•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

AT限定大型二輪の排気量制限が昨年12月に撤廃されていた
これで、AT限定大型二輪でゴールドウィング(DCT)を運転することが出来る。
12月1日、AT限定大型二輪免許の排気量上限が撤廃されました!


すっかりバイク免許についてご無沙汰していたのですが、昨年12月1日にながらスマホ規制と併せて、AT限定大型二輪免許の排気量上限がなくなりました。
今まで、何故かAT限定大型二輪のみ排気量が650cc(当時、国内で販売されていたAT限定大型二輪がスカイウェーブ650飲みだったため。)というわけ分からない制限がありました。


これで、AT限定大型二輪でゴールドウィング(DCT)を運転することが出来る。
と言っても、私はAT限定普通二輪ですので無理ですが(笑)


私が見落としていたのか、単に国内バイク需要が見込めないことからスルーされてしまっていたのか。
AT限定大型二輪免許取得が再燃すると良いですね。
私は取る予定ありませんが…(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
運転しないのに免許更新する理由
免許ビッターマニアや資格取得マニアは別ですけど。
時々、不思議に思うことがある。
運転免許を取得したけれど、運転が怖いから運転を一切しない。
最後にハンドルを握ったのはかれこれ10年以上前。


何で、免許更新をするのか不思議で仕方ない。
身分証明書代わりと人は言うが、今ならマイナンバーカードでも良いじゃん。と思う。
(しかし、身分証明書代わりにならないシーンがあるらしい。)
どうして、更新料無料のマイナンバーカードを使わず、決して安くない金と時間を払って免許を更新するのか分からない。
そして、身の入らない動画を見せられる時間が勿体ない。

免許更新時のビデオで考えさせられること  -- 2019-11-13 Wednesday

サンデー毎日な人なら、(どうやって生計を立てているかは別として)気の迷いで更新しても良いと思うのですが、1分1秒でも惜しい人は、こんな無駄な更新を行うなら、免許返上した方が世の中のためだと思います。
だって、頼まれても運転しないでしょ?
運転できますか?
苦労して何十万も払って手に入れた免許証ですが、使わなければゴミ屑同然です。
更新時期になると、貴方の大切な時間とお金を警察に奪われてしまうんですよ?


「じゃあ、お前はどうやねん!」
と聞かれると、生活必需品なのでありがたく使っています。
クルマもバイクも毎週末乗り回しています。
なので、安全運転で違反や事故をしないよう心掛けています。
お陰様で、5年ゴールドです。

ゴールド免許証

免許にしても資格にしても、使わないと勿体ないですよね。
免許ビッターマニアや資格取得マニアは別ですけども。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
買い換えたいクルマがない
いずれ近いうちに、カローラセダンの試乗もしてみようかな~。
いまのFIT Hybrid RS 6MTに乗り換えてから8年目。
ホンダさんから色々試乗させてもらうのですが、どれも素晴らしい出来ではあるのです。
でも、今の財政状況と今のクルマを捨ててでも乗り換えたい!と言うクルマに出会えていません。
ある意味、私の中で今のクルマが完成形に出会った感じです。


次に乗り換えるとしたら、「オートマ・セダン」と決めているんです。
これまで
・3ドアハッチバック「ワンダーシビック、スポーツシビック」
・2ドアクーペ & 5MT「BB4プレリュード」
・7人乗りミニバン & 5AT → CVT「初代ストリーム、エクシーガ」
・コンパクトカー & ハイブリッド & 6MT「FIT Hybrid」
と乗り継いできたのですから、自ずと次はセダンと決めているんです。
リセールバリューを気にしていたら買えません。
乗り潰すつもりで買い換えるつもりなんでね。


最近のクルマはどのクルマも興味があるけど、試乗して「コレダ!」と言うのが見つからないんです。
マツダディーゼルも良いんですけど、これも優等生で欠点が見当たらない。
パーフェクトすぎるクルマは、どこか面白みがないんですよ。
そう言う時代に来ているんですかね。


いずれ近いうちに、カローラセダンの試乗もしてみようかな~。
大衆車から脱皮した感じがあるんでね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
タイヤ交換、空気圧チェックは必須
バイクでタイヤの空気圧が減っていると、カーブとかでハンドルや後輪が滑るような感覚があるんです。



ちょっと古いツイートですが、自分も肝に銘じるつもりで。
バイクでもクルマでも同じ事ですが、タイヤって結構重要なんですよ。
エンジンも大事ですが、その力を伝えるのはタイヤじゃないですか。
タイヤを軽視していると、結局自分に跳ね返ってくるんですよ。


