•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

言ってるそばから・・・
FREETEL 雷神を買いました  -- 2017-09-18 Monday。
何かの法則なのだろうか。

欲しいもの・・・

この記事を公開してから、雷神のスマホがいよいよ駄目になってきた。
何がダメなのかというと、バッテリー。
もう、1日持たない。
Pokemon GO+株アプリ専用端末なんだけど、ほぼ毎日充電をしている。
(テレワークでも)仕事中は、当然出来ないからやっていないんだけど、会社の行き帰りと昼休みに、オートキャッチャーでやっている。
↓こんなやつ↓




GPSも時々変なところまで飛んでいる(じっとしても卵が孵化することがあるw)し、本気で買い換える必要が出てきた。
いや、ホントは買い換える必要ないのだが、(AQUOS SENSE 2やAQUOS SENSE 3で)Pokemon GOをバックグラウンドで動かしていると、高確率でぶち切られる。
タスクアプリをどんなに最小にしても、Pokemon GOはぶち切られる。
その点、雷神スマホは、少々のことではぶち切られなかった。
OSバージョンが原因なのか、そうじゃ無いのかわからないけれど、AQUOS SENSE 3に一本化したいが出来ないのだ。


雷神の手帳型スマホケースもボロボロ状態だし、買い換える時期に来ているのかも知れない。
雷神っていつ買ったかなあ。と思って調べたらありました。

FREETEL 雷神を買いました  -- 2017-09-18 Monday


まだ3年か・・・
早いような短いような。
もうちょっと踏ん張ってみるか。
それとも、思い切って買っちゃうか。
幸い、電池はダメだけど妊娠はしていないから、まだ耐えられるか?
本当は、分解して電池だけを入手したいんだけど、どうやら信頼のおけるところから電池は入手出来ないみたい。
多くの筋から、FREETELのスマホ電池は、殆ど流通していないそうだ。
だから、電池が駄目になってきたら、機種そのものを買い換える事が普通だという。
やっぱり買い換えようかな。。。
買い換えるとしたらどれにしようかな。。。
セカンドサブ機なので1万円台で購入したい。
中古機で探すか。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
モバイルバッテリーを買いました
お金をドブに捨てたようなもの。



いつ買ったのか調べたら、2年前に10月15日でした。たった2年しか保たなかった。
お金をドブに捨てたようなもの。
それで、今度はもう少し名の知れたところにしました。
以前の2倍容量で、ズッシリくる重さです。


モバイルバッテリーをそんなに頻繁に持ち歩かないので、まだ、2回程充電しただけですが、まぁ、そこそこ使えるのかな?
と思います。
5年くらいは使えるようになって欲しいと思います。


極力サクラレビューを避けたら、この商品に出会えたのですが、性能については未知数です。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
第3世代スマートウォッチ wena3
歩数だけでも、accessに打ち込まないとなぁ。
ソニー、Suicaに対応した第3世代スマートウォッチ「wena 3」


この記事を見たとき、ラグ幅21mmも用意されると知って、買い換えたい気持ちが湧いてきました。
また、液晶部分も見やすいし、性能進化も見られるので、今のやつを売って買い換えようかと。
それ位、第3世代は凄いです。


ただ。。。


データを取得し続けてはいるものの、自身が定期的に振り返りをしているかというとダメですね。
全然、出来ていない。
歩数計は、毎日5000歩を超えるとブルッと震えて教えてくれるのですが、今夏から始まったテレワークで殆ど出来ていません。
飯喰ってから散歩でもすれば良いのだが、どうも生活習慣で飯喰ってからは録画番組を見る。になっていて出来ない(苦笑)
しかも、加齢によるものか左足の外側の筋が、早歩きすると痛いんですよね。
先週末、針を打って貰って少しマシになったのですが。。。


んで、データはクラウドに集めているので、見ようと思えばいつだって見られるのですが、PC上で見られないのがちょっと残念なところがwena wrist pro。
PCのWebブラウザからでも参照出来るように改良してもらえないかなぁ。なんて思っています。
歩数だけでも、accessに打ち込まないとなぁ。
スマホからでも良いから、CSV出力してくれたら良いのになぁ。


Google Fitにも連携しているけれど、PCブラウザから見ることが出来なくて、何とももどかしいと思う今日この頃。
そのデータを使って、どうこうするわけじゃないけど、記録として時々見たいからなぁ。


