•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

日本語版MS-IMEがATOKに勝つためには
2月1日に更新されると思ったら、1月31日にATOKのアップデートの案内が来ました。
一番最速だったのが、会社でのこと。
2月1日に更新されると思ったら、1月31日にATOKのアップデートの案内が来ました。


私は、日本語入力についてATOKが使い慣れているので、ATOK Passportが始まったときも、10台までインストールできるという簡便さから、ソフトウェアとしては多分初のサブスクリプションを選択しました。
それ程、物書きをするわけではないのですが、やはりMS-IMEよりは賢いと思うんですよ。


MS-IMEも手をこまねいているわけじゃないのですが、やはりATOKには遠く及ばないですね。
時々、仕事でやむを得ずMS-IMEを使う事がありますが、単文節はそれ程でも無いのですが、連文節になると途端にね・・・
ここで一発逆転するためには、どう言う方策が考えられるか。


SHARPと手を組むんですよ。
SHARPが持っているIME。書院IMEをMS-IMEとして標準にするんです。
大人の事情があると思いますが、日本語変換は日本の会社に任せるべきだと私は思うわけですよ。
SHARPは、昔、ワープロ専用機で「書院」というものを出しました。
また、Windowsでも「Power書院」を出してIMEも出たんですね。
私は、ワープロ専用機でなじんでいたので、期待からPower書院を購入して、IMEをATOKから書院IMEに変えたのですが、ツメが甘かったのかしっくり来なかったんですよ。


しかし、昨年からスマホをSHARPにして、これまで何の考えもナシにATOKをインストールしてきたのですが、書院IMEがプリインストールされているので使ってみることにしたんです。
すると、スマホのことを徹底的に勉強したのか、ATOKとそこそこ張り合えるレベルに出来ているんですよ。
だから、今私のスマホはATOKをインストールせずに書院IMEで入力しているんです。
この経験から、「もしかして、ATOKと同じように10台までのサブスクリプションとしてやれば成功するのでは?」と日に日に思うんですね。
かつて、マイクロソフトが一太郎の市場シェアを駆逐するために、半ば強引なやり方でPCを売りつけていたと言う逸話があるように、マイクロソフトはシャープとクロスライセンス契約をするなどして、IMEエンジンを学んだ方が近道な気がします。


日本語入力がマシになることで、生産性がグッと変わることを認識してもらいたいですね。
OSのオマケ程度でしか認識していないのでしたら、マイクロソフトは永遠ジャストシステムのATOKには勝てないと思いますよ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Avastは昔使ってました
特に可もなく不可もないセキュリティーソフトウェアでした。
Avastの子会社「Jumpshot」が事業終了へ、閲覧データの第三者への販売で問題

昔と言っても15年位前の事ですが。
それまで、なんだかんだとTrendmicroを使っていて、ライセンス形態が変わるというところから、「金を出さないレベルのセキュリティソフトウェアってどんなもんだろう?」と言う興味本位から手を出したのがコレ。
でも、毎年、メールでライセンス更新をする煩わしさから、Windows7に衣替えをしたタイミングで、Panda Cloud Securityに変えたと思います。

Windows7 64bit版を買ったら購入するアンチウィルスソフト  -- 2009-11-13 Friday

Panda Cloud Securityも10年くらい使っていたんだなぁ。
特に可もなく不可もないセキュリティーソフトウェアでした。
何度かウイルストを検知したこともありました。
Avast!もあったかな。
検出したお陰で、システムが不安定になったり落ちたりすることはなかったです。
むしろ、金を出していたTrendmicroの方がしょっちゅう、何かしら問題を引き起こしていたという。
何年経っても、あの会社の体質は変わらなそうですね。


Avastもそうですが、トレンドマイクロのような事をしなければよかったのにと。つくづく残念な会社になったなあ。と思います。
他のソフトウェア会社と違って、セキュリティーソフトウェア会社は「信用第一」なので、こうしたあこぎな商売をすると市場シェアを落とすんじゃないかな?
ホント残念だ。。。


