•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

FIT3 1.3G・L Honda SENSING
先週、自身のHPに公開しましたが、あまりHonda SENSINGについて実体験しなかったので、補足で書き足します。
先週、自身のHPに公開しましたが、あまりHonda SENSINGについて実体験しなかったので、補足で書き足します。

FIT3 1.3G・L Honda SENSING


ちょうど、高速道路を走る機会があったので、思いっ切りHonda SENSINGを堪能しました。
実車は、1000kmを超えたくらいの距離での評価です。
(今後の学習で変わる可能性があります。)


やっぱり目玉は自動追従機能。
これは私の感覚ですが、落第点ですね。
ハッキリ言って、運転手は勿論、同乗者は落ち着かないですね。
ハラハラします。

前が空いている状態で、115km/h(デジタルメーター目測)でセットしました。
前方300m先(目測)に追いついてきました。
どのあたりで減速するかな~?と思って、右足をフットブレーキに添えていたのですが、50m~100mくらいの距離(目測)でGがかかるくらいに減速しますね。
エンブレで徐々に速度を落とすのかな?とほのかな期待をしていましたが、スマートな落ち方ではありませんでした。


90km/hくらいまで減速した後、車間が100mくらいに開くと速度を上げて一定の距離を維持します。
前の車が速度を上げると、追従機能が働いて速度が上がりますが、最初に設定した速度以上は出ません。
速度の上がり方も、前車によりますが急激に離れると、私の感覚では急加速します。
追越車線で後続者がいる場合は、急加速が正解の選択ですが、まぁ、それをするくらいなら走行車線に戻れ。ですね。

また、走行車線で自動追従で速度を抑えられた状態で走行中、追越車線から追い抜かれた車のあとに入るとき、車線変更するときも一瞬、前車がない状態が生まれるので加速します。
なので、タラタラと走行車線から追越車線に移ると、ちょっと危ないかも知れません。
(私の場合、100mくらいの距離をかけて車線変更します。長いように思いますが速度が出ているときは、あっと言う間ですよ。)


前車がトラックであれば、最高速度95km/hなのでそれに追従すると、かなり運転が楽になると思います。
しかし、前車がサンデードライバーだと速度にムラがあるので、ブレーキがかかったり加速を繰り返すので落ち着きません。
自動追従機能も考え物だなあ。と認識を改める私でした。


それと、急な割込が入ると衝突危険のアラームが鳴ります。
そうそう頻繁にありませんが、結構鬱陶しいかも知れません。
だって、人間の反応の方が「あ!割り込まれた。」と思って一呼吸してから、ピピピピ・・・とアラームが鳴ります。
この一瞬が命取りになりますので、この辺はまだまだ発展途上だなあ。と思います。


車線維持支援システム(LKAS)は、これまでも経験済みなのですが、この機能は良いと思います。
カーブでもちゃんとハンドルが、「これ以上切ったらアカンで~。」と重くなります。
過信するのは恐いですが、ちゃんと真ん中を走る事が出来るので、これは活用していくと良いと思います。
ただ、一般道でやると左側の路駐を避けるときに妨げることになるので、使わない方がベターです。


誤発進とかウッカリ発進、衝突防止自動ブレーキは、正直言って恐くて出来ないので、これらの機能は試していません。
いや、これらの機能は、いざという時なので、体験しない方が良いでしょうね。


と言う事で、主に自動追従機能について書きましたが、私の運転経験からすると、全然スマートさが無くハラハラしちゃうレベルです。
今後の改善に期待ですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク::試乗記 | comments (0) | trackback (0)
Enjoy Honda for 万博記念公園に行って来ました
しかし、鈴鹿サーキットのEnjoy Hondaを知っている私は、ぶっちゃけ物足りなかったです。
先日、連休最終日、秋休み3日目に行ってきました。
2日間の日程で行われていたのですが、初日は私の都合で行けず。
当然のことながら、会場へはクルマではなくバイクで。。。
だって、駐輪場が無料ですから(^^)
と言うのは表向きで、本当は駐車場に入るクルマがいっぱいで、駐車場の入り口手前でかなり待たされることが事前に予測できたから。


