•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

どうやって、VBAを学んだか?




この人の動画を視聴して、私もこのブログに書くヒントを得たので残しておこうと思います。
私の場合、仕事柄と言うのもありますが、そもそも、Excel VBAは入社して5年後くらいに会社の研修で学んだのが最初です。
当時私はロータス1-2-3(平成生まれには知らん罠)を使いこなしていて、関数を使いまくっていたのですがマクロはちんぷんかんで組めなかったんです。
そこで、会社から当時大型汎用機を学んでいる社員を、時代がこれから蔵鯖クラサバの時代になると読んで強制的に受けさせられたんです。
当時、研修で2週間?くらい学びましたがサッパリわかりませんでした(苦笑)


それから更に2年後に担当異動で、クラサバの世界へ放り込まれたんですね。
汎用機でのデータベースは理解していても、クライアントコンピューティングのデータベースはまるっきり違っていたので右往左往したんです。
それで、私に与えられたミッションとして、OracleのデータベースサーバーからAccessへの取込を定期的に行うツールを作る。
と言う事を始めました。
Excel(表計算)ソフトではなく、Access(データベース)ソフトのVBAを本気で学んだんですよ。
と言っても、誰も教えてくれる人はおらず、当時はどうしていたかというと参考書やYahoo検索で必死に調べまして、ODBCという素晴らしい翻訳機を知りまして、それを私のマシンに入れて手動でコピペしたのが始まりでした。


しかし、だんだんそのデータ量が多くなってきて手作業するのが面倒というか、もしも違ったものになったら大変な事になる!と言う事で、汎用機で培った自動化ツールを作成したのがAccess VBAの始まりです。
そこでも、検索しまくって情報を仕入れてとにかくトライ&エラーで何度も何度もやってはやり直して、デバッグ作業を繰り返した結果、半年くらいで完成しました。
(仕事の合間に作っていたのでけっこうな時間がかかったんですよ。)
本当に、DAOとADOの違いに苦労しましたよ。


そして、データベース担当から外れて今度は(プログラムの)ソース管理人に着任。
これがねぇ、当時LANの速度が10Mbpsしかなくて、そこに数百本のソースが一気に納品されてきて、ソース管理サーバーに依頼書とにらめっこしながらコピペしていたんですよ(笑)
もうスピードが遅くて遅くて、当時の残業時間が過労死ラインを軽く超えるくらいを年中やっていて、コピペがなっかなか終わらなかったんですよ。
当然貸出もあったり、開発が二重三重四重と併走し始めて、さすがに脳がパンクしそうになって初めて上司に訴えたんですよ。


「もう、頭が変になる。だから、1人では出来ないから要員を増やしてくれ!」
と。そして、紆余曲折があって2人来てくれて、私は温めていた自動化ツールを始めたんですよ。
それが、ExcelとAccessによる組み合わせでVBAを組んだんですね。
もちろん、やりたいことを検索してトライ&エラーでやって、これで「ある程度」は時短に繋がったんですよ。
そして、依頼書の管理簿も自動付与するようにして、申請する側も簡単に出来るようにしたんです。
これを3年くらい続けて、「ライブラリ管理総合ツール」というメニューを作ったんです。
今では多分使われていないと思いますが、今もその担当は存在していて5年前に別担当で必要を感じてそのツールをメールで送ってもらうよう頼んだところ、現存していた上に改良工夫されていてうれしかったモノです。
(とっくに違うものに置き換わっているものと考えていたから。)


こうして、私はVBAを学びました。
そして、今ではExcel+Access+Outlookと言う複合技も使っています。
まぁ、Outlookはメールを作って送信待ち状態なのですが。
そうそう、全社員にメールと初期パスワードを送るのに1人ずつ作成するなんて非効率だから、Excelにメールアドレスと社員名と初期パスワードを書いておけば、ボタン一つで一気に全社員分を送信することだって可能です。(メールサーバに負担をかけない工夫もしております。)
今ではそのツールは使われなくなりましたが、当時は誰かが思い出したかのように、私を指名して「あのツール、あったよなぁ。」と言ってきます(笑)


とにかく、私がVBAを使いこなすのは、
・いかに簡単で時短(作業の効率化)
・そして間違わずに確実に(正確性)
・出来る事(自動化)
なんですね。
ルーチンワークとなっていることは、極力自動化してしまって、さっさと終わらせることなのです。
これが、なかなか会社に評価されないのが悲しいところなんですけどね(涙)


