•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

本当に半額になるのだろうか?
でも、議員連は、この半額にするための一里塚としていたんですね。
バイクの高速料金が普通車の半額に!? 2021年4月から新料金プラン実現に向け調整中

年明けに見た記事で、最初に驚いたと言うほかにないので残しておく。
このタイトルを読んだとき、「眉唾、眉唾~~~♪」と思っていたが、政治家がしっかりと動いていた。
これが実現するとなると、正直言って嬉しいし、最近ご無沙汰であったFORZAでちょっと遠くを日帰りすることも考えられる。


ツーリングプランが出てきたときも、魅力的だな~と思っていたんですが利用はしていなかったんですよね。
でも、議員連は、この半額にするための一里塚としていたんですね。
気付けば、年々範囲が広がっていくので、どうしたのかな?とは思っていたんですが。


あとは、高速道路会社間を跨がるツーリングプランも出して欲しいですね。
これも、時間の問題ですかね。


それと、二輪版ETC普及も目指して欲しいですね。
そろそろ、初期の頃に購入した人達は、買い替えの時期に来ているのでね。
(もうすぐ、旧規格のETCが使えなくなるんですよ。)


署名活動もやっていました。
私も署名しました。
よろしければ、ご協力をお願いいたします。


二輪高速料金半額化



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
ナンバープレートの図柄について
そのナンバープレートでは、市のキャラクターがガッツリ描かれているのですが、私はとても恥ずかしいので、自賠責シールをそこに貼って隠しています。
国交省、日本を元気にする新全国版図柄入りナンバープレートのデザイン案を募集


私は、正直言ってナンバープレートは「シンプル派」です。
何も脚色されていない、味気のないナンバープレートが好きなんです。
なので、図柄入りのナンバープレートには拒否反応を示します。


実際、LEAD EXを新車で購入したとき、ナンバープレートをシンプルなものにしてくれと懇願しましたが、残念ながら受け付けてもらえませんでした。
そのナンバープレートでは、市のキャラクターがガッツリ描かれているのですが、私はとても恥ずかしいので、自賠責シールをそこに貼って隠しています。


別にやるなとは言いません。
しかし、普通のシンプルなナンバープレートも残して欲しいのです。
そう思うユーザーは少なくないはず。
もしかして、私が特殊なのかなぁ?


特に原付のナンバープレートは、市町村によって様々なので(主観的に)ダサいデザインが可能なので、そうなってしまうと、次の原付バイクの購入に躊躇いたくなります。
出来れば、選択肢として用意してもらい、どちらかをユーザーに選んでもらう方が、角が立たずに受け入れられると思うのですがどうでしょうか。
地元のホームページを見ると、残りわずかですが旧ナンバープレートも発行しているそうです。
次買い替えるときは、バイク屋に強く念押ししておかねば・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
2020年版バッテリー集
【ADDRESS】。
すっかり忘れていた、我が家のモーターサイクルエンジンのバッテリー備忘録。
だいぶサボっていたな。。。


【FIT Hybrid RS】



【FORZA MF08】



【LEAD EX】



【ADDRESS】



こうして、色々見てチョイスしてみたけど、バイク用の台湾YUASAって結構安いよね。
そして、バイク用のバッテリー容量と車のバッテリー容量が全然違うのに、クルマの方がバッテリー安いタイプもある。




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
車のボディーコーティング
これについても、担当営業さんに言ったところ、廃車で全く使われていなかったメンテナンスキットをいただきました。
よく、クチコミサイトで車の値引きについての質問があります。
値引きについては、まぁ、人それぞれ地域それぞれ時期それぞれなので、テンでバラバラなのですが、コメントレスする際にボディーコーティングをサービス(無料)させよ。と言うアドバイスがあります。
実際、私もFIT Hybrid RSを購入する際の交渉材料として、ボディーコーティングを無料にしてもらった1人です。

このボディーコーティングとは、一度施工すると終わりじゃないんですね。
コーティングを維持するために、定期的なメンテナンスを行わなければならないんです。
それもディーラーの点検や車検時に、施工点検を受ける必要があるそうです。(ワイは知らなくて、かなりあとで知った。)


しかし、無料で施工サービス受けると点検がないんですよ。
つまり、施工は無料だけどその後の点検なしが大前提なんです。
(ただ、対価を払ったらその後の無料点検があるかどうかは不明ですが。)

