•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

wena3 Leather ファースト・インプレッション
今回メタルバンドにせず、レザーにしたのは以前にも書いたとおりです。



今回は、Amazonからではなく、ソニーオンラインショップから購入しました。
何故なら、Amazonでは入荷未定になっていて、ソニー・コンピュータエンタテインメントなら2~3週間で届くと表記されていましたので。
また、Amazonでは割引率を見せようと、333ポイント還元していますが、税込みだと33,000円なので333円余分に払う事になるんですよね。
あまりにもせこいので、そう言うのも見切ってAmazonで購入するのを辞めました。


2020年12月04に発注
2020年12月23日に届きました。
週明け見たときには、年越し確定になっていたのであの時の決断で良かったです。
あと、オプションとして職場用の充電器と20mmのブラック革バンドを買いました。



今回メタルバンドにせず、レザーにしたのは以前にも書いたとおりです。
wena3 来月の購入を見送ることにしていたが・・・  -- 2020-11-28 Saturday


レザーはやっぱり軽い!
装着感が全然ありません。
ただ、レザーの質は物凄く安っぽく見えます。
まぁ、私の場合実用重視なので気になりませんが。


それよりも、これでやっとオシアナスとスマートウォッチが装着できたんですよ!
21mmと言う変則なラグ幅だったのですが、20mmで取り付けてみたんですよ。
するとですね、軸が外れるんです。
wena wrist proの22mmでは入らなかったのですが、革製の軸が20mmだと片方がポロリとハズレるんですよ。
えぇ!
と思って、物は試しで22mmの軸でやってみたところ、見事にジャストフィット!
そこに、20mmの黒いレザーを装着!

wena wrist 3 と ROLEX と SEIKO と CASIO

ちょっと、スカスカ感がたまんない!(笑)
まぁ、いいっす。
普段の仕事では、オシアナスを。
プライベートでは、ROLEXかSEIKOを。

ROLEXとSEIKO


ふふふ。なんか、こうなると色々な時計盤を買っちゃいたくなるなぁ。


ところで肝心なスマートウォッチ機能ですが、アプリが変わってデータを引き継げないんです。
しかも、今のバージョンではGoogle FITとも連携できないので睡眠とかも計測出来ない模様。
この辺は、アプリのバージョンアップに期待かなぁ。
それ以外の機能については、活量計がついたので散歩が終わったあと見返すと面白いです。
でも、これについてはやっと安物の中華スマートウォッチに追いついたという感じです。


それで、表示部分ですがさすがに大きくなって文字が見易いです。
老眼には最適(笑)

wena wrist 3 表示部分
wena wrist 3 メッセージ内容


Alexa機能も付いていて、「アレクサ、明日の天気は?」て聞くと、文字にして表示してくれます。
ただ、まだまだと言った感じで、アナウンス機能も可能になると化けるんじゃないかなあ。と思います。


suicaやEdyなどのおさいふ機能については、モバイルICOCAに期待しているからsuicaはパス。
Edyは楽天なのでパス。
iDは、iPhoneからじゃないと使えないのでパス。
と言うパスパスづくしなので使っていません。


電池の保ちなのですが、最初の設定が不味かったのか、満充電にしてから10日くらい経って20%を切るくらい良かったんですよ。
前モデルよりも滅茶苦茶電池の保ちが良いな!と思ったら、夜12時から朝6時迄計測停止していたんです。
だから、睡眠測定が全然出来ていなかったんですよ(涙)
それに気付いたのが1/2。
なので、もう一度やり直しですね。
今まで、だいたい4~5日で20%を切るアラームが出ていたのですが、1/3に満充電をして1/8 23時現在45%です。
まあ、良い方じゃないでしょうか。
ただ、計測が物凄くいい加減のような気がします。
普通に歩く分には問題ありませんが、バイクで悪路を走ったときは物凄い数値を示していました(笑)
あと、ベルト部分は防水じゃないでしょうね。
だから、ちょっと気をつけなければ行けないような気がします。


こんな感じですかね。
古いウォッチでもこうして使えるのは、何とも嬉しい限りです。
あとは、アプリのバージョンアップでGoogle FITの連携を期待しています!


