘆かわしいことです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
スポーツにサマータイムは必要か
なんでも熱中症対策らしいけど、それで解決出来るのだろうか。
例年にないほどの酷暑で、オリンピックまでにサマータイム導入が国会議員の間で盛り上がっている?
なんでも熱中症対策らしいけど、それで解決出来るのだろうか。
2時間繰上をするらしいのですが、それって間違っている気がする。


まず、2時間繰り上がるということはですよ。
プロ野球ナイターやJ1/J2サッカーも2時間繰り上がるわけで、今の時間で言えば16時スタートになるわけです。
誰がこんなクソ暑い時間に見に行くのだろうか。
応援団が熱中症になりますよ(笑)


素人ゴルフなんかも堪ったもんじゃないでしょうね。
最初のうちは良いですけど、終わる頃にはグダグダになりそうな気がする。


さて、当事者のスポーツ選手はと言うとどうだろうか。
例えば陸上競技。
私が現役の頃と違って、かなり余裕のある日程が組まれている。
夏場の全国インターハイは、中・長距離が朝や夕がと言った時間に組まれていたり、1日でやるところを2日に分けたりした配慮がなされている。
短距離や跳躍は、比較的すぐに終わったり日陰で暑さを凌いだりしているので、基本的に熱中症とは無縁。(全くないとは言い切れないが。)
なので、サマータイム導入をしてもしなくても、あまり変わらないし文句が出ない。
文句が出ないのは、個々の選手が身体のコンディションを調整してきているわけであって、雨が降ろうが関係無く競技をするスポーツであると理解しているからである。


もしも、本気で選手の身体を心配しているならば、夏の高校野球をまず先に解決するべきだろう。
時間的にスポンサーが難しいことを言うのであれば、甲子園ではなく大阪ドーム球場でやれば良い。
全天候型で空調完備、しかも風雨による順延もないことから日程通り消化できる。
まずはこちらを実現してからスポーツ全般に裾野を広げていけばいいんじゃないかな。


それはそれで、たかだか1ヶ月のお祭りのために国を挙げてサマータイムを導入するのは間違っている。
そこまでする必要は無い。
するならば、サマータイムを導入することはせず、競技時間をそれぞれ2時間早め、その為の運営をすれば済むだけの話である。
関連する設備やスタッフは、苦労を強いられることになるがたった1ヶ月の話である。
日本国民が付き合う必要ない。
と言うのが私の持論だ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (2) | trackback (0)
ワールドマスターズゲームズ2021関西への道=8台目◆真夏の練習=
平日の夜にPokemon GO活動と称してウォーキングを頑張りますかね。
これは、2021年関西各地において、ワールドマスターズゲームズが開催されます。
それに私が出場を目指す。ための記事です。
あくまでも、出場を目指すのであって、大会に出場を確約したものではありません。誤解なきよう(^^ゞ
-----



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
スポーツマンシップ

ってなんだろう?

一昨日のサッカーワールドカップの日本対ポーランド戦を見て思った。
後半残り15分。
見ていて無気力試合と言われてもおかしくないくらい、お互いに責めてこないパス回しの連続。
ポーランドもカウンターを恐れてか、積極的な攻撃をしてこなかった。
コロンビア戦と比べると貪欲に戦うプレーには見えなかった。
しかも、スタメン6名入れ替えなので、攻撃もちぐはぐ。
息の合わないプレーが随所で見られた。

「これはもしかしたら負けるかも知れないな。」
なんて思いながら見ていたんだけど、案の定、後半、ポーランドにゴールを決められてしまった。
そこから日本の奮起を期待したかったけど、どうもちぐはぐなプレーでイライラする。
ちょうど同じ時刻にセネガル対コロンビア戦がやっていて、コロンビアがゴールを決めたという情報が入ったのか、残り15分でパス回しの無気力試合になった。


「ドーハの悲劇」を知る人なら、決勝トーナメント進出するには当然の作戦だと言う。
確かにそうだろう。


結果的には決勝トーナメント進出になったが、セネガルが同点になったらこの作戦は水泡に帰する。
そうすると、日本国民感情は一気に怒りへと爆発するんじゃないか。
どうせ負けるなら、精一杯やった方がサムライらしい戦い方なんだけど、そんな考えって昭和世代だからかな。


それとね。
一部のサッカーファンは、実を言うと日本が決勝トーナメントに進出して欲しくない。と願っていた。
それは、ワールドカップ直前の監督解任劇。
大舞台直前で監督を交代させるなんて許せない!
それで、決勝トーナメント進出してしまったら、悪しき前例を作ってしまうことになる。
と言うのが、理由だそう。

私は、一視聴者なので何が原因でそうなったのか、そのニュースを知っただけで追いかけもしていない。
確かに直前で監督交代劇は、あまり好まざる行為ダトオモウ。
よっぽど、監督と選手間のコミュニケーションが劣悪な状態で、サッカー協会が英断で監督契約を切ったのか。
そこは、調べたら出てくると思うけど、今となってはヨイデハナイカヨイデハナイカ(悪代官風に)

