•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Fire HD 13を出して欲しい・・・

ほぼ毎晩、寝る前に電子書籍でコミックスを読んでいるのですが、10インチでも辛くなってきました。
明らかに老眼なのですが、セリフの小さい添え字(フリガナ)が読めないんですよ(笑)
コミックスのデータを高解像度化をするか、13インチ程度のFire HDを出して欲しいんです。


スペックはそんなに高いものを望まない。
32GB ROM/3GB RAMでWUXGAの解像度で充分です。
それで、4~5万円台で出してもらえないですかね。
出たら間違いなくケースと共に買うでしょう。


まぁ、ここで書くよりもAmazonのご意見箱に投書すれば良いだけなのですがね。。。




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (22人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
wena3 がやっとGoogle FITやiOS ヘルスケアに対応




先週8/25木曜日に、何気なくwena 3を同期しようと思ったら、アップデート通知があったのでアプリのアップデートともに行いました。
そして、やっと・・・やっと苦節2年近く経過して、各種スマホOSのヘルスケアアプリに対応しましたヽ(´ー`)ノバンザーイ
もう、半ば諦めていたのですが、まさかここで対応とは。
一体何があったのか分かりませんが、SONYのソフトウェア開発者には賛辞を送ります。


まだ、1週間も経過していないので評価は出来ませんが、パッと見た感じ誤差があれば、Google FITがwena 3の情報をアップデートしてくれます。
これで、Google FIT = wena 3  = dヘルスケア = Ci\oke Onウォークチャレンジ の4連携が可能となりました。
dヘルスケアは殆ど立ち上げていないんですけどね。
毎日体重計に乗っていたのですが、それもどこかへ行っちゃった(^^ゞ



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (22人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
ミクスペリアがご臨終?

未だに使っているのかよ・・・
と言いますが、殆どフォトフレームとして活用しているんですよ(笑)
時々、玄関のドアホンとイエデンの着信と・・・


8/4になんか無限ループしているなぁ。と思って電源を切るにも切れない状態に。
仕方ないので、電池を取り外して暫く放置。
電池が妊娠していたので使うのをやめて大容量電池に置き換えて再度電源オン!
しても結果は同じだった。


永遠に無限ループする。
もともと、セキュリティーの不安から4.1.1(だったかな?)から4.4.1にアップデートしていたんですが、もうサポートも切れているからだめなんですよね。
なので、時間のある時に、バージョン5にしてやろうかと思ったりもしたのですが、正直そこまでしても使い道はフォトフレームしかないので、もう廃棄しようかと。
8年近く使い続けたことに感謝。
買取も考えたけれど、値段付かないやろ。
100円くらいしか付かないんじゃないかな?


それよりも重大なインシデントに気がついた。
コイツは、常に自宅に置きっぱなしのスマホだったので、セキュリティー対策としてのワンタイムパスワード専用端末としていたのだ!
機密情報なので詳しくは書けないが、いくつかのアプリが使えなくなってしまったので、慌てて、AQUOS R2 Compactにインストールを行って再設定をすることにした。
この端末も、今は「ほぼ」自宅専用端末なので、滅多なことがない限り紛失する恐れは無い。
よって、今後これにしよう。


これだから、バンキング系のワンタイムパスワードアプリをスマホにインストールしたくないんですよね。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (25人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
microSDXC 256GBを買う!



Fire HD 10で使っているmicroSDHCメモリーカードがずっと128GBと思っていたら、実は64GBでしてその容量がそろそろ一杯になってきたと。
と言う事で、256GBを買いました。
まぁ、64GBメモリも当時のFire HD 10ではMAXに近かったような気がして、3世代にわたって使い続けてきました。
ちりも積もればなんとやらで、コミックスを大量に買い込んで、読み返すものは全てmicroSDXCメモリーカードに保存し、読まないものは削除してきました。
そんな事を繰り返していたら、デフラグっぽい感じになってきて、ダウンロードしたコミックスがちゃんと読めなかったりゴミファイルが出来たりしたので、そろそろ64GBのmicroSDXCメモリーカードも寿命じゃないかと。


と言う事で容量拡張を兼ねまして、保証無制限のこれを買いました。
必要なコミックスをダウンロードするか、断捨離して必要最低限にするか・・・
必要最低限にしたら、大容量を買った意味が無いわけで、多分読みたいコミックスのみ全部ダウンロードするんだろうなぁ。
けっこうな時間がかかりましたわ(笑)


最初、Fire HD 10から読みたいコミックスをダウンロードしていたのですが、何だか面倒くさくなってきて、AmazonWebのコンテンツ管理から配信する方に切り替えました。
こっちの方が自分の性に合っています(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (9人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
中古スマホ(iPhone除く)を買うときの注意事項

私は今のところハズレを引いたことが無いのですが、これだけは自信を持って言えることがあります。
中古スマホを買うときに、キャリア系端末は必ず対応バンド(周波数)を確認すること!