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
DCP-J987N-Wを買う!
という目論見はあったのですが、念のため付属のCDから全部のソフトウェアをインストールしておきました。



一昨年前から、年賀状印刷時期になると親から「カラーの出が悪い。擦り切れる。」と言ってきては、うちのプリンターで印刷をしてきたんですね。
それで昨年末、「あんたが帰ってきたら買いに行く!」と宣言。
チョット早めに帰省して、近所の家電屋に行きました。


ここで、ちょっと考えて下さい。
年の瀬のプリンター需要はとっくに過ぎています。
だいたい、11月~12月上旬がピークです。
なので、お店の在庫もその時期が一番豊富だと思うんですよね。
だから、年末に行ってもメーカーが売りたい商品しか置いてないんですよ。
しかも、6色インクで高価格帯のものが2~3機種だけ。
あとは、全部約1カ月程度のお取り寄せ。
今日欲しいのに、1カ月後では待ってられません。
せっかく帰ってきたのに、又実家に帰る2度手間では、何のために年の瀬に買いに来たのかわかりません。
親もそれに引っかかって悩んでいたので、家電屋で買うのをあきらめて、ネットで買う事にしました。


親はネットで買うことに抵抗があったのですが、3年延長保証をオプションで取り付けることでサクッと決まりました。
なぜ、ネットで買うことに抵抗があったのかというと、どうも「すぐに壊れてしまって、直す手段がわからない。」というジンクスが続いていたようです。
(この世代は、購入した店でないと保証が受けられないと考えている。)
今回は私が代行して購入したので、多分問題ないと思います。(思いたい)


それで、事前に調べておいた上記の複合機をチョイス。大みそかの午前中に商品が届きました。
やっぱり、ネット注文は早いですね。
こうなると、店舗販売はますます淘汰されそうな気がしますが、限られたスペースにしか物が置けないので仕方ないでしょう。


さっそく、設置とPCからのセットアップを行い完了。
どうせ、印刷しかしないだろう。という目論見はあったのですが、念のため付属のCDから全部のソフトウェアをインストールしておきました。
一通り、説明を終えた後納得したので、私の作業は以上で終わり。


来年からは、自宅でサクサクと年賀状印刷をしている事でしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
Chromebookに勝てるか?
Arm用Windows 10、ついにx64エミュレーション実装版が公開。
Arm用Windows 10、ついにx64エミュレーション実装版が公開


ついに待ち焦がれていたArm x64版Windows10が出た。
これにより、低電力化で軽くて小型なパソコンが出てくるかも知れない。
低価格は、あまり期待は出来ないだろう。
もう、今のPCでも十分に低価格の領域に来ているのだから。


でも、ワイはメイン機として買わないけどね。
サーバー用途としてなら買うかも知れないけれど。


希望としては、Raspberry Piくらいの大きさとスペックと価格であると嬉しい。



これが最低ラインかな。
これ以下だと運用が大変なことになるかも?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン | comments (0) | trackback (0)
情報はアップデートしないとね・・・しかし・・・
パソコン雑誌『YOMIURI PC』の初代編集長を務めたジャーナリストの知野恵子さんは「新聞社を辞めて、私用PCを買ったが、すぐにはまともに使えない。
「PC誌元編集長もため息」お客をたらい回しにするパソコン業界の不親切

ヤフコメ(ヤフーコメント)やFacebookのシェアコメントを読んで、私がやっているIT業界から一言。


IT業界に勤めているからと言って、パソコンやスマホやタブレットに詳しいとは限らない!


と言う事だ。
「えぇっ!」と思うかもしれないけれど、現実にそうなのだ。
20年以上前の昔、とあるヘルプデスクにSEとして在籍していたんだけど、その行政はとても先進的であった。
まだ無線LAN規格がドラフトバージョンであった時代、それこそ通信速度が3Mbpsくらいだった時代(11b以下の速度)である。
無線LANについて何のノウハウも無い私が、「通信が遅いんだけど!」「繋がらないんだけど!」と言う問合せに翻弄された。
勉強すれば良いけど、当時インターネットもロクになかった時代、メーカーサポートに問合せするか、ネットワーク知識を総動員して無理矢理対応したことがある。
無線LANに関する書籍は、殆ど見かけなかったように思う。
メーカーに問い合わせようと進言すると、「2~3日は回答が来ないから、SLA基準でそれはムリ。」と言われたことがある。
何ともとんでもないところに放り込まれたなあ。と思いつつ、日々の問合せに翻弄されていました。
今でこそ、リモートで色々操作が出来ますが、当時はネットワークの回線も貧弱だったので、拠点ごとにサーバーを設置していました。
そして、そのサーバーに不具合があると、現地まで行って再起動をしなければならなかった。
それも特急列車に乗ってお泊まりだったり日帰りだったり・・・
また、ミドルウェアのバージョンアップ作業が非常に厄介で、Oracleのデータベースを使っている関係で、同時進行で行わないとデータベースが壊れる。と言うことがメーカーからの説明で判明。