いややっぱり良くないか。
海外の監督・コーチ要請は、難しくなるかも知れませんね。


これからは決勝トーナメント。
泣いても笑っても一発勝負。
悔いのない戦い方をして下さい。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
ワールドマスターズゲームズ2021関西への道=7台目◆上を目指す者、楽しみたい者=
勿論、上というのは全国大会出場。
これは、2021年関西各地において、ワールドマスターズゲームズが開催されます。
それに私が出場を目指す。ための記事です。
あくまでも、出場を目指すのであって、大会に出場を確約したものではありません。誤解なきよう(^^ゞ
-----



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (3) | trackback (0)
ワールドマスターズゲームズ2021関西への道=6台目◆腹を何とかせなあかん(笑)=
そこで、5月中旬くらいから、テレビを見ながら腹筋を100~300回くらいやり始めました。
これは、2021年関西各地において、ワールドマスターズゲームズが開催されます。
それに私が出場を目指す。ための記事です。
あくまでも、出場を目指すのであって、大会に出場を確約したものではありません。誤解なきよう(^^ゞ


-----


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
ワールドマスターズゲームズ2021関西への道=5台目◆練習3日目と110mH=
あと、ハードルの基礎が出来ていないと、やはり同じような事が起きます。
これは、2021年関西各地において、ワールドマスターズゲームズが開催されます。
それに私が出場を目指す。ための記事です。
あくまでも、出場を目指すのであって、大会に出場を確約したものではありません。誤解なきよう(^^ゞ


-----


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
陸上競技のルール変遷で思うこと
私が現役の時は、1人が2回不正スタート(フライング)をすると失格だったのですが、2000年中盤くらい?に2回目の不正スタートが失格に変わり、今では1回目の不正スタートで失格になります。
先日もそうですが、最近、陸上競技を観戦することが多く、その中でこのルールはやっぱりアカンやろ。と思うことがあります。


◆フライング一発退場◆


私が現役の時は、1人が2回不正スタート(フライング)をすると失格だったのですが、2000年中盤くらい?に2回目の不正スタートが失格に変わり、今では1回目の不正スタートで失格になります。
このルールの変遷は、記事を読んだのか陸上関係者に聞いたのか忘れましたが、「全てはテレビ生中継のための変更。」だけ覚えています。
建前上、競技進行時間をスムーズにするため。のようですが。
事実かどうか分かりませんが、アマチュア大会をそこまで厳格にするのか。と思うと残念に思えます。
その一方で、1人2回不正スタートルールを適用すると、ダラダラと時間だけが過ぎていく可能性があるので、やっぱり1回目の不正スタートで失格にするのも有りかと思います。


ただし、このルールが厳格に適用されたらね。


実は、このルール、末端の大会(記録会とか市民大会など)になるほど緩いんですよ。
明らかに不正スタートでも「注意」だけで済まされることが、しばしば見られるんです。
そのたびに審判員が集まって協議して判断するんです。


余計に時間かかってるやん・・・(^^)


初めて陸上を始めた子は、事前に先生やコーチから教えてもらっていると思います。
実際、「あ、やっちゃった。」と思って身を引く(コースから退く)子もいるんです。(審判が「待って」と言って止めに入ります。)
この中途半端な「注意」ルールで競技進行が遅れることもしばしば見受けられます。
これやったら、2回目の不正スタートが失格の方が、まだスッキリするんじゃないかなぁ。と思います。


陸上競技のルールって、たいてい厳しく(厳格化で細かく)なるのですが、次のルールを採用したときはGood Job!と思いましたね。
それは、フィールド競技の試技時間ルール。
私が現役時代、確か1990年くらいから大きな大会で採用されつつあったのですが、1回の試技時間1分30秒以内に終えないと、「記録無し」または「ファール」扱いなんですよね。
昔、走り高跳びをやっていたのですが、自分の試技が来るまで数時間待たされる羽目な大会(確か記録会)があったのです。
それは、自己新記録くらいの高さになると、緊張してなかなか跳ばないんですよ。
やっと走り出したと思ったら手前で止まるし・・・。
私も何度かやった経験がありますが、これをやられると凄く時間がかかるんですよ。
審判員に怒られたこともありました(^^ゞ
そう言う意味では、試技時間のルールを取り入れたことは良いことだと思います。


いずれのルールも必ずしも100%賛成ではないんです。
それは、「風」と「雨」。
どれも自然のことですし、仕方ありません。
でも、滅茶苦茶気になるときがあるんですよ。

前の組は無風だったのに、自分の組では強風だったり、跳躍開始前に雨や風が強かったりとか。
走るとき、わざとフライングして風雨を強から弱にするために時間調整したり、跳躍時はやっぱり風を気にしたりして時間稼ぎをするケースがありました。
私は、全くないとは言いませんが、レースで駆け引きするようなことは殆どありません。常に全力勝負!
技とフライングしたレースは、多分片手くらいしかない。それも予選レースであり、決勝レースはそんな余裕ありません。(常に挑戦者であるため。)