この動画のように、分からないところはVBA記録ボタンを使うと良いです。
これだけでも、かなり進歩しますから。
そこから深化しようとするとなると、もう今ではGoogle先生やアヒル先生で検索するといっぱいでてきます。
やりたいことをボンヤリと検索窓に入れてやると、答えがひょこっと現れてきます。
それをトライ&エラーでやり続けるだけです。
出したい結果が分かれば、自ずと道は開けます。
例え汚いソースコードであったとしても(笑)


そう言えば、PowerPointとWordだけはVBAで組んだことないですわ。。。
あんまり使うことがないのでねぇ。
奥が深いですよ。VBAは。
APIを使いこなすと、最早無限大と言っても良いくらいです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (9人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
結局短命で終わったか

さよなら「COCOA」 最終版3.0.0で機能停止後に削除を


まぁ、私は最初からインストールしていない非国民ですけども、鳴り物入りで早期導入したけれど、感染者爆増しているのに何一つ機能しなかった欠陥品なソフトウェアとして汚点が付きました。
私がインストールしなかったのは、以下が理由。

・感染者と接触したと正直に報告する人がいるのか
・その報告した時のタイムラグは?
・接触したらPCR検査?
・感染爆発した時に耐えられるのか
・セキュリティーの担保は?
・長期間(5年10年)続くソフトウェアではない


等など、結局、設計も何もかも丸投げの厚労省が、外部委託業者に開発を依頼してケツを叩いた結果ですから、これは有る意味仕方ないことです。
私は別に「政府や行政が信用出来ない」と言うわけではなく、用途をちゃんと説明せずに国民にインストールを推奨する時点で「ちょっと怪しいな。」と思ったわけです。


何だかんだと2年9ヶ月で終了。と言う事で、国民へ丁寧な説明と速やかにソフトウェア削除を啓蒙しなければなりません。
じゃないと、そのアプリの脆弱性を突いた個人情報が漏れると言ったような事故が起きるかも知れないからです。
素人にはただの記号でも、玄人は時間をかければ復元しちゃいますからね。
スマホの性能はどんどん上がっていくんですよ。
解読やログ収集アプリを開発して、COCOAの情報を吸い取っていきますよ。


なので、もう気にされない方は、速やかにアプリを削除しましょう。


強いて提案するなら、今後の感染症対策のために、振り返って次の開発に役立てることですね。
PDCAサイクルをしないと、また付け焼き刃のアプリをリリースするのであれば、同じ二の舞になります。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (17人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
いや、マジで止めて・・・

「Internet Explorer 11」は2023年2月のパッチで完全無効化 ~Microsoftがアナウンス

直接英語版サイトでも読んだのですが、いよいよ本腰を入れるようである。
プライベート上では、何ら影響は無いのですけれど、仕事上では滅茶苦茶影響が出てくるんじゃ無いかと思います。
ただでさえ、某セキュリティーチェックでは延々と歯車が廻っていて、「いつになったら終わるのでしょうか?」と言う問い合わせをいただくのですけれど・・・
そう言うとき、いつも「このOSのIE11はEOL(End of Life)を迎えていませんのでIE11をお使い下さい。」と伝えています。
それが本格的にIE11を使えなくすると言うのですから、現場は間違いなく炎上待ったなしでしょう。2月の第4週目が怖いな・・・


プライベートの方は、もう数年前にIE11を抹殺したので何ら影響はありませんし、今のところ私が見に行くサイトで困ったシーンは一つもありません。
頑なにIE11を要求していたサイトも、ようやく標準ブラウザに対応してくれましたし、私のサイトもとっくの昔にIE11不要になりました。
私のサイトにあるアクセス解析ではIE11はランク圏外にまで落ちました。クローラーが相変わらず蔓延っていますけどね・・・


う~ん、IE11は本当に起動不可能になるのだろうか。
非常に心配である。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (27人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
ローコード、ノーコード

キントーンと言うサイボウズのCMを見て、「これも時代の流れか。」と思いました。
クラウドは、今一つ信用していない私ですが、この表計算(EXCEL)に喧嘩を売り始めたキントーンは、かなり有能なのかな?と思いました。