それでもwena3は、きっと買うだろうなあ。
21mmラグ幅の時計があるので、これに装着して3種類のウォッチを付け替えて楽しみたいです。




今は、2種類のウォッチを四半期ごとに付け替えて気分を味わっています(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
書斎のエアコンを変えた
いつもなら、ジョーシンとかにするのですが、今回は「ジャパネットたかた」にしてみました。
15年間頑張ってくれました日立のエアコン。
まだまだ使えると思うのですが、ここで現役引退してもらうことにしました。

日立製エアコン


15年間ありがとうございました。
やはり、日立製エアコンは重家電メーカーだけあって長持ちでした。
リビングに設置していた前のエアコンも日立製エアコンでしたしね。


今度は、ダイキン製エアコンにしました。
ダイキン製エアコン


なんでダイキンにしたのかというと、これも何となく。
最近の流れでエアコンと言えばダイキン。だそうで。
うるるとさららではなく、一番最低グレードのやつです。
夏場しか使わないのでね。
もう既に秋が訪れており、24時間365日連続運転は終了しているのですが、来夏にどれだけの電気を食うかを楽しみに検証したいと思います。


そうそう。今回は初めて通販で買ったんですよ。
いつもなら、ジョーシンとかにするのですが、今回は「ジャパネットたかた」にしてみました。
取付工事日が2~3日で出来る。みたいなことが書いてあるので、それじゃぁそうしてみようと。
ところが、取付工事日に雨が降ってきて中止。
その次の工事が10日後じゃないと無理と言われてしまいました。
そんな殺生な。と言う感じです。
しかも、工事にやってきたとき確かに雨が降ってきたのですが、30分後にはすっかり止んで晴れ間が差してきました。
なんだかなぁ。とモヤモヤした気分でいたのですが、仕方ないので待つことに。


同じ人が来るかと思った10日後、全く違う人が来ました。
最初に来たのは2人だったのですが、今度は1人。
大丈夫かな?と思ったりもしたのですが、邪魔になると思いリビングで待機することに。
何度か声がかかって対応したくらいで、2時間かけて工事完了。
これクソ暑い夏場だったら地獄だったろうに、と思いながらすぐさま片付けて帰られました。


今回、室外機が屋根置きだったので、標準工事費以外に別だしがあったのですが、それもそれ程高価ではなくきちっと仕事をしてくれました。
次の買い替えは20年後かな?
ファースト・インプレッションは、来年にならないとできないですね(^^ゞ



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::家電製品 | comments (0) | trackback (0)
SSDとHDDのメリット・デメリット
SSD(ソリッドステートドライブ:Solid State Drive)。
もう、今更語るまでもないけれど、未だに大手パソコンメーカーは、廉価PCにHDD内蔵で売り出している。
世の趨勢は、SSDなのに頑なにHDDを内蔵して販売するのか。アタマがおかしいとしか思えない。
いや、もはやSSD自体が時代遅れになりつつあって、小型化されたM.2 NVMe SSDと言うタイプが主流になっている。


SSDとHDDのメリット・デメリットに入る前に、このM.2 NVMe SSDと言うのを一つ紹介しておきます。
これは、SSDの上位版(互換性なし)で最大40Gbpsと、これまでSATA3規格の6Gbpsの6.5倍以上の速度を持つ夢のようなストレージです。
現時点で最高速最強のストレージと言っても過言ではないです。
しかし、これを使えるには限られたパソコン・・・選ばれしパソコンだけなので、普及はこれからと考えて良いでしょう。
これから2~3年でSSDに取って代わるストレージになると思います。
(既にネット専売のパソコンメーカーでは、ノートパソコンやデスクトップパソコンに、低価格モデルから高価格モデルまで幅広く搭載しています。)


と、前置きはここまで。
SSDとHDDのメリット・デメリットをキッチリと把握すれば、ノートパソコンやデスクトップパソコンを、スマホやタブレットに負けないくらい快適に使えるようになります。
それでは、SSDとHDDのメリット・デメリットをここに紹介しておきますね。

SSD(ソリッドステートドライブ:Solid State Drive)
【メリット】
・HDDとは比較にならないほどの高速アクセス
・2.5インチHDD並に小さい
・振動に強い
・HDDのようにいきなり使えなくなるのは非常にマレ

【デメリット】
・HDDに比べて価格が高い
・HDDに比べて耐久性が低い(徐々に使える容量が減ってくる。)
・日進月歩の技術があり、同じ価格でも翌年には2倍の容量が買えてしまう

HDD(ハードディスクドライブ:Hard Disk Drive)
【メリット】
・高信頼性(少々のことでは壊れない。が当たり外れはある)
・高耐久性(SSDよりは遙かに長く使える)
・同じ容量(サイズ)でもSSDとくらべると格安(特に大容量ほど顕著)