それでも良いなら、別に構わないのですが、やっぱりメンテナンスをしないと1年くらいでその効果が薄れてくるんですよね。
(最近のはガラスコーティングとか言って数年持つそうですが、やっぱり定期的なメンテナンスは必要だそうです。)
実際、一度クレームを出して再施工をしてもらったことがあるんですけども、担当営業さんから「これで効果が無かったら諦めて下さい。」と言われました。
また、メンテナンスパックを貰っていないので、自分でメンテナンスも出来なくて困ったんですよね。
これについても、担当営業さんに言ったところ、廃車で全く使われていなかったメンテナンスキットをいただきました。
それで、ちょくちょくやったら一定の効果がありました。


なので、ボディーコーティングを無料にするサービスには、その後のメンテナンスやメンテナンスキット、点検については無いケースがあることを知っておくべきです。
だから安易に「ボディーコーティングを無料にしてくれたらハンコを押す。」と言うのは使わない方が良いです。
また、ボディーコーティングをするなら専門業者にやって貰った方が安く付きます。
もちろん、専門業者も定期的なメンテナンスを請け負ってくれるはずです。
(請け負わない業者なら、始めからボディーコーティングはしないことです。お金の無駄。)


自分が、次にクルマを買うときにコーティングをするかどうかを考えると、多分しないですね。
対費用効果とか以前に、これらの点検も必要で場合によっては費用がかかるので。
下取りには有利かも知れませんが、下取りなんて千差万別。
1~2年で乗換なら、コーティング有無での差は殆ど無いのでは?
ガンガン走行すれば、コーティングなしだと傷が付きやすいですけど、その分過走行で査定は下がりますしね。
過走行分の元をコーティング代でカバー出来るかどうかは疑問です。


私は、FIT Hybrid RSでボディーコーティングの体験をしましたが、確かに効果は絶大です。
ボディーコーティングの施工は否定しません。
洗車時の汚れは、水圧で全部流せますし、拭き上げも楽ちんです。
私の場合、そう言うのって最初の数年で、だんだん物臭になってきて、今では洗車はガソリンスタンドの自動洗車機で水洗いで、拭き上げもせずに自宅まで帰って自然乾燥です。
いや、俺はそこまで横着しないぞ!と言う人なら、私はボディーコーティングをする事に全く否定しません。
でも、横着する人なら最初からボディーコーティングしない方が良いと思います。
もっと、別にお金をかけた方が良いと私は思います。

最近、ホント運転する機会がなくなったので、かなり横着になっています(^^ゞ


異論、反論は認めます(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
間違いだらけのコミュータ選び
随分と昔に5ちゃんねるのバイクスレで知ったんだけど、情報量が豊富で読んでいて面白く、ついつい興味のないスクーターにも目をやってしまう。
間違いだらけのコミューター選びと言うサイトがある。
随分と昔に5ちゃんねるのバイクスレで知ったんだけど、情報量が豊富で読んでいて面白く、ついつい興味のないスクーターにも目をやってしまう。
私も普通自動車免許を18歳の時に取得し、原チャリ小僧?として17年間走り回っていたんだけど、普通二輪AT限定免許が出来てからは、それを取得して中古のリード100を買ったのが馴れ初め。


その後、リードEXに乗り換えて現在に至っているが、黄色のリードEXは本当に私にとってベストチョイスである。
不満があると言えば、平地での最高速が82km/hくらいで限界が来ると言う事。
宝塚北SAの12%の上り坂なんかは、アクセル全開でも30km/hくらいしかでない非力なのだ。
でも、そんなところに行くのは、気分転換な時だけなのでスピードが出なくても気にしない。
普段の街乗りや、バイパスで交通の流れに乗ってくれたら十分である。
例外として、新御堂筋を走るのはなかなかスリルのある冒険を楽しみたい時に使う。


それで、まだまだ先なんだけど、次にスクーターを買うときこう言うサイトがあるとどれを買おうか参考になる。
私の場合は、専ら積載性重視なのだが、後継車種のリード125がヘルメットを満足に収納出来ない。との評価から、次期リードに期待をしている。
今後当たり前のようになるんだろうけど、給油メーターがデジタルなのは、私的に受け入れがたいかなぁ。
でも、こう言うサイトは、最後1つのランプでどれ位残っているかまで掲載されている。
なので、非常に参考になるのだ。
(決して、鵜呑みにはしないが。)
ただ、買う買わない以前に、読み物として面白いので、スクーター好きなら読み物として、読んでみると良いかもね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
8年目の点検
「グレイスもシビックセダンもなくなったから、もうカローラセダンにしますわ。
我が家のFIT Hybrid RSの点検のことです。
昨日、いつものディーラーで点検を受けてきました。