メーカーを呼んでバージョンアップの説明を受け、検証機を買ってもらって何度も検証をしては手順書を作成しては、お客さんに説明をして理解をしてもらって、インストール要員を確保して無事に終わらせた結果、そのプロジェクトは膨大な赤字を生んで撤退したという。

ノウハウもない、技術水準のSEもいない(ワシのことだけど。)、現場の工数(当時は業務量を数値化するときに呼んでいた)に数字を付けられない営業、と今も変わらないけれどそんなんなのよ。
大手SIerのIT業界って。
昔は、かなり互いになぁなぁのどんぶり勘定なところもあって、
ヨシ!


みたいなところがあったんですよ。
今の30代までのIT業界に勤めている子には分からないかもしれないけど。
転機があったのは、SOX法が出来てから。
これまで、民間も行政も金融(は多分そんな事していないと思うが。)も、なぁなぁで済ませていることが多かった。
1997年のアジア通貨危機山一証券が簿外債務を行っていたのだから、やっぱりなぁなぁで済ませていたか。

このSOX法による内部統制で厳しく(ある意味正しいやり方に)なり、今ではどの業界も一部を除いて今あるべき姿になった。
ただ、その反動も大きい。
全てが杓子定規になってしまったので、融通が利かないんですよ。
やっちゃうと、そこが抜け穴になってしまい、監査が入って指摘されちゃって改善報告書を出さなければならなくなる。
だから、この記事の通り、ヘルプデスクでたらい回しにされる。と言う事が起きちゃうんですよね。


今、これから初めてPCを始める人には、色々と敷居が高いと思う。
少なくとも複数のメールアドレスとパスワードを作らなければならないからだ。
更には、PINコードとか顔認証みたいなところまでやらなければならないケースだってある。
(スマホだと指紋認証が一般的ですかね。)


でも、今ではヤフーやGoogle検索を使いこなせば、ある程度のことは自己解決するので、このジャーナリストさんは知識のアップデートをしておくべきでしたね。
せっかくPC編集長をやっているんだから、自宅でもPCを買って日々使いこなしておけば、こんな恥ずかしい記事を書かなくても良いと思うのですがね。
編集長は、別にPCを知らなくても編集部員が校正したものをチェックしたり、企画立案に参加して予算を配分する決済押印を取ったりするだけだったのかな?


まぁ、最初にも書いたけれど、IT業界に携わっていてもSEの出してきた業務量を数値に置き換えられない人もいるし、営業畑一筋のIT業界の人もいるわけで、人それぞれなんですよ。
未だに人月数で計算しているところも多いでしょうしね。
人月数は残酷です。
業務内容で勝負しないとね。


IT業界の人として思うことは、「取りあえず一通りのパソコン知識を常にアップデートしろよな。」です。
あと、ヘルプデスクを敵に回すと厄介なことになる。かな。
彼らに来る問合せ量は、ともかく半端じゃない。
すり寄っておくのは問題だけど、敵視することはよろしくない。
だって、顔は知らなくても名前はバッチリ残るわけですから、「この人、やばくね?」なんてマークされるとスムーズな対応が出来なくなります。

だから、私が仕事でもプライベートでもヘルプデスクへ問合せするときは、平身低頭で最後に解決をしたらお礼を言います。
ヘルプデスクだけじゃないな、荷物の配送でも「ご苦労さまです。ありがとうございます。」と言うようにしています。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン | comments (0) | trackback (0)
ロジクールのマウスが不調なので保証期間内だったから問合せをしてみた
ホイールスクロールが快適になりました。



自宅PCでは、このマウスを使っているのですが、二ヶ月くらい前からホイール部分が不調で、上スクロールは問題ないのですが、下スクロールがにっちもさっちもいかなくなってきました。
電池を替えてみたり、ドライバーの更新をしてみたり、USBレシーバーのポートを差し替えたりしたのですが、もうお手上げヽ('ー`)ノオテアゲ-。
新しいのに買い換えるか~。と思っていた矢先、そういえばこのマウスの保証って1年じゃなく数年だったよな。と思いだし、ブログのネタにもなると思って問い合わせてみることにしました。