万博太陽の塔

太陽の塔さん、こんにちは。
1年と半年ぶりでございます。
予想を斜め行く大渋滞で、しかも、日本庭園の駐輪場へ行くつもりがEXPOCITYの駐輪場に行ってしまう痛恨のミス(笑)
私の完全な思い違いでした。

正規ルート

こう言うルートで行きたかったのですが、、、

遠回りルート

こっちへ行っちゃうルート。お陰で、会場までかなり歩く羽目になりました。
まぁ、良い運動になりましたが(笑)


このEnjoy HONDAは、春に鈴鹿サーキットに行った万博記念公園版。と思えば良いでしょうか。
鈴鹿サーキットに行ってきました  -- 2019-04-26 Friday


展示物は、鈴鹿サーキットとさほど変わりませんでした。
全てをくまなく見たわけではないのですが、大きな違いは本場サーキットを鑑賞出来るか否か。
万博記念公園でもやっていたようですが、残念ながらその時私達は飯喰ってました(^^ゞ
エキゾーストだけが響いていて、バイクのデモ走行でもしているのかな?と思ったら、違ってました(^^ゞ
これは、勿体なかった。。。

NSX(万博)

運転席に乗るのに30分待ちのNSX。
やっぱり、格好いいなあ。


CIVIC Type-R(万博)

いつかは買いたい。CIVIC Type-R。
あまり、人を映さないように配慮するとこうなっちゃうんだよなあ。
他にも、CIVICセダン、CIVICハッチバックを展示していました。
これは、ちょっと珍しい。
眼福です(^^)


N-VAN 無限仕様(万博)

N-VANの無限仕様。だったと思います。
ムダにお金をかけられるって、やっぱり見ていて楽しい。


None(万博)

もう、モデルチェンジはしないと言われているNone。
なんだか、とても可愛らしく見えたのは私だけでしょうか。


他にも、FIT3(ハイブリッドじゃ無い方)、ステップワゴン、オデッセイ、シャトル、VEZEL、インサイト、レジェンドと展示していました。
なぜ、グレイスがないんだ?(笑)
展示されていたクルマで、実際に乗ったのは
・インサイトの後部座席
・シビック3シリーズの後部座席
・レジェンドの後部座席
でした。運転席には乗ってないや。お子さんが多くてね。。。


バイクもいっぱいありましたが、今回は撮影を割愛。
クルマ以上に多くの人が跨がっていました。
特に小さいお子さんは、跨ぐと言うよりも抱きついている。と言った感じでしょうか(笑)


良い天候だったからか、それとも他にもイベントがあったからか、鈴鹿サーキット並の来場者でした。
これくらい人が来ないと失敗になるし、来年が有るかどうかも分かりませんし。。。


さて、ここで感想を。
万博での開催は初めてだそうで、私的には良かったんじゃないかと思います。
しかし、鈴鹿サーキットのEnjoy Hondaを知っている私は、ぶっちゃけ物足りなかったです。
殆どのブースがお子様向けであったので、大人だけのメンバーだとあっと言う間に終わります。
やはり、サーキットが有る無しはデカイですね。
クルマ好きなら、サーキット内のレースを見ているだけでも楽しいです。

万博記念公園では、随所にイベントがあったのですが、本田技研の野球部紹介の時とその前のモトクロスでは、観客の数が全然違ってました。
これを見たとき、社会人野球部の人も大変だなあ。なんてシミジミ思ったり。
昨年卒業した大阪桐蔭高の選手をめっちゃアピールしていたのですが、私も含めてですが見ている人が少なかったです。
やっぱり、選手のウリピークは、高校野球だったんだなあ。なんて考えていたり。。。