営業さんも大忙しで、朝一番に入庫しようと迷惑にならない道で待っていたのですが、10分前に開店と同時に続々と車が入っていき、慌てて私も待機場所からエンジンをかけて入庫しました。
4番目だった・・・。15分前に着いていたのに(笑)


通常、私は待っている間、新車の試乗をするのですが、今回は新型FITに全くと言って良いほど興味がなく、テーブル席でずっと待っていました。
暫くして担当営業さんが来られて、開口一番、勝手ながら査定をさせていただきました。
と言って、45万円を提示してきました。
結構長い間乗っている割には、良い値段が付いているんじゃないの。
と思っていて、担当営業さんもこのクルマの特異性(FITでハイブリッドでミッション車)だから、この値段が付くんですよ。と言ってました。
(当然、同系統のCR-Zはもっと高い。が、こっちは専門業者に出した方がもっと高く買い取ってくれるはず。)
まぁ、だいたい球数が出ているのは、CVTのハイブリッドですからね。そっちだと状態が良くてもあまり値段が付かないとか。
(セールストークかも知れませんが。)

グレイスシビックセダンもなくなったから、もうカローラセダンにしますわ。」と言ったら、「ちょっと待って下さい!シビックのハッチバックじゃダメですか?」と。
「今もハッチバックみたいなもんだし、もういいっすわ~。」と丁寧に断りを入れました。
「それに全般的に車の値段も高くなったから、買い替える気は全然ないですね~。」とも。
すると、担当営業さんから、
「そこで残クレですよ。スマホのように毎月の支払を抑えて・・・」とそのあとのことは、スミマセン。覚えていません。
スマホとクルマは、それぞれ使う道具だけど、これらの目的は明らかに違う。
スマホは色々情報を得るためのツールだけど、我が家での車は移動手段にしかない。
移動手段に毎月数万円も出すくらいなら、カーシェアリングサービスを利用するかなぁ。
今でも、本気でそう考えている。
残念ながら、我が家の半径500m以内にはカーシェアリングサービスがないので、使う事が出来ないんですけどね。
カーシェアリングサービスじゃなく、レンタカーだけでも良いかも知れない。


実は、2017年度から年度ごとに年間維持費を付けている。
税金から点検、任意保険に修理、ガソリン代や高速代などなど、車にまつわる維持費がどれ位かかるのか付けている。
昨日の1年点検までで、総額112万円強かかっている。
たった4年ですよ。
平均すると年間30万円弱の維持費がかかっている。
結構な金額である。
まぁ、2018年度が突出しているから、平均を思いっ切り上げているんだけど、それを除外しても20万円強は必要だ。
1.5リッターのハイブリッドでだよ?
2020年度だけ限って言えば、10万円ちょいになっている。

内訳は、
・ガソリン代18,202円
・高速代0円(乗っていたが親のETCカードを使用)
・税金34,500円
・1年点検19,700円
・任意保険29,470円(予想)

消耗品の交換は、オイルだけである。
カーシェアリングサービスやレンタカーで済ませば、この半分で済むんじゃないかと思っている。
1年点検も自分でやれば0円だけど、自分の腕に自信が無いからプロに任せている。

カーシェアリングサービスやレンタカーにすれば、ガソリン代と高速代で済む。
あと必要に応じて、1日任意保険を利用するくらいか。
何度も書くが、カーシェアリングサービスやレンタカーが自宅から半径500m以内にないため諦めている。
半径1.5kmにすると、ある事にはあるんだけど、取りに行くのにバイクで移動せねばならないのがネックである。


来年は、9年目の車検である。
当然、通す事が決まっている。
今回の点検で、タイヤロッドエンドブーツにひび割れが起きているらしい。
次回の車検時に交換する事は間違いない。
車検に通らなくなると改善に、走行中にハンドルが言うこと効かないことに重大なインシデントがあるからだ。
対価を払って、その先も多分乗り続けているだろう。


やっぱり、FIT Hybrid RSは良い買い物をしたと思う。
それは、大して故障が起きていない。
そして、何よりも担当営業さんとの厚い信頼関係を構築している。
私から見る担当営業さんは、自分を省みずお客さんの立場となって考え提案をしている。
無理に新車購入を勧めてこないので、安心してディーラーに行ける。
購入の決断をすれば、本気の提案をしてくる。
ダメなら素直に降りてくれる。
自分の理想としている担当営業さんである。
もしも、違うメーカーの車になっても、この営業さんがいる限り訪れることは間違いないだろう。
万一、このブログを担当営業さんが読んでいたら、これからもよろしくお願いします。
裏切るようなことはしませんのでご安心下さい(^^)