私も出来るだけ、1ヶ月に1回、或いは2ヶ月に1回でチェックするようにしています。
点検するくらいなら5分とかかりません。
空気補充が必要であれば、近所のバイク屋さんに任せても良いですし、
↓こういうもの↓を買って自分で入れましょう。




バイクなんかは、死に直結するのでこまめな点検は必須です。
バイクでタイヤの空気圧が減っていると、カーブとかでハンドルや後輪が滑るような感覚があるんです。
また、マメに燃費チェックをしているのですが、空気圧が減っていると悪くなる傾向にありますね。
あまり高すぎると、乗り心地が悪くなったるので適性が一番です(^^)


クルマは2~3ヶ月に1回見るのですが、こっちはなかなか減らないですね。
特に、今のタイヤ(Le MANS V)に変えてから全然減らないです。




ちょっと特殊だからかな?
(パンクキット使えないし・・・)


あと、タイヤの溝が残っていても、タイヤという性質上ゴムが硬化して劣化になります。
硬化するとブレーキをかけたときの制動距離が伸びてしまいます。
この点が要注意ですね。


なので、距離を走っていなくても、タイヤの溝が十分残っていても、5年を目安に交換した方が良いでしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
【最終日】2020年マイカー購入紀
後日、近所のホンダとマツダディーラーへ謝りに行くことに。
なななな、なんと。今日が最終日であります(笑)


やはりなぁ。と一抹の不安があったのですが、親がクルマ屋へ行って、中古車を決めてきたようです。
登録済みのディーラー横流し車。
走行距離が10km未満のやつ。
あまりにも安かったから。と言う理由だそうで、電話で話をしたときには、90%くらい契約する感じでした。


一度冷静になって考えたら?と説得したものの、どうしても価格には勝てないという理由で即決。
あ~ぁ、中古車屋の言いように言いくるめられた感じです。
買うのも乗るのも親ですので、まぁいっかと思う私です。


でも、こっちの顔も立てて欲しかった。
分かっていたんだけど、一度気持ちが固まったら変えられないのが我が親の性格。
なので、関係悪化を避けて身を引きました。


後日、近所のホンダとマツダディーラーへ謝りに行くことに。
どちらの営業さんも、「しょうがないですね。」とガッカリ感で漂ってきました。
これからは、即決にならないような人を紹介しま~す。


で、何を買ったかって?
詳細は聞いていません(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
【2日目】2020年マイカー購入紀
と思い出し、以前、アクセラセダンディーゼルの試乗をした担当営業の名刺を探して電話。
さて、的が絞りきれないまま1ヶ月が過ぎたある日、新型FIT4の発売がネットで噂されていたとおり、発売延期(2020年2月)となりました。
そして、N-WGNも電子パーキングブレーキに問題があるとかで改善対策に時間がかかり、先日リコールを発表。

N-WGN、N-WGN Customのリコール

2019年8月に契約した人ですら2020年1月に納車できるかどうかというお話になりました。


「う~ん、これでは決算期間際に契約しても納車できる可能性は期待薄になりそうだな。」
と言う一抹の不安をよぎりました。

それから更に1ヶ月の2019年11月も終わりにかかった頃。
もう一つ、交渉材料としてマツダの見積書をもらっておくか。と思い出し、以前、アクセラセダンディーゼルの試乗をした担当営業の名刺を探して電話。
来訪の時間を予約をして、そのあとホンダディーラーにも電話。
お隣同士なので、N-WGNや新型FIT4の情報仕入れに向かいました。


まずはホンダディーラー。
ほぼ突発的な来訪でしたので、担当営業さんは別のお客様対応で忙しく、サポート担当の方と話しをする事になりました。

サ 「すみません、担当営業が別の接客で忙しいので私が対応します。で、どの様なご用件で?」
俺 「いえいえ良いですよ。実は、親がクルマを買い換えたいとのことで、軽自動車かコンパクトカーにしたいんですけど、まだ絞り込めていない状態なのです。それで、発売延期が続いているN-WGNや新型FIT4の情報って何か無いですかね?」
サ 「そうですね。この件(N-WGN)については申し訳ないです。まだ、我々の方にも情報が下りていないのですが、FIT4の受注開始時期についてはちょっと調べてみますね。お待ち下さい。」

・・・しばし待つ

サ 「お待たせしました。FIT4については、2020年1月中旬にデータが下りてくるようです。それまではまだ何も言えないですね。」
俺 「なるほど。となると下りてきた日くらいに決めないと、3月末の納期に間に合わないかも知れないですね。」
サ 「そうですね。」
俺 「N-WGNはどうですか?」
サ 「こちらも2020年1月くらいにお待たせしている方に納車出来るようになるのですが、バックオーダーを結構抱えているので決算期に契約しても納車できるか微妙ですね。」
俺 「まぁ、そうですよねえ。ちなみに、このお店で何台バックオーダー抱えているんですか?」
サ 「○○(2ケタ)台です。当店だけでこれだけですから、県内になると数百台、全国になると数千台になりますね。」
俺 「なるほど。」