対応バンド(周波数)?
SIMロックじゃなくて?
えぇ。SIMロックもまぁ重要ですが、同じ端末でもキャリアによって対応バンド(周波数)が異なるモデルが存在しているんです。


そうですね。
わかりやすいサイトに、AQUOS SENSE 6(SHARP)を例に挙げてみましょうか。

「AQUOS sense6」のスペック、対応バンド、本誌記事まとめより
バンド一覧

SIMフリーを買っておけば問題ない。。。と言えば問題ないですが、100%対応しているわけではありません。
5Gも4Gもキャリアによって対応バンド(周波数)が異なるんですよ。
例えば、ドコモモデルを買って、auのSIMを挿したところで、5Gの一部バンドは対応していません。
4G LTEも微妙に外しています。
じゃぁ、SIMフリーで安泰か。と言うと、5Gは問題なさげですが、4G LTEが微妙にずれています。


なので、せっかくSIMフリーでガンガン使えるぜ。と思ったら使えないなんて悲劇もあるのです。
4G LTEモデルの場合、ドコモとSoftbankは似たようなバンドなので、両者モデルを買ってもさほど影響は小さいでしょう。
しかし、auモデルを買うと、対応バンド(周波数)が若干異なるので、期待していたほどの電波が安定しない。なんて事が有り得そうです。


何故か、iPhoneだけはそう言う対応バンド(周波数)ロックをしていないので、どこのキャリアを買っても影響は殆どありません。
私はこれまで、中古スマホを複数台買いましたが、だいたいがドコモモデルでした。
AQUOS R2 Compactはドコモモデルがなかったので、Softbankモデル(SIMロック解除)を買いました。
SIMロック解除モデルなので、ドコモSIMを挿して快適に使っています。


この対応バンド(周波数)は、マニアじゃ無いとわからないから困りものです。
メーカーもキャリアの指示に従って作っているんだろうと思うけど、コストに見合わないと私は思いますね。
SIMフリーのように、全てのキャリアに対応した対応バンド(周波数)にすべきだと私は思いますし、ますますガラパゴス化してしまいそうです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (14人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
第3世代iPhone SE良いですね

「iPhone SE(第3世代)」”素の価格”を比較、キャリアでは楽天モバイルが最安に

先週発表された、第3世代iPhone SE。
5Gに対応してこの価格は良心的ですね。
もう1年くらい待ってから、中古のiPhone SE3でも良かったかな。と思うほどです。

「iPhone SE(第3世代)」、前モデルとのスペック比較まとめ


サイズも同じで若干軽くなっているので、来年の半年後に出回るであろう中古のiPhone SE3(256GB)を買うかも知れません。
テザリングも5.2GHz帯もOKになっているかな?
そうなると、ますます欲しいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
中古スマホはある程度割り切りが必要
例えば「みんなのスマホ」での米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」の平均中古販売価格は3年12月3日時点で2万円と、新品の半額以下だ。
中古スマホ販売数が過去最高に 安価で良品が後押し


以前にも書いたけれど、中古スマホは割り切りが必要であることを知って欲しい。
まず、OSを提供しているAppleとGoogleは、毎年バージョンアップを行っている。
しかし、そのライセンスを受けているGoogke系Android開発メーカーは、長くても2年くらいである。
Google本家が発売しているPixel X系は限界まで提供しているけれど、正直言って3年くらいで使い物にならない。


パソコンとは違うので、メモリの追加とかCPU交換と言ったことは出来ない。
(まぁ、最近のパソコンも日進月歩でハードウェアの互換性が失われているが・・・)
長く使おうと思うなら、最高スペックを買っておくことがベター。
しかし、最高スペックは必ずしも高価格ではない。
それは、以前AppleのiPhone SE2で証明してくれた。