M545マウス


まずはAmazonで購入履歴を確認。
購入回数が2回になっているのですが、古い方は職場で使っているのと、マウスに書かれているロゴが違うことので断定しています。
見ると2019/3/3が最終更新日です。
サイトでも3年保証を明記していますので、問い合わせても問題なさそうです。
早速、問い合わせサイトに行ってみました。


証拠画像を撮り忘れたのですが、11月25日に必要事項を記入してホイール部分に不具合があること。USBレシーバーを変えたり、ドライバーの更新をしたが変化がないことを書きました。
すると、21:02に受理したこととチケット番号として返信メールが届きました。
11月26日に、FAQのトラブルシューティングがメールで届いたのですが、どれもやったことばかり。
このFAQの中にほこりを払うことも書いてあり、実際ドライバーで外して掃除をしたのですが変化なしでした。
ただ、ケースを取り外すと下スクロールがスムーズに動くという謎仕様に遭遇しました。
けど、ケースをはめると元通りになるので、一体どうしたら良いのやらと、結局、メールの最後に
上記の手順は、問題の解決に役立つはずです。トラブルシューティング手順完了後に問題が解決しない場合は、以下の情報をお知らせください。

-デバイスのシリアル番号
- 保証検証用の購入請求書のコピー
- ご氏名
- 電話番号
- 郵便番号
- 完全な送付先住所

とちょっと日本語が変な内容でしたが、Amazonの購入したときのヤツをPDF化して返信しました。
11月27日にメールで次のような内容で届きました。
ご回答いただきありがとうございます。トラブルシューティング手順をお試しいただきありがとうございました。

本件がまだ解決されていないとのこと、承知いたしました。Wireless Mouse M545は在庫切れとなっております。したがいまして、お客様のWireless Mouse M545をWireless Mouse M546と交換させていただきたいと思います。ただし、ハードウェアと機能は同じですが、モデル番号は異なっております。ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

当方からお勧めしました交換品で手続きを進めさせていただいてよろしければ、その旨お知らせください。

Logicoolをお選びいただきありがとうございます。
どうやら、製品交換になるようです。ただ、M545マウスが在庫切れになっているので、後継機のM546と交換するとのことです。
この手続きで進めてもよいか、またメールをよこせ。と書いてあるので、「よろしくお願いいたします。」と丁寧に返しました。

11月30日に3~4営業日ほどかかるけど、M546マウスを送るから待っていてね。と言うメールが届きました。

しかし、このメールが届いてからM545マウスが交換に察知したのでしょうか。
ホイール部分が復調してきたんですよ。
下へのスクロールがスムーズ・・・
おかしいなぁ。と思っていたんですが、それでもやっぱり時々固まったりするので、やっぱりどことなく調子が悪いようです。


12月2日、LINEでクロネコから荷物が時間指定なしで送るけど、希望があったら返信チョウラィ!щ(゚▽゚щ)。と通知が来ました。
12月3日、商品を受け取りました。
M546マウス到着


USBレシーバーを変えずに、セットアップを起動しM546マウスを認識させました。
M546とM545


ホイールスクロールが快適になりました。
これまで、散々苦労してきましたが、嘘のように快適です。
これなら、2ヶ月も待たずしてもっと早くに言えばよかったです。

M546マウス


さて、使えなくなったマウスなのですが、テレワーク用に使ってみようとチェンジしてみました。
けど、やっぱりホイールスクロールが使えないのでアッサリと元に戻しました。
殺処分するしかないようですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
AQUOS R2 Compactを買う!
OSがAndroid9(Pie)の状態であるため、当面はバージョンアップをせずに使い続けて行こうと思います。
およそ1ヶ月前に、こう言う記事を書いたのを覚えていらっしゃるでしょうか。

言ってるそばから・・・  -- 2020-10-17 Saturday


いよいよ、謎の再起動、謎の電池爆減り、謎の・・・と、本気で雷神さんが駄目になってきました。
「とうとう、駄目になってしまったか~。」と思い、以前から気になっていた、auのAQUOS R Compactを物色。