強いてあげるなら、混成競技の走り高跳びで豪雨と雷の中、自分の跳躍に助走してジャンプに入る手前で雷がグラウンド内の視覚に入り(落ちなかった)、ビビって止まったことがあります。
当時は、時間制限無しだったのでよかったのですが、あれは一生忘れないわ(笑)


なんでそんな事をするのかというと、陸上競技規則に追い風が2.1m(混成競技は確か3.1m)以上吹くと、その記録は参考記録扱いになるのです。
参考記録はその名の通り参考で、仮にその記録が世界記録を超えてても公認記録になりません。
今は、風速計もランクがあるようで、世界トップクラスの記録が出ても、参考記録扱いになるようです。
なぜ?桐生の世界タイ記録「10.01」が非公認扱いに?
(上記は結局公認になりましたけどね。)


ルールを厳密かつ細分化するのは良いのですが、あまり厳しくなると現場のルールが曖昧化され、結局は選手のためにはならない(記録会ではOkな不正スタートも地区大会になるとNGになるとか)ので、全ての大会をカテゴリーに振りわけて、そこにルールを適した方が良いのではないかと思います。

例えば・・・
カテゴリー1:世界大会(オリンピックや世界選手権)・国際大会(スーパー陸上やアジア選手権)・国内最高選手権(日本選手権や国体、全日本中学選手権や日本高校選手権)等
カテゴリー2:国内地区大会・国内都道府県別大会等
カテゴリー3:それ以外(記録会や市民大会等)

☆記録扱い☆
カテゴリー1は全て無条件で公認記録扱い。
カテゴリー2は世界新記録は申請審査。国内新記録は公認記録扱い。
カテゴリー3は世界新記録は非公認。国内新記録は申請審査。
※いずれも追い風参考除く

☆ルール(例:不正スタート)
カテゴリー1:1回目の不正スタートで失格
カテゴリー2:2回目の不正スタートで失格
カテゴリー3:1人2回目の不正スタートが失格


そうすれば、見ている人も競技する人も納得するんじゃないかと思います。
どうでしょうかね。
やっぱダメっすか(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
逆境に挑む男
それはさておき、昨日は、土砂降りでした。
昨日は、中学時代の友人が大会に出場すると言う事で、冷やかしも含めて応援に行って来ました。
元から冷やかす予定ではあったのですが、別に私が行かなくても天気が冷やかしてくれました(苦笑)


家を出るとき、既に小雨がぱらついていたのですが、友人が雨の中、レースを挑むのに自分だけ濡れずに行くのは礼節に欠けると思い、雨合羽着用してバイクで行くことにしました(笑)
まぁ、これが大正解だったわけですが。


実は、その競技場を訪れるのは、高校3年生の9月の記録会以来で、実に30年ぶりです。
大会前日に下見に来たのですが、すっかり記憶の彼方から抜け落ちており、雰囲気がガラッと変わっている。としか分かりません。

服部緑地陸上競技場

30年も経てば樹木も大きくなるよね・・・(^^)


それはさておき、昨日は、土砂降りでした。
土砂降りという最悪のコンディションでしたが、気温はそれ程低くなくウォーミングアップを積めば、怪我はそれ程発生しないだろう。
と言うのが当方の予想でした。


この逆境に挑む選手には、男女年齢を問わずエールを送りたくなるのは私の心境。
かくいう私も、高校時代110mHのレースにおいてそれ程コンディションには恵まれませんでした。
例えば当時高校生の2大全国大会と言えば、「高校総体(全国IH)」と「国体」の2つ。
私はどちらも出場しましたが、「高校総体」は強烈な向かい風、「国体」はシトシトと降る雨でした。
時折練習で皇子山に行くことがあるのですが、高校2年生あたりから雨の中での練習しか記憶にありません。
いつしか、雨という最悪なコンディションでもナントカしよう。と前向きな考えが生まれたのもこの時でした。


そんな友人は、100mと200mをエントリー。
この大会は、非公認記録で運営も町内運動会以上記録会とゆる~い感じでした。
しかし土砂降りなため、ピストルの火薬が湿って殆ど聞こえないと言うアクシデント連発。
友人も100mでその運命を受け入れる羽目になりました(苦笑)
悲運としか言いようがありません。
けど、今年3月に走ったときよりは、身体が動けているように見えました。
本人は、スタート時に大腿筋が痛いと言っていましたが・・・(^^)


200mは、後半の加速が今一つでしたが、課題が見えたのでそれを克服すればタイムがより伸びるんじゃないかと思います。
まあ、あの土砂降りなら良いレースをしたと思います。
様々な逆境の中で、怪我もせず全レース無事に終えたことは何よりです。
さて、次の大会情報を楽しみに待ちたいと思うとともに、私も動ける身体作りをしようと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31