メモリやカスタムROMのデバイスが高速であれば、CPUがそこそこでも充分使える。(と思う)
実際、AQUOS R2 Compactは、AQUOS SENSE 5Gよりも使い勝手が良い。
Pokemon GOを立ち上げるときは、AQUOS SENSE 5GよりもAQUOS R2 Compactの方が断然速い。
この差は一体どこから・・・と思いたくなるほど。
AQUOS R2 Compactは中古で購入したのですが、24,800円。
AQUOS SENSE 5Gはポイントとクーポン使って0円でしたが、実際の御値段は39,600円。
正直、5Gエリアなのに恩恵を受けていないし、R2 Compactでも充分の速度を出してくれる。
R2 Compactのネックは電池の容量だけで、そこを割り切れば充分かな。
テザリングも、11acが可能で867Mbpsと高速である。
AQUOS SENSE 5Gは、11ac可能だけどその半分の433Mbps・・・
まぁ、スマホにそれ以上の速度を求めてないけどね。


なので、中古スマホを買うときは2年前の最高スペックかその2番目を選ぶと良いかな。
どんなにメモリを搭載していても、CPUとコントローラーとメモリのバス速度が遅かったら全く意味ないからね。
Androidは、その辺の見極めが非常に難しいので、自信の無い人はiPhone SE2がお薦めです。
5Gの恩恵を受けるなら、中古のiPhone 12ですね。
iPhone 11でも良いかも知れません。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
Android と iPhone

先日、こう言う記事を書いた。
AQUOS SENSE6 と AQUOS Zero6 と iPhone  -- 2021-10-08 Friday


最後の4GLTEとして、iPhone SE2を中古で購入して3週間が経過した。
あくまでもサブマシン扱いなので一概に数多く出ているAndroidと比較出来ないけれど、これまで使ってきたXperia,AQUOS,Arrows(これだけはほんの触りだけ)との違いを書きたいと思う。


まず、iPhone SE2を触って気付いたことは、シャットダウンと起動が速い。
これは、私が持っている最速であろう、AQUOS R2 Compactよりも断然速い。
噂レベルでしか聞いていなかったのだが、iPhoneのCPUチップは勿論、メモリアクセス周りもそこら辺のAndroidよりもずっと良いものを使っていることを実感出来る。


そして、その恩恵を授かっているが、Pokemon GOの起動からPokemon GO Plusの接続するまでの時間が、非常に短いと言うことである。
体感的にAQUOS R2 CompactでPokemon GOを起動し、Plusの認識から接続まで2~3分くらいかかっているのだが、iPhoneだと15秒以内で完結する。
特にAndroidでは、Bluetooth接続でいちいち「このデバイスを接続しますか?」と言った問合せがでてこない。
(これは、Android11から実装されたものと考えられる。)
Android10まではそんな問合せがでてこなかったので、非常にまどろっこしい操作である。
また、iPhoneとBluetooth接続の時間が、全体的に短時間で接続が完了する。
Androidは、認識開始から暫く考え込むのだが、iPhoneは数秒経てば自動接続する。
独立型Bluetoothイヤホンを接続するとき、これは第7世代のiPodtouchからスムーズである。
(ただし慌てん坊さんだと一回のタップでは音楽再生してくれない。)
とにかくiPhone SE2という下位機種にもかかわらず、AQUOS R2 Compactよりも全体的にスピーディーである。


あと、これはOSによるメモリ管理の仕方だと考えられるのだが、iOSは余程大容量を食うアプリでない限り、頻繁に使うアプリをバックグラウンドに追いやっても復帰がスムーズである。
Android11だと、Pokemon GOを起動し、タスクの切替でタイマーを起動したら、再度タスク切替時にPokemon GOを起動すると初期化からの再スタートになる。
何のタスク管理なのかよく分からない。
iPhone SE2のRAMメモリは3GB、AQUOS R2 CompactのRAMメモリは4GBとAndroidの方が多いにもかかわらず!である。
この辺、Androidが大容量メモリを搭載しても、こんなメモリ管理をされてしまったら萎え萎えになってしまう。
iPhone SE2で分割画面にしたことはないので、これについての評価は出来ないけれど、AndroidのAQUOS SENSE 5Gで分割画面をやってみると、それはもう使い物にならない。
1990年代中期のパソコンにWindows10を乗せているような感じで、動作が緩慢になって全く使えるシロモノではない。
どうしてそんな事をしたのかというと、タスクの切替でPokemon GOがたびたび初期化されてしまうので、それを避けるために分割画面にして常時スクリーンに常駐させ、下の画面でTwitterとかやっているんですよ。
でもね、日本語入力が激遅で入力にもたつくので、全く使い物にならないんですよね。
Androidの安物は所詮安物。と割り切らないとダメですかね。