なんで、SoftBankではなくau版なのかというと、対応するLTEバンドがauの方が良いとの噂があるからです。
しかし、Amazonではほぼ出回っていない・・・


そこで、AQUOS R2 Compactを探してみることにしました。
R CompactとR2 Compactの違いは、R Compactの欠点をほぼ解消(対応するLTEバンドなど)された。とのこと。
どうせなら最新機種の方が良いじゃん。と思って、Amazonで探すもちょっとお高い・・・




元値が8万円くらいするので、4万円でも十分安くなった方だと思いますが、セカンド機にするにしては高い・・・
「まぁ、セカンド機だから中古でもいいや。」と思っているので、以前購入したイオシスショップで検索。
すると、SIMフリータイプとソフトバンク製があり、SIMフリータイプは「状態ランクはCだけど制限無し」。ソフトバンク製は、「状態ランクはBのSIMロック解除済だけど赤ROM」。
後者の方が2,000円ほど安かったのですが、赤ROMが気になる。


一応、イオシスショップで調べたところ、赤ロム保証と言う事で、それを信じて後者のソフトバンク製を選びました。
2020年11月3日に注文、2020年11月5日に届きました。
Amazon並みに、はぇ~~~。


電源を入れる前に歴代AQUOSシリーズを並べてみました。
歴代AQUOSシリーズ


ガッツリLED照明が入り込んでいますが、左から
AQUOS R2 Compact
AQUOS SENSE 2
AQUOS SENSE 3
の順になります。

AQUOS SENSE シリーズよりも2回り位小さく、片手で使うには十分すぎるほどの大きさです。
iPod touch(7G)と良い勝負をしているのではないだろうか。
薄さでは、iPod touch(7G)に敵うものではないけれど。


早速電源を入れて、色々弄ってみるのですが、何というか第一印象が、
「コレ、本当に2年近く前の機種?」
と疑いたくなるのです。
正直、AQUOS SENSE 3よりもサクサクな上に滑らか。
AQUOS SENSE 3もバージョンアップする前は滑らかだったのですが、バージョンアップしてからかなりパワーダウン(モッサリ)した印象を受けます。
AQUOS SENSE 2に至っては、Pokemon GOをするには強靱な精神力がないと使えません(笑)
酷いときは、にっちもさっちも往かなくなって、定期的に電源再起動をしないといけない位、AQUOS SENSE 2は使い物にならなくなってしまいました。
(購入した最初は結構便利だったのになぁ。)


Pokemon GOの起動もAQUOS SENSE 3と比較しても圧倒的に起動が速いです。
あと、Pokemon GOをインストールする前にソフトバンク謹製のアプリをアンインストールしたり、無効化処理したりしたのですが、わりとサクサクと使う事が出来ます。
タスク処理も、そんなにアプリを入れていないので比較出来ませんが、雷神の後釜のようにしっかりと出来ているようです。

それから、AQUOS Rシリーズであるため、今年初めに充電台として買ったロボクルが使えます。



エモパーと連動していて、「ハロー!エモパー!」と言うと、AQUOS SENSEシリーズではガン無視だったのに、ちゃんと反応してくれます(笑)
これで、毎日体重計測が楽になりますが、別アプリでも体重管理しているため、結局声と指の二重登録をしています。


雷神の後釜ですから、それと比較になりますが、サクサクで滑らかな分、小型で電池容量が従来の半分以下であるため、毎日夜間に充電をしないと翌朝は危険な状態になります。
それと、SoftBankのSIMロック解除ですが、ドコモ独自のアプリケーションをインストールすることが出来ないので、アンチウイルスソフトを入れることが出来ません。
まぁ、セカンド機ではGoogle Playストア以外からダウンロードすることはないから、そのままでいっか。
個人情報も最低限の物しか入れていないし。
それ以外は、特に不満はないですね。
OSがAndroid9(Pie)の状態であるため、当面はバージョンアップをせずに使い続けて行こうと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
半年近く使っているが慣れない
また、右側のCtrlキーとカーソルの←キーが隣接しているので、「←」キーを連打していると思ったら、「Ctrl」キーを連打してATOKのイミクルを起動させてしまっています。
ワイヤレスキーボードを買い換える  -- 2020-07-12 Sunday