何かマイナス面ばかりですが、プラス面と言えばやっぱり「近い!」と言う事ですね。
少々ゆっくり出たとしても、それ程疲れずに目的地に着きます。
そして、のんびり見られる。
展示しているクルマやバイクを自由に触れる。
鈴鹿サーキットのイベントは、殆どレースだけですが、万博記念公園のイベントは様々です。
なので、モータースポーツにあまり興味がなくても、時間都合が付けば色んな事にふれあえます。


私は、鈴鹿サーキットの時もそうでしたが、今回も大事な任務を忘れてしまいました。
それは、ホンダセンシングの性能とやらを体験すると言う事。
イベント時間に併せて先着で出来るのですが、すっかり忘れてしまって今回も体験できずに終わりました。
チキショー!!!(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
高速道路上で煽り運転は、真性のバカだけど
東名高速で起きた事件のことです。
常磐道あおり運転、逮捕の男「自分から出頭させて」最後まで抵抗

本当にみっともない。
世間知らずというか、あれほどワイドショーで話題になっていたのに、何も知らないんですかね。
東名高速で起きた事件のことです。

東名高速夫婦死亡事故2年 あおり運転、遠い根絶

この事件を知っていたら、どんなに相手がどんなに酷い運転でも、耐えられると思うんですけどね。
でも、性根がないというか、我慢という耐性がない人は、すぐに沸点に達して相手をすぐに注意したくなるんでしょうね。
これが10代20代なら、若さ故の過ち・・・と言えるのですが、逮捕される殆どが40代のおっさん。。。
何なんでしょうね。

それにしても、こう言うあちこちで問題を繰り返す輩は道路交通法の条文に照らして、道路からの危険排除で金輪際免許を与えないようにしてもらいたいものですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
3回目の車検を迎える
我が家の変態カー、FIT2 Hybrid RS(6MT)クン。
我が家の変態カー、FIT2 Hybrid RS(6MT)クン。
今年の10月で3回目の車検を迎えます。
気がつけば、もう7年も乗っていると言う事になり、過去最長のストリームに着々と近付いてきています。
現在の走行距離は、44,000km弱と運転大好きな私にしては、めちゃくちゃ少ない距離です。
昨年、相次いで不幸があったため、1年で1万キロを超えたのですが、もしもそれがなければ未だに35,000km辺りになっていたと思います。
20代の頃は、初回車検時に5万キロを走行していたので、その落ち方は自ずとおわかりになると思います。


20代の頃は、とにかくマニュアルミッションで運転するのが楽しくて、日本中あちこち走り回ってました。
奇しくも、写真をあまり残していなかったのが残念なところ。
Preludeは、本当に良く出来たクルマで、走る、曲がる、止まるの基本性能は当然のこと、アクセルを踏み込めばVTECエンジンが作動しリミッターを何度やらかしたことか(^^ゞ
そして、平常時ではカタログ燃費を超える数値を常に叩き出しており、2.2Lでありながら維持費を安く済ませられました。
当時のハイオクガソリンはリッター110円台でしたしね。
インテリアも素晴らしかった。。。


その後、ストリーム、エクシーガと乗り継いで、「オートマは、(やっぱり運転していて)楽しくないな。」と改めて認識して、今の変態カーを購入。
運転はあまりしないけど、ひとたびハンドルを握ればやっぱりギアミッションは楽しいなあ。と思い知らされて、「乗換はまだまだ先だな。」と認識。
やはり、ギアミッションが飽きるまで、この変態カーと付き合うことになりそうです。
次に乗り換える時は、オートマセダンと決まっているからね。

そしてとうとう今年で3回目の車検を迎えるに当たって、3ヶ月前の無料点検と見積書を作成してもらいました。
出てきた金額が181,871円。

ムムッ。かなり高いぞ。と思って見ると、点検パックの他にお奨め整備(41,320円)が計上されていた。
これは要らん。要らんなあ。と車検依頼時に申し出よう。
点検パックも正直、半年ごとのオイル交換は要らない気がしてきた。
1年法定点検で十分じゃないかと。と言う事でカット。(73,872円)
今回、エンジンオイル交換はするとして、あとは、ブレーキオイルとギアミッションオイルも変えた方がよさげかな。

