•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

中卒労働者から始める高校生活 (12)読了
恋愛ものに変わってきていますが、彼女とのすれ違いから別れ話の前巻から、急展開を見せました。


2019年05月29日発売
2019年06月02日購入
2019年06月04日読了

そろそろ発売じゃ無かったかなぁ。と思って、Kindleストアを見たら発売されていました。
う~ん、発売日を見落としていたかな?
まぁ、いいや。


恋愛ものに変わってきていますが、彼女とのすれ違いから別れ話の前巻から、急展開を見せました。
まぁ、主人公の心境もわからんでも無いのだが、20歳でその考えは心が変になるなあ。
相当、思うことがあったんだろうなあ。
さて、父親との再会後どうなるのか。次が最終巻になるのかな。楽しみです。

お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
【アニメ版】君の膵臓をたべたい
あと、キャラクターデザインがちょっと私には合わなかったです。



ようやくですが、映画版not実写「君の膵臓をたべたい」をレンタルDVDで視聴しました。
原作からどのように改変されるのか、興味津々で視聴しました。
110分弱という制約の中で、概ね筋は通されているなあ。と思いましたが、やっぱり時間制約があるとこうなってしまうのか。
と言うちょっとガッカリ感もありました。

出会いからクラスの噂話までは、テンポ良く進んでいったのですが、宿泊旅行や入院生活での出来事が、加速して進んでいったことに、終盤の物語での感動がちょっと薄くなってしまいました。
もちろん、私的にね。
主人公が号泣するところも、もう少しセリフにタメと雄叫びのような号泣が欲しかったところです。
エピローグがカットされたのか?と思ったのですが、エンドロールのあとにありました。
けど、ちょっと、物足りなかったですね。
もう少し(2~3分)だけ尺が欲しいところ。
余韻があまり残りませんでした。
う~ん、ちょっと残念。


10点満点を付けるなら、6点と言ったところでしょうか。
原作を知らない人なら、良い作品であることは間違い有りません。
でも、点数を渋くしているのは、原作に沿っているけれど、(時間制約もあるが)テンポが良すぎること。
あと、キャラクターデザインがちょっと私には合わなかったです。
コミックスのようなキャラクターデザインだったら良かったのに・・・なんて思いました。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
哀悼の意を表します。
「孔雀王」の荻野真が腎不全で死去、59歳。
「孔雀王」の荻野真が腎不全で死去、59歳


昨日、帰宅途中でこの一報を見ました。
知らない人は知らないだろうし、たぶん、知っていても年齢層がかなり高めか。
「孔雀王」を私が●●生の時に知り、ちょっとエロめで宗教チックな変わった話しだけど、当時の私にツボを突かれていたので読んでました。
けど、単行本は全巻揃っていなかったと思う。
(思うのは、確認していないため。)

出版社の都合で、何度も途中で連載が打ち切りとなり、週刊誌を買うのをやめてからコミックス一本で読んでいたのですが、どれも中途半端な終わり方をして、「曲神紀」を最後にコミックスも買うのをやめました。
(ちなみに孔雀王シリーズ以外は買っていないです。ALGOは読んだけど今一つだった。)
個人的に「退魔聖伝」と「曲神紀」をちゃんと終わらせてくれ。
単行本一冊1,000円でも買うし!と願っていたのですが、それも叶わず他界されてしまいました。

10何年か前に持病がどうのこうのと言うのを読んだことがあるので、もしかしたらあまり長く生きられないのかなあ。
なんて不謹慎なことを考えていたのですが、こんなに早くに他界されるとは夢にも思いませんでした。
59歳。
今の時代で言えば若いです。若すぎる。