最近、IT業界では「ローコード」「ノーコード」開発が流行っているようですが、断然コード派の私はかなりの強敵です(笑)
あ、でもホームページ作成は、作成当時から「ノーコード」に近いですね(笑)
WYSIWYGという手法で、PowerPointのように構成して文章書いたら、勝手にhtmlが出来上がりました。
私が使っているのは、ホームページビルダー19ですけどね。


「ローコード」にしても「ノーコード」にしても、デバッグはどうするんだろう?と思います。
簡単に解決出来れば良いのですが、コードに問題が無く処理する側にバグが潜んでいたら永遠に解決出来ないような気がします。
一見、開発現場は簡単に出来る。ように思えますが、システム構築する時はきちんと内容を把握していないと、とんでもない結末を迎えてしまうんじゃないかと思います。

何事も試してみることは必要ですが、これがWebで反映出来るのならどんどん作っちゃうんだけどなぁ。
アイデアは無限大です(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (18人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
意外と使える?Microsoft系アプリ

私が数多く使っているアプリの中で、2つほど紹介したいと思います。
どちらもMicrosoft系のアプリですが、パソコンとスマホ(Android/iOS)との連携が良くて、今では手放せないほどに愛用しています。
いずれにアプリも、マイクロソフトのアカウントが必要になります。
そうしないと連携出来ませんからね。


まずは一本目。
【付箋:one note】
Windows版:https://apps.microsoft.com/store/detail/microsoft-sticky-notes/9NBLGGH4QGHW?hl=ja-jp&gl=jp
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.onenote&gl=US
iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-onenote/id410395246


私はこれに思いついたことをPCにバンバン登録して活用しています。
それを、スマホのone noteで振り返っていたりします。
PC版のone noteでも良いのですが、今一つ私には馴染めなくてシンプルなSticky Notesを愛用しています。
なお、会社ではどうもフィルタリングに引っかかるような気がするし、そもそも会社ネタを登録するのは情報漏洩の危険性が高いので、そう言うのはしていません。

使用頻度としては、1日に数回開いている感じですね。


続いて二本目。
【To-Doアプリ】
Windows版:https://www.microsoft.com/ja-jp/p/todo/9wzdncrdc6mj?activetab=pivot:overviewtab
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.todos&gl=US
iOS版:https://apps.apple.com/us/app/microsoft-to-do/id1212616790


買い物リストとか予定をリストメモ化しておき、スマホでチェックして出来た項目からタップしていくという。
紙に書いても忘れるくらいなので、WindowsPCでやることを予め入力していきます。
このあたりは、Outlookの「仕事」とも直結したりするのですが、私が私用で使うOutlookは私用メールと予定表だけで、それ以外は特に使いません。
時々、タスクの更新を忘れたりすることがありますが、ルーチンワークのものや何かする時には必ず記入して、ちゃんとやり終えているか確認をします。
仕事の方は、Outlookですると言うよりも、完全にタスクスケジューラーで自動化しているので、特に使っていませんが、〆切までにちゃんと報告が上がっているかどうかの時は、フラグを立てて使いこなすようにしていますね。
仕事では、皆さん優秀ですので無茶な〆切でない限り、きちんと提出されています。


これらのアプリは、仕事では一切使っていないのがポイントです。
と言うのも、仕事では限られた制限の中でしか使えないので、これらのアプリが連携出来ないんですよ。
フィルタリングの関係でね。
まぁ、そこは割り切っていますし、必要ならスマホから確認して調べたり作成したりしているので、特に不自由はしていないですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Windows 11にアップグレードした

Windows 11への無償アップグレードに「特定の終了日は設けていない」 ~マイクロソフトが公式FAQを訂正


私が読んだ時はFAQの修正がなかったのですが、正直「(Windows11へのアップグレードなんて)どっちでも良いなぁ。」と思うところがありました。
ところが、Windows 10のEOLが2025年で終了すると2021年に公式発表がありました。

Windows10のサポートを2025年に終了予定 Microsoftが正式発表


そうなると、「しゃーないなぁ。アップグレードするか。。。」と、対象機種ではないけれど、自己責任の下でアップグレードを行いました。
そんなに難しいことではなく、ネットでぐぐるといっぱい方法があるのですけれど、私はシンプルに、「Winpass11」と言うアプリを使いました。事前に、Windows 11のISOファイルをダウンロードしておきましょう。


