•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Fireタブ8インチを買いました
さて、こいつは、FireOSとして使うのが目的ではなく、AndrodiOSとして使おうと思います。
先日、12/7~12/11まで行われた、Amazonサイバーマンデー。
“この冬、欲しいが、見つかる”「Amazon Holiday 2018」がスタート


ちょっとした臨時収入に、ちょっとだけぶっ込みました。
まずは8インチタブレットとメモリカード128GB。




何で8インチタブレットが欲しくなったのかというと、親に買ったタブレットサイズが欲しくなったから。
でも、3万円近いタブレットは出せないので、おもちゃ用として欲しいなぁ。と思ったところに、このサイバーマンデーがぶつかったわけ。
今でているのは、普段出ている定価ですが、セールの時は、この御値段。

Fireタブ8インチ


5000円を切る価格なら遊び用でもいいや。と思うでしょ?(思わない?)
これに、SDXCカードもお買い得だったのでポチった。

128GBSDXCカード


この2つを買っても、FireHDタブ8インチ本体の価格をしない。
普通に買っても十分お買い得なんだけど、このセールは特にお買い得でした。


早速、開封して手に持った感じなんですが、やはり、nec製のタブレットの方が圧倒的に軽くて持ちやすい。
けど、これはこれでアリかな。と本を読んだり、アプリを使ったときに不自然さはありませんでした。
サクサク感は、10インチタブ同様に十分ですね。

さて、こいつは、FireOSとして使うのが目的ではなく、AndrodiOSとして使おうと思います。
何度Amazonアプリストアを見ても、内容がショボイ(アプリが少ない)のでねぇ。
取りあえず、これらはインストールしましたけどね。



でも、やっぱり物足りません。
AndrodiOSの方が使い勝手が良さそうなので、近いうちにそちらに変更しようと思います。
AndrodiOS化は、こちらからファイルをダウンロードするか。



こうしてますますノートパソコンは不要となりました。




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
親のタブレット(PC-TS508FAM LaVie Tab S)を買いました
購入当時の12/1最安値は、27,591円でしたが、上新電機から27,920円で買いました。



購入当時の12/1最安値は、27,591円でしたが、上新電機から27,920円で買いました。
12/10に見ると、同じ上新電機が26,890円まで下がって、ちょっとだけショック。。。

PC-TS508FAM LaVie Tab S価格


まぁ、いっか。


今まで使っていた同じnec製のタブレットが、なにをするにしても鈍重で使い物にならない状態でした。

↓これ↓




当時は、スペックよりも見やすさと持ち歩きやすさ、そしてカバンにしまえるサイズで選んだのですが、スペックは今思うと貧弱でしたね。
ちょっとまとめてみました。

新旧タブレット比較


やっぱり、RAM容量が少なすぎて最近のアプリにはきついのでしょう。
古い方は、Googleマップをタップしてからもかなり待たされるようになりました。

初期不良品確認のため、届いた日に開封してチェックしました。
Androidの機種変をすると分かると思いますが、アカウント入力すると、自動的にアプリがインストールされていきます。
購入時に既にファームウェアは最新状態になっており、Wi-Fi環境接続以外の細かい設定は不要でした。
なお、nec製のタブレットの場合だからでしょうか。下記の画面のようなメッセージが出てきて、前の機種を引き継ぐような場面に出くわしました。
でも、今回はそこはパスしました。


その後、一旦クローズして70%程充電させてから終了させました。
特段問題はありませんでした。
もう一度電源を入れて、一旦全てを初期化しました。


購入から数日後、親が来て機種変更を実施。
前回出てきた引継ぎメッセージで試すことにしました。

と予定していたのですが、何と持ってくるのを忘れてきたと(笑)
と言うことで、Googleアカウントに紐付いている情報からアプリをそのままダウンロードすることにしました。
いわゆる、2度手間ですな(笑)

初期セットアップ一部初期セットアップ一部2


待つこと30分。アプリが多いので時間がかかりました。
とりあえず、無事にインストールが終わり引き渡しました。
早速、ネット麻雀をダウンロードして、家族で3人麻雀をしました(笑)

Google Play で手に入れよう


数時間、それこそ電池が切れかかるまで触ってみて、かなり改善されたようなのでご満足の様子。
これで、5年くらいは使い続けてくれるでしょう。
今回は、ウイルススキャンソフトをインストールしました。
ドコモ版McAfeeを入れたかったけど、見つけることが出来なかったので、暫定版をインストールしました。
年末に帰ったときにでもやっとくか。

