•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

持論◆学生時代の名指導者たるもの
後輩には、卒業してから、京産大、同志社大、立命館大、関西大、関学大のハードラーを中心に「ハードルグランプリ」と言うのをやりました。
これはあくまでも私の持論なので、異論は大いに受け入れます。


私の中で名指導者というのは、
・毎年数名の選手を全国大会に送り出す
・全国大会で優勝する
・名誉欲がないこと


細かいことを挙げるとキリがありませんが、この3点セットが私が持論する名指導者です。
私は、非常に運が良かったのか、中学、高校、大学と名指導者に当たりました。
中学では、全国大会に行けたし(記録無しで終わったけど)、
高校では、高校2年生夏から種目変更して、全国インターハイで優勝したし、
大学では、オールフリーで練習させてもらえたので、日本選手権で3位、世界陸上標準記録Bを突破しました。(出場はなり得ませんでしたが。)
でも、目標としていた13秒台を出せなかったのが、唯一悔やむかな?


社会人では、学生時代に多くの犠牲?を払ってきたのでスッパリと辞めたのですが、それについて後悔は微塵もありません。
私と同世代の人達(大学時代を除く)は共感を得られると思いますが、血反吐を吐くような練習の日々で、盆も正月もなく合宿三昧に明け暮れていた時代もありました。


そして、これは私が痛感することなのですが、中学にしても高校にしても大学にしても、自身の成績はそこそこ良くても後輩の成績が良くありませんでした。
同じような練習方法や、理論を説明しても全国どころか地区大会が関の山でした。
これをみて、「私には、指導者として向いていないな。」と自覚しました。
そんなことを言うと、「たった1~2年で後輩が先輩を超えるような成績を残せるなんて、簡単に出せたら指導者なんていらんやろ。」と言われます。
まぁ、確かにその通りなのですが、どうも私の場合、自分より先輩(大学時代を除く)が全国で活躍し、自分がそれを追い越すことをしていると、私から後輩への伝え方に問題があったのだと思うのです。
この問題に、足りない脳をフル回転しても答えが見出せないので、もう考えるのを諦めています。


なので、私が時折高校生に練習を見るときは、30年前に教わったこと(特に米国で教わったことは、日本のやり方とはまるっきり正反対で勉強になりました!)を伝えています。
今では、その恩師がYouTubeで練習方法を公開されているので、私が説明するよりも直接見た方が良いかと思います。

陸上選手亝誓Root coming

このトレーニング方法や理論を見ると、私が学んだ当時のやり方が如何に前時代的なのかわかります。
特に中学生や高校生には見てもらいたい動画チャンネルです。
逆に前時代的な考えを持った指導者だと、発狂するような内容かも知れません(笑)

この動画を視て、その練習方法に近いことを、中学の冬季練習に取り入れていたのは、やっぱり名指導者だなあ。と思います。
無茶苦茶しんどかったし怖かったけど…(^^)


私は指導者の道に進まなかったので、名指導者ではありませんが、迷プレイヤーであったことは間違いないでしょう。
特に大学時代、多くの先輩方(他校を含む)に優しくされたのは、一生忘れられないですね。

後輩には、卒業してから、京産大、同志社大、立命館大、関西大、関学大のハードラーを中心に「ハードルグランプリ」と言うのをやりました。
3年くらいやったかな。
当時、ラップトップワープロを駆使して、この時期にデーターを集計して全員(だったか記憶があやふやだが)に冊子として配り、上位入賞者には賞状を贈ってました。
合同練習会も1回だけやったかな?
冊子を作るのが大変でした。
最初は、ワープロで印刷していたんだけど、あまりにも印刷速度が遅い(当たり前だが)ので、会社のコピー機で印刷してました。
当時の資料は、私も紙として原本を未だに持っています(^^)
ちょっと脱線しちゃった。

今は、色んな大会が充実していて良いですね。
110mHのレベルもグーンと上がって、今じゃ100mを11秒台で走っている選手じゃ、地区選手権に勝てないかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
キング・オブ・アスリート
と、前置きが長くなりましたが、陸上競技界のキング・オブ・アスリートの本命は、【デカスロン】。
陸上競技界のキング・オブ・アスリートと言うと、一般人なら「100m!」でしょう。
たった100mを男子が9秒台で走りきるレースは、いつ見てもハラハラワクワクするものです。


