•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Playstation 5
予約申込日は、あいにく仕事の打合せがあったので参戦しませんでしたが、翌日、ヨドバシドットコムで抽選販売をすると言うことで、早速当たらないことを覚悟で申込をしました。
が、いよいよ予約販売が始まりました。
公開されたスペックから、私の予想では「10万円前後、99,800円(税別)と言う値付けをするんとちゃうかなぁ。」と思っていたのですが、思いのほか、その半値以下という価格だったのでサプライズプライスでした。
予約申込日は、あいにく仕事の打合せがあったので参戦しませんでしたが、翌日、ヨドバシドットコムで抽選販売をすると言うことで、早速当たらないことを覚悟で申込をしました。
勿論、メディアドライブが付いている方ね。
落ち着いてから買っても良いかな~?とも思ったのですが、やっぱり欲しい方に勝ってしまいまして。


当たっても買うかどうかは別問題ですが、恐らく8割方買うだろうと思います。
買うとなるとオプションのコントローラーと充電器も揃えるかも知れません。


問題はソフトの方ですが、これと言ってないんですよね。
やりたいゲームタイトルはあるのですが、だんだん操作が複雑化してきているので面倒くさい方が勝ってきてね。
シンプルなロールプレイングゲームが良いんですけどね。
ムービーの方が長くてゲームがちょびっとというのは勘弁してほしいです。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::テレビゲーム | comments (0) | trackback (0)
PERSONA4 Goldern
実は、STEAMのアカウントは随分と昔に取りました。
昨日に引き続きゲームの話題ですが、SNS界隈で話題になっていたゲームも買いました。
こちらも、初見はアニメからなのですが、ゲームも少しだけ知っている程度でどんなもんかな。と。

PERSONA4 Golden

実は、Yu-NOよりも先にこちらをプレイしているのですが、何か全然先に進みません。
と言うか、自身が腰を据えてじっくりゲームをするという感覚が完全にありません。
どうも、セリフがだらだら続くのが果たしてゲームと言えるのだろうか。と疑問すら湧いてきて、やる気が起きないんです。
4/22でストップ中。
今ならまだやり直せるか。
攻略サイトを見て、もう一度最初からやり直すか。。。


実は、STEAMのアカウントは随分と昔に取りました。
取っていたからか久し振りにログインしたら、シリアルサム3のゲームまでチェックされていたんですよ。

シリアルサム3


このシリアルサムは、1と2が面白くコンプリートしたので、かなり間が空いて購入したのですが結局積みゲーとなってクリアしていないんです。
まだ、こっちの方が面白いので、インストールして始めようかしらね。
攻略サイトもあるだろうし。。。
でも、スクロールがなあ。
めっちゃ酔うからなぁ。。。
全画面モードを解除したいんだけどなぁ。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::パソコンゲーム | comments (0) | trackback (0)
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
昨年秋にSTEAMにてリメイク版が発売されたのですが、すっかり忘れてしまってお気に入りに入れたまま放置していました。
昨年、アニメで放送されていたのを機に、原作ではどうなっているのか気になりました。
昨年秋にSTEAMにてリメイク版が発売されたのですが、すっかり忘れてしまってお気に入りに入れたまま放置していました。


先日、STEAMから半額で売りますよ?と言うメールが届いたので、この時がチャンスだ。と思って勢いで購入。
しかし、インストールすらしていません(笑)
勢いだけって怖いですね。
人はこれを、衝動買い。と言うのでしょうね。
今月は、色々なモノを衝動買いしています。
ちょっと自制しなくちゃならない。


実は、これ以外にも購入したゲームがあるのですが、それについてはまた明日。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::パソコンゲーム | comments (0) | trackback (0)
学研のLSIゲームと二次電池
で、家庭用テレビゲームでもない、ゲームウォッチもまだ浸透していなかったような時代(多分)、電子おもちゃと言えば私の中では、学研のLSIゲームである。
私がまだ小学生くらいだった頃、当時の家庭用テレビゲームと言うとダイヤル式に二人対戦の卓球何だかテニス何だかだった。
もしくは、ブロック崩し。
当時のテレビにビデオ入力なんてモノは無かったので、アンテナケーブルを噛まして1chか2chに合わせてするようなものだった。
それでも、私の心には斬新に見えた。
確か、ファミコンも初期型はアンテナケーブルを噛ましていたような気がする。
まぁ、それはどうでも良い。