タイヤパンク修理剤は要らないな。(1,890円)
と言うのもタイヤが特殊なので修理剤が使えないのよね。
これらをさっ引いて、車検手数料が42,120円。
合計で、106,909円になった。妥当なところだろう。

半年に1万キロの過走行をするようなことがあれば、臨時に半年点検+オイル交換をしてもらう方針にしよう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
LEAD EX リアタイヤ交換
と言う事で、IRCのMB520にしていただきました。
前回、タイヤ交換をしたのは、3年前の7月。
当時交換したときの距離は、7608.5km。
この2倍近い距離(20400km)を走って、何となくリアが滑っている気がするなぁ。なんて思って、先週リアタイヤを見たらご覧の通り。
0
交換前のリアタイヤ for Lead EX

もうスリップサインが潰れていますがな。
これは変えないと不味い状態。
真ん中の溝が消えているでしょ?


フロントタイヤはどうかな?と思って見ると、まだ大丈夫な感じ。

フロントタイヤ for Lead EX


と言う事で、行ってきました。
ジャパンタイヤセンター。

ジャパンタイヤセンター


近いようで遠い、その所要時間は1時間。
大阪へ行くのとあまり変わらないくらいの時間。
距離は大阪へ行くより短いんだけど、交通量が多い上に信号も多い。
伊丹辺りくらいに出来てくれないかな?なんて思います。

で、店に入庫すると、ガラガラだったので、待たずにすぐに作業開始。
フロントタイヤと同じメーカーにしておきますね。と言う事で、IRCのMB520にしていただきました。
20分くらいで作業完了。
手慣れたものです。

交換後のリアタイヤ for Lead EX


早速、タイヤの慣らしでダラダラと10kmを走って帰ってきました。
今回は前後交換じゃないので、走り出しも違和感なかったですね。
お店の人も仰っていたのですが、今度交換するときは前後交換ですね。と言われました。
まぁ、そうですよね。
さて、次回は何年後で何キロかな?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
MF10のFORZAとインカムが欲しい・・・
次に購入するのは中古のMF10 FORZA Zなのは決定稿なのですが、どのタイミングで買い換えるかが悩ましいところです。
今乗っているのは、2005年式のFORZA Z。
もうすぐ20年です。
いやぁ、早いねぇ。
免許取り立ての時は、嬉しくてガソリンを入れに行くのに15kmも離れたところまで行ったりしていましたが、今ではLEAD EXが活躍しているので、高速道路専用マシンです(^^)
まだ、27000kmちょいしか走っていないのですが、そろそろ違うマシンが欲しいなあ。
と思う今日この頃。


次に購入するのは中古のMF10 FORZA Zなのは決定稿なのですが、どのタイミングで買い換えるかが悩ましいところです。
思案しているうちにどんどん上玉が無くなっていく。
これは当たり前ですね。
う~ん、本当に悩ましい。
ETCが使えなくなるときが来るまで、MF08を使ってもいたいんだけどね。


あと、インカム。
こちらも15年選手かな。
一昨年修理に出したけど、そろそろ新しいものに更新したい。




高いけど安物買いの銭失いにしたくないので、今使っているメーカーのものにしたい。
こっちは防水機能がついているしね。
しかも、音楽を流しながらインカム通話も可能らしい。
これはこれでいいかも!
買いたいなあ。いつの日か(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
バイク用グローブを買いました
早速、届いた次の日に使い始めたんだけど、キツキツでうまくアクセルスロットが握れなかったり、ウインカースイッチに親指が届きにくかったんだけど、徐々になじむだろう。
250cc用では無く、原付2種用に買いました。
もう、これだけボロボロになったら買い換えないとダメだろう。

バイク用グローブ


ボロボロになり始めてから、ここまで来るのにそんなに日はかからなかった気がする。
新しいグローブをどれにしようかと、バイク用品店に行ったんだけど、どうもしっくり来るものが無く、取りあえずサイズ確認だけして帰った。
そして、Amazonでこれをポチッとな。