これは、私の物凄い偏見が入っているのですが、私の陸上競技界のキング・オブ・アスリートと言うと

【走る】
100m
マラソン

【投げる】
槍投げ

【跳ぶ】
走り高跳び

の4種目です。
4つもあるんかい!と言われそうですが、陸上競技というのは、【走る】【投げる】【跳ぶ】を総称しますから、それぞれの部門から1種目ずつ選ばないとナンセンスなんです。
【走る】部門に2種目入れたのは、単純にシンプルです。長いか短いか。甲乙付けがたいので。
【投げる】に槍投げを入れたのは、やっぱり未だに日本記録保持者の溝口さんを間近で見てきたからですね。
もしも、身近で室伏広治のお父さん室伏重信さんを見ていたら、ハンマー投げになっていたかも知れません。
【跳ぶ】に走り高跳びを入れたのは、自分がやっていたのもあるのですが跳躍が格好いい&綺麗なんですよ。
YouTubeでたまに見ることがありますが、ウットリしてしまいます。
決して、自分の跳躍が綺麗だなんてナルシストじゃありませんからね!


と、前置きが長くなりましたが、陸上競技界のキング・オブ・アスリートの本命は、【デカスロン】。
デカスロンとは、なんぞや?と言いますと、混成競技のことを指します。
読んで字のごとく、混成。色んな種目をやって得点を付けて、合計得点で順位を争います。


小学生に混成競技はありませんが、中学生からあります。
「4種競技」と言われるものです。
私が中学時代の頃は、【3種競技A】と【3種競技B】が存在していたのですが、いつの間にか「4種競技」に変わってました。
これを1日でやります。
私は、中学3年生の時に1度だけ【3種競技A】に出場しました。
種目は、100m/砲丸投げ/走り高跳び。点数については、サッパリでしたが全国大会出場まで数百点の記録でした。(300点くらいだったかなぁ?)
この時に私は混成の魅力を感じましたが、いかんせん大会が少なくて1度キリで終わりました。


高校に進学してからは、「8種競技」というものに出会いました。
この時、全国インターハイに出場しない選手は、半ば強制的なエントリーをさせられました(笑)
私が進学したときにルールが変わった(それまでは5種競技)んだと思うのですが、残念ながら証拠がありません。
この8種競技というのは、2日間に分けて1日4種目を競います。
【1日目】 100m/走り幅跳び/砲丸投げ/400m
【2日目】 110mH/槍投げ/走り高跳び/1500m

なかなかハードでしょ?それぞれの日の最終種目がロングディスタンスです(苦笑)
私はこの8種目の中で、やったことがないのは110mHと槍投げくらいです。
なので、それぞれを先輩や同輩に教えて貰いました。
あ、110mHは高さが106.7CMで、中学の時にやっていたのは100mHで91.4CMでした。(84CMだったかも知れない。)
なので、未知の高さだったんですよ。えぇ。

高校3年間、京都府高校記録を目指して11月の滋賀県記録会にまで出場したのですが、調整時期に万博でジャンピングの練習を散々させられて、足腰に疲労が溜まって更新出来ませんでした。
(あの時ほど、S先生を怨んだ事を忘れない。)
100mは自己新記録の10秒9を出せたものの、走り幅跳びでは6mを超えられず、110mHで稼ぎ、苦手な1500mでも4分40秒台を出したものの、走り高跳びで稼げずで散々でした。
滅茶苦茶しんどいのですけど、途中で走り高跳びから110mHに転向して開花したけれど、混成競技もまた別の意味で魅力がありました。


そして、大学に進学してからは、社会人と同じ【10種競技】=デカスロンになります。
8種競技にプラス2種目追加されます。
【1日目】 100m/走り幅跳び/砲丸投げ/走り高跳び/400m
【2日目】 110mH/円盤投げ/棒高跳び/槍投げ/1500m

数ある種目の中での真骨頂  -- 2017-06-12 Monday


この時にも書きましたが、とにかくしんどい。
これも1回しか出場しませんでしたが、1回出場しただけで十分でした(笑)
この1回出場して、京都府選手権で優勝しましたが。(過去最低に近い点数で優勝。)
何度でも書きますが、棒高跳びだけは技術的な情報を全く知らないため、なんの練習を始めたら良いのか分からず、ノープランで大会に挑みました。
結果的に記録なしで0点に終わりました。