ちなみに、今私が使っているアンチウイルスソフトは、マイクロソフト謹製です。
さよなら、PANDA Cloud SecurityとZONEAlaram FireWall  -- 2018-12-31 Monday


今のところ、誤作動も(誤)検知もないようです。
順調と言う事ですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Windows7からWindows10にアップグレード・・・注意
一番難敵なのは、Windows7出たてのハードウェアや色んなソフトウェアをインストールしたPC。
Windows10に対応したハードウェアで、殆ど何も入っていない、或いはMicrosoft謹製のソフトウェアだけのWindows7なら、まぁ、だいたい8割くらいの確率でアップグレードが成功します。
一番難敵なのは、Windows7出たてのハードウェアや色んなソフトウェアをインストールしたPC。
よく相談を受けるのですが、ハードウェアが対応していないPCは、どんなに施しを受けてもインストールに失敗します。
だって、対応するドライバーがないのでは、動かすことが出来ないのですから。。。


また、様々なソフトウェア(特にメーカー製のPC)にプリインストールされたものも、アップグレード最中にソフトウェアや対応するドライバーが無い旨のメッセージが出てアンインストールを促されます。
素直にアップグレード版のソフトウェアを購入するか、代替ソフトウェアを用意しておくことが良いでしょう。


一番不幸なのは、これらを掻い潜ってアップグレードが成功したと見せかけて、実はあとからアレが動かない、これが動かない。と言う事象のもの。
これは本当に不幸な罠。
これも解決方法はいくつかあるけど絶対ではない。


一番の近道は、ソフトウェアの場合はアンインストールをしてから再インストールするというもの。
これにより復旧する可能性が高い。ただし、そのソフトウェアがWindows10に対応していない場合、再インストールしても解決しない。

次に、Windows7互換で動かすワザも標準であるけれど、Windows10は、今までのOSと違って半年ごとにアップグレードを繰り返していくので、いつ対応しなくなるかわからない。
素直にWindows10対応のソフトウェアをインストールした方が精神的に安定すると思います。


最後に厄介なのは、Windows10にも対応しているのに、ソフトウェアが起動時にダンマリやエラーになる例。
これは、色々と対策はあるんだけど、一番確実なのは、やっぱりソフトウェアのアンインストール→再インストール。
アップグレード中に必要なファイルが勝手に削除されてしまっているか、最新のバージョンに更新されている可能性が高い。
または、他のファイルとコンフリクト(衝突)している可能性だってある。
これらは、再インストールすれば大概解決する。


「しかし、いちいち再インストールするの時間がかかるんだよね~。」と思う貴方。
そう言うときは、内蔵HDDから内蔵SSDに変えると幸せになりますよ。




このあたりを買って、




これを買ってイメージバックアップやクローンコピーをしてやれば、意外とサクッと出来ちゃいますよ。
起動時の爆速は間違いないです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
「DetExploit」をお奨めしたい
National Vulnerability Database(NVD)。
高校2年生が開発したWindows専用脆弱性スキャナー「DetExploit」がリリース

これは、まじでお奨めしたいソフトウェア。
特にウッカリさんには、是非ともダウンロードして実行して脆弱性診断をしてもらいたい(^^)


私も早速ダウンロードして実行してみると、3件の未更新がありますよ?とでた。
一つは、Caution(警告)だったのでビックリした。

DetExploitの結果


この警告が、すっかり忘れ去られていた「Microsoft Silverlight」。
ブラウザーの拡張機能なんだけど、これって今でも使われているのか、正直言って疑問な機能である(笑)
もう、アンインストールしてもいいんじゃないかな?
開発も停まっていますしね。
しかも、サポート期間は2021年で終了。


MicrosoftのWindows Updateしかやってないな。と言う方は、一度セキュリティーチェックをすると良いですよ。
断っておきますが、これはあくまでも脆弱性診断テストだけです。
この診断基準が、リンク先にも書いてあるとおり、

Exploit Database(ExploitDB)
Japan Vulnerability Notes(JVN)
National Vulnerability Database(NVD)
US-CERT
JPCERT