3日ほど使ってみての感想ですが、特段変化はないですね。
Windows7のガジェットが消されたくらいですが、最初は特に気にもしていませんでしたが、やっぱりないと不便なのでリスク覚悟で再インストールを行いました。
変化はないのですが、タスクバーを左端に固定していたのが、出来なくなってしまったことですかね。
これから、ボチボチと色々触って見ようと思ったのですが、こんな記事が・・・

「Windows 11 バージョン 22H2」にプリンター関連のトラブル、影響する環境へのアップグレード提供を一時停止
あんまり影響は無いのですけれど、基本的な所はちゃんと押さえて欲しかったですね。


そうそう、注意点ですが、今後毎年のアップグレードのたびに、Winpass11でアップグレードしなくちゃダメのようです。
マイクロソフト側もアップグレードのたびにチェックを入れているようです。
その点は面倒くさそうですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (12人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Incorrect username or password Tips

何のことかサッパリわからないでしょうけれど、YahooメールをThunderbirdやモバイルOutlookで送受信する時、極稀に「Incorrect username or password」が出るんです。
これが一度出るとずっと続くので、はたしてどうしたもんかと悩みました。


アヒル先生に聞いても答えてくれなかったので、Google先生に問い合わせてみました。
すると、サクッと答えが出ました。
「メールサーバー pop.mail.yahoo.co.jp からの応答: Incorrect username or password.」となってサンダーバードでメールが受信できなくなる!


なるほど!と言った感じです。
何年も普通に使えていたのに、ある年を境にこのメッセージが出るようになって、何故なんだろうと思っていたのですがそう言うことだったんですね。
至ってシンプルで、次の手順で解消されます。

1.一度、Yahooサイトへ行ってログアウトします。
2.再度ログインをします。
3.パスワードを入力した際、「ログインしたままにする」のチェックを外します。

これで解消です。
恐らくYahoo側のセキュリティー対策でしょうね。
仕方ありません。


これからは、Yahooサイトへ行く時はいちいちログインをする用にします。
しかし、なんらかでYahooサイトへの接続が切れた時(PC再起動など)、やっぱり同じように出てきます。
これは至極面倒くさいなぁ。
Yahooメールは、SNS系で使っていたのですがHotmail系に切り替えようかしらね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (16人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
ホームページビルダー19の再アップデート

もう、とっくにサポートが切れているんですが、私の使い方は初期の頃から全然変わって無く、出来れば今のビルダーで書かれたhtmlを自動的にレスポンシブWebに変換してくれたら買い替えるのになぁ。と思っています。
なんせ、30年近く続いているホームページで現在進行形ですから、スマホ対応にするのもかなり大変です。
何年か前に、「フッターメニューとヘッターメニューが共通しているからJavaScriptを使って外部読込にするか。」と全ページ刷新しました。
一見何の変哲も無いのですが、更新履歴なんかは毎年フッターメニューをちょくちょく更新をしています。
 

ここ数年、ガーデニングがメインのページになっているのですが、これもデザインを一新して、写真と撮影日とコメントをデータベース化して、そこからページを作成出来れば簡単になるよなぁ。
なんて事も考えているのですが、そもそも、ホームページビルダーにそこまでの機能を持っていないので、秀丸エディッタなどを使ってやるしかありません。


ふと、そう言えば職場の上司から「Visual Stadio Code」てのがあるよ。
と言う事を教えてもらいそれを取りあえずインストールした。
これは、ちょっと別の話題にそれるので、また折を見て記事を起こします(^^ゞ

で、話を元に戻して、サポートがとっくに切れているホームページビルダー19を長いこと使っていると不満が出てくる。
と言うか機能が「おかしくね?」と思うところが出てくる。
末期症状では、ガーデニングの写真をドラッグ・アンド・ドロップしただけで×になっていて使い物にならない。
どうするべきか・・・
とあがいたところで仕方ない。


そうだ!もう一度最新アップデートファイルを上書きすれば治るかも?