今のルールでは分かりませんが、当時のルールでその種目を棄権すると、以降出場出来なくなるんですよ。
棒高跳び出来ないから棄権すると、そこで失格。記録は7種目の合計得点で順位が決まります。
だから、出来なくても3回ファールをしてNM(No Mark)を付けないと次の種目に進めません。
シビアな大会だと、この1種目0点で順位は大きく変動するんです。当たり前ですが。
世界では9000点オーバーと、もはや私にしたら変態の領域です。


オリンピックに出場するためには、国内で8000点以上出すことが必須です。
8000点と行っても一般人には、ピンと来ないのでサイトにある得点計算機で記録を出してみました。

8000点オーバー


【1日目】
100m=11秒27
走り幅跳び=6m95cm
砲丸投げ=15m16cm
走り高跳び=2m
400m=50秒32

【2日目】
110mH=15秒41
円盤投げ=46m59cm
棒高跳び=4m64cm
槍投げ=64m09cm
1500m=4分21秒77


ですよ。これで8000点ちょうどです。
棒高跳びで4m64cmと言う試技は殆ど無いので、4m70cmが現実的な答えでしょう。
私がこの10種目の中で生涯記録が超えているのは、100mと110mHだけです。
過去に経験した走り高跳びですら7cm足りない。
投擲系は全然パワーがないのでその半分超えるのがやっと。
日本のトップランナーでも、8000点を超えているのは片手もいません。
簡単に8000点というのですが、それ程過酷で困難な競技なんです。
だから、キング・オブ・アスリートなんです。


でも、陸上競技を経験していく上で、混成競技は一度やって欲しい競技です。
「最後に1500mなんて無茶やわ!」と言いますが、その終わったあとの開放感は堪りません。
その開放感こそが、混成競技の魅力なのです。
伝わりましたかね?
伝わらないか。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
ホンダ、2021年度のレースを持ってF1から撤退
ホンダ、F1撤退 2021年シーズンをもってF1へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了することを決定。
ホンダ、F1撤退 2021年シーズンをもってF1へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了することを決定


時代の流れというのでしょうかね。
世の中の趨勢がガソリンエンジンを廃止する流れになっているのは、ある意味仕方ないことだと思います。
ただ、モータースポーツと言う視点からすると、物凄く残念で仕方ありません。
ホンダがこれまで提供してきたパワーユニットは、市販車に反映されてきたと思います。
それならば、F1撤退からフォーミュラE(FE)に切り替わる発表(気概)があっても良かったなあ。なんて、思います。


いや、いずれ、FEに参戦することを期待したいですね。
この技術分野では、トヨタや日産が先行しているはずなのですが、FEに参戦しないのは何故でしょうかね。
国内では盛り上がりに欠けるから参戦しないのでしょうか。
でも、技術向上という観点からは、挑戦するべきだと思うんですけどね。


過去にBSでFEを見たことがあるのですが、確かにF1のようなエンジンサウンドがないので、違和感がありました。
でも、これからの時代は、エンジン音の出ない車が普通になるんじゃないですかね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
私にとって今日がとある記念日
今年はオリンピックの関係で、1~2週間ずらしての開催だったのですが、例の武漢ウイルスのせいで全国大会が中止となりました。
例年、この時期には全国高校選手権、通称インターハイが行われています。
今年はオリンピックの関係で、1~2週間ずらしての開催だったのですが、例の武漢ウイルスのせいで全国大会が中止となりました。
これほど悲しい結末はない。と言って良いほど、インターハイ経験者は言うのです。武漢ウイルスが憎いと。
まぁ、出場に縁もゆかりも無ければ、クラブ活動に理解されないだろうし、そんなスポ根(スポーツ根性)のどこが良いねん。てなるでしょうね。


それはさておき、うん十年前に私は全国インターハイの頂点に立ちました。
学校対抗得点でも優勝。感無量の1日でした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
ワールドマスターズゲームズ と 東京オリンピック
来年、5月にマスターズのオリンピックとも言われている、ワールドマスターズゲームズが関西で行われます。
今年行われるはずだった東京オリンピックが、ウイルス騒ぎで来年延期されることは周知の事実ですが。。。
来年、5月にマスターズのオリンピックとも言われている、ワールドマスターズゲームズが関西で行われます。