Google Play で手に入れよう


問題のあったタブレットについて、じっくり調査したかったのですが、残念ながらその時間は無かったので、年末にでも調査したいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
どれを選ぼうか・・・てめぇ自身で決めやがれ
【SH-01L】。
ドコモ光に転用しました  -- 2018-11-21 Wednesday
通信費の見直し・・・をしています  -- 2018-11-10 Saturday

この流れでの話しですが。
来年の1~2月にガラケーからスマホに契約変更を予定しています。
何でそんな先?とか聞かれると、データ通信サービス契約を手数料なしに解約するタイミングがこの時期だから。
そして、ちょうど年度替わりで、ドコモが何かしらの施策を打つんじゃないかしら?と言う淡い期待から。
でも、docomo with端末を購入前提なら、多分施策もへったくりもないと思うけど。。。と、淡い期待(笑)


で、だいたい機種選定は終わっている。
以下の3機種。

【L-03K】

L-03K


2018夏モデルだけど、スペックだけを見るとわりと高スペック。
メモリ4GB、ROM64GBは、そこそこの本格派。
モバイルスピードは、262.5MbpsのPremium4G。
CPUは普通かな?SDM450/1.8GHzのオクタコア

【SC-02L】

SC-02L


2018冬モデルで、スペックは普通よりやや高め。
メモリ4GB、ROM32GB。
モバイルスピードは、500MbpsのPremium4Gで他より速い。
CPUは自社製で、Exynos(エクシノス)7885/2.2GHzx2&1.7GHzx6のオクタコア?と言って良いのか?

【SH-01L】

SH-01L


2018冬モデルで、スペックは中の中。
メモリ3GB、ROM32GB。
モバイルスピードは、150MbpsとPremium4Gではない。
CPUは、L-03Kと同じSDM450/1.8GHzのオクタコア。

※参考
【F-04K】

F-04K


2018夏モデルで、スペックは中の中。
メモリ3GB、ROM32GB。
モバイルスピードは、150MbpsとPremium4Gではない。
CPUは、L-03KとSH-01Lと同じSDM450/1.8GHzのオクタコア。


-----
画質、カメラ、解像度、液晶サイズなんかは、割愛。
SH-01Lは、まだホットモックがなかったので、手に持った感触だけしか分からない。
と言うことだけを付記して感想。

余談だけど、iPhone 6sもdocomo with対象端末なんだけど、防水防塵ではないので見送った。

SH-01Lを除いた他の2機種について、触って見た感じズシリとくる感じ。
画面サイズが大きいことは良いんだけど、L-03Kは何かゴチャゴチャした感じの印象を受ける。
使いたいアプリがパッと見つからない感じ。

SC-02Lも画面サイズが大きい分、使いたいアプリがパッと見つけにくい感じ。
ただ、スッキリした印象がある。

どちらもモッサリ感はない。
ただ、ずっしりとくる重みはどうも引っかかる。
仕方ないのかしらね。

その点、SH-01Lは持った感じに重みは来ない。
割と重い方なのに。


続いてあまり重要視していないけど、あった方が良い指紋認証の位置。
雷神にある指紋認証が、あまりにもイケてないのと、スマホケースに入れたらますます指紋認証が出来なくなって切っちゃった(笑)
んで、新しく購入するスマホに手帳を入れるつもりなので、こう言う場合、背面に指紋認証装置があると、非常に認識づらい。
実際、雷神の指紋認証は使い物にならないくらい精度が悪く、その上スマホケースに入れているため、指が全く届かないようになっている。
その為、雷神で指紋認証装置を使うことを諦めた。

と言うことで、スマホ手帳を使うのにあたって、背面に指紋認証装置があるL-03KとSC-02Lは、この時点で候補外となる。
SH-01Lは、表にあるので便利そうだ。とは言え、ホットモックがないと何とも言えないのだけどね。


気持ちは、SH-01Lに傾いているんだけど、難点はスペックが中の中で長く使えるかどうかという点。
カスタムROMが32GBなのは、最近のクラウドやmicroSDで補うことが出来る。
LTEスピードも150Mbpsだけど、どうせ1Gbps近い速度が出る機種にしても500Mps出りゃ良いところでしょう。

あれ?