早速、届いた次の日に使い始めたんだけど、キツキツでうまくアクセルスロットが握れなかったり、ウインカースイッチに親指が届きにくかったんだけど、徐々になじむだろう。
と思い込む事で暫く我慢します(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
次はセダン・・・で、いつ?
●室内の静粛性。
は、ほぼ確定事項です。
でも、具体的にどの車種にするかは、検討段階にも入っていません。
メーカーも、ホンダ寄りになってますが、必ずしもホンダになるとは限りません。(前回、スバル・エクシーガが良い例)

ホンダの営業さんが色々セールスしてくるのですが、どれも一長一短で決め手に欠きます。
先日のGWに談笑していたのですが、私が譲れない条件があるので、それがないとダメです。

その条件とは・・・

●パワーシートは必ずメモリボタンが2つ以上あること
⇒これは、エクシーガの時に懲りたのですが、基本我が家は私と相方がハンドルを握ります。
 そのたびに、シート位置を変えるのですが、パワーシートの場合、手動よりも位置固定に時間がかかるんですよ。
 メモリボタンを押せば多少時間がかかっても、我慢出来ると思うんですね。
 もちろん、その日の体調によって微妙に位置が異なると思うのですが、それでもボタンを押せばその位置にセットしてもらえると助かります。
 要は、「タイムイズマネー」なんです。

●クルーズコントロールは必須
⇒長距離運転では、もはや必需品です。
 最近は安全装備が充実してきているので、それとセットにすれば問題はないですね。
 しいて問題にするならば、セット時の最高速度はどこまでなんでしょうね。
 私のFITは100km/hまで(実際は110km/h)設定することが可能ですが、最近のクルマはどうなんでしょうか。
 新東名高速道路や東北自動車道の一部区間で、120Km/H規制(2019年5月現在)になっていますが、最近のクルマはどこまでセットできるのでしょうかね。
 「そこまで速度出さねーよ。」と言うかもしれませんが、流れているときは結構出るもんですよ。
 営業さん曰く、クルマ発表時の規制時にセットされると思うけど、確証が得られない。と言われました。
 新東名高速道路や新名神高速道路は、超高規格道路で140km/hを想定した設計にされているので、そのように法改正された時を考えちゃいますね。
 まぁ、いつになるのか分かりませんが。

●ETCは標準装備するなら2.0で
⇒最近のモデルはETCが標準装備されてきているのですが、未だに2.0じゃないものが装着されるんです。
 いい加減、2.0を標準にしろよ。と言いたいです。
 もしくは、ETCレスを標準化してくれ。と言いたいですね。
 「高速道路なんて使わねーよ!」と言う声を大にする意見があるので、最初から無い方が幸せですね。
 もしくは、メーカーオプションで抱き合わせ販売しないことですね。

●インパネはアナログ派
⇒これは、もはや時代の流れに逆行するのですが、インパネが液晶表示に慣れないと言うかしっくり来ないですね。
 最近のは、リアルに似てきているのですが、やはりしっくりきません。
 営業さんと話題に上がっていたのですが、BB4プレリュードの後期タイプは、漆黒のパネルからエンジンスイッチを入れると、ピカッと輝くように出てくるんです。
 オプティトロンメーターと言うんですかね。
 良い感じでドライバーへの高揚感を醸し出すんですよ。
 当時は、青っぽいエメラルドグリーンだったのですが、今だとかなりカラフルに出るでしょうね。
 こう言うのは、全然OKなんですが、液晶表示だと何だか素っ気なくてね。
 インフォメーションパネルを充実させるなら液晶パネルにした方が、色々と自由度が高く表示できるので良いんですけどね。