私がこれまで頑なにiPhoneを選ばなかった理由は、第5世代のiPod touchでメジャーバージョンアップをしたら、カメラアプリを使うと頻繁に他のアプリと巻き添えで落ちていたことなんですよね。
この当時は全くの原因不明で、本当に腹立たしくてどうすることも出来ず、結局その時にXperiaと出会って以来、ずっとAndroidにしてきたわけですよ。
さてと、そろそろインプレッションを書きましょうか  -- 2014-12-09 Tuesday
後にiPod touchのメモリ不足が原因で、他のアプリを使うと落ちてしまうことが分かったのですが、ようは何も考えずにメジャーバージョンアップをしなければ、こうした不測の事態を避けられる。と言う事が学習したんですよね。
なので、余程のことがない限りiPhoneでのメジャーバージョンアップはこれからも避けていこうと思います。(と言って購入したバージョンが14.4で今は15.0.2なんだけどな。)


しかし、iPhone SE2を完全に手放しでは喜べない点もいくつかあります。
まず、原因がサッパリわからない「インターネット共有」。
この点は、Androidが断然優位性に経つのですが、テザリングがiPhoneでは思ったようにスムーズに出来ません。
わが社のiPhone MasterによればiOS同士ではサクッと繋がるとのことですが、Android ⇒ iPhoneのような繋ぎ方は一筋縄ではいきません。
前にも書きましたが、以下の手順でなんとか繋がります。

1.家庭内の無線LANがあれば、一旦Wi-Fiとインターネット共有をオフにする
2.公衆無線LANのないところで、「インターネット共有」をオンにする
3.この時「Wi-Fiをオンにするか?」と言う問合せが来るのでOKにする
4.暫くするとトップバーが緑色に変わりインターネット共有されたことが分かる
しかし、これでも接続出来ないときは、iPhone SE2の端末再起動を行います。
非常にまどろっこしいんですよ。

これがAndroidだと、上から下に2回なぞって、右から左になぞって、「テザリング」をタップして完了。
Wi-Fiは自動的にオフとなりデータ通信だけになります。
これくらいAppleなら簡単に出来ると思っていたのですが、残念ながらそうではないようです。
(現時点のバージョンではね。)


それから、Wi-Fi同期がWindowsとiPhone SE2間でうまく行きません。
PC側を再起動してやるとうまく行くのですが、スリープ状態から復帰させると例えiPhone SE2がWi-FiをONにしてもiTunes側で認識してくれません。
いちいち、PCを再起動するのが面倒くさい(と言ってもスリープからの復帰と数十秒の差なんですけどね。)のですが、いちいちケーブルに差し込まなくてもネットワーク経由で同期がスムーズに出来たら最高なのにな。
と言う事をしばしば思います。


それと、Pokemon GO Plus類似品を複数所有しているのですが、Androidで接続するときはどのPlus端末からでも接続OKなのですが、iPhoneの場合は1つしか認証出来ません。
もしも、そのPlusが他のAndroidと接続済であるならば、Android端末からその認証を解除してやらないと繋がりません。
私は、最初この接続がなかなか出来ずに、「もしかしてPlusが壊れた?」と思って買い直ししてしまいました。
しかし、Android端末から認証を外したらサクッと繋がったので、不要となり返品しましたが輸送料がかかってしまい、一度も開封しないまま半値以下でしか返金されませんでした。
(こんな事やったら、そのまま甥っ子や闇市に売りさばいた方が全然マシだった。)


最後にこれだけ高性能なのでトレードオフと割り切っているのですが、私の使い方ではテザリングをしていると電池が全くもちません。
朝の通勤途中、昼休みの間、夕方の帰りに使うのですが、テザリングと音楽を聴いていたら、乗換駅で電池が切れてしまいます。
仕方ないので職場で三つ叉ケーブルを買って、職場では常に充電をしたままにしておくやり方が正解かと思います。