じゃぁ、決まりじゃん。SH-01Lで(笑)

現在、スマホ2台持ちなんだけど、1台に集約するか、2台持ちのままで行くか検討中。
もし2台持ちで行くなら、1台は雷神でポケGO+Alexsa+ONKYO AVアンプリモコン+ヘルスケア端末専用なんだけど。


機種変更する日までのワクワク感を愉しんでおこう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
愚考★ドコモWi-Fiルーター新作
今メインで使っているWi-Fiルーターは、N-01Jである。
今メインで使っているWi-Fiルーターは、N-01Jである。
ただし、お泊まり旅行や超時間使う必要が有るときに限り、L-01Gと言う大容量バッテリーの方を使っている。


モバイルルーター


少し本題に入る前の脱線だけど、L-01Gの大容量バッテリーのバッテリー部分がメーカー在庫切れというショッキングな情報を先月入手した。
あまりにも早い販売終了に、Amazonで互換バッテリーがないかどうか探したが、それすら見つけることは出来なかった。
結構、このタイプのWi-Fiルーターは台数が出たと思ったんだけど、実売はそれ程でも無かったんですね。。。


先週、ドコモが秋冬モデルの発表があり、Wi-Fiルーターも1機種お披露目となった。
私の中では、今回、LG電子が出してくるのかな?それともnecかな?と期待をしていたのだが、ところがどっこいのファーウェイ製だった。
今使っているWi-Fiルーターの月々サポートも、来年3月で終了なので機種変更の時期に来ているのだが、ファーウェイ製となるとちょっと二の足を踏む。


何故二の足を踏むのかというと、ファーウェイの開発国は中華人民共和国(上海)。
やはり未知のスパイウェアやマルウェアを仕組まれていないか。という点に尽きる。
幸い、ファーウェイ製はWi-Fiルーターに限らずドコモから数機種展開(過去にWi-Fiルータの発売実績もあり)されているので、そのようなものが仕組まれていたのならすぐにバレてしまうだろう。
だから、気にする必要はないと言えばそれまでなのだが、なかなかどうして。やっぱり気になってしまう。
ここは、腹をくくって機種変更をするべきか。
それとも、ぐっと堪えて来年の新作発表まで待つべきか。


多分待てないだろうなあ。
なんせ、ドコモの2万円クーポンが来年5月末までなので、それを充当したい気持ちもあるからだ。


ただ購入したいけど問題点が更に3つある。
1つは、新作のWi-Fiルーターは、バッテリーが内蔵式なのである。
これまで、ドコモのWi-Fiルーターは、バッテリー交換が可能だったんだけど、今年のファーウェイ製から取り外し交換が出来なくなってしまったのだ。

スペックはこちら

まぁ、問題ないと言えば問題ないけれど、電池が劣化してしまえば修理預かりとなるのでその間は使えなくなってしまう。
気がかりはそこだけだろうか。
私のように、Wi-Fiルーターマニアであれば、修理預かりされても、L-01GやN-01Jを使えば良いので問題ないと言えば問題ないか。
だから、これを購入する人は、電池が劣化した頃に次の機種に乗り換える。と言う算段を付けているのでしょうな。
やるなドコモ。。。
バッテリーの容量も3000mAhなので、L-01Gよりは劣るけどそこそこ長く使えるのだろうと思う。


続いての問題は、LTEで公称1Gbpsオーバーで受信するのに、無線LANの最大スピードが867Mbpsなんだよね。
USB接続が3.0なのか2.0なのか不明だけど、2.0なら480Mbps止まりだから無駄スペックとなりそうな感じですね。
もしも、802.11axでWPA3適合だったら、購入ポイントがアップするんだけどなぁ。


最後の問題点は、SIMサイズが変わるかどうか。
microSIMなら大助かりなんだけど、nanoSIMだとL-01GやN-01Jを使うときはアダプターを挟まないと行けないから厄介になりそうだ。
スマホでは、既にnanoSIM時代に入っているんだけど、Wi-FiルーターもnanoSIM時代に突入するのかな?
まさか、バーチャルSIMになるなんて事は無いよね?そうなると、購入意欲が一気にしぼんでしまいそうだ。(現時点では公式サイトに情報がないので、全く分かっていません。)


