•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ちはやふる(45)
クイーン戦は、千早が3連勝で逆転勝利になる。



2020年10月13日発売
2020年10月11日注文
2020年10月13日読了

作者に罪あり、作品に罪なし。
まぁ、何のことかは置いといて。


良い感じですね。何だか名人戦、クイーン戦共に熱い戦いになってきました。
収録している話数が物凄く少ないのですが、1話あたりの熱量はこれまでにないほどに大きい。
読み応えは十分。
3試合目は、2連敗を喫した側が勝利を得るのか。
この感じだと、名人戦はクイーン戦の3連勝のために綿谷新が2連敗して最後に勝つ。
クイーン戦は、千早が3連勝で逆転勝利になる。
と予想する。
予想は出来てもその過程が楽しみ。
次を期待したいですね。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
中卒労働者から始める高校生活 14巻読了
すっかり、予約するのを忘れて、当日のリマインドメールで気付いて購入。


2020年09月28日発売
2020年09月28日注文
2020年09月28日読了

すっかり、予約するのを忘れて、当日のリマインドメールで気付いて購入。
この日はテレワークだったが、読んだのは夜。


彼女との別れを告げたことで、色々と歯車が狂いだす。
周囲もヤキモキしつつ、どうして接して良いのか分からず。
主人公の妹も恋が勃発。
進むも地獄、もうあの頃には戻れない。


う~ん、ここからどうやって幸せな展開に結びつくのだろう。
破局したところから、どうやって挽回するのか。
それが分かるのは次巻なのか。
待て!半年後!ヽ(`Д´)ノウワァン


お奨め度:★★★★☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
彼女、お借りします
優柔不断で見栄っ張り、ストーキングなところに、全然共感出来ない。
Amazonで1巻無料を1年以上前にやっていて読んだんだけど。
あまり、パッとしないので全巻揃えるのはスルーしていたところ、今期アニメーション(既に終了)をやるのを知り見たんだけど。



アニメを全話見たけれど、主人公が余りにも屑男すぎる。
優柔不断で見栄っ張り、ストーキングなところに、全然共感出来ない。
これも(男性)声優さんの演技力なんでしょうね。
屑男友人のフォローの方がまだ男前すぎるわ。


ヒロインが綺麗なのは、こう言う物語では当たり前なんですけど、一途な子も人見知りな子も腹黒い子も、まぁまぁ可愛い、綺麗。
声優さんも他のアニメで知っている人がいて、結構揃えてきたなぁ。と言う感じ。
人見知りな子の声を誰がやっているんだろう?と思ったら、「からかい上手な高木さん」をやっている人だとはちょっと意外だった。
でも、主人公が屑過ぎて終始イライラしましたわぁ。
そんなんでも、2期決定したそうで、きっと見ちゃうんだろうなぁ(笑)


そうそう、こう言うタイトルに「大学生」という設定は、政治(倫理)的な理由、表現の配慮があるんでしょうね。
だって、ハーレム系アニメってたいてい「高校生」が設定になることが多いですし。知らんけど。


原作全巻揃えて読んでみるかなぁ。
2期を見終えてからにしようかなぁ。


それにしても作者さん、月とすっぽんを描くには凄すぎる。
とことん屑男に徹底して描いている。
それには、敬服します。
この物語で20代の男性陣は、どの様に思うのだろうか。
受け入れられて共感するのだろうか。
おっさんの私には、こんな学生に全く共感出来ないし、すぐ警察に通報したい気分だった(笑)






記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
コミンカビヨリ(1)~(10)
例のごとく購入日が2つに分かれているのは、Twitterで流れる無料本で3巻あったため。


2012/11/22~2020/08/12 発売
2020/08/16と2020/09/12 購入
2020/09/21読了

例のごとく購入日が2つに分かれているのは、Twitterで流れる無料本で3巻あったため。
独断と偏見で女性誌向けコミックスと思われるのですが、内容もそんな感じ。
主人公萌の面倒くさい性格に、イケメン建築家と恋に落ちる話し。
画力も、私から見たら良い方で、古民家をよく書く気になれたなぁ。と感心してしまった。
ただ、古民家がたくさん出てくる話では無く、あくまでもアラサー独身女性と恋物語なので、タイトルに騙されてはダメでしょう。
そんなに小難しい話では無く、登場人物もそれ程多くなく、三角関係やライバルなども登場しますが、そんなにドロドロした展開にはならず、サクッと読めちゃいます。
それ程評価が投入されていませんが、悪くない一冊だと私は思います。