と談笑が続く。
この時点で、私の中では、決算期にこの2台の購入は大した値引きも期待できない。と容易に妄想する。
しかし、ふと気付いたことを口にしてみた。

俺 「新型FIT4がこれだけ遅いと言うことは、FIT3も拘りがなければ結構安くしてもらえないですかね。」
サ 「そうですね。色やグレードに拘らなければ、多少は安く出来ると思います。」

交渉で煮詰まったら、FIT3も有りかも知れないかな。と考える。
そろそろ、次の予約時間なので、程々にしてあとにする。
ちょうど、担当営業さんと帰り際に話しすることが出来、来年のカレンダーをいただく。
いつもありがたい。。。
感謝します。


さて、来ました。マツダ店。
2年前に来て以来ですが、残念ながら担当営業さんが接客中と言う事で、別の営業さんと話しをすることに。
一通りの事情を話した結果、今はデミオではなくMAZDA2に名前が変わって販売されていた。

マツダ、「デミオ」を「MAZDA2」に車名変更し予約受注を開始

取りあえず、コンパクトカーとハイトタイプの軽自動車の見積書を作って欲しい旨を伝えたところ、以下の3車種になった。

【MAZDA2】

新型MAZDA2


【フレアワゴン】

フレアワゴン


【フレア】

フレア


マツダは軽自動車を作っていない。スズキのOEMである。
フレアワゴンは、スペーシア
フレアは、ワゴンRにそれぞれ相当する。
(ちょっと調べた。)


こちらの見積もり表もガッツリ20万円の価格差が出た。
まぁ、こんなもんだろうなあ。と思いつつ、その日の夜、親に電話してみた。

俺 「クルマの件やけど、今日マツダに行って見積もりもらってきたけど。。。」
親 「う~ん、よくよく考えたけどやっぱり軽自動車にするわ。」
俺 「そっか~。あんまりお奨めできないけどなあ。」
親 「うちらの世代は、もうみんな軽自動車やしな。」
俺 「そっか~。で、目星は付けたん?」
親 「ショッピングセンターに停まっている車をちょこっと見たけど、N-BOXがええわ。」
俺 (おぉ、そうきたか~)「そっか~。じゃあ、それやったらマツダはフレアワゴンになるな~。スズキのOEMやけど。」
親 「スズキのOEMやったら、スズキのにするわ。」
俺 「だったら、どんなもんかを平日にスズキの店に行くか調べて電話した方が良いよ。最近は、アポナシ来客は嫌がられるから。」
親 「そうなん?わかったわ。」
俺 「週末、一度家に顔出すわ。」
親 「了解。」

となった。
果たして親は、ちゃんとディーラーにアポ出来るでしょうか。。。
ちょっとだけ不安である。


それでも、N-BOX系を選択したと言う事は、的を絞りやすくなった。
親曰く、
・三菱系はイヤだ(当然、日産もダメだな。)
・マツダ買うならスズキにする
なので、必然と

・ホンダ★N-BOX

旧型N-BOX


・スズキ★スペーシア

エペーシア


・ダイハツ★タント

タント


の三つ巴になりそうだ。
ざっと見た感じ、スペーシアのハイブリッドに惹かれるものがある。
タントは、この三つ巴の中では最新の車種ですね。
N-BOXは、売れまくっているだけに値引きの牙城は厳しいか?
大穴としてFIT3だろうか。(値段次第やね。)


さてさて、どうなることやら。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
厳罰化をする前に効果的な取締をしないと絵に描いた餅に過ぎない
道路交通法の第1条の定義に当てはまるからです。
あおり運転 免許取り消し 警察庁方針 道交法に規定 厳罰化

世論は好意的に見ていますが、私も概ね賛成です。
道路交通法の第1条の定義に当てはまるからです。


でも、厳罰化だけでは煽り運転はなくなりません。
何故煽り運転をするのか。
その原因を探らないことには、どんなに厳罰化をしてもなくならないからです。


例えば、高速道路の追越車線をタラタラ走るサンデードライバーや、速度リミッターの付いたトラックが走られると、誰しもがイライラしたり走行車線から追い越しをかけたり(これは道路交通法違反)することでしょう。
私だってする事があります。
そうした車を徹底的に取り締まれば、大半の煽り運転は減るんじゃないかと思います。