で、家庭用テレビゲームでもない、ゲームウォッチもまだ浸透していなかったような時代(多分)、電子おもちゃと言えば私の中では、学研のLSIゲームである。
当時、学研の学習と科学を買ってもらっていて、科学に興味がひかれていた(=付録が楽しい)のだが、付録をおもちゃとしか見なかった親は科学を買うのをやめてしまった。
学習だけになって、そっちの方はあまり興味がなかった。


そんな中、インベーダーゲームが流行りだした頃、学研のLSIゲームにその広告が載り始めた。
確かインベーダー1000を初めて買ってもらった。
今でも覚えている。兄弟のクリスマス用プレゼントとして(笑)
その夜、そっと置かれたことを察知した私は、すぐに起きて猿のようにやりまくった。
そして、その日の午前中に電池が切れた(笑)
(それが原因で、兄弟げんかした事もあった。)

当然、買いに走るわけだが、当時、私のお小遣いが週100円だったので、単3乾電池4本は痛い出費だった。
別売りのACアダプターを買えば良いのだが、当時1,500円(だったと思う)には到底無理な値段であった。
(それでも、後日、お年玉を使って買うことになるのだが。)


この頃、二次電池なんてものが存在しなかったのだが、もしもeneloopのような製品があったら迷わず買っていただろう。
4本同時充電出来て8本買う!
でも、ACアダプターを買った方が遙かに安いよな(笑)


ほんと、今の時代、ゲームに関しては技術発達によって恵まれているよなあ。なんてシミジミに思うのでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::その他 | comments (0) | trackback (0)
GO-TCHAが使えない=Pokemon GO Plusも使えないらしい
GO-TCHAが使えなくなりました  -- 2019-10-11 Friday。
先週、こう言う記事を書きました。
GO-TCHAが使えなくなりました  -- 2019-10-11 Friday

その後、Twitterで見るとどうやらGO-TCHAだけでなく、Pokemon GO PlusやモンスターボールPlusも使えないらしい。
ここにそう言う情報がありました。

確認されている不具合


と言う事は、アプリ側でアップデートをしたら解消されると言う事か。
なら、まだ希望はありそうですね(^^)





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::ネットワーク型 | comments (0) | trackback (0)
GO-TCHAが使えなくなりました
実は、もう一つ持っていて、こちらは、Xperia X Compactと再接続をしたところ、無事繋がることが出来ました。
実は、Pokemon GO Plusが今年の2月頃に壊れ、これを買いました。



結構、使いやすくてバシバシ使っていたのですが、先週の10/5のアップデートでバッサリ切られてしまいました。
モンスター捕獲とポケストップのアイテム補充にはうってつけのアイテムでしたが、アプリから拒否されてしまってはどうすることも出来ません。
また、アプリから互換品に何か細工をしたのかわかりませんが、互換品からスマホへの電波出力を強制的に停められてしまいました。
(何度長押ししても切り替わりません。)




このようになってしまったので、一旦電池が切れる(完全放電)までして、それから再充電をして使えるかどうかを待ちます。
電波を出し続けないから、なかなか放電しないのよね・・・(笑)
ダメだったら、私のPokemon GO活動は終わりですね。
実は、もう一つ持っていて、こちらは、Xperia X Compactと再接続をしたところ、無事繋がることが出来ました。

そのもう一つのGO-TCHAで私の持っているAQUOS SENSE 2と雷神で、再接続を試みたのですがダメでした。
う~ん、この違いは何なんだろうか。
もしかして、バチモンを掴まされたのかな?(^^ゞ
散歩の動機付けには、一番効果のあったゲームでした。
レベルMAXまで行きたかったなあ。。。あとちょっとなのに(笑)