どうなるんだろう?
来年3月の公式発表まで待ち遠しいです。
(結局買うんかい?)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
arrows be F-04Kを購入!
モバイル通信の速度は150Mbpsまでしか出ませんが、SO-02Jでも実測60Mbps位しかでませんので問題ありません。
docomo withの端末を買いました。
買った理由は、当然のごとく、月額基本料を抑えるためなのです。(1620円)


これまで、当方は、
・SONY → Xperia(SO-03D/04E/02F/02G/02J) ← 04Eと02G以外は相方のもの
・nec → 多数なので最近は、N-02A/02C/01J ← 01JはWi-Fiルーター、それ以外はガラケー
・LG電子 → L-03E/02F/01G ← 全部Wi-Fiルーター
・SHARP → SH900i ← FOMA900シリーズのガラケー
・Panasonic → P903i ← 会社に忘れても電波キーがないとロックがかかる優れものでした
・BUFFALO → BF-01D ← 初めて購入したXiのWi-Fiルーター
とまぁ、結構偏った会社の機種の買い方をしてました。


ここに新たな富士通が仲間入り。
with docomoシリーズの中で、価格とスペックのバランスが良かったのでチョイスしました。
最後までL-03Kと悩んだけど。
モバイル通信の速度は150Mbpsまでしか出ませんが、SO-02Jでも実測60Mbps位しかでませんので問題ありません。
以前、SO-04E feat. Hatsune Mikuを修理したときの代替機種で富士通を借りたのですが、スマホとして使う分には決して悪くなかったので、今回購入するときの躊躇いはありませんでした。

F-01Fを使い倒してみた(2016/09/29 05:33:53)


注文したのは、7月22日。
届いたのは、7月24日。
諸々の設定をしていく上で、新しいSIMカードがうまく認識してくれませんでした。
と言うか、開通手続きが全然出来ない。
A4のペラ紙にそれらしいことが書いていない。

A4ペラ紙(1)A4ペラ紙(2)

スマホでQRコード読み取って開通手続きしろ。って書いているけど、これは不親切。
結局、ドコモサポートセンターに電話してつたない伝え方で教えてもらえました。





開通手続きを教えてもらうまで1時間30分くらいかかりました(笑)
でも、開通手続き方法を知ったら、3分で終わりました(`o´)
終了後、家の電話から着信できるか確認。
確認後SIMカードを外して、相方が使っているスマホ(SO-02J)に戻して、そちらでも電話の着信が可能である事を確認。
どちらも問題なかったので新しいSIMを使うことになりました。


さて、今回は相方の名義なのでGoogle関係も全て相方のアカウントでセットアップ。
まず、家のWi-Fiにも接続して確認。
続いてアプリを最低限のもの(Google謹製とドコモ謹製のみ)インストール・・・と言うか更新をしました。
そして、電源オフにして片付け(笑)
軽く触った感じ、雷神から乗り換えようかしら・・・と思うほど良い出来でした。

F-01Fで馴染んでいた手書き認識もそこそこによく、日本語変換はATOKなので安心。
指紋認証は、SO-02Jと同じ電源ボタン位置にあり、更にその位置に富士通ならではの「Exlider」と言う機能があって、なぞったあとにセンサーに触れ続けると自動スクロールしたり、タップやダブルタップすると拡大したりするので、「これは、マジで便利!」と思えたほどです。
触った感じはその程度。
と言うことで、今回は、近年、ドコモのスマホやWi-Fiルーターを買うとこんなに小さくなる例を紹介したいと思います。


まずは、かなり前からのものを。

歴代のケース

右上から、N-02C
右下が、SO-04E feat. Hatsune Miku
左上が、SO-02F
左真ん中が、N-01J
左下が、F-04K

だんだん小さくなって言っていることがおわかりでしょうか。
最近購入した、SO-02Jとの比較はこちら。

歴代のケース2

右のクロレッツミントタブは大きさを・・・意味ないな。
やっぱり箱が小さくなったのは、分厚い説明書がなくなったからでしょう。
ホント、最近のスマホは必要最低限の物しか入っていません。
最終形態は、プラスチックケースにパッケージされるのではないでしょうか。
そうなると有り難みが全然ないな(苦笑)