3週間ちょっと、iPhoneを使っていてAndroidとの違いについて書きました。
どちらも甲乙付けがたいのがポイントでして、お互いに切磋琢磨してシェアを伸ばしているんだな。と言うことが分かりました。
私ならこう言う用途にはiPhone、こう言う用途にはAndroid。と使い分けるのが最適かな。と。


ゲームをがんがん使いたい人なら、iPhoneをお薦めしたいと思います。
やっぱり高速起動と高速メモリアクセスは、高スペックなAndroidでも太刀打ち出来ないと思います。
価格差もそれ程変わりませんので、iPhoneの方がまだマシじゃないかと思います。
また、文書を開いて編集作業などもiPhoneの方が優位性が高いでしょう。
さらに、カメラ撮影をしてフォトレタッチなど高速処理を求めるのもこちらかも知れません。
オマケ的にセキュリティーを気にする人も、iPhoneで良いでしょう。
現時点で、ウィルスが爆誕したと言うニュースは出回っておりません。
フィッシング詐欺なんかは、iPhoneだろうがAndroidだろうか関係ありませんので。


それ以外。SNSの投稿やテキストベースの参照なんかはAndroidで十分です。
複数のアプリを起動してもタスク管理を気にしなければ、Androidで十分でしょう。
また、高スペックな機種であればiPhoneよりも優れたアプリが多く最適化されたものが用意されています。
更に低価格から高価格帯まで幅広く用意されているので、自分の目的に合った機種を選ぶことが出来ます。


以上、iPhone SE2を3週間ちょっと使ってみて、これまで数年間Androidに馴染んだ側からの感想です。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
中古のスマホを買ってみて思ったこと

ハイスペックなスマホほど高価ではありますが、2年くらい過ぎると入門機とあまり値段が変わりません。
(ちょっと高いくらい。)
これまで、私は次のスマホを中古で買いました。

・Xperia Z3 Compact(SO-02G) 2台 ⇒ 光電話子機用
・AQUOS R2 Compact ⇒ Pokemon GO用
・iPhone SE2 ⇒ 勉強用(将来ディスプレイオーディオを付けたときにApple Car Playをやってみたい)

あれ?もっと買っていたような気もしないのですが、現存するのはこの3台です。
どれも、中古品とは思えない外観ですし、AQUOS SENSE 5GよりもAQUOS R2 CompactやiPhone SE2の方がサクサクです。
まぁ、それでも、AQUOS SENSE 5Gをメインにして使っていますし、iPhone SE2を手に入れたことで、AQUOS R2 Compactは一線から引いてもらおうかな。とちょっと考え中です。


で、中古スマホのメリットというか私からのアドバイスをするならば、

・発売当時のハイスペックスマホを買え

の一言に尽きます。
下手に数千円の入門機を買うと「安物買いの銭失い」になる可能性が高いです。
その例として、iPhone SE2ですね!


どちらも1年落ちとはいえ、iPhone12の方は、あまり値が下がっていませんが、スペックは格下です。
今思えば、数万円だしてiPhone12にすれば良かったかな?と思うほどです。
それは何故か。

テザリングでiPhone SE2は最高速11nの72Mbpsに対して、iPhone12は11acの866Mbpsですからね。
これは私の確認不足でした。
でも、それ位の違いですね。
いずれ、AndroidとiPhoneの今について記事を書こうと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
AQUOS SENSE6 と AQUOS Zero6 と iPhone

シャープ、146gで5G対応の「AQUOS zero6」
シャープ、約11%薄くなった「AQUOS sense6」


ガラケーからスマホにチェンジしたときの、初スマホはAQUOS SENSE 2だった。
(スマホデビューは、初音ミクのXperia A。)
それから、毎年のように3年連続で、AQUOS SENSE3⇒AQUOS SENSE 5Gと買い替えてきた。
で、今年はAQUOS SENSE 6にするか?と考えたが、zero6の方が全然良くてパスすることにした。
だって、ドコモはAQUOS SENSE 6しか出さないんだもん。。。