これで、スマホでゲームをするのは、卒業ですかね(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::ネットワーク型 | comments (0) | trackback (0)
バーチャル離合集散
チャットやオフラインミーティングをする事が主流なのです。
先日、数年ぶりにネットの友人と会うことになり(無理矢理設定した)、久し振りに有意義な話しをしました。
その中で、ネットゲームにおける交流について、友人は今物凄く時間を割いており、充実している旨の話しをしていました。
実際、彼の話を聞いていると、私が2000年初頭で大いにハマったボンバーマンオンライン(PC版)と、昨年11月にサービス終了したパンヤと全く同じ境遇であることがわかりました。


それは、形(入り口)こそはネットワーク型ゲームなのですが、メインはゲームではなくメンバーとの交流なんです。
チャットオフラインミーティングをする事が主流なのです。
私もゲームをプレイして、それを通じて見知らぬ人との交流を重ね、オフラインミーティングをしていました。
ボンバーマンオンラインでは、オンラインでの出会いとチャット交流しか有りませんでしたが、パンヤでは幾人かとオフラインミーティングをする事もありました。
当時のチャットは、Skypeが主流でしたからそれで会話したりもしてました。
共通の話題があると、後は何とでもなるものですね。


ただ、こうした人達と今でも交流があるのかというと、「No」と言わざるを得ません。
幸い、パンヤで知り合った仲間がマイブログなどでFacebookに移行した等の関係で、その繋がりが続いていますがオフラインミーティングはしていません。
熱が冷めてしまっていると言うのでは無く、それぞれの生活リズムが変わっていった(結婚や趣味の転向など)からですね。
私自身もパンヤが終了後、クラブチームが次のオンラインゲーム、「Tales Waver」に舞台を移したのですが、私自身MMORPGに抵抗があったので、4半期に1回のログインペースが、半年に1回ペースへと落ちてしまっています。
また、クラブチームの一部が舞台に移らなくなってしまったので、定例会でのメンバー集合に一段と過疎化が進みました。
リーダーや私を含むメンバーがメンバー勧誘を積極的にすれば、きっと盛り上がるのでしょうけど、残念ながら私自身がゲーム熱に冷めてきているので、リーダーには大変申し訳ないのですが、協力出来そうにありません。


でも、メンバーがどんどん集まっている間は、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
チャットもはずみますし、ゲームプレイしても楽しかった。
初心者さんが加入すれば、懇切丁寧にゲーム操作を教えてくれたり、色々盛り上げたりしました。


友人が楽しそうに話を聞いて、思わず自分が過去に楽しかったことを思いにふけてしまいました。
こうしたクラメンとの交流は、(友人が言うように)パソコン通信時代のRT会議室を彷彿するので、それが好きだった人には、スマホゲームとは違って愉しめると思いますよ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::ネットワーク型 | comments (0) | trackback (0)
「eスポーツ」に違和感
もしこれが、Wiiスポーツなど、コントローラと身体全体を動かす事で、「プロライセンス」を付与するなら納得するんです。
2ヶ月以上前のネタですが、未だにこの「eスポーツ」という表現に馴染めない私です。
「eスポーツ」と言うよりも「プロゲーマー」の方が物凄くしっくりきます。

「日本におけるeスポーツ発展の大きな一歩」 日本eスポーツ連合(JeSU)発足

この記事を見て、改めて思うのですが、スポーツというと身体を動かす事じゃないかと。
汗のかかない、脳内だけを汗をかくなら、テーブルゲームである「麻雀」、「トランプ」、「花札コイコイ」等も入るはずです。
「e」という文字が入ることで、こうしたアナログ的なゲームを排除し、パソコンやビデオゲームのみとするにしても、これらのテーブルゲームも実在するので、入れるべきじゃないかと思います。


それでも、私は「おかしい」と思うんですよ。
もしこれが、Wiiスポーツなど、コントローラと身体全体を動かす事で、「プロライセンス」を付与するなら納得するんです。
実際、私もやったことがありますが、座ってじっとコントローラーを弄るよりも、全身を動かすので身体が熱くなって汗をかくんですよ。
PS3でも似たようなゲームがありますが、こちらもそこそこに汗をかきました。
これなら、「eスポーツ」と名乗っても良いと思うんです。