と主要セキュリティーアドバイザーを網羅している点なので信頼できそうです。
ただし、アンチウイルス対策ソフトウェアではありませんのでご注意を。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
ChMate
このソフトウェアを開発した会社が、NIFTY-SERVE...@niftyのパソコン通信時代にソフトウェアを作った、Air Craftの会社だからなんです!。
Google Play で手に入れよう


久し振りに紹介するなぁ。
実は、Androidを手にしたときからずっと使っています。
そして、なんでこんな時期に紹介したのかというと、なんと!
このソフトウェアを開発した会社が、NIFTY-SERVE...@niftyのパソコン通信時代にソフトウェアを作った、Air Craftの会社だからなんです!
知っている人は、とっくの昔に知っているよ。と言うツッコミがあると思いますが、私はつい最近知ったんですよ。

それは、まさに、 青天の霹靂 でした。

あ。
Air Craftと言うのをまず説明しなくてはならないか。(多分、知らない人の方が多いだろうから。)
Air Craftと言うのは、簡単に説明すると当時パソコン通信時代、現@niftyが提供していたサービス(まだ当時はインターネットが浸透していなかった。)で、テーマごとにフォーラムやステーション(企業が支援、または看板を借りたグループ)の掲示板を自動的に巡回して、フォーラム別、掲示板、ライブラリ別に保存をして、電話回線がオフラインでもちゃんと見られるという優れもののソフトウェアでした。(勿論、チャット支援機能もあった。)
MS-DOS時代から提供され、Windows95の発売から少し遅れてシェアウェア版のAir Craftが提供されたのでした。
私は、MS-DOS時代から使っていたのですが、あまりの使い心地良さにシェアウェア版は、当然のごとく永久版として課金。(1年版もあった。)
今でも、私のハードディスクにはそのソフトウェアがしぶとく残っています。
Windows版もあまりにも出来が良かったので、作者に許可を得てマニュアルを作成したくらいです。

それが、まさかこうして巡り会えるとは。。。
最初のとっかかりで、何の抵抗もなくスムーズに使えたというか、何か懐かしい物を感じたんですよ。
巡回とか5ちゃんねるの掲示板が一杯になったら自動的に次のスレを探してくれる機能とか。

まさかね。
まさか、Air Craftを作成した会社が作っているとは、今の今まで気付かなかったんですよ。


ただ、手放しでこのソフトを喜べるかというと微妙。
特に機種変更したときに、いちいち前のスレッドを登録し直さなければならないんです。
きちんと移行が出来れば申し分のないソフトウェアだと思います。
でも、私は他の5ちゃんねる掲示板ソフトウェアには移らないでしょうね。
読むスレッドも限られているので、十分ですから(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Office 365 Homeが欲しい・・・
何か良い方法ないかな?と思ったら、Office 365に行き当たりました。
現在使っているMicrosoft Office 2010が半年後に終了するに合わせ、色々と検討しLibre Officeを試験的に使っていたのですが、やはり移行するには困難であると判断しました。
かと言って、Office 2019を買うには高すぎる。
何か良い方法ないかな?と思ったら、Office 365に行き当たりました。
サブスクリプションという制度で、年間1万円程度払えば、最新のOffice製品が使えるというモノです。



Amazonには、この個人版が使えるのですが、正直言って個人で使うには高すぎる。と思っていたんです。
家族で使える奴はないのか?
そう、Office 365 Homeと言うバージョン。

Microsoft Office 365 Home | 1-year subscription, 5 users, PC/Mac Download

US版Amazon.comでは普通に売られているんですよね。
うぅ・・・買いたい。
日本国内では正規版が売られていないんですよ。
えぇ。正規版は。。。
闇市版が違法に売られているんですよね。私は一つしか見つけられなかったけど。
最初は、ここで買おうかと思ったりもしたのですが、どうも胡散臭さが滲み出ていて躊躇したんです。
こう言う時、困ったときはGoogleですね。
その会社を検索するとよいのです。

