•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

偽microSDメモリーカードの見破り方

【偽造SDカードを使うとこうなる】ラインナップにない容量のモデルを確認! マトモに使えないので注意せよ

私は、基本的にこう言う系はAmazonで購入しているのですが、時々、「kOnozamA(このザマ)」に引っかかる時があります。
(知っていてわざと引っかかって、このブログで啓発記事を書いたこともあります。USBメモリだったかな。)


今では、microSDメモリーカードを購入する時は信頼出来るメーカーからしか購入しませんが、相変わらずAmazonやメルカリやヤフオクでは、容量偽装をした偽物が出品されているケースが少なくありません。
Amazonの場合は、カスタマーに連絡して返品手続きをすれば返金されるのですが、メルカリやヤフオクではちょっと厄介です。
ましてや、Amazonで騙されてそれをメルカリやヤフオクで転売するとなると、貴方のアカウントに傷を付けるだけでなく詐欺や商法に関する罪等で逮捕される可能性があります。
なので、この手のものは記事にも書いてある通り確認が必要です。
市場価格より異様に安いメモリカード(5,000円前後で売られているモノが1,000円とか)は、「まず詐欺!」と言っても過言ではありません。
Amazonの場合、ピンキリなので価格調査が難しいのですが、そう言うときは、kakaku.comで検索ボックスに、「microSD ○○GB」と入力して検索すれば、だいたいの値段が分かると思います。
また、これもAmazonですけれど、「マーケットプレイス」と書かれている商品は、返品が困難になるだけではなく、個人情報が抜き去られる可能性がありますので。
(食料品はそうでもないけれど。)


安く手に入れたいのは人の心理ですが、詐欺たちはそこを狙っているワケなので、騙されないようにしましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (15人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
Kindleにしては高価格だなぁ

ペンで書き込める大画面キンドル「Kindle Scribe」発売 「紙の本のように使う」

正直、白黒でペンタブレットのようなものですが、この御値段で出してくるとはちょっと驚きました。




2万円台なら・・・と思っていたんですけれど。
やはり、ここにもインフレの波が押し寄せてきているのでしょうか。
これを買うくらいなら、私はシャープの電子メモ帳を買います。




この機種とは違いますが、職場で大活躍しています。
もう、こいつなしでは仕事が出来ないくらいの相棒です。
スケジュール帳も付いていますが、そちらはスマホでとPCのOutlookで充分といった感じですね。
私の場合、あくまでもメモ帳に特化していますので、毎度の事ながら最後に充電したのがいつだったのか忘れるくらい、かなり長持ちするのですよ。
バックライトがないので当然なのですが、これくらい割り切ってくれないとダメです。
合皮製カバーのペン差しがだんだんボロボロになってきているのですが、そこは割り切っていて新しいカバーは考えていないです。


今度のプライムデーで少し安くなるだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (19人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
注文住宅の真髄を見た

一戸建てにお住まいの人に質問です。
それは、建売住宅ですか?注文住宅ですか?
注文住宅の場合、ご自身で勉強されて設計段階から立ち会いましたか、それとも不動産屋、設計屋さん任せで細かいところを修正するタイプですか?


この記事は、注文住宅の真髄というか極意というか熱意を見ました。(まだ続きます。)
注文住宅進行中。コスパが悪い「コの字型の平屋」採用の理由


私が建てた家は、注文住宅なのですが、殆ど設計屋さん任せであとは不動産屋さんの社長の判断で、高さ調整をしてもらっています。
そこにあと、私から細かい注文をいくつか行って建ててもらっています。
細かい注文とは
・和室にある床の間と仏間をなくして、半分の床の間にしてその裏が脱衣所なので収納に
・将来ピアノを置くかも知れないので、リビングの一部を強化(結果的におじゃんになったが。)
・各部屋にLANケーブルを敷くので、配管を一つは直接リビングへ、もう一つは各部屋へ
・駐車場と入り口の階段はタイル不要(今思うと付けたら良かったとも思うが、割れることを考えたらなくても正解か?)