FIT Hybrid RS


帰宅後、買い物に出掛けたところ、カローラセダンが展示してありました。
出張展示というやつでしょうか。
誰もいないので、これはチャンス!と思って舐めるように運転席や後部座席に入りました。

が。

めっちゃくちゃ、セダンオブセダン!
私の身長では出入りにくいし、後部座席もグレイス同様余裕が全くありません。
足下は、まぁまぁ広いのですが・・・
出入りしにくいのは、正直言って致命傷です。
展示車だけども、収穫はありました。
外観は滅茶苦茶格好良くて、安っぽい大衆車セダンではないですね。
ミディアムサルーンといった感じです。

う~ん、やっぱりグレイスの中古車ですかね~。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
ディスプレイオーディオ
車を購入するとき、数多くあるオプションや装備品で「カーナビゲーションシステム」が必ずあると思う。
車を購入するとき、数多くあるオプションや装備品で「カーナビゲーションシステム」が必ずあると思う。
私が自分でクルマを買ったとき、一番最初に取り付けたのがカーナビだった。
でも、当時はオンダッシュ(ダッシュボードの上に置くこと)が主体だったのだが、日本全国を走り回ったとき、本当に助かったアイテムの一つである。


最初のカーナビ媒体はCD-ROM2枚組で、西日本と東日本で別れていた。
なので、高速道路で移動中中部地方や北陸地方のある地点を境に、詳細地図で表示されなくなり20kmくらいの縮尺で表示させてしまう。
そこで、最寄りのサービスエリアやパーキングエリアでCD-ROMを交換するという、かなりローテクな技があった(笑)
それも時代は変わり、DVD-ROMになってからは1枚で済み、次のカーナビではHDDで大容量となり、現在はSDメモリカードと随分と進歩した。


さて。
SDメモリカードが私の中でデファクトスタンダードになり8年。
その後、地図データのメディアはSDカードで変わっていない。
これ以上の大容量や高速アクセスを必要としないので、頂点に立ったと私は思っている。
こうなると、カーナビゲーションシステムの次なる進化は、液晶ディスプレイの大型化と高精細(HD画質)へと走る。
先陣を切っているパナソニックは、Blu-ray discを搭載しているが、正直車内でBDソフトを見ない人には不要な機能だと私は思う。
ただ、地図データのアップデートに必要な媒体メディアが、DVDであるためカットすることが出来ない。
そして何よりも、地図データの更新費用はもちろんのこと、地図データの提供が10年くらいで打ち切られてしまう欠点が存在する。
クルマを10年以上乗り潰すくらいの人にとっては、地図データの提供が打ち切られると痛い。


実際、私が今使っているディーラーオプションナビは、2019年度で地図データの提供を終了してしまった。
たった7年で終わってしまうなんて、当時かなり高価なナビを買ったのにショックを受けたものだ。
こんな高価なナビも地図データが最新化されなければ、ただのナビゲーションにしか過ぎない。


そこで私が次にカーナビゲーションを買うならば、カーナビ本体ではなく、Apple Car Playや、Android Autoにしてみるか。と言う選択である。
ここでタイトルの、「ディスプレイオーディオ」を触れることになるのだが、ディスプレイオーディオは見た目カーナビゲーションシステムに似ているが全く違う。
カーナビゲーションシステムが入っていない2DINタイプオーディオである。
(2DINではないものも存在する。)


こちらのレビュー記事を読んでもらえると分かるんじゃ無いだろうか。
【レビュー】パイオニアの1DIN用フローティング構造の大画面ディスプレイオーディオ「DMH-SF700」を試す



ディスプレイオーディオにしては、高いけれども今後の地図データ更新費用がかからない点を考えると有用ではないだろうか。
(その代償としてスマホのパケ代がかかるけど。)
これの10インチのHD画質で5万円台なら完璧かも知れません。
でも、次に買うクルマがいつになることやら…(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
グレイスが廃番ですと!?
今のFITから買い換えるなら、カローラセダンかグレイスかなぁ?なんて思っていたんですよ。
知っている人はとっくの昔に知っている話しですが、私はつい最近知りました。
今のFITから買い換えるなら、カローラセダンかグレイスかなぁ?なんて思っていたんですよ。
でも、グレイスは2020年7月で生産終了が決まってました。
後継車もありません。