また、法整備にしても、飲酒運転撲滅で繰り返し厳罰化を行っても、一向に悲惨な事故は無くなりません。
そもそも、飲酒をしたら運転できないような仕組みを作ることで解決出来るはずなのに、それを実行に移さない警察庁、国土交通省、自動車メーカーの怠慢と言えます。
そして、悲惨な事故が起きるたびに世論から厳罰化の声が上がり、他の法律とのバランスが崩れてきています。


そもそも、飲酒しても運転が出来るや煽り運転の元凶となるクルマ=警察の取締がない と言う事が問題です。
定期的に一斉検問をすることがありますが、アレではその日、その道、そのルートを避けてしまえばお咎め無しです。
春と秋に行われる交通安全カツアゲ運動週間だけでなく、無差別テロのように効果的に取り締まらないと、厳罰化をしても絵に描いた餅にしかなりません。
警察も限られた人員でやっているので、立法府もそこまで踏み込んで考えてやるべきではないでしょうか。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 12:30 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
【1日目】2020年マイカー購入紀
親 「維持費の安い軽自動車にしたい。
不定期更新ですが、購入までの交渉記録として連載します。
なお、我が家で買うクルマではなく、親が乗るためのクルマです(^^)


それは、まだ暑い日の9月初旬の頃であった。

親 「そろそろ、クルマを買い換えようと思うんやけど。。。」
俺 「そうなん?」
親 「車検通したばっかりだけど年齢的に先進安全装置の付いた車にしたい。」
俺 「そっか。どう言うのにする?」
親 「維持費の安い軽自動車にしたい。」
俺 「う~ん、軽自動車か~。あんまりお奨めできないけどなあ。」
親 「そうなん?なんで?」
俺 「昔の軽自動車と比べて性能は向上しているけど、やっぱりもらい事故受けたらぺしゃんこやで。」
親 「う~ん、そっか~。」
俺 「せめてコンパクトカーくらいがいいかなあ。取りあえず、近所の販売店に見積もりもらうわ。軽自動車だからと言って安く買えるとは思わない方がええで。」
親 「わかった。」

と言う感じの電話がきっかけ。
で、9月28日にディーラーに行って見積もりを作ってもらいました。
取りあえず、候補車はこちら。

【旧型FIT★ガソリン車1.3L】

旧型FIT3


【旧型N-BOX】

旧型N-BOX


【新型N-WGN】

新型N-WGN


松竹梅的に価格差が10~20万円くらい違っていて、旧型FITで240万円とちょっとあり得ないな~。と思うのでした。
そして、翌日にカタログと一緒に見積書を渡して、親は「軽で200万円はあり得ない!」とのたまっていました(苦笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
日産が頑張らないとトヨタやホンダが成長しない
昨年、カルロスゴーン氏の逮捕から日産自動車は揺れに揺れまくっています。
日産の内田新社長、2日午後就任会見 3つの緊急課題

昨年、カルロスゴーン氏の逮捕から日産自動車は揺れに揺れまくっています。
この1年、新車発表会をしたっけ?と言う位、印象に残っていません。
(2019年7月にスカイラインの発表があったようです。)


それでも、日産自動車の代表コンパクトカー「note」は月間販売台数上位にランクインするなど、なかなか健闘しています。
でも、技術革新的な発表が、自動運転(プロパイロット2.0)くらいしか印象がなく、エンジンとか流行のハイブリッドについては「何を取り組んでいるんだろう?」と思うほどに「?」です。


日産自動車が頑張らないと、トヨタやホンダが今一つピリッとしません。
カルロスゴーン氏が登板したときは、エクステリアデザインが革新的に変わって「おぉー」と思い、次に自動運転で「おぉー」と感じました。
ここは、踏ん張りどころ。
2020年に日産自動車の逆襲を期待したいところです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 12:30 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
今日からながら運転の取締が厳しくなります
端的に書くと、スマホやタブレット、カーナビを注視しながらの運転は、一発免停(6点)になります。
端的に書くと、スマホやタブレット、カーナビを注視しながらの運転は、一発免停(6点)になります。
最悪、酒気帯びで捕まると免取り(16点)になるようです。


やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用


かなり罰則が強化された面がありますが、これも時代の流れで止む無しでしょう。
恐らく、12月から来年1月と、来春のカツアゲ交通安全運動週間くらいは、世間にアピールするためガッツリと取り締まることでしょう。
(そう書いている自分が取り締まられたりして・・・(笑))
当然、報道もされることでしょう。


SNSでは、スマホやタブレットが話題になっていますが、カーナビゲーションの画面も取締対象です。
なので、カーナビではなくDVD再生やテレビを見ることもアウトです。
うちは、殆ど車中でのテレビは視ないので別に良いかな・・・?


また、スマホやタブレットをカーナビゲーション代わりにしても、言い訳は通用しませんからご注意を。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31