お疲れさまでした。
あちらで、好きなだけマンガを書いてください。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
dポイントスーパーチャンスで買ったもの
家電にしようかとも思ったのですが、割引変動が激しくないappleのiPod touch 6Gにしようと思ってましたが、今のiPod touchの電池に不満がないので諦めました。
dポイントスーパーチャンス(まだ間に合います。)で何を買おうか色々逡巡しました。
家電にしようかとも思ったのですが、割引変動が激しくないappleのiPod touch 6Gにしようと思ってましたが、今のiPod touchの電池に不満がないので諦めました。
やはり割引の少ないコンビニでの買い物や、書籍類が一番ベターじゃないかと思い、コミックスをまとめ買いしました。



「ちはやふる」は、テレビアニメから。
今秋に第3期が始まります。最初に1巻~3巻が無料で読めたのですが、そのあとHuluでアニメ視聴し、最近になってまとめ買い。
3月に13巻まで購入し、4月にdポイントスーパーチャンスが始まった日に残り全巻をまとめ買い。
原作もなかなか良いですね。
これから定期的に買おうかな。




「盾の勇者の成り上がり」も、テレビアニメから。
タイトルからしてそれ程期待していなかったのですが、テレビアニメの第1話に人間不信になるわ~でKADOKAWAキャンペーンと同時に購入。
まとめ買いが出来なくて、いちいち1冊ずつ購入する羽目に。
d払い決済メールが鬱陶しかった(笑)
テレビアニメは面白い。キャラがきちんと立っている感じ。
悪役は徹底的に悪役っぽく。
ヒロインはヒロインっぽく。
でも、話がちょっと逸れてきているんだけど大丈夫かな。




「ギャルとオタクはわかりあえない。」は、なんの情報もなく購入してみた。
もうタイトルで想像が付くんだけど、読んでみないとわからん。
まだ、未読です(^^)

40冊近く買ったよ。
ホント、大人買いだな。
これが紙の本だったら、置く場所に困るところだ。

あ。
コミックばかりではなく、小説も買いました。
買うと言うよりも借りた。が正しいか。



こちらも、物凄く興味があって、時間のある時に読む予定です。
小説は、「君の膵臓をたべたい」以来だな。
「君の膵臓をたべたい」の劇場版アニメも出たことだし、レンタルしてこないとな~。




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ゆうべはお楽しみでしたね(1)~(6)
そして、一通り読んだ読後感としては、「パンヤ(現在リンク切れ)の世界観とあまり変わらないなけど、自由度がドラクエXの方が高い。



2015年03月25日~2019年01月25日発売
2019年03月15日購入
2019年03月21日読了

ドラゴンクエストXをモチーフに、2人の人間模様を描いた作品。
ちょっと前に気になっていた作品ですが、今一つ踏み込めなくて躊躇していました。
今期、話数が少ないなりにもドラマもありました。

ゆうべはお楽しみでしたね

ドラクエをしたこと無いけど、別に知らなくてもところどころ解説もあるので、話が着いていけないことはないです。
でも、メインはドラクエXを通した人間模様を描かれています。
これまでのコミックスは、あまりセリフが少ないので、まとめ買いしてもサクサク読めたのですが、これは程々にセリフがあったので時間がかかりました。
そして、一通り読んだ読後感としては、「パンヤ(現在リンク切れ)の世界観とあまり変わらないなけど、自由度がドラクエXの方が高い。」と言った感じ。
ドラクエ好きなら読むと、同調する点は多くあるかも知れませんね。
話の流れは、どうしてもパンヤの世界観と酷似するので、ネットワークゲームを嗜んでいる人なら、ドラクエXを別のゲームに置き換えて読むと良いかも知れませんね。(ゲーム解説やイベントは置き換えられませんが。)

物語の中心はドラクエXですが、コイバナや仕事のこと、ネカマ、ネナベの事など、ネットゲーム特有のあるある話しも盛り込まれています。

この物語を通じて思ったことは、チート(不正)プレイヤーをテーマにしたことが全くないことですね。
ドラクエXの世界観を壊したくないからなのか、それともそもそも圧倒的にそうしたプレイヤーが少ないのか。
それとも、パンヤと違ってドラクエXは、少し敷居が高く(日数課金制)ユーザー数がパンヤと比べて少ないからなのか。
もしくは、公式運営がしっかりしているから取り上げるまでもない事かな。
ドラクエ好きならお薦めのコミックですが、(スマホゲームを除く)ネットゲームにすら興味がない層には普通でしょうか。
これを機に始めても、このコミックスでドラクエXの世界観の一部が分かるので、興味のないひとでも愉しめると思いますよ。