お奨め度:★★★☆☆



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
エキスポか西宮まで行かないと見られないので、レンタルDVDでいっかな・・・と言う決断になりました。
最も近い映画館でやれば観に行こうかと思っていたのですが・・・
エキスポか西宮まで行かないと見られないので、レンタルDVDでいっかな・・・と言う決断になりました。
案外上映する映画館が少なくてビックリ。
やっぱり、自粛期間が長引いた影響で、春先に公開するはずだったコンテンツがずれこんだからかしら?
映画館で観るのと自宅で見るのとでは、臨場感が全然違うのは知っての承知ですが、Fate/stay night Heven's Feelのような熱も冷めてきましたので。。。


テレビ版を見ているので、きっと素晴らしいシナリオで涙なしの作品なのでしょうね。
京都アニメーション制作だから褒めているわけではなく、テレビ版のシナリオが良かったので期待値も高いのです。


あ、10月の鬼滅の刃は、相方が観に行きたい!と言っているので、多分行くだろうと思います。
それは、多分近所の映画館でやるでしょうね。大人気なのですから。。。
原作のコミックスは読んだことないけれど。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
渡くんの××が崩壊寸前(9)
発刊ペースが何か物凄く遅いのは気のせいか。



2020年09月04日発売
2020年09月01日注文
2020年09月04日読了


ラブコメの王道三角関係勃発です。
だよなぁ。そうなるよなぁ。と思いつつ、何だかサクサクページをめくって速攻終了。
何か色々と物足りないけれど、今後の展開を見せるためなのかも知れない。(と思いたい)
発刊ペースが何か物凄く遅いのは気のせいか。(次巻は来年だと?)
ちょっとありきたりな展開だけど、次巻に期待かな。

お奨め度:★★★☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ああっ女神さまっ~アニメ版~
で、コミックスを全巻読んだら次はアニメを見たくなって借りました。



この原作コミックスは、私が大学時代の時からあったのですが、当然、そんなのは全く知らず。
どこで情報を手に入れたのかというと、職場の同僚からの話でした。(多分)
でも、読んだことも見た事も無いので評価しようがなかったんです。
んで、10年くらい前にコミックスのネットレンタルを知りまして、思い出したかのようにまとめ借りして読みました。
何となく人気がある理由が分かりました。


で、コミックスを全巻読んだら次はアニメを見たくなって借りました。
これはこれで良いですね。
オープニング曲が素晴らしい。
心が洗われていく感じがします。


それから10年位して、また見たくなってレンタルしました(笑)
買った方が良いような気もするのですが、レンタルした方が置く場所に困らないので・・・
動画配信してくれると良いんですけどね。1話あたり10円くらいで。
アニメを見ると原作が読みたくなる。
もう、買っちゃおうかなぁ。。。




DVDの動画サイズでも、4Kテレビでは綺麗な映像で満足です。
このアニメも、確か途中までだったような気がするのですが、らんま1/2と同様最後までやってくれませんかね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ツッこんで お願いだから私にツッこんで!! (1)~(2)
無料で短編。




発売日不明
2020年08月23日注文
2020年08月31日読了


無料で短編。
お奨めに出てくるのでタイトルに惹かれて購入(笑)
初めてお金を払ってでも続きを読みたいと思えた作品。
ウマヘタな画だけど、どことなくお笑いのエッセンスをちりばめている。
エロっぽくない描写に純な男子学生が徐々に汚されていく(笑)
声出して笑ってしまいました。
あまりにも、アホらしくて(笑)
でも、それが良い!!!
定期的に購読しよう。


お奨め度:★★★★★(エロが苦手な人は★★☆☆☆)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
わるいおんなのこ(1)



2018年10月10日発売
2020年06月29日注文
2020年08月26日読了


Twitterで無料で1巻が読めると言う事で購入。
ここが私の悪いクセで、無料で興味のひかれる本は、かなり後回しで読むパターンが多い。
不幸にも、このコミックスもそれに埋もれた一例。


1巻を通して、次の巻を買う気になれなかった。
そこには、渦巻く憎悪と怨念がちりばめられており、残念ながら私には到底受け入れられない作品だった。
私は、コミックスを買うとき事前に評価は読まない主義なので、もし評価を読んでいたらこの作品は購入していなかったなあ。
じゃぁ、何で購入したのか。
そりゃぁ、タイトルに惹かれたに決まっているからでしょう。
「わるいおんなのこ」って何だ?
どんな風に悪いのだ?
どんな展開になるのだ?
と。決して書店では手にしないコミックスなのだ。

一通りを見て百合作品となんだけど、エロよりもグロが先行するストーリー。
Amazonの評価では、数が少ないけど平均評価は高いので、そう言う需要が一定層あるんだなぁ。と感心してしまった。
(怖いもの見たさで)興味のある人は是非。。。
ほのぼの系や群像劇が好きな人は、絶対に避けるべき作品かなあ。。。


お奨め度:★☆☆☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
聲の形(1)~(7)
Twitterでも補聴器が高いことが呟かれていて、映画版と原作版ではその表現が違っていたりします。


2013年11月15日~2014年12月17日発売
2020年08月08日注文
2020年08月10日読了

以前、公言したとおり購入しました。
聲の形  -- 2020-07-31 Friday

購入したその夜、1巻から読み始めて凄く考えさせられることがあり、4巻くらいまで一気に読んでしまいました。
気付いたら夜中の2時を回ってました。
初見は、映画でしたのでだいたいのストーリーは分かっていたのですが、映画ではやはり時間の制約からところどころが欠けている、このコミックスでよく分かります。
Twitterでも補聴器が高いことが呟かれていて、映画版と原作版ではその表現が違っていたりします。
私は、近親者が補聴器を使っているのを知っているので、相場もだいたい知っていて壊れるたびに修理に出したり、劣化して買い直したりして決して安くない金額を出していました。
それだけに、その金額を知らない主人公のやり方に、随分と憤ることがあったのですが、私がもし当時小学生だったらどうだったのか。と思うと、直接的なイジメはしなかったけど加担はしていただろうなぁ。と考えさせられました。


イジメは、被害者に一生傷を残しますが、加害者もこうしたケースで祭り上げられ、時に被害者に反転することがあり深い傷を負います。
だから、イジメは子供でも大人でも良くありません。
コミックスの原作では、何度も主人公をその後悔で苦しめることを描かれています。
映画では、その辺サラッとしているんだけどね。(尺の関係で仕方なし。)


原作の中で夏休みに映画を作ることになって、それが原因で喧嘩したり、西宮祥子が自殺を図ろうとして、主人公が助けた代わりに事故ったりと、物語が佳境にすすむにしたがって、それぞれの男女関係が明らかになってきて、それぞれのキャラクターが小学校時代にどう過ごしていたかがわかります。


物語の終わりに差し掛かると、かなり駆け足な感じだったけど、とても良い終わり方をしていると思います。
映画では尺の都合でカットされたところが、コミックスで深く知ることができ感銘しました。
映画と原作の違いは、西宮祥子が結構喋りますが、コミックスでは手話が主体です。
(手話でもちゃんと何を伝えたいかは、表現は出来ていませんが文字で書いています。)

原作では西宮祥子がちゃんと喋ったり歌ったりする回顧シーンがあって、ちょっと涙ぐんでしまいました。
あぁ、そういう風に言いたかったんだ、クラスメイトの輪に入って楽しく学校生活を送りたかったんだな。と。
それが出来ないことに涙することに、グッと私の中にくるものがありました。


映画も良かったけど、コミックスの原作はもっと良いです。
序盤のイジメについては、ところどころで虫酸が走るかも知れませんが、それもこれも物語の序章、中盤からの伏線に過ぎません。
成人式に揃った仲間の笑顔は忘れません。
映画で物足りなかった人は、是非ともコミックス全巻揃えて読んでみて下さい。



お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31