余談ですが、F-04KにはモバイルOfficeとOneDriveがインストールされています。
モバイルOfficeは正直要りませんが、クラウドドライブで一番メインで使っているOneDriveが始めからインストールされているのは、正直嬉しいところです。
でも、こいつを使うときは、今のところ無いんだよなぁ(苦笑)

尚、docomo withの端末にSIMカードが常時刺さってなく(使ってなく)ても、一度適用されると未来永劫割引が適用されます。
次の機種変で普通にやると除外されるようですが、必要な手続きをやれば大丈夫のようですよ。

ジョジョスマホ「JOJO L-02K」はdocomo withからの機種変更で割引継続ok


もしも、6ヶ月以内に機種変更をするなら、こちらで適用が可能。

Galaxy S9+を「docomo with」適用で購入してみた

ただし、どちらも月々サポートが得られないので要注意ですね。
もともと、月々サポートが得られていない、SO-02Jでしたので、こう言う制度は大変有り難いですね。
なお、当方はポイントとdカード・ゴールドで決済しました。
dカード・ゴールドで決済したのは、F-04Kがバキバキに壊れたり盗難に遭ったときの保険適用を受けるためです。はい。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
SO-02Gを【中古】で買いました
SO-04E feat. Hatsune Mikuを使い始めて3年半。
SO-04E feat. Hatsune Mikuを使い始めて3年半。
さてと、そろそろインプレッションを書きましょうか


そろそろ使っているアプリがSO-04E feat. Hatsune Mikuでは重たくなってきたことを感じ、そろそろ終了かな。と思い、新たなスマホを検討していた。
そんな矢先、SonyのZ3 Compactが9000円を切る形で中古情報を入手。
早速、ググって探して手に入れました。
御値段は8,980円。


購入店は、携帯市場
kakaku.comから検索して見つけました。
(今はもう既に購入した色の中古販売は無かった。)
最初に購入店からへの注文は5月21日16時前。
16時過ぎに完了したとのメールが届きますが、それ以降何も連絡が無くちょっと心配になりましたが、翌22日12時前に賞品発送の連絡メールが届き、翌23日午前中に商品が無事に届きました。
商品は本体のみで、充電スタンドや充電用ケーブルは付いていませんでした。
充電スタンド(卓上ホルダー)は欲しかったのですが、以前使っていたSO-02Fが使えるかどうか試してみたところ、スカスカではあるけれどもバッチリでしたのでそれを使うことにしました(笑)


さて、本体ですが【レベル5】ってどういうレベルなのかわからないのですが、写真の通りほぼ綺麗な状態でした。
SO-02G オレンジ


ちょうど充電コネクタとmicroSD挿入スロットにキャップがありませんでした。
microSDキャップなし


これで9,000円を切るなら上出来でしょう。
このまま使い続けるには防水性に難があるため、どうしたら良いのかドコモに問い合わせました。
Web上で問い合わせを行い、メールで回答を受けたのですが、ドコモショップにて無料で取り付けてくれるとのこと。
何だその程度の手間なら楽勝だな。と思って、ドコモショップに電話をして在庫を確認してもらったところ、あると言う事なので翌日の昼前に取り付けて貰うことで取り置きしてもらいました。

翌日、取り付けて貰った上にハマりにくくてゴミがあるので掃除もしてもらいました。
こう言う点では、MVNOよりMNOの方が安心感があるんだよね。
SIMフリー端末も良いけれど、端末まで面倒が見られないのがMVNOのデメリットなところ。
その分費用を抑えているから当然なんだけどね。
キャリアと同じサービスを求めるならそれなりの対価を払いましょう。
それにしてもドコモショップにはあまり行きたくないのだが、先月はよく行った方だな・・・(笑)

とちょっと話が逸れました。
早速、ガシガシ使ってみたので、SO-04E feat. Hatsune Mikuと比較感想。
まず、Z3 Compactを名乗るだけ合って小さくなりました。
私の手のひらサイズなら片手操作ができます。
バッテリーの保ちも、心なしか良いようです。
各種アプリも取りあえずサクサクに動くようになりました。
画面も画素数もスペックは全く同じなのですが、何故か一回り小さくなったので、画面も小さくなったように見受けます。