でも、下記のようなタイトルが「プロライセンス」を付与するのは、贔屓目に見ても違和感ありまくりです。

プロライセンス認定タイトル。闘会議ではこれらのタイトルでプロライセンスが発行される

何か間違った方向に「eスポーツ」がもて囃されそうな気がして、個人的にはガッカリ感が先行します。
早々に廃れなければ良いんですけどね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム | comments (0) | trackback (0)
PS VRも瞬間売上げ風速だったような・・・
PS VRもうすぐ100万台! SIE WWSプレジデント吉田修平氏インタビュー。
確か一昨年の秋頃だったと思うのですが、ソニーがPS VRを必死にアピール(広告投入)していたのですが、今ではすっかりナリを潜めた感じを受ける今日この頃です。
私は、当初からこのPS VRについて、ゲームとして売れることに懐疑的な見方をしていました。



これはゲームよりもビジネスに向いているのでは無いかと思ったんですよ。
実際、NHKニュースでやっていましたし。
ゲームでの没入感は、勿論否定はしませんが、テレビで3Dを視聴するのと同様で、わざわざゲームをするのにゴーグルをしなくてはならないところに、果たしてどれだけのユーザーがいるのか。
端から見ると1人だけ浮いている感があるんじゃないか。と思うんです。
一人暮らしでプレイする分には良いんですけど、周りが見ている分にはその没入感に浸れないのではないかと思います。

VRの前段として、初代Wiiのゲームコントローラーをモーションセンサーのような使い方がありました。
でも、あれは最初からそう言うデバイスになっており、付属もしていたので買い足すのは人数分のコントローラーだけで良く安価でした。
しかし、爆発的にソフトウェアやコントローラーが売れたか?と言うと、ニンテンドーDSのような脳トレゲームと比べると、さほど売れたようにも感じませんでした。


なので、PS VRも結局のところ本体価格の高さもネックとなって、それ程台数は売れていないというのが私の見方です。
PS VRもうすぐ100万台! SIE WWSプレジデント吉田修平氏インタビュー
PSVRの累計販売台数が200万台を突破
初速こそ勢いよく立ち上がりました。
今は十分に製品が潤沢にあるので買えない状況では無いでしょう。

そうした中、先月末に値下げが発表されました。
PlayStation VRが1万円値下げの34,980円に。3月29日から
発売開始して1年半が経過したので妥当なところで、これを弾みに普及を加速したい考えでしょうか。
1万円台前半なら普及すると思うんですけどねぇ。サードパーティーが出す予定無いのでしょうかね。
ソフトウェアも300本を超えているそうなので、今後の需要増に期待したいところですが、3Dと同じ轍を踏みそうな感じです。

私は、PS3に満足しているのでPS4には全く興味ありませんが、PS5が発売されるようになれば、PS3のサポート期間が切れる頃に買おうかなぁ。と思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 22:00 | ゲーム::テレビゲーム | comments (0) | trackback (0)
カレイジアスペルセウス
今思えば、翌月に発売されたハイドライドを買えば良かったと後悔するくらい、買って失敗したなぁ。
ふと、中学生の頃、あまりにも難易度が高すぎ(当時、攻略法がなく分からなかった。が正解。)て途中で放り投げたゲームがあった。
それは、「カレイジアスペルセウス」。
今も納戸にあると思うけど、買って失敗したなぁ。と思えるゲーム。
どんなゲームか、Youtubeにあったので紹介。



今思えば、翌月に発売されたハイドライドを買えば良かったと後悔するくらい、買って失敗したなぁ。と思えるゲーム。
当時、電波新聞社発行の「マイコンBASICマガジン」(通称:ベーマガ)を買っていたんだけど、ゲームを紹介するのはAppleコンピュータくらいで、それ以外は広告くらいしかなかった。
何でこれを買ったのか。
タイムマシンがあれば、当時に戻って俺に問い質したい(笑)

そんなゲームが500円で発売されているというのを知って、買おうかどうか躊躇っています(笑)
だって、個人的には糞ゲーだもん。
その前に、何年か前に買ったハイドライドを攻略しないといけないんだが、まだインストールをしていない。
まずは、そっちをプレイせんとダメだな。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::パソコンゲーム | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31