非正規品Officeを販売する「株式会社ヒロタ」について調べてみた | Na-chaNet

と言う事で、スルーして良かったです。
となると、どうしてもUS版Office 365 Homeが欲しい。
ネットでは、購入方法がたくさん載っています。

米AmazonからOffice365を購入してみた

このサイトを参考にチャレンジしましたが、今一つ理解不足で撃沈しました。
う~ん、何とか良い方法はないですかね~。
アメリカに住んでいる人に代行してもらって、私の家まで転送してもらうのが最良なんですが、毎年毎年やるのも面倒ですし。
自動更新が出来れば御の字なんですけどねぇ。。。
なんで、日本でもやらないんだろうか。
Soloよりも遥かに需要がありそうな気がするんだけど。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Windows 10 May 2019 Updateをまだしていない
先月末に大型アップデートされた、「Windows 10 May 2019 Update」。
先月末に大型アップデートされた、「Windows 10 May 2019 Update」。
前回のOctoberでは、すぐさまUpdateしたのですが、今回は様子見を続けております。


何ですぐにUpdateをしなかったのかというと、「虫の知らせ」みたいな?
3台のWindows10があるのですが、いずれもUpdateを控えております。


前回のUpdateでは、特に不具合らしいものは全くなかったので、素直にUpdateしても良さそうなのですが、いくつかのニュースサイトで不具合がポツポツと出ていたので、7月くらいに更新すっかな?
と放置することにしました。


シンプルな構成をしている人なら、多分、アップデートしてもさほど影響は無いと思います。
ただ、下記の記事を参考に影響が有る場合は、解決するまで様子見された方がベターかと思います。

「Windows 10 May 2019 Update」に新たな問題 ~6月の月例更新に起因(6月13日追記)



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
そろそろ、MS OFFICEの代替ソフトを検討
現在使っているMS OFFICE2010の延長サポートが、来年で切れます。
現在使っているMS OFFICE2010の延長サポートが、来年で切れます。
正直、Office 2019 Professionalを購入するつもりでいたのですが、費用対効果が望めそうにないので、本気で代替ソフトを考えなければなりません。
仕事では積極的に使っているけれど、家庭ではライトな使い方をしているので、代替ソフトでも行けそうな気がしてきました。

以前にも、こう言うことを書きました。
Office 2019へのバージョンアップか代替を検討  -- 2019-01-04 Friday

実は既に実践済だったりします。
Outlook メール → Windows 10 標準メール → 移行設定済
Outlook 予定表 → Windows 10 カレンダー → 移行設定済
Outlook 連絡先 → Windows 10 People → 一応作成済み
Outlook ToDoリスト → Microsoft To-Do → 移行設定済
Outlook メモ → Sticky notes & OneNote → 移行設定済
Excel & Word & PowerPoint & Access → Office互換ソフト → 未設定

大部分が既に移行済みでして、あとは、Excel & Word & PowerPoint & Accessのみとなっています。
互換ソフトウェアというと、不安なのはどこまで互換しているのかどうかですが、入り口で悩んでいても仕方ないので試すしかないようですね。
窓の杜を見ていると、

・LibreOffice
・Apache OpenOffice

が無料で使えるようです。
どちらも同じようなので、定期的に更新されるLibreOfficeにしました。
AccessもBaseと言うソフト対応しているので、何とかなるかな。
これについては、後日報告します。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
月額版ATOKが値上げするらしい
何のことかサッパリかと思いますが、ATOK Passport(月額有料版)が2019年6月1日より値上げするそうです。
何のことかサッパリかと思いますが、ATOK Passport(月額有料版)が2019年6月1日より値上げするそうです。
これまで286円(税別)でしたが、300円(税別)に変更されます。
以下ご覧の通り。
 ●サービス・月額料金

 【現在(2019年5月分まで)】
 ・ATOK Passport [プレミアム] 514円/月[税込](476円/月[税抜])
 ・ATOK Passport [ベーシック] 309円/月[税込](286円/月[税抜])
 ・ATOK for Windows [月額版]  309円/月[税込](286円/月[税抜])
 ・ATOK for Mac [月額版]    309円/月[税込](286円/月[税抜])