●室内の静粛性
⇒もういい加減なおっさん年なので、車内へ入り込む音(主にノイズ)は出来るだけ遮音してもらいたいものです。
 これも、一定以上クラスのクルマは標準装備されているようです。
 特にロードノイズを抑える(なしは空飛ぶタイヤクルマじゃないと㍉)と嬉しいですね。
 もちろん、クルマのクラクションや踏切の音までさえぎられたら、速攻であの世行きになるので、そう言う音はきちんと拾ってもらえるような静粛性が欲しいです。

以上、上から順番に必須条件を挙げてみました。
最後の静粛性は、妥協しても良いのですが、パワーシートのメモリ機能は譲れませんね。

「あれ?トランスミッションはマニュアルじゃ無くて良いの?」と言うご指摘があると思いますが、買い換える条件として(廃車にならない限り)「MTに飽きた。」が最初に来るんです。
これが、最初に来ない限り、検討段階にも入れないです(^^ゞ
それとも、MTを上回る運転の楽しさをメーカーが提供できるかどうかですね。

他のメーカーでも言われるのですが、「今このモデルを買わないと、次には●●の機能が無くなるかもしれませんよ。」と急かす営業トークがありますが、私は「無くなったら素直に諦めますわ。」と返しています。
だって、今のクルマを衝動的に買ったのは、私のインスピレーションが働いて「これだ!」と思って衝動買いしたわけで、今のところそのインスピレーションに響くクルマが出てこないですもん。。。
安全性能はどんどん向上しますが、それに比例して価格もうなぎ上りです。
価格とのベストマッチするセダンがなかなか出てこないですねぇ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
クルマのミッション車はやっぱり運転が楽しい
前が詰まってきたら、クルコンを解除してエンジンブレーキ→更に必要ならシフトダウン→それ以上ならフットブレーキ。
これは私の持論なので否定も肯定も認めます(笑)


クルマという乗り物を、単なる交通移動手段と考えているならば、私はオートマであって良いと思います。
モータースポーツとして楽しむと言う事を考えると、今殆ど主流であるパドルシフトでは、私がこれまで試乗してきた車を試してきた中で、圧倒的に物足りないです。

シフトチェンジは、走行時にその最適な速度に合わせて、ドライバーの意思で決めます。
例えば、フィットハイブリッドRSで高速道路で高速走行をしているなら6速。
速度を維持するならクルーズコントロール(通称:クルコン)をセット。
前が詰まってきたら、クルコンを解除してエンジンブレーキ→更に必要ならシフトダウン→それ以上ならフットブレーキ。
渋滞にはまったら、3モードボタンで「ノーマル」にセットして走行。
渋滞が薄れてきたら、3モードボタンで「スポーツ」にセットして加速しシフトをチェンジアップ。
一定速度をキープしたくなったらクルコンで速度セットで完了。

今回、速度施行区間(制限速度120Km/H)を走行するときは、クルコンではメーター読みで110km/hなのでアクセルを踏み続けることになる。
この時、過去の経験から3モードボタンで「エコ」にセットするととんでもなくストレスフルになったので、高速道路では常に「スポーツ」にセットして再加速して制限速度まで上げている。
通常再加速するときは、一旦シフトダウンしてから加速するのが慣わしなのだけど、そこはハイブリッド。モーターによるアシストで十分加速します。

それから、パーキングエリアやサービスエリアで休憩した後、本線へ流入するときは、3モードボタンで「スポーツ」に再セットして、アクセルをほぼベタ踏みにして一気に加速します。
そして、80~100km/hになったところで本線へ流入します。
ただし、本線に車があって併走する場合は、本線を先にやり過ごします。
そして十分な速度を保った状態で入ります。(たまに譲ってくれるときがあるのでその時は、速やかに入りましょう。)

一般道では、基本的に「ノーマル」か「エコ」にセットして4速まで。
バイパスで速度を出すときは、最大でも5速までとマイルールを設けています。
先の信号が赤になったら、「エンジンブレーキ」→「4速から3速、2速にシフトダウン」→「20km/H以下になったらクラッチを切ってフットブレーキ」の順で停止します。
もちろん、突発的に停止するときは、迷わずフットブレーキです。