発色も良し。中古端末とは思えないのが良いですね。
あと、これまで使えなかったNFCが使えるようになりました。
取りあえずSBH-50のハンドセットフォンと接続も一発。
でも、普段はiPod touch 5Gがメインだけどね・・・(笑)
ヨドバシゴールドカードとモバイルdポイント、マクドナルドを登録しました。
iDは、装着しているSIMの電話番号と異なるためNG。
まぁ、N-02Cがあるから良いんだけどね。


これで、2年くらい使い倒そうかと思います(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
続★簡易ナビインプレ
これは、FORZAにマウンターを付けた話しに遡ります。
簡易ナビインプレ(2013/11/04 09:07:42)


もう、この記事から4年以上なるのか。。。
これは、FORZAにマウンターを付けた話しに遡ります。

バイクに取付  -- 2013-10-22 Tuesday




こちらを買いました。


iPod touch 第5世代からSO-04E⇒雷神へと変遷しています。
雷神サイズがマウンタに取り付ける規格として限界ですね。
そして、今もなお安定しています。
地図アプリは、Google マップで最初から変わりません。

データ通信は、0SIM、Wi-Fiモバイルルーターは、L-01GN-01Jですね。
私なりに使えているので、これからもずっと使い続けます。


その一方。
Lead EXで購入したマウンタ。

原付2種用スマホマウンタ取り付け(2016/10/05 05:59:00)

こちらは、取り外しました。
だって、見難いんですもの。
残念ながらこちらは失敗でした(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
スマートウォッチを購入してから1ヶ月半
スマートウォッチを買って買い直したファースト・インプレッション(2018/02/20 06:00:00)。
スマートウォッチを買って買い直したファースト・インプレッション(2018/02/20 06:00:00)
この記事からちょうど1ヶ月になります。

すっかり、はまってしまっており、風呂に入っている間以外は肌身離さず付けています。
お陰で、ROLEXやオシアナスを付けることは皆無となりました。
毎日、睡眠の質や歩数、血圧や心拍数を見ています。
途中、夜中に歩数計がカウントされているんだけど、もしかして夢遊病になっているのか。
毎日じゃないですが、もう少し様子を見ようと思います。

ただ、このスマートウォッチの欠点というか改善して欲しいところがあります。
それは、バンドが締めにくいと言うこと。
きつく閉めすぎて水ぶくれになってしまったこともあります????

電池の保ちは悪くないですね。だいたい5日~7日に1回充電します。
早め早めの充電を心掛けています。
会社の福利厚生でやっている歩数マイレージなんですが、こいつも対応して欲しいなぁ。なんて思います。
こっちの方が確実に歩いているし正確だしね。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
スマートウォッチを買って買い直したファースト・インプレッション
いつものサイトを見ていると、スマートウォッチが結構安いことに気付きました。
いつものサイトを見ていると、スマートウォッチが結構安いことに気付きました。
1,500円の激安スマートウォッチが登場、iPhoneやAndroidとBluetoothで連携
税別とは言え1,500円だったら、多少ダメでも諦めつくなあ。と思った次第。
早速、Amazonで探してみたらありました。





私が買ったときは2,000円を切っていました。
まぁ、送料500円と思っても安いですね。

翌日、早速届いたのですが、画面がこんな風になっていて何も出来ませんでした。

フラッシュアウト


なにをしても不可能なので、早速、販売業者にメッセージを送る。
すると、数分で返信が返ってくる!
2日以内に送ります。と。
2/1に注文
2/2に商品到着→初期不良→販売業者にメッセージ
2/3に再送品午前に到着→充電→使用開始
てな具合でした。

スマホと連動が基本中の基本なので、雷神とBluetoothでペアリングをさせ、アプリをダウンロードしました。
このアプリがGoogle Play以外からのダウンロードと、中国サイトなので若干不安がありました。
ダウンロードして一通り設定をしました。
日本語マニュアルが付いているのですが、これが結構いい加減というか中国語を無理矢理日本語に翻訳した感があり、また、アプリは完全に英語でした。
残念ながら日本語には、対応していませんでした。


早速、腕に装着して使ってみたのですが、これが期待したほどの性能ではなく、自分の使い方が悪いのか、それともそう言う仕様なのかわかりませんが、スマホ側のアプリと同期しても歩数計がカウントしてくれません。
ずっと0歩のまま。
ひかり電話の着信についても連動できないようです。
(スマホはデータ通信専用のため、発信不可。)