 【改定後(2019年6月分から)】
 ・ATOK Passport [プレミアム] 540円/月[税込](500円/月[税抜])
 ・ATOK Passport [ベーシック] 324円/月[税込](300円/月[税抜])
 ・ATOK for Windows [月額版]  324円/月[税込](300円/月[税抜])
 ・ATOK for Mac [月額版]    324円/月[税込](300円/月[税抜])

 ・月額料金改定のお知らせ
  https://www.justmyshop.com/products/atok_passport/price.html?m=jui2h01


正直な話し、WindowsとAndroidで10ライセンスまで使え、最新のバージョンを享受出来ることを考えると、これくらいの値段はどうってことないですね。
これからも、鋭意開発を続けてもらいたいものです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
電子書籍宣言してから4年経過・・・
お金を出すきっかけの殆どは、PrimeReadingですね。
電子書籍にチャレンジしてみた  -- 2015-02-24 Tuesday


これから既に4年が経過した。
これまで、四半期に2~3冊のペースでコミックスを中心に買っていました。
年間にすると8~12冊と言った所でしょうか。

それが、Kindleのコンテンツ管理で確認したところ、この4年間で200冊以上買っていることが分かりました。
この200冊のうち、80冊くらいがまとめ買い価格が異様な安さだったり、無料本だったりするのですが、無料本について面白かった本については、そこから全巻揃えるためにまとめ買いしたのも、数多くあります。
この4年間で割ると、毎月3~5冊以上、何かしら購入している計算になります。
また、興味のある既刊コミックスも数種類あるので、来月から毎月数冊ずつ購入して追いつく予定です。
(記事にするほどではないので、ブログに更新はしない予定。)

私のブログでは不定期にコミックスの感想を書いていますが、あれはいくつもある中の一部であるのですが、全てお金を出して購入したものです。
お金を出すきっかけの殆どは、PrimeReadingですね。
Amazonプライム会員になってから、PrimeReadingは麻薬と言えるサービスですね。
気になるコミックスを連続3冊(最大)まで読めるのですが、つまらないコミックスならそれで終わります。
しかし、興味が出たコミックスについては続きを読みたくなったり、作者を応援したい気持ちになって買い直したり、続刊をまとめ買いしたりするんです。
PrimeReadingは、毎月見ているわけではなく、だいたい四半期に1回くらいのペースでチェックしています。

電子書籍にして誤算が一つあるのですが、これまで本を1度読み終えると、再び読む事は無く書棚にしまって終わりました。
しかし、KindleですとタブレットやPCで気軽に読めますから、一度読み終えたコミックや小説でも、何度でも読み返すことが出来るんですよね。
それも、就寝前に電気を消してしまったあとにでも。
また、旅先の移動中にも読めたりするので、タブレットさえあれば退屈しません。
これまで10インチのFireタブを使っていましたが、昨年末に8インチタブを入手しましたので、これからの旅先のお供は8インチタブになります。

Fireタブの場合、事前にmicroSDHC(SDXC)に動画やコミックスをダウンロードしておけば、オフラインの状態でも視聴したり閲覧したりで着ることが最大の魅力です。
当ブログでも紹介しましたが、Androidアプリをインストールすれば、他の電子書籍アプリで見られることも可能です。(だが、将来にわたって見られる保証はない。)

電子書籍は、何もKindleだけではなく、ソニーの電子書籍Readerebookjapanなど多くありますが、残念ながら互換性はありません。
Kindleで購入した本をebookjapanの会員になって同じ本を読むことはできません。
新たに買い直しになるわけです。

今は、どの電子書籍も競争している最中ですから、これはやむを得ないでしょう。
自分が電子書籍を始めるとき、どこが最適なのかを見極めておきましょう。

【徹底比較!2019】電子書籍ストアはどこがオススメ?使うなら、この電子書籍!

こちらを参考に会員になってみて、適当な無料本を数冊ダウンロードして実際に読んでみましょう。
気になる本を検索して見つかれば、あとは決済方法などを確認して、心中するつもりで他の電子書籍サービスを一旦退会しましょう。
そのまま放置してもいいのですが、DMもチョコチョコ来るのでみたいメールを見逃す可能性があります。
退会しても再度入会は可能ですから、その時に改めて入会すれば良いと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31