こう言うことを考えながら、時折行き先の渋滞情報を入手して、ルート変更するかどうか、運転を楽しんでいます。
しかし、最初にも書いたとおり、クルマを交通移動手段にしか考えていない人は、こう言う楽しみ方を理解しないか理解しようとしないので、そう言う人は素直にオートマで良いと思います。


ただ、私もこのクルマでの楽しみ方に飽きてきたら、次はセダンに乗ることを考えていますので、必然的にオートマになるでしょうね。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
インサイト試乗してきました
かねてから試乗してみたかったインサイトを、先日ディーラーに行って来ました。
かねてから試乗してみたかったインサイトを、先日ディーラーに行って来ました。
営業さんからかなり絶賛されていたので、今回は「買うつもりが無いのに試乗で高速道路を走る。」行為をしました。(勿論許可はもらっています。)

試乗コースはこんな感じ。



高速道路は、1区間350円です(^^)

試乗車はこちら。

3rdインサイト~フロント~3rdインサイト~リア~

1モーターのグレース、2モーターのインサイトの比較をしたいと思います。
まず、車内の静粛性。
やっぱり、インサイトの方が断然上ですね。
ラジオを付けながら走ったのですが、スピーカーが良い配置にあるからかクリアに聞き取れます。
そして、エンジン音が殆ど入ってきません。
モーターがメインで走っている感じで、高速道路で加速線でアクセルを踏み込んだときに、かなりの音を立てる位です。
町中では、殆どエンジン音は聞こえません。
音が入り込むのは、タイヤのロードノイズくらいです。
オートマでも運転して面白いな。と感じたくらい良いですね。

LKASをオンにすると、走っている道路に沿ってハンドルが少しずつ曲がります。
ハンドルを握ると自分のハンドル捌きの遅さが体感できます(苦笑)
だから、これにはちょっと違和感があります。

高速道路を走っていて、自動追従機能を試してみましたが、これはかなり便利ですね。
設定した速度でも前車が近付いてきたら、自動的に速度が落ち、適度な車間距離を保ちます。
ただ、車間距離がちょっと詰めすぎのような気がしました。
長距離運転ともなると、今でもクルーズコントロールで疲労度が軽減されているのに、更に軽減されますので退屈になるかもしれません。
退屈=注意力散漫になる可能性があるので注意が必要ですね。

グレースと同様、パドルシフトが備わっているのですが、根本的に機能が違っています。
グレースのパドルシフトは、文字通りギアを切り換えるのですが、インサイトはパドルシフトではなく減速セレクターと言って、アクセルオフ時の減速力を、変更する機能でした。
私は、パドルシフトと勘違いしたまま使っていたのですが、減速時にこの減速セレクターをの「-」を連打しても、全然減速感がありませんでした。
使い方が間違っているのでしょうかね。

さて、交通量の殆ど無いところにクルマを停めて、インパネ周りを撮影。
【標準モード時のインパネ】

3rdインサイト~インパネ~


【スポーツモード時のインパネ】

3rdインサイト~インパネスポーツモード~


【工場装着ナビ】

3rdインサイト~ナビ~


【ギアセレクター】

3rdインサイト~エレクトリックギアセレクター~


【コンソールボックス】

3rdインサイト~センターコンソールボックス~


【USBジャック】

3rdインサイト~USBジャック~


【トランク】

3rdインサイト~トランク~


マルチインフォメーションは、量が多すぎるので省略しました(笑)
私のトヨタ車感覚で言えば、カムリ以上クラウン未満と言った所でしょうか。
かなりの上質に乗り出し400万円超えは、納得してしまいます。
ただ、ちょっと残念なのは、相変わらずインテリアが中途半端にプラスティッキーに使われている事。
この部分は合成皮革製だったり、ここはプラスティックだったり。
フロントの見える部分だけでも合成皮革で包み込んでくれたら良かったのになぁ。なんて思います。

次はグレースにしようと思っていましたが、インサイトでも良いな。と思った試乗車でした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク::試乗記 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31