それと、見送った原因のもう一つは、AQUOS SENSE 5Gでの品質問題である。
1ヶ月に2回もぶっ壊れるし、某クチコミサイトではシャープ品質に対して非難の嵐である。
また、私のブログに検索で来る人もかなり多い。
「AQUOS SENSE 5G」は、「安かろう悪かろう」のイメージを植え付けてしまったのである。


また、ROMの読込高速化を謳っているが、期待していたほど速くはない。
体感的に、AQUOS R2 Compactの方が断然速い。
そんな理由で見送ることにした。
zero6のSIMフリー版が登場して、中古で流通したら買おうかな。と。。。


と言うわけで、iPhone SE2を中古で購入した。(どう言う訳だ!?)
そろそろ、頃合いかなぁ。と思いましてね。
最初、128GB版を買おうと思っていたのですが、どうせなら256GB買っちゃえ。と思い切りました。
数千円の差でしたしね。
64GBは最初から論外でした。
と言うのも、iTunesで楽曲管理しているので、すぐに一杯なるかもしれないな。と思いましてね。(32GBでは全部入らなくて、64GB版でギリギリ。)
あと、microSDカードが使えないiPhoneシリーズですが、すっかりクラウドストレージが浸透して不要と判断しました。
今後私の中で、microSDカードが必要な機器と言えば・・・

・Kindle Fire HD
・ドライブレコーダー

位なもんです。


9/29に発注、10/1に届きました。
全然、決済完了のメールが届かないなぁ。と思ったら迷惑メールにフィルタリングされていました(笑)
かなり早くに届いたので驚きました。

iPhone SE2 256GB Product RED 3 表
iPhone SE2 256GB Product RED 2 側面ボタン
iPhone SE2 256GB Product RED 1

中古リユース品なのですが、新品を殆ど変わりません。
傷も見当たりませんでした。
ただ、保証はしっかりと外れていました(笑)


早速週末にセットアップをし始めたのですが、iPod touchとは勝手が違っていて、結構難儀しました。
完全にAndroidに染まっている自分。


一番苦戦しているのは、テザリング。
Androidの場合、テザリングを設定してやれば、事前にテザリング元のスマホのWi-Fi設定を済ませてやれば、勝手に接続してくれるのですが、iPhone SE2はそうは行かないようです。
インターネット共有していても、AQUOS SENSE 5Gからは見えてくれません。
AQUOS SENSE3からも繋ごうとしましたが繋げられません。
やはり、林檎と泥は仲が悪いのだろうか。。。
あ、MVNOのSIMですがテザリングは対応しているんですよ。
でも、何故か拒否られる。


試行錯誤の上、この方法でうまく行くようになった。
1.自宅などのWi-Fi接続しない場所を確認
2.Wi-Fiを一旦オフにする
3.インターネット共有も一旦オフにした後、オンにする
4.「Wi-Fiをオンにする」をタップ
5.インターネット共有モードになり、AQUOS SENSE 5Gが自動接続する
となる。
しかし、iPhone SE2のインターネット共有は、2.4GHz帯固定でWi-Fi4の72Mbps止まり。
Androidアプリのバージョンアップには耐えられないな。と言う割り切りが必要ですね。
まぁ、私の場合テキスト中心なので、特に困ることはないですね。


取りあえず、必要最低限のアプリだけ入れて、不要な謹製アプリを削除しました。
あくまでも、サブマシンなのでそんなに触りまくれませんが、色々な事に使い倒していこうと思います。
当面は、Pokemon GOとバイクのカーナビ代わりかな。


ただ、iPhoneは値が高いだけあって質も高く、サクサクですね~。
AQUOS R2 Compact以上の快適さがあります。
Bluetoothとの認識は、AQUOSシリーズよりは断然速いですね。
でも、それ位かなぁ。
インターネット共有すると電池は、6時間くらいが限界ですね。
と言う事で、ケースカバーとQi充電器とケーブルを買いました(笑)





Qi充電器の入力タイプがCではなくBだったので、「あ~ミスッタ~」と思いましたが、まあ、そこは割り切りですね。
スタンドに立てて充電は、いちいち差し込まなくて良いので癖になりそうです。
Wi-Fi同期をすることで、iTunesと楽曲更新も完璧ですね。
3又ケーブルは、iPhone SE2用、電子メモ帳用、AQUOS SENSE 5G用充電として活躍してもらいます。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31