TwitterやLINEのメッセージやメールチェックが可能なようですが、あいにく雷神にはSNS系アプリもメールチェックもしていないので、あまりメリットがありません。
「おっ!これはいいかな?」と思ったのは、リモートカメラシャッター機能。
これは、オフ会とかで全体集合時の撮影で、幹事だけで入れないことなく皆が入って撮影することが出来るかも知れません。
また、音楽再生も可能なのですが、これは恐らくスマホに内蔵しているmp3を再生する機能だと思われます。
何も入っていない雷神で再生しようとしても再生出来ませんでした。
このスマートウォッチは、内蔵スピーカーや内蔵マイクも搭載しているので、本体が大ぶりなのですが、クルマでのハンズフリー通話を主目的とされるなら良いかもしれません。
バイクはさすがに無理かな…。
(風斬り音が入ってた分会話にならない(*´д`;)…)
私のスマートウォッチの主目的は、あくまでもウェアラブル機能だったので、まぁ、2,000円でやれることはあまりなさそうだね。
と思いそっと箱にしまいました(笑)
そして、昨日、Amazonに返品しました。(故障したやつも含めて。)


もうすこしウェアラブル機能に特化したものは無いかな…
とAmazonで探してみると、いくつかありました。
その中でも評価数が比較的多い(一番多いじゃない)これにしました。




これを選んだ理由は次の通り
・アプリが日本語対応
・防水・防塵対応
・リストバンドでスッキリしている
・睡眠自動計測
・心拍数計測
などなど、御値段は先程のスマートウォッチより2倍弱ですが、ウェアラブル機能は先程のスマートウォッチよりも強力っぽいです。
以前、ドコモの「ムーヴバンド3」を買おうかと思ったのですが、15,000円弱するので躊躇っていたんですよ。




それが、4,000円弱で買えるとなれば、失敗しても後悔しないじゃないですか(笑)
それで2/4にポチッとしたんですよ。
2/5には届きました。
早速開封。
説明書はやっぱり中国語を無理矢理日本語にしている節があるが、日本語フォントなのはまだ許されるかな…。
ただ、文字が小さいので老眼の人は読むのに苦労すると思う(笑)


まず、充電だけどかなりトリッキー(笑)
本体を直接PCのUSBポートにぶっ込むんだけど、通電する側に挿さないといつまでも充電出来ません(あたりまえ)
リストバンドという構造上、仕方ありませんが注意が必要。
また、防水防塵の割にリストバンドと本体の接続が少しちゃっちーのは、安さ故仕方ないことか。
バンドを締めようにもなかなかきつく閉められません。滑っちゃう(笑)
ウレタンバンドなのですが、腕に装着するのもちょっと大変です。

ウレタンリストバンド留める方法


また、何回か繰り返し充電で本体とリストバンドを取り外したり接続したりして接続口が緩くならないか心配もあります。
この取り外しが結構きつい!充電コネクターがポキッと折れないか心配になります。


まぁ、リストバンド側がブカブカになったり、止めピンが折れたりしたら、下記のオプションバンドに買い替えなんだろうね。
3色カラーなので、気に入った色が見つかると良いですね(^^)



2時間ほど充電してから早速使う。
説明書通りにやろうとするが、タッチボタンというのがわからん。。。
何となくこの辺だろう…と指に触れること5秒…ブルブルっと震えて電源が付きました。
電源が付いたところでスマホのBluetoothを開いてペアリング開始。
ここまではすんなり出来ました。


腕にはめた状態がこんな感じ。
スマートウォッチ(リストバンド版)

1週間ほど使っての感想ですが、先程のスマートウォッチと違い自分の描いていた通りで使えてます。
電池の寿命も気になりましたが、最初は、ずっと付けっぱなしで5日間でも余裕でした。(5日目に充電開始。)
2回目の充電は1週間後でしたが、説明書では1週間が限度と書かれていましたが、10日くらい持ちそうな感じです。
ただ、スマホと常時連動しているからか、スマホ側の電池の減りが気になりました。

こんな感じにスマートウォッチからデータを受信してアプリに表示します。
データパネル時間帯別歩数データ時間帯別睡眠時間時間帯別心拍データ時間帯別血圧データ


正確なデータではなく参考程度に・・・とのことで、私もあくまでも参考にしています。
割と使い勝手が良いので、こちらをメインに使い続けてみようと思います。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31