ここ暫く、主人公が高校生の類いばっかり読んでいたので、少しだけ年齢層の高い設定に、何かホッとするものがありました。
20代、30代を設定としたストーリーも読みたいですね。
こち亀くらいしか思い当たるもんがない(笑)


お奨め度:★★★☆☆

続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
渡くんの××が崩壊寸前
それはそれで別に良いとして、主人公と主人公の妹、そして、幼なじみ、Fカップちゃん、Fカップちゃんの幼なじみくらいしか登場人物が把握出来ません。


2016年05月06日~2019年03月06日発売
2019年02月26日無料1巻購入
2019年03月02日2~6巻購入
2019年03月06日購入
2019年03月10日読了

タイトルに惹かれて購入しました。
過去にも1巻だけ無料お試しで読んでいたのですが、この時はあまりどこが面白いのかピンと来ませんでした。
ちょうど、今月はd払い40倍還元もあったので、まとめ買いで揃えました。

良くあるラブコメ群像劇な展開ですが、若干、ハーレムがかっていますかね。
それはそれで別に良いとして、主人公と主人公の妹、そして、幼なじみ、Fカップちゃん、Fカップちゃんの幼なじみくらいしか登場人物が把握出来ません。
6巻目あたりから、主人公の後輩も出てきますが、後輩は掻き乱すだけ掻き乱していく感じで、イマイチパッとしないストーリー。

主人公と幼なじみが過去に起きた事件について、まだ真相が明らか(断片的に明らかになっている)になっていないのに、幼なじみは地元に帰っちゃう。と言う所で7巻終了。
最初の方こそ、コミックスのタイトルに負けていませんでしたが、巻を追うごとに名前負けしそうな感じがします。
主人公の生い立ちを考えると分かる気がしますけどね。
どこまで頑張れるかな?個人的に動向を注目します。

そうそう、コミックスの表紙は、主人公と関係する子達だと思うのですが、1巻と2巻くらいしか分かりません(笑)


お奨め度:★★★☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
3x3EYES鬼籍の闇の契約者(4)
講談社のコミックス発売予定をウォッチを、かなりマメに見ていた方なのですが、Amazonのお知らせで気付きました。


2019年02月20日発売
2019年03月01日購入
2019年03月08日読了

講談社のコミックス発売予定をウォッチを、かなりマメに見ていた方なのですが、Amazonのお知らせで気付きました。
う~ん、どうしてこうなるかな~?

発売が半年前なので、初見したとき完全に前回のストーリーを忘れてた(苦笑)
最初の数ページ「???」が続いていたのですが、そのうち思い出してきた感じ。
あっと言う間に読み終えてしまった。
読後、事態を推移するしかない展開になっていて、何とも言えない感想に。
ここまで来ると、ファンじゃないと新規読者は獲得できないだろうなぁ感が強い。
良くも悪くも終わりまで購入し続けるかな?俺。。。

お奨め度:★★☆☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 12:30 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
まじとら!(1)~(6)
TSFとは、transsexual fantasyと言うそうです。


2017年03月01日~2019年03月01日発売
2019年03月01日予約購入
2019年03月04日読了

久し振りにPrime Readingで無料コミックを探していたら、これに出遭いました。
始めの3巻だけタップして読んだのですが、思いのほか面白かったのでまとめて購入。
全6巻です。

魔法少女に憧れた先輩がスマホアプリを開発し、女の子は魔法少女に。
男の子も魔法少女になり、その男の子が女の子の姿を楽しむという話しです。
姿見を楽しむのがメインでありますが、巻を追うごとに魔王少女や別の魔法少女が登場し戦います。
しかし、内容がゆるいのでドタバタコメディーといった感じですね。
4巻5巻6巻と登場人物が増えて、作品に幅が広がってきたところに6巻で終了なのが残念。
私的には、まだまだ続けて欲しくかった作品です。
別の商業誌に変わって、season2的な感じで再開して欲しい作品ですね。