【デメリット】
・振動に弱い(壊れてしまう)
・一度壊れると自力で復旧出来ない(保存データがパーになる)
・とにかく読み書き速度が遅い(SATA2でもSATA3でもさほど変わらない)
・今後将来にわたって、高速化は期待出来ない


と言う位でしょうか。
SSDは何と言っても速いのが特徴。
起動するOSにSSDを選ぶのは、今では常識
どれ位違うのかというと、Youtubeで検索すればたくさん出てきますよ。
最近思うのですが、スマートホンよりも起動が速いと思うのですよ。
いやマジで。


ノートパソコンが遅くて使い物にならないなぁ。と言う人は、起動ディスクドライブがハードディスクであることが殆どなので、これを機会にSSDに載せ替えることをお奨めします。
絶対に快適になること間違い有りません。
(絶対と言いきるほど、体感出来る。)


強いて難点を挙げるなら、ハードディスクドライブよりも耐久性が弱いんですよね。
いきなり使えなくなるハードディスクよりは、まだマシなんですが、徐々に使える容量が減ってくるのが分かります。
実際、今私が使っているSSDは、5年半使っていますが6%減りました。
まぁ、5年半で6%減るって、それ程大したことないかも知れませんが、ハードディスクでは24時間365日動かし続けない限り平気です。
どの位減ったところで、SSDを買い換えるかが難問です。
1割達したところで買い換えるか、2割達したところにするか・・・
全体の半分くらいしか使っていないから、まだまだ平気なのですが、6%減から急に増え始めたら即買い替えをした方がよさそうですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
iPhone SE2の購入欲が冷める
・iOSがマイナーバージョンアップですら致命的なバグを出すので安心出来ない。
iPhone SE2が発売されてから4ヶ月。
最初の頃は、「最後の4Gモデルとして買いたいなぁ。」と購入欲は高かった。
どんなものかなあ。と触りたい機会を探っていたんだけど、武漢ウイルスのお陰で触れる店が殆ど無く、次第に購入欲が薄れてきました。


何で購入欲が薄れていったのかというと、

・Androidがまだまだ本気
・iOSがマイナーバージョンアップですら致命的なバグを出すので安心出来ない
・半年後には、最高のチップが出るので無駄な気がする
・Androidもそうだけど、メジャーバージョンアップをするとモッサリする
・Androidで5G版スマホが中価格帯で発売されるという噂

と、ネガティブ思考がどんどん増えてきて、これに5万円以上の金を出すのはどうしたもんか。と言う結論に至ったのでした。
今のiPhoneにしたら全然安いし、防水でNFCが付いているし、Qi充電も出来る、Wi-Fi6が使える贅沢な仕様なんだけどね。
それに、昨年末に買ったiPod touch(7G)でも十分な機能を持っているので、わざわざ買う必要も無いんじゃないかと思いましてね。


そう言う訳で、まだまだ、AQUOS SENSE 3に頑張って貰おうと思います。
先日、Androd 10へのバージョンアップ通知が来たのですが、まだ、バージョンアップを行っていません。
ギリギリまで保留しておこうと思いましてね。
しつこく、バージョンアップ通知が来るんだけど、正直鬱陶しいんだよなぁ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
nasneの500GBから1TBへの換装
sudo mkdir -p /mnt/nasne-xfs/。
先日、こう言う記事を書きました。
nasneの調子が悪いので・・・  -- 2020-08-08 Saturday


色々紆余曲折ありましたが、備忘録として残しておこうと思います。
まず、調子が悪かった500GBですが完全劣化でした。
それと、この方法は以前残していた番組を移行することは出来ません。
(色々試したのだが、やっぱり著作権絡みで無理だった。)


【用意するもの】
Linuxベースのマシン(私はMintを使いました。)
2.5インチHDDを繋ぐUSBドライブ。



こんなんでも良いのですけど、容量が異なるため完全クローンは無理です。

【事前作業】
番組データを全て消去します。
どんな方法でも構いませんが、Linuxでrmコマンドを叩くと、全部消えちゃいますのでそれは取り返しが付かなくなります。
なので、PS VitaやPlaystation3/4のTorneから一つずつ番組を消去して下さい。
これをしないと途方も無い時間を要します。