と思って、早速ジャストシステムのサイトからダウンロードしてきた。
そして、実行。
そして、再起動。
そして、ホームページビルダー19を起動。
すると、シリアルキーが入っていない!と怒られてしまったので、「そんなんあったっけ?」と思って、説明書を探すのも億劫なので、ジャストシステムのサイトのアカウントから調べたら有った。
それをコピペして終了。


すると、不調だった至る所の箇所が改善されました。
やっぱり、困った時の再インストールは重要ですね。


と言うお話しでした。
最新版では、この2つですね。




私は、バージョンアップ版で良いのですが、Amazonでは売られていませんでした。
なんでかな?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
Windowsコマンド start

私は、Windowsを起動した時に様々なプログラムを自動起動するため、バッチプログラムを組んでいます。
職場でもタスクマネージャーで定期的に実行してチェックをしています。
(Windows 10では、設定-アプリ-スタートアップで簡易ながらもシンプルに自動起動のオンオフが出来ます。)


その時、いつも最後にファイルやアプリを起動させるのですが、そうするとコマンドプロンプト画面がずっと残ったままの情けない結果になります(笑)
これを一体どうやったらスマートに出来るのだろう。と考えたのですがコマンドが分からなかったので、アヒル先生に聞いたら答えが返ってきました。

「start コマンドを使え・・・」

何それ?
物凄い直球やん。
と思って、一例を挙げてみます。

【変更前】
%USERPROFILE%\AppData\Local\Vivaldi\Application\vivaldi.exe -disk-cache-dir="Z:\temp"


これは、私のメインブラウザVivaldiを起動するコマンドです。
キャッシュディスクをこれまでCドライブにしていたのですが、RAMディスクドライブのZドライブ指定にしています。
しかし、このままだと、コマンドプロンプトが立ち上がりっぱなしなので、次のようにすると綺麗に閉じてくれます。

【変更後】
start "" %USERPROFILE%\AppData\Local\Vivaldi\Application\vivaldi.exe -disk-cache-dir="Z:\temp
"

至ってシンプルで、「なんじゃそりゃ?」状態です。
start /? と入力すると、長々と説明があって奥深いです。


じゃぁ、もう少し奥深いところを掘り下げてみますか。
【変更前】
C:\bat\netwrok_drive.vbs
 ↓ ↓ ↓ ↓
Const olFolderInbox = 6
Const olMinimized = 1
Dim olkApp
Dim fldInbox
Dim expInbox
Dim objWShell

WScript.sleep 1000
Set olkApp = CreateObject("Outlook.Application")
If olkApp.Explorers.Count = 0 Then
Set fldInbox = olkApp.Session.GetDefaultFolder(olFolderInbox)
fldInbox.Display
Set expInbox = fldInbox.GetExplorer()
expInbox.WindowState = olMinimized
End If
Set objWShell = CreateObject("WScript.Shell")
Set objWShell = Nothing


【変更後】
start "" /min "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\OUTLOOK.EXE"



もともと、このプログラムはネットワークドライブ接続がおかしかったところから始まり、ついでにVBScriptでOutlookを自動起動するけど最小化にしちゃえ。
から作りました。そんなコマンドも、たった1行で終わりです(笑)
わざわざ、変数宣言したり時間差を設けたりしたのですが、そんなのは不要になりました。
こうすることで、コマンドプロンプトが綺麗に終了してくれます。


startコマンドの活用は無限大です。
是非、試してみてください。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (13人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Microsoft 365 Family 日本版導入だがしかし・・・

「Microsoft 365 Family」がようやく日本導入 ~7月19日から提供開始


昨日、このニュース記事を見てやっとか。と思いました。
何故、日本には発売されていなかったのか不思議で仕方なかったのですが、これでようやく大手を振って購入する・・・
1年で18,400円。
っと、ちょっと待て。
アメリカ版だと、89.9ドルで売られているぞ。
MS Falmily US


いくら円安だからとは言え、1$=140円で計算しても約6,000円弱の価格差がある。
足元見ているなぁ。マックロソフト。


で、そろそろ更新だからダメもとでアメリカAmazonから購入ボタンをVPNなしでやってみたところ、サクッと買えちゃいました。
世界共通なら安いところで買うのが理想ですもんねぇ。
ちょっと待て、昨日までAmazonプライムデーがやっていたな。。。

プラムデー価格
69.99ドルかよ!爆安じゃねぇか。
しまった~。波に乗り遅れてしまったわ。
次回からちゃんとウォッチしておこう。


と言っても、日本でもこれからAmazonプライムデーで安く販売されるようになるかな。
そうなると嬉しいなぁ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (28人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31