そう。
来年は、スポーツイベントが目白押しになるんですよね。
まさか、こんな事になると思ってもいなかったのですが、ウイルスが終息すれば来年の日本は春からずっとお祭りですよ。
私は、オリンピックよりもワールドマスターズゲームズの観戦を楽しみにしています。
友人も出場するようなので、会社を休んででも応援に行きたいと思います(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
夏の高校生のスポーツ祭典インターハイ中止
どんなに下馬評で高い選手が注目されても、予選や準決勝で負けたら終わり。
夏のインターハイ史上初の中止に…高体連会長「大きな悲しみ、痛いほど承知」


苦渋の決断。
とは、まさにこの事だろう。


正直当事者じゃ無くても辛い。
これまで、3年、或いは6年、12年と積み上げてきた成果を出せないまま、生徒の青春が終わる。
高校陸上競技に限って言えば、全国大会は他にも、国民体育大会とU20/U18選手権が秋にある。


しかし、これらの競技会は、都道府県代表1人枠だったり、高いレベルの標準記録を突破さえすれば、勝ち負けナシに出場することが出来る。
陸上競技のインターハイは、ちょっと違う。

まずは、都道府県内の地区予選から始まる。
ここで優勝するか、記録上位◎◎位まで都道府県のインターハイに出場することが出来る。
(都道府県によっては、昨年全国インターハイに出場した選手は免除といった特例措置がある。)

そして、5月下旬から6月上旬にかけて都道府県のインターハイが始まる。
ここで、上位6名がブロック大会に出場することが出来る。
(混成競技は4位までらしい?)
2~3週間後、ブロック大会で上位6名が全国大会に出られる。
(ここでも混成競技は4位までらしい?)

常に1レース1レースが勝負になる。
負けると終わり。
それは、夏の高校野球のトーナメントと同じである。
どんなに下馬評で高い選手が注目されても、予選や準決勝で負けたら終わり。
一発フライングでも終わり。
跳躍競技なら3回ファールして記録なしでも終わり。

実にシビアな大会なのである。

一部では、全国に出られたら大学からスポーツ推薦が取れるとか、よりブランド化された大学に有利とか言われているが、大学で活躍できなかったら、学生生活は棒に振ることになる。
当時の私は、大学の進路は全国インターハイが終わってから…と考えていたが、結局、秋の国体が終わるまで延びに延びた。
つーか、全国インターハイが終わったあと、2~3日後に全日本合宿が始まり、それから暫くして中国へ渡航し、8月下旬に帰国して近畿選手権(奈良)に出場。
終わってすぐに、国体合宿と進路を決めることも相談するどころでは無かったのである(苦笑)


こんな過酷な競技に出場してこそ、青春だなぁ。と私は思っていますし、今、練習に取り組んでいる高校生は目指して欲しいと願っています。
しかし、今回の結果を考えると、マジで辛い。
経験したことが無い、興味がない人からすると、「どうだって良いじゃん。」と言うが、そうじゃないんだよ。
そこには、人生経験値の差が出るんですよね。
強豪校だからとか、元から素質があるからとかそうじゃ無いんだ。


参加することに意義があるんだ。


う~ん、マジで残念。
顧問の先生方も、今回の中止の決定に悔しい思いをされているんだろうなあ。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
東京オリンピックを予定通り開催すべきか否か
IOCは、収入の9割をIFや各国の国内オリンピック委員会(NOC)、大会の組織委員会に分配している。
五輪開催、選手から批判 「安全」「公平性」に疑問


正直なところ、予定通り開催するべきかどうかは、私の意見を言わせてもらうならば「中止」、ないしは「規模縮小」である。

「中止」は、やはり参加選手の公平性が担保されない。
仮に1年延期にしたところで、来冬にまた新型コロナウイルスが流行するかも知れないし、ワクチンが完成できても臨床試験を繰り返して効果を確認するのに数年かかる。
だから、延期しても意味がない。と言うのが私の持論。

「規模縮小」とは、既に代表が決まっている競技や種目に絞って開催をする。
恐らくスポンサーや選手から非難囂々だと思うが、これが精一杯の妥協案。
「規模縮小」するくらいなら「中止」でええやん。と言うが、IOCの台所事情を考えるとこの選択肢(「中止」)は期待薄だろう。