あと社長の判断で、天井の高さを2.5mだったかなぁ?
今はそれが普通だそうですが、当時は規格外だったようです。
2mのガラス扉も圧巻でした。
こんなの壊したら、何万円取られることやら(笑)
(子供の頃、実家でよく割りました。暴れて・・・)


しかし、リンク先の記事はもう私にしたら異次元です。
2階建てよりも平屋の方がコスト高というのも知りました。
(この記事結構長いのですが、これから家を建てようと考えている人には為になると思います。)


更に、コの字型の平屋建ては更にコスト高と。
そう言えば、コの字型の注文住宅というのは見たことがありません。
昔、母方の実家はコの字型の2階建て木造建築だったのですが、狭い中庭があって夏になるとヤブ蚊がどこからかともなく侵入してきて寝られなかったんですよ(笑)
父方の実家や、私の知る限り尋ねた一戸建てでコの字型の家は、その家にしかなかったと思います。
(あったらごめんなさい。)


注文住宅のイラスト



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (20人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
スマートウォッチじゃないのにBluetooth必要?

カシオ オシアナス 空の“濃い青”を映す2機種




私も初代オシアナスを持っている。
もうかれこれ20年近く経過するが、一度も壊れたことない。
一度だけ電池が切れたけど、太陽光に放置したら元に戻った。


そんなオシアナスも、私が買った時は5万円台だったと思うが10万円を超えている。
時代の流れというものを感じる。
そんなオシアナスの新作に「?」が付くのが、タイトル通りである。
記事には時刻同期と書いてあるのだが、電波受信に対応していながら、スマホのBluetoothでも必要なのか?と不思議に思う。
と思って、気になりだしたので本ページ仕様を確認するとそうだった。

電波受信は世界27都市。
スマホのBluetoothは世界300都市。
この差にあるという。


まさにこの時計は、世界を股にかける人が持つべき時計なんですね。
私はせいぜい国内くらいしか移動しないから、別に今のところ欲しいとは思いませんね。
今のところはね(笑)



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (18人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
光ディスクドライブに未来はあるか?

BDドライブが登場してからもう何年だろうか。
そこから先の光ディスクドライブが登場していない。
BD-XL規格は登場した物の、それは最大で120GB。
今、HDDは20TBだし、SSD系も2TBクラスまででている。
SDカードに至っては、1TBクラスもでている。



それと比較すると、もう数百倍の差が付いてしまっている。
正直、光ディスクドライブに未来は失われてしまっているのか。
と問われると、まだそうでもないようだ。

光ディスクは滅びぬ。1TBあたり5ドル未満の光ストレージ技術

こうした技術が着々と進んでいるようで、2024年には御披露目されるようである。
問題は、用途だろうか。
バックアップ専用になるのか。
それとも、4K/8K HDRのメディアとしてメディアの役割となるのか。
1TBあたり5ドル未満となると、かなりの大容量でで低コストになるので用途は広がるだろう。
問題は、ドライブとメディアの価格である。
これまでの光ディスクドライブとの互換性は放棄するのか。


いずれにしても、今後の開発に期待したいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (31人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
Fire HD 13を出して欲しい・・・

ほぼ毎晩、寝る前に電子書籍でコミックスを読んでいるのですが、10インチでも辛くなってきました。
明らかに老眼なのですが、セリフの小さい添え字(フリガナ)が読めないんですよ(笑)
コミックスのデータを高解像度化をするか、13インチ程度のFire HDを出して欲しいんです。


スペックはそんなに高いものを望まない。
32GB ROM/3GB RAMでWUXGAの解像度で充分です。
それで、4~5万円台で出してもらえないですかね。
出たら間違いなくケースと共に買うでしょう。


まぁ、ここで書くよりもAmazonのご意見箱に投書すれば良いだけなのですがね。。。




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (22人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
GPUが滅茶苦茶高くなった=日本が貧乏になったと実感?