4ヶ月前の記事ですが、購入してからは半年近く経過しています。






そして、それだけかなり使い込んでいるにもかかわらず、相変わらず慣れません。
文字入力については、全くと言って良いほど快適なのですが、EnterキーとDeleteキーが似たような位置にあり、頻繁に誤入力しまくって作業効率が以前よりも落ちてしまっています。
また、右側のCtrlキーとカーソルの←キーが隣接しているので、「←」キーを連打していると思ったら、「Ctrl」キーを連打してATOKのイミクルを起動させてしまっています。
さらに、HomeキーとEndキーが隅っこにあって非常に使いづらく、いちいち目で確認しないと押せません。
HomeキーとEndキーって早々頻繁に利用するキーではないので覚えていないんですよ。
これは、正直失敗した買い物かなぁ。と日を追うごとに募ってきます。


もう少しだけ使い続けて、やっぱりダメだったら、昔使っていた有線・エルゴミックスキーボードの出番かもしれません。



こちらのキーボードはかなり大きいので、コンパクトになれてしまった私としてはちょっと抵抗があるんですよね。
けど、書き物の効率化を目指している以上、入力ミスによる時間ロスを避けたいので、元に戻すかもしれませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
5G or 4G ??
何だよォー!。
昨日に引き続き、数字に関するものをタイトルにしていますが・・・(^^ゞ

先日、ドコモの冬春モデル発表記事を見て、今年のスマホは買い替えようかどうか思案しています。
と言うのも、AQUOS SENSE 3で十分満足していたのですが、AQUOS SENSE シリーズを買い替えようかと悩んでいるんです。
しかも、5Gだとリードメモリが高速化されているので、色々な面で恩恵を受けるんじゃないかと。


AQUOS SENSE 3をバージョンアップしてから、どうも、ところどころのモッサリ感が否めないので、5Gにすれば幸せになれるな。と思うのですよ。
しかも、3万円台で買えるという噂ですしね。
ただ、発売日が春になるらしいので、dカードゴールドの特典である2万円割引クーポンを使いたいんですよ。
どうせ買うなら。


しかし、「5Gエリアなんて狭いし、そんな恩恵受けられるか?」と躊躇っていたところ、なんと自宅付近では来夏にエリア内に入ることが判明したんですよ。

★2020年10末時点の5Gエリア
2020年10末時点の5Gエリア


★2021年3末時点の5G予定エリア
2021年3末時点の5Gエリア


★2021年夏時点の5G予定エリア
2021年夏時点の5G予定エリア


いつも思うのですが、うちのエリア、同じ市内でもかなりド田舎な方なのですけども、4Gの高速化も市街中心部よりもいち早くエリア内に入っていました。
もしかすると、うちのエリアは人柱的な感じでエリアになっているのでしょうかね。
なお、市内中心部は、来夏になっても5Gエリアにはなりません。どう言うことだ?


なので、3万円台で5Gスマホが手に入れられるなら、来春買い替えようかと思います。
そうでなかったら、AQUOS SENSE 4を2万円割引クーポンで使っちゃうかな。
問題は、5Gスマホにするとdocomo withの割引プランが失われることだなぁ。
これのお陰で、月額料金が結構安く抑えられていたんだよ。。。


他のメーカーは考えないのかって?
IMEがS-Shoinであることに、完全に惚れてしまってXperiaとかiPhone SE2とか全く考える値にないんですわ。
S-Shoinが単体有料アプリでも出すなら、他の機種を考えても良いんですけどね。
せっかく、ATOK月額プランに入っているのにね。


と思ったら、フリーであるやんけ!(笑)
スーパーショイン


なんて事だ!
じゃぁ、他でも使えるんじゃ・・・
スーパーショインの注意事項


何だよォー!
AQUOSシリーズのみかよォー!
他の機種にもサブスクリプションで対応してくれよォー!
だから、次の機種もAQUOSにするんだけどね。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
4Kと2Kの違いが・・・
うちの外部入力であるBDレコーダーやPlaystation3は、AVアンプを通しているのでアップコンバーターにより4K出力されている。
今のテレビを使い始めて11ヶ月超え。
その間、4Kテレビについてザックリと書いておこうと思う。


私の買ったのは、シャープの4T-C40BJ1と言う、Panasonic風に言えばスマートテレビである。



最初のうちは良かったが、夏場になって怪しい動き(AVアンプとの連動がうまく行かずコンセントを抜いての強制リセット)が頻発したんだけど、今はちょっとだけ回復している。
(時々、挙動不審な動作があって強制リセットすることがある。)
今では、クセが付いてしまって、BDレコーダーで見た番組が終わって電源オフするときに、TVの外部入力からTV番組に戻してから電源オフをしている。