だから何が何でも開催させて、IOCのちっぽけなメンツを保たせるしかない。
選手やスポンサーがワイガヤしても意味ないのだ。
と思わせたいのだろう。

けど、スポンサーを怒らせてしまったら、IOCのお財布事情は一段と厳しくなるんじゃないかなあ。
そうなると、今後のオリンピックも難しくなっちゃうかもしれない。
しかし、規模も金もでかくなっちゃったんだよなあ。
もっと、質素なオリンピックに出来ないものですかねぇ?
1回中止したくらいで、IOCの台所事情が苦しくなるなんて、世界大戦が起きてしまったらあっと言う間に終わりですやん。。。
危機管理対策を考えていなかったIOCが悪いと思いますよ。これ。。。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
スポーツも大変なことになっていますね
開催をしなかった結果、涙をのむ選手や生徒がでますし、強行開催した結果、疫病にかかってしまえば、監督やコーチ、運営側に批判殺到なんて事もありうる話しです。
大相撲春場所、無観客で開催 新型肺炎の影響で

トップダウンの要請にもかかわらず、先日の東京マラソンを招待者のみに絞って決行したことを例に、大相撲も無観客で開催が決まりました。
春の選抜高校野球も無観客試合が昨日決まり、11日に大会を開催するか否かを下すようです。


まぁ、無観客試合でも大会中止でも主催者の判断で決めることなので、野暮なことは言いません。
開催をしなかった結果、涙をのむ選手や生徒がでますし、強行開催した結果、疫病にかかってしまえば、監督やコーチ、運営側に批判殺到なんて事もありうる話しです。
何が正解で何が間違いなのか。
こればかりは、私も無責任ですが分かりません。

ただ、無観客試合をするにしても、選手やコーチ・監督が感染してしまっては本末転倒。
(その可能性は限りなく低いが。)
できることなら4月中旬くらいまでは大会をしない方向がベストではないでしょうかね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
居場所へ恩返しするという感覚
作者さんの作品は、アニメを通して好きになったから、この作品を全巻買っている。
居場所へ恩返しするという感覚

この記事を読んで感銘した。
そのまんま。
私も多くの居場所を与えてもらったし、その居場所を維持したり放棄したり教えたりを繰り返してきた。


出来ること、出来ないこと。
出来ないことは、無理しても続けるケースと、潔く身を引くことの両方を考える。
出来ることは、自分の限られた範囲でやれることだけをやる。


ただ、それだけ。
無理をした結果、その分の反動が自分に返ってくるしね。
作者さんの作品は、アニメを通して好きになったから、この作品を全巻買っている。(現在進行形)
もちろん、中古本ではなく、電子書籍だ。
夜に明かりを消しても読めるからね。

と。
何でこんな事を書いたかというと、過去に書いたこの記事なんですよ。

2020年のインターハイ開催が危ういようです  -- 2019-02-25 Monday

目標の7億円に対して10分の1にも達していない。。。
なんだかなぁ。
と思うわけです。


私は、全国インターハイを通じて色々な経験をさせて貰ったし、仲間と知り合えることができた。
こう言うのって、経験すると一生ついて回るものなので、是非とも応援したく寄付をした。
経験しないと分からないんですけどね。
無事に開催出来ると良いなあ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
それは本部が決めるのではなく本人が決めること
大会中怪我で棄権になるのも選手自己自身の責任。
陸連案にサニブラウン疑問符「リレー二の次になる」


日本陸連は、アスリートファーストを完全に無視していますね。
2種目、3種目出場するか否かは、本人が決めること。
「二兎追うものは一兎をも得ず」と言う諺もありますが、選手が最終的に判断すれば良いだけのこと。
いきなり上から押さえつけるような取り決めは、選手が日本陸連を不信に思うことになりマイナスとなります。

その2種目に出場し決勝に賭けることをモチベーションにしている選手だっています。
私は、この1種目に絞るやり方は、疑問視せざるを得ないです。

一生に一度有るか無いかの晴れ舞台。
しかも東京で行われることに、選手一人一人目標に向かって日々研鑽しています。
大会中怪我で棄権になるのも選手自己自身の責任。
日本陸連のせいではありません。


もしかして、競技日程が過密スケジュールなのでしょうか。
それでも、モチベーションの高い選手は調整して挑んでくるはずです。
それは日本人だけじゃなく、世界のアスリート共通です。
もうちょっと、選手とのコミュニケーションが必要ではないかなあ。
と私は思います。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31