NVIDIA、“名付けが正しくなかった”GeForce RTX 4080 12GBをキャンセル


最早、GPUボードもパソコン本体価格よりもかなり高い存在にとなってしまった。
まぁ、選んだこれらのボードは高速なチップを採用したタイプなんですが、10年前なら7~9万円くらいが最速チップを積んだGPUボードが、もう20万とか60万とかが普通になっていて、とても手が出せない領域に来ています。私が手を出せるとしたら、このあたりのローエンドあたりだろうか。




なんでこんなに高くなってしまったのかというと、単に性能が向上しただけでなく、インフレや半導体不足、そして、仮想通貨の発掘(どう言う仕組みでやっているかは分からないが。)で需要旺盛なのだ。
だからメーカーが強気の価格(仕方ない部分もある)で出荷している。
今の私の使い方では、ローエンドのGPUでも充分なのだけど、MPUに内蔵しているGPUでは物足りないので、次にパソコンを買う時もそこをチェックするだろうなぁ。と思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (17人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
X68000 Z

瑞起、「X68000 Z LIMITED EDITION」延期。「よりご満足頂ける製品作り目指す」

先月に発表されていてTGS(東京ゲームショウ)でもモックが展示されていたようですが、当時X1を持っていた私にとっては憧れの機種でありました。
到底学生身分で買えるような値段ではなく、このマシンでグラディウスがリアル再現されるなんて、凄いマシンだな。と感心しました。
しかし、路線が違っていたのか、necのPC98とバチバチやり合うかと思っていたのですが、アッサリと負けてしまって市場から撤退するのでした。
X1とPC88のときはバチバチ盛り上がっていたんですけどね。(これは私目線の感想)


そんなマシンが復活すると知って、きっと買わないけれどどんな風になるのか興味はあります。
私的には、X68K側が優勢に立って日本のワークステーションを牽引してもらいたかったなぁ。と思います。
そんな過去のお話し。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (21人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン | comments (0) | trackback (0)
ROLEXのオーバーホールから返ってきました

ROLEX デイトナのメンテナンス  -- 2022-09-07 Wednesday


先々週末、オーバーホールを頼んでいたROLEX専門店から修理完了の電話連絡があり、週明けの10/3に引取に行きました。
裸(ケースなし)のまま出したのに、オーバーホールをするとケースに入れてくれました。

ROLEXのケース



この皮ケースだけでいくらするんだろう?と思いながら、店の人に細部まで確認して下さい。と言われて、返ってきたらピカピカになっていました。

オーバーホールしたROLEX


ベルトだけじゃなく全体を磨いて綺麗にしたとのこと。
これなら、ボロボロに汚れた時の写真を撮っておけば良かったと非常に後悔しています(^^ゞ


そして、2年間の保証書も付いています。

保証書


シリアルナンバーとモデルナンバーは伏せていますが、約2年間の保証付き。
「た・だ・し」今回は、裏蓋以外は交換していないので防水などによる故障は非対応とのこと。
なので、雨の日なんかは気をつけなければならない。
そうなると、特別な時にしか付けない気持ちになるじゃないですか(笑)
細部まで確認したのですが、非常に綺麗な状態で約9万円払って良かったな。と思います。
ホント、こんなに綺麗な状態になると思ってもいなかったから、やっぱりメンテナンスは大事なんだな。と思いました。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (18人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
電動空気入れに憧れるが・・・




ちょっと前に気になって見て、買おうかどうか迷いましたが諦めました。
諦めた理由は次の通り。

・コストパフォーマンスが悪そう⇒充電池式なのでどれだけ持つのか未知数
・デジタル系は信用していない(笑)
・ポンプ式の方が安いし微調整が効く(空気圧計測もアナログ式)
・ポンプ式はそれ程しんどくない(今はね)
・自分で入れるのがしんどくなったらクルマ屋やバイク屋に頼むし近い早い




これなら、半永久的に使えます。
電池交換の必要もありません。
多分、ホームセンターなら更に半額で買えるはず。
エアーコンプレッサーがあれば良いんだけど、そんなにしょっちゅうチェックしているわけじゃないしね。
クルマなんかは、半年に1回チェックしても基準値内やし。。。(タイヤが特殊形状で空気が抜けにくい構造になっているみたい。)
バイクは四半期に1回チェックか、オイル交換時にやってもらっています。(自主的にやっていただいているのでサービス込みなのかな?)


となると、消去法的にアナログ式になってしまうのです。
憧れるけれど、要らないな。と。
充電池内蔵は、劣化後の始末が面倒くさそうなので自然とフェードアウトするのです。
まだ、電源コンセント式の方が良いかな。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (10人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31