シビックセダン&グレイス廃止でどうなる!? ホンダ新セダン戦略の行方


こうなると、次に買うと決めていたセダンは、だんだん狭まってきます。
もう、中古車でも良いかな。なんてさえ思うようになってきます。


グレイスの前期、後期共に試乗車や代車として乗ったのですが、随分と取り回しも良いし、セダンオブセダン!で良かったんですよ。
私の担当営業さんは、「グレイスじゃなくてシビックセダンですよ!」と強く推されていたのですが、そのシビックセダンも2020年8月で生産終了( ゜o゜)ハッ


インサイトも試乗しましたが、パワーシートが標準装備なのでパスなんですよね。
ホンダは、セダンを国内市場から撤退するつもりなのでしょうか。
それとも、暫く冷却期間を置いてから再参入するのでしょうか。
あのトヨタでさえ、20年以上前にミニバン全盛の中、「セダンイノベーション」と広告を打って、マークⅡ、チェイサー、クレスタを突っ込んだのに死にました。


う~ん、このまま死ぬまでFIT Hybrid RSで行こうかしらね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
タクシーの利用と偏見
仲間の1人が機転の利かして、「えーと、このタクシーのナンバーは乗車拒否するんですね。
タクシーにワンメーターで乗るのはマナー違反? 運転手の本音


時は20世紀末、良くタクシーを利用したものです。
最後の独身時代、殆ど終電過ぎて、余り家に帰りたくなかった事もあり、無理矢理仕事を作って週に2~3回は、大阪からタクシーで帰宅していました。
当時は、会社からタクシーチケットというものがなく、自腹で帰っていたのですが、それ以上の残業代が出ていたので金銭感覚がマヒしていました。
結婚してからも、月に何度かタクシーで帰ることがあり、その時はさすがにタクシーチケットをいただいて帰ってました。


しかし、ここ5年くらい、タクシーを利用したのは片手くらいじゃないかと思います。
体調を悪くしてから、仕事を理由に帰りが遅くなると言う事が皆無になりました。
それから、積極的にタクシーを利用するのに抵抗が生まれてきたのもあります。


それは、遡ること平成初期の頃、学生時代だった私が京都市内で遅くまで飲んで帰るとき、仲間と一緒にタクシーで帰ろう。と言ったんです。
そしたら、京都で有名な某タクシーが道路で待っていたので、「京都市北区の○○まで・・・」と言ったら「うちは、無理!」と断られたんですよ。
あれは強烈でしたね。乗車拒否するんだ。って。
仲間の1人が機転の利かして、「えーと、このタクシーのナンバーは乗車拒否するんですね。ナンバーは・・・」と大声で言い始めたところで、乗せてくれるようになりました。
そのあとのことは、あまり覚えていないのですが、酔いもすっかり覚めて車内は、不穏な空気になっていたんじゃないかと思います。


この乗車拒否が今でも強烈に印象に残っていて、近距離(1万円以内)は出来るだけ使わないようにしようと思ったんですよ。
今のタクシー業界って、かなり厳しい時代が続いているのですが、この記事を読んで改めて、「タクシーに乗るくらいなら原チャだよな。」と。
会社で飲み会があった日は、相方に駅まで迎えに来てもらっています。
まぁ、今はコロナ渦で呑み会なんてないんですけどね。


また、何年か前に相方が早朝(5時半頃かな?)にタクシーを利用したいがため、前日に複数の会社に電話をしたのですが、全部断られたというのもありました。
サービス業で厳しい時代であっても、そうした要請には応えないのが今のタクシー業界なのかな?なんて思いました。
仕方なくその日は私が早朝に起きて駅まで送ったのですが・・・


従業員のことを考えて過剰なサービスは、将来の乞客を失ってでも守ると言う事なんでしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
AT限定大型二輪の排気量制限が昨年12月に撤廃されていた
これで、AT限定大型二輪でゴールドウィング(DCT)を運転することが出来る。
12月1日、AT限定大型二輪免許の排気量上限が撤廃されました!


すっかりバイク免許についてご無沙汰していたのですが、昨年12月1日にながらスマホ規制と併せて、AT限定大型二輪免許の排気量上限がなくなりました。
今まで、何故かAT限定大型二輪のみ排気量が650cc(当時、国内で販売されていたAT限定大型二輪がスカイウェーブ650飲みだったため。)というわけ分からない制限がありました。


これで、AT限定大型二輪でゴールドウィング(DCT)を運転することが出来る。
と言っても、私はAT限定普通二輪ですので無理ですが(笑)


私が見落としていたのか、単に国内バイク需要が見込めないことからスルーされてしまっていたのか。
AT限定大型二輪免許取得が再燃すると良いですね。
私は取る予定ありませんが…(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31