こう言う作品をTSFと言うそうです。
TSFとは、transsexual fantasyと言うそうです。(Wikipediaより)
まぁ、ファンタジーでしょうな。
ちょっと、新鮮だなぁ。
と思っていたのですが、こう言うコミックは平成初期にすでに商業化されてました。
高橋留美子先生の「らんま1/2」だそうです。
確かにあの作品も男女入れ替わりますもんね。
懐かしいなぁ。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
劇場版アニメ「未来のミライ」
原画担当やアニメーターさんは、凄い職業だなあ。
先月、ちょっと話題になっていましたが、私は昨夏くらいに気になっていました。
ただ、映画館にまで足を運ぶことは考えていなかったので、レンタルDVDで見よう。と思ってました。
今日、借りてきました。



感想は、うん良かった。
4歳男児の考える事ってそんなもんだよね(違う?)
公園で自転車に乗るシーンがあったんだけど、補助輪なしでチャレンジする精神は凄いですね。
私は、7~8歳くらいまで補助輪だったような気がします。
他にも過去や未来が描かれていて、とても楽しく見ました。
近未来の東京駅は、本当にあ~なりそうな感じでちょっと怖い(笑)
もっと未来ちゃんと絡んだ話と思ったらそうじゃ無く、日々、育児に追われている夫婦にくんちゃんが未来ちゃんに嫉妬心を抱いたり、両親に構ってもらうために悪戯をして叱られる。
と、日常的な風景に両親の家族観を描かれた内容だったので、タイトル負けしているような気がしました。

そうそう、こう言う映画に付きものな役者声優はデフォですね。
私は長編アニメ映画をあまり見ないので、ジブリやディズニー位しか知らないのですが、2000年代のジブリ作品は、俳優や女優をメインに据える事が多かったような気がします。
役者さん全てがダメというわけではなく、ちゃんと声を充てて演技が出来ている人、う~ん、と思える人がハッキリ分かれました。
頑張っているじゃん。と言う人もいました。

シナリオはとても良かったので、今一度、声優だけでオーディションをして、それぞれの役に声を充てたらどうなるかな?
なんて事を考えてしまいました。
きっと、評価は二分されると思いますし、違った世界が見えたりするのではないかなあ。

視聴後、Wikipediaを参照したのですが、えらい評価をされているようです。
まぁ、Wikipediaですからね。
あ、今回視聴するのに、こうした事前情報は得ていません。
強いてあげるなら、ドコモの製品カタログ2018年夏の裏表紙くらいですかね。
あと、チラッとCMをみたくらいかな?

そうそう、昭和のアニメを知らない人にしたら、今じゃ当たり前なのかもしれませんが、街風景が物凄く細かいですよね。
屋根一つでも一軒一軒違いますし。
原画担当やアニメーターさんは、凄い職業だなあ。なんて感心してしまいました。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 22:38 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ありがとう!Bye-Bye!
行政書士+コミックという組み合わせは、初期の頃に読んだ青木雄二氏の「ナニワ金融道」に通じるものがあったのですが、ここのところ、かなり現実離れのテーマばかりでついていけなくなりました。
先月、カバチタレ3 (22)巻が発売されたのですが、色々と勘案した結果、購入するのをやめました。
行政書士+コミックという組み合わせは、初期の頃に読んだ青木雄二氏の「ナニワ金融道」に通じるものがあったのですが、ここのところ、かなり現実離れのテーマばかりでついていけなくなりました。
時には、現実離れ過ぎた話しで引き寄せられたこともあるのですが、身近な話しからは遠ざかっていたので、私の中では21巻で打ち止めです。

本当にありがとうございました。
今後のご活躍を祈念します。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30