夏に、BS4Kのマトリックスシリーズを見て以来、残念ながらBS4Kを視聴していない。
たまたま、山口百恵コンサートをBS4Kでやるのを知って、それを録画保存したけどまだ視聴していない(笑)
幼い頃、テレビで見て良い歌を歌っているな~。くらいしか分からなかったんだけど、貴重なので予約した。
が、見ていない(笑)
純粋なコンサートをテレビで見る。と言う習慣が無いのもある。


それにしても、BS4Kと2Kの違いについて、画質の見た目なんて殆ど分からない。
うちの外部入力であるBDレコーダーやPlaystation3は、AVアンプを通しているのでアップコンバーターにより4K出力されている。
BDレコーダーで元ソースがBS2Kで、しかも5倍録ソースでも、AVアンプを通して4K出力されている。


それで、ハッキリ言ってその画質とやらの違いが全然分からない。
4Kにすると画質が~HDR対応だ~と世間では言われているけど、全然その良さが分からないのだ。
ビールと第3のビールの違い位はわかるが、映像についてはまるっきり分からない。
ハッキリわかるのは、動画配信のSD画質な時くらいか。
テレビ放送コンテンツを見た場合、詳しい人が見るとその違いがわかるのだろうか・・・


なので、54,800円(商品券が後日届いて、実質49,800円)の40インチ4Kテレビですが、とても良い買い物をしたなぁ。と言うのが本音です。
当初は、このタイプを買おうと思っていたんですけどね。(notスマートテレビ)



最近は、今期の録画番組が多くて、YouTubeやAmazonプライムは、殆ど見ていません。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
2度目の中古SO-02G(Xperia Z3 Compact)を買う
イオシスと言う所にありました。
我が家のXperia Z3 Compactは、光電話の子機として寝室に置いている。
夏場はずっとエアコンの効いた部屋で寝ていたので、ずっと放置していたのだが、久し振りに触ってみたらタッチパネルが壊れていた。
無ければ無いで困るので、どうしようかと考えていた。

SO-03Dを客間用の寝室から持ってくる
・使われなくなったSO-02Jを代用する
SO-02Gを再購入する

の選択肢を立てた。
まず、1つ目のSO-03Dについては、充電台もあるし申し分はなかった。
また、客間用の寝室は長いこと使われおらず、今や物置部屋となってしまっている。
しかし、客間用の子機は鳴ってからとるまでの所作がかかるので却下とした。


2つめのSO-02Jについては、問題となるのが充電である。
充電台がないので、定期的に充電しなければならない面倒くささがあった。
よって、こちらについても却下とした。


3つ目のSO-02Gを再購入する。
これなら、これまでの充電台を生かせるからこれにしよう。と思ったのですが、そもそも中古で流通しているのか。
と言う疑問がありました。


しかし、探せばあるものです。
イオシスと言う所にありました。
イオシスは、昔から知っているショップで、中古パソコンや新古品を主に販売していたショップでした。
それが今では、スマホをメインにされているようです。
ここで、中古のC程度品を買いました。
税込みで4980円(送料別)。

新旧SO-02G


こうして並べても色違いなだけで全く同じです。
サクッと内線子機用に設定を終わらせ、MACアドレスを取得してIPアドレス固定にするため、DHCPサーバーの設定ファイルをちょこっと弄って終了。
充電台に置いて充電出来ることも確認出来ました。


さて、もう必要としないSO-02Gをどうするか。
ついでに、SO-02Jも相方の許可が得られたなら処分をしたいところ。
イオシスと言う所は、買取もしてくれるのですが、正直どちらも買う立場からすると要らない存在。
でも、家に置いていても仕方ないしなぁ。
SO-02Jを残すのはありか。また、SO-02Gが壊れてしまったらもう諦めて代用にすれば良いですし。
画面割れしているから、ちょっと買取には抵抗があるんですよね。(買い取ってもらえないか100円くらいでしか買い取ってくれない可能性が高い。)
まあ、ドコモショップで1円にもならずに引き取ってもらうよりも、少しでも買い取ってもらうところに出すのがベターですかね。
ちょっとだけ、考えておこうと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31