【本番作業】
1.バックアップ

それでは、中から取りだしたHDDをUSBに接続します。
sudo fdisk -l で確認したところ、外付けハードディスクは、/dev/sdd を認識しました。
状態はどうであれ、中身をイメージバックアップします。
バックアップ先は、内蔵ハードディスクでも構いません。
私の場合、こんな感じでした。

sudo mount /dev/sda16 /mnt
dd if=/dev/sdd of=/mnt/nasne.img
これだけです。
暫くすると何かしらエラーが出たりしますが完了します。

次に、/dev/sdd3 にあるデータを取り出します。
普通は、cpコマンドを使いますが、それだとダメみたいなので、以下のコマンドを入力します。

sudo mkdir -p /mnt/nasne-xfs/
sudo rsync -vaxXH /media/mint/user /mnt/nasne-xfs/
※マウントされていなかったら、
sudo mount /dev/sdd3 /media/mint/user

少々時間がかかりますが、終わればバックアップは完了です。
外付けハードディスクを抜きますが、電源ボタンでオフにして下さい。
(通電したまま2.5インチHDDを抜いてしまうと壊れてしまいます。)


2.リストア

1TBの2.5インチHDDを取り付けて電源を入れます。
多分、fdisk -l で確認すると、同じく/dev/sdd になっているか、もしくは、/dev/sde になっていると思います。
ここでは、/dev/sdd になっていることを仮定して進めます。

まずは、バックアップで取得したイメージファイルをそのまま展開します。
sudo dd if==/mnt/nasne.img of=/dev/sdd
これで暫くリストアが終わるのを待ちます。
終わると/dev/sdd3 にあるサイズが元の500GBになっているのでその容量拡張をするため、一旦パーティションを削除して再作成し、フォーマットを行います。

sudo fdisk /dev/sdd
d → パーティションの削除コマンド
3 → 3番目/dev/sde3の3
y → 削除しても良いかの確認で[Y]es
n → パーティションの新規作成コマンド
[enter] → 最初のセクターはデフォルトでそのまま空Enter
[enter] → 最後のセクターもデフォルトでそのまま空Enter
q → 終了
w → パーティション情報を書き込む
この順番でOKです。

この次にフォーマットです。
/dev/sdd3 のファイルシステムタイプは、xfsです。
sudo mkfs.xfs -f /dev/sdd3
sudo xfs_admin -L user /dev/sdd3

こうしておきます。
次に、/dev/sdd3にバックアップしたファイルを展開します。
sudo mount /dev/sdd3 /media/mint/user
sudo rsync -vaxXH /mnt/nasne-xfs/ /media/mint/user/

リストアの展開は速いです。
その次に、nasneのバージョンを1.00にする必要が有ります。
これの正攻法が、本当に正しいのかどうか分からなくて、「nasneのHDD換装(覚え書き)」を丸々参考+応用しました。
Linux Mintの場合、デフォでsys1がマウントされてしまうので、次の手順で展開しました。

cd /media/mint/sys1
sudo rm 00110022.dlm 00550066.dlm -f
sudo rm -fr 11002200
sudo mv 33004400/ 11002200/
sudo chmod 777 11002200
cd 11002200
sudo cp -p 00110022.dlm ../
sudo cp -p 00550066.dlm ../
cd ..
sudo chmod 700 11002200
sudo chmod 755 00550066.dlm

これで以上完了。
念のため、こいつのイメージバックアップも残しておいた方が良いと思って、追記しました。

sudo dd if=/dev/sdd of=/mnt/nasne_1TB.img

早速取付て電源オン!
ここからが長かった。。。
と言うか、ずっとIPアドレスを探し続けている。
全然、起動完了にならない。


う~ん、やっぱり、1.00のファームウェアをどこからか手に入れないとだめか。。。
もう、今更新品の500GBのnasneなんて手に入らないしなぁ。
どこかに転がっていると良いのだけど。


と言う事で、3日間起動しっぱなしにしたのですが、起動中のまま終わらないので、強制電源オフしました。
失敗ですね。えぇ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
nasneの調子が悪いので・・・
nasneが悪いのか、nasneに付いている外付けハードディスクが悪いのか  -- 2020-05-26 Tuesday。
以前、こう言う記事を書いた。

nasneが悪いのか、nasneに付いている外付けハードディスクが悪いのか  -- 2020-05-26 Tuesday


外付けハードディスクを外してから2ヶ月以上経過したが、最初のうちは順調だったがやっぱり挙動がおかしいようだ。
もしかすると、内蔵ハードディスクがいよいよ駄目になってきているのかも知れない。
と言う事で、この夏休みには、ハードディスク交換にチャレンジしたいと思う。


すぐに取りかかれるよう、事前にAmazonでこれを買った。




東芝製にしたのは、
・他と比べて比較的安かったこと
・信頼性/安定性が他のメーカーよりも良いから
と言う単純な理由。





こっちだと、クーポンとポイントバックが付くので、価格差が250円くらいに縮むのでどっちにしようか悩んだんだけど、元の支払は1,000円以上安かったので、最初に紹介した方を選ぶことにしました。
これで、準備万端。
あとは、分解サイトを見て分解して取り付けるだけ・・・とは行かず、色々と面倒なコピー動作が必要のようだ。
500GBから1TBにパワーアップしたのだから、大量の動画や音楽データを放り込めるハズですが、そんな簡単にいくのでしょうか。
まぁ、ポン付けで簡単に出来たら、みんなやっとるわな。
解説記事については、今日からの夏休みにやって書きたいと思います。
もしかしたら、夏休み終わってからになるけれど。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
ホームゲートウェイの交換時期に来ているようです・・・がしかし!
「第3世代ホームゲートウェイ」の機器変更に伴う工事費用の割引について。
「第3世代ホームゲートウェイ」の機器変更に伴う工事費用の割引について


先月中旬、契約しているフレッツ・・・ドコモ光なのですが、こう言うリリースがありました。
ちょうど、光ネクストが開始された時分のホームゲートウェイで、うちのも対象となりました。
かれこれ、10年以上使い続けているのですが、全く壊れずに世代交代を告げられました。


ただ、フレッツからドコモ光に代わったので、この機器変更が適用されるかどうかは、一度問い合わせてみないと分からないところ。
と言う事で、まず最初にNTT西日本に問い合わせてみました。


やはりコロナの関係からか、なかなか取り次いでもらえず、5分くらい待たされました。
そして、個人情報を伝えたところ、やはりNTT西日本ではなくNTTドコモに伝えて欲しいとのこと。
と言う事で、スマホから電話で確認することにしました。


こちらも、なかなか取り次いでもらえず、5分くらい待たされました。
そして、NTT西日本と同じように個人情報を伝えたのですが、機器交換には有料でやるとのこと。
NTT西日本では無料ですよ?と伝えたのですが、電話とネットとセットで契約しているので、無料にはならないとのことです。
何とも腑に落ちないのですが、無料交換出来ないのであれば、特に故障も起きていないしそのまま使う事にしました。

まぁ、いずれ交換するお知らせが来ることでしょう。
それまで、使い続けることにします。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
この記事に敢えて異を唱えたい
今、Wi-Fi6を買う層は、アーリーアダプタ層なのでレイトマジョリティ層はもう少し待っておこう。
Wi-Fi 6と3コアCPUで高速かつ広範囲につながる! テレワークにも最適なTP-Link「Archer AX10」


この記事を一通り読んだところで、私の中では、今買うなら国内メーカーのWi-Fi5(11ac)の4ストリームだな。と。
と言うのも、こう言う出始めの新規格は、1年位すると同じ価格帯で高速化されるのが常なのだ。
たぶん、今7,000円台で出ているWi-Fi6は、5,000円台へと落ちてゆく。
その頃には、ようやくスマホもWi-Fi6が普及し始めるんじゃないだろうか。
なので、今はWi-Fi6のミドル価格帯は、手を出さない方が良策である。
どうしても、Wi-Fi6タイプの親機を買うなら最高速を買っておくと後悔しない。
WAN端子LAN端子も10Gbpsだったりもするしね。
妥協するにしても、Wi-Fi5の4ストリームにしておくのがベスト。
大半のスマホはどうせ、433Mbpsまでしか使えない。
速度はそれでも十分である。
(私は、11n規格でも十分と考えている。)


そして、新技術はどんどん出てくる。
更に安くなるか、同じ価格帯で高機能化される。
購入するのに迷いが生じるだろうが、今Wi-Fi親機を買うのならWi-Fi5を買っておいた方が良いし、枯れてきた規格なので安定はしているので推奨する。


次の買い替え(5年後)くらいには、スマホやノートパソコンの内蔵無線LAN規格がWi-Fi6を当たり前のように出しているはずである。
今、Wi-Fi6を買う層は、アーリーアダプタ層なのでレイトマジョリティ層はもう少し待っておこう。
7,000円台のWi-Fi6を買うのは、金をドブに捨てるようなものだからだ。


【この辺がお奨め】



【どうしてもWi-Fi6が( ゚д゚)ホスィ…人向け】




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31