•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ありがとう!Bye-Bye!
行政書士+コミックという組み合わせは、初期の頃に読んだ青木雄二氏の「ナニワ金融道」に通じるものがあったのですが、ここのところ、かなり現実離れのテーマばかりでついていけなくなりました。
先月、カバチタレ3 (22)巻が発売されたのですが、色々と勘案した結果、購入するのをやめました。
行政書士+コミックという組み合わせは、初期の頃に読んだ青木雄二氏の「ナニワ金融道」に通じるものがあったのですが、ここのところ、かなり現実離れのテーマばかりでついていけなくなりました。
時には、現実離れ過ぎた話しで引き寄せられたこともあるのですが、身近な話しからは遠ざかっていたので、私の中では21巻で打ち止めです。

本当にありがとうございました。
今後のご活躍を祈念します。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
劇場版Fate/stay night Heaven's Feel lost butterfly をみる
劇場版Fate/stay night Heaven's Feelをみる  -- 2017-11-07 Tuesday。
さて、第2章。見てきました。
第1章の感想はこちら。

劇場版Fate/stay night Heaven's Feelをみる  -- 2017-11-07 Tuesday

少しネタバレもあります。
バレていないといいんだが。
興味ない人は、スルーで。




プロローグはほんの数分、第1章の終わりから始まります。
年末年始に第1章がテレビ放送されていたので、直前に見ていた人には受け入れやすいと思います。
分からない人は、レンタル屋へGO!


原作では、だらだら続いていた桜と士郎、そして途中イリヤとの日常がありますが、バッサリ書き換え。
あと、綺礼が桜に処置を施しや、アーチャーの腕を士郎に移植する過程のシナリオもバッサリ省略。
ただ、バッサリ省略、書き換えられても、最終章にフラグが立つだろうシーンは、しっかりと入っており、良い意味で書き換えられた感じす。

バーサーカーとセイバー(オルタ)の戦いも凄いの一言ですが、アーチャーと真アサシン、士郎とライダーの戦いも迫力があって良かったです。
ほーんと、ただただ、圧巻で。

第1章は、PS2やVitaに沿った感じ(2カットくらいちょっと色っぽいシーンはある。)でしたが、第2章はPG12指定であるためか、直接描写は無いものの、お色気シーンはPC版(直接描写なし)でした。
ちょいPS2版をミックスしていたかな。(血を吸うシーンとか)
中学生男子が親と見に行くと気まずくなるんじゃないでしょうか。

原作の描写がないオリジナルシーン(原作のシナリオにはあるが画がない)もありましたが、これは完全に桜の内面を全開に出ているところも良かったです。
(このシーンが、もろテーマ曲と被っていることに初見で分かりました。)
このあと、現実に戻ったところで、慢心王がサックリやられちゃうのですが。
このギャップ感が凄いです。ホント、よく映像化できたなあ。
(もしも、制作がシャフトだったら、劇団イヌカレーさんが描いていたでしょうね。)

そして、第2章の終幕は慎二が桜を襲い殺され、いわゆる黒桜として変わるところで終わります。
あっと言う間の2時間でした。


さて、最終章は2020年春に公開するそうです。
やっぱり3月公開なのかな?
どのようにシナリオを改編して2時間におさめるのでしょうか。
桜が衛宮邸で永遠に待ち続けるNORMAL ENDで終わるのでしょうか。
それとも、桜、凜、士郎、ライダーが花見をしているTrue ENDで終わるのでしょうか。
どっちで終わるにしても、ストーリーとしてこの作品を作ったスタッフに対して感謝で涙が出そうだ。
どうせなら、BDの特典映像として両方出して欲しい!(T▽T)アハハ!
最終章のテーマ曲は、やっぱりAimerかな?
それとも、Kalafinaかな?

あ、この劇場版アニメは、万人には勧めません。
ゲームでプレイして面白かった人にお奨めかな。
興味が湧いたなら、是非。
iPhone(iPad)版、Android版も無料で初期ルート(セイバールート)が愉しめます。
それをプレイして面白いかな?と思えたら、Amazonプライム・ビデオでUBW版の第0話を見て、第1章、第2章の順で見ると良いでしょう。
過去にも書きましたが、PC版(18禁)、PS Vita版とプレイしましたが、PC版の方が感情移入しやすいと思います。
18禁ですが、性描写満載ではありません。十数カットだったと思います。





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
Fate/stay night [Heaven's Feel](7)読了
劇場版・Fate/stay night Heaven's Feel 第2章公開直前の発売です。



2019年01月10日発売
2018年12月30日予約購入
2019年01月10日読了

劇場版・Fate/stay night Heaven's Feel 第2章公開直前の発売です。
話の内容は、第1章のゴールにも達していませんが、何となく内容が薄いような気がしないでもない。
たぶん、第1章の映画を見たからなんだろうな。
決して悪くないストーリーなんだけど、シナリオは予め用意されているのだから、テンポ良く単行本を出して欲しいですね。

この巻から、間桐桜の本性が徐々に覚醒してきます。
そして、士郎に対する愛情と凜への嫉妬も。。。
今度は6月くらいに発売して欲しいですね。

お奨め度:★★★☆☆

余談ですが、劇場版が1/12に公開されて某掲示板では異常な盛り上がりです。
なんでも最終章は、2020年春だとか。
私はまだ見に行ってませんが、来週くらいに行くと思います。
たぶんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
中卒労働者から始める高校生活(11)読了
この先、莉央ちゃんとの関係がどうなるのかも気になるところですね。



2018年11月29日発売
2018年11月27日予約購入
2018年11月30日読了

なかなか、重たい内容の巻です。
出だしでどんなストーリーが展開されるのか、ドキドキしながらページをめくってスライドしていきました。
前回の巻で、これから重たくなるという作者からの予告通り、真実(まこと)の葛藤が終始展開されます。
私も当時なら、真実の気持ちも分からないでもないです。
自分や他人の失敗を許さない。
これを永遠に持ち続けることは、この先、もっともっと辛く生きていくことになります。

この巻では、少しだけ回顧録の話しがありますが、幼少の彼にとって父とは何でも出来るスーパーマンに映ったんでしょうね。
それが、転落へと落ちてしまったが為に、大事な思春期が今のような形に出来上がってしまったのでしょう。
もう少し、楽に生きていけたら良いのにな。
なんて思いながら、次巻に期待しようと思います。

この先、莉央ちゃんとの関係がどうなるのかも気になるところですね。

そして、作者のあとがきによると、物語はいよいよ後半に突入だそうです。
学生生活という点では確かにそうですね。
この物語を上手にまとめきれることを期待します。

お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
双葉社ジュニア文庫 君の膵臓をたべたい
本当に細かいところは、コミックスではカットされていたりするのですが、プロローグ、日常の出来事(焼肉やスイーツデート、委員会での仕事、夏休みの補習など)や旅行先の出来事、学級委員との遭遇、親友とのいざこざ、そして最後のクライマックス、エピローグ。


君の膵臓をたべたい(上)(下)  -- 2018-10-14 Sunday

これの小説版。いわゆる原作です。(カテゴリーをアニメ・コミックにしました。)
さすがに原作と言う事もあって、久し振りに読む活字に時間がかかりました(苦笑)
コミックス版との比較検証に購入しました。
※購入してから知ったのですが、この小説はいくつかのバージョンが存在するようです。
無料お試しで読んだのですが、内容は同じでした。


なるほど。
細かい描写は違えど、コミックスは殆ど原作を忠実に書かれていることが分かりました。
本当に細かいところは、コミックスではカットされていたりするのですが、プロローグ、日常の出来事(焼肉やスイーツデート、委員会での仕事、夏休みの補習など)や旅行先の出来事、学級委員との遭遇、親友とのいざこざ、そして最後のクライマックス、エピローグ。エピローグの日記部分は程々にカットされていますが、それでも核となるところはちゃんと使われていました。

クライマックスからエピローグまでは、一気に読んでしまえるほどに加速します。
特にコミックスを先に読んでいると、脳内で補完されて情景がどんどん浮かんできますからページが進みます。
小説を読んで泣いたのは初めてかな。
私にとってはとても良い作品でした。
もう一度読み直したいと思います。

先日、実写版映画のDVDをレンタルしました。
これも見てみようと思います。

2018年07月27日発売
2018年10月16日購入
2018年10月26日読了

お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 12:05 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
カバチタレ3(21)読了
この巻では、経済力のない男と経済力のある女のケースで女が結婚前に自分の財産を守るためにこの契約を交わすという。
今回のネタは、婚前に交わした「夫婦財産契約」に基づくお話し。
あまり馴染みのないネタなのですが、海外では結婚する前に交わす事が普通のようです。
(アメリカ芸能人の離婚では時々出てきますね。)

この巻では、経済力のない男と経済力のある女のケースで女が結婚前に自分の財産を守るためにこの契約を交わすという。
まぁ、当たり前と言えば当たり前だけど、これがまかり通用すれば、男だって自分の財産を守るためにこの契約書を作るんじゃないかな。
この話の前提として、【女は経済力がない】になっているけど、その後の女の生活から全くその片鱗はなかった。
安定した収入とそれなりの地位(のある描写がある)を経て、結婚はしたものの離婚(物語上では男が突然死した後、親族に離縁状を送る。)してもなお、遺産相続でトラブルが発生し、残された遺族が悪法に手を染めてまで守ろうとした事に、行政書士の美寿々は依頼者の女のために徹底抗戦をする。

読んでいて、途中からイライラのしっぱなしだった。

【女は経済力がない】の一点突破にかける描写は、ちょっと無理筋があるし、世間一般の経済力のある女からしたら、美寿々に対して腹が立つかも知れない内容かも知れない。
(遺産相続なんて微々たるものだし、これでこじれて後々厄介ごとに巻き込まれるくらいなら、さっさと遺産相続放棄して別の道に進むのでは?)
結果的に遺産相続は、依頼者の女が放棄する形で終わったが、あのまま強引に進めていったら後味の悪い終わり方になっていただろう。

今回は40代の男女が共にバツイチで再婚というストーリーだったけど、日本ではあまり一般的でない「夫婦財産契約」は、色々考えさせられましたね。
20~30代での結婚では、そこまで到底考えも及ばないですし、周りもこの契約を知る人は極稀なのでアドバイスをする事も無かっただろう。
知っておいて損はしないけど、感情で動く人には浸透しないんじゃないかな?

発売日:2018年10月23日
購入日:2018年10月23日
読了日:2018年10月23日

お奨め度:★★☆☆☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
君の膵臓をたべたい(上)(下)
AmazonのPrime Readingで君の膵臓をたべたい(上巻)が無料で読めることからポチッと。
【コミック】

【小説】


2017年02月10日/2017年06月20日/2017年04月27日発売
2018年10月04日購入(コミック)
2018年10月05日読了

AmazonのPrime Readingで君の膵臓をたべたい(上巻)が無料で読めることからポチッと。
上巻丸々読めると思ったら、3話くらいまでしか読めず、なんかタイトルとはほど遠い内容(贓物をタイトルにするのは個人的に敬遠する私)で、続きが気になったのでポチッと上下巻を購入。
泣くことはなかったけど、心に突き刺さるラストに揺さぶられました。
最初、上巻を読んで何となく下巻の展開は病気でヒロインが亡くなるんだろう。と、読んでいたのですが、その予想は大きく裏切られました。
とてもあっけない幕切れで終わりました。
その後のエピローグでも、とても丁寧にまとめられていました。
あまりにも良かったので、3度読み直しました。


今度は、小説を購入して読んでみようと思います。
間違いなくお奨めしたいですね。
映画(実写、アニメ)もやっていますが、多分レンタルで見ることになりそうですね。
アニメの方は映画の公開(2018/09/01)から1ヶ月少しで次々と終わってしまったので、ちょっと残念だったりします。


お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ちおちゃんの通学路(9)
ちおちゃんの通学路(8)  -- 2018-04-08 Sunday。



2018年09月21日発売
2018年09月28日購入
2018年10月02日読了


前回、次は無いかな。と書きました。
ちおちゃんの通学路(8)  -- 2018-04-08 Sunday


しかし、今回最終巻と言う事もあり、それだけ残すのもなんだかな。と言う事もあり、ついでにアニメの感想も交えて書こうかと思います。
最終巻は、その〆らしくギャグ要素がほぼ無しで、これまでの物語を完結するためのエピソードをまとめた感じです。
なので、ギャグマンガとして読むつもりなら、ほぼ買う要素ゼロです。
(まあ、最初の話しだけギャグかな・・・?)
これまで置き去りにしてきたものを、全てまとめ上げて、最終話ではあとがきにも書いてあるような終わり方をします。
(ネタバレになるので買って読んでね。)
個人的には、これは〆として良かったですね。
全てが中途半端に終わらず、綺麗さっぱり終わりです。

アニメの方は、なんか全く面白くなく、惰性でただただ見ていただけでしたが、本当に最初から最後までつまらなかったです。
コミックスは面白い回があったのに、どうしてアニメでこれほど駄作に終わってしまったんだろう。
時間を返して欲しい(苦笑)
(まだ、男子高校生の日常のほうが10,000倍面白い。)
ただただ、残念でした。

お奨め度:★★★☆☆ ギャグマンガとしてなら⇒★☆☆☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
星野、目をつぶって。(全13巻)
雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─  -- 2018-09-15 Saturday。


2016年07月15日から2018年09月14日かけて発売
2018年07月23日購入(1~3巻)
2018年09月12日購入(4~12巻)
2018年09月14日購入(13巻)
2018年09月18日読了→現在読み返し中w

最初にAmazon無料本(たまに検索して探しているんよ)として3巻を何となくまとめて購入。
でも、ずっと寝かせていた。
無料本を手当たり次第手に入れるけど、読むのはつい後回しにしがち。
9月の頭くらいに読み始めて、「ありきたりの青春群像劇だけど、お化粧をテーマにしてなんか面白そうだな~。」と言うことで、ちょっとずつ読んでいた。
ケインズ論の本を読んで頭が疲れたときの片手間に読んでいる感じかな。

雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─  -- 2018-09-15 Saturday

んで、ケインズ論を読み終えると同時に3巻読了。
続きが気になって12日に残り8巻まとめ買い。
そして14日に最終巻を購入。


一通り読んで読後感は、色々厄介ごとに首を突っ込んで何とかなるのか?と不安があったけど、最終的に丸く収まって良かった。

高校2年生の春、根暗で日陰者ネガティブ思考の主人公が、あるきっかけでクラスで人気者のヒロインと出会う。
ヒロインは顔にコンプレックスがあり、お化粧をして登校している。(かなりギャップがあるけど、スッピンでも俺は良いと思うんだが。)
しかし、ヒロインは自分で化粧が出来ずに幼なじみのお姉さん(高校美術教師。夏休み明けに退職。)にしてもらっていたのだが、紆余曲折があって主人公にしてもらう事に。
そこから、様々なサブヒロイン、サブヒーロー?が登場し、入り乱れて話しがお化粧から友情関係に変わって繰り広げられる。
ラスト4巻は、内容がかなりきつかったけど、最終巻の13巻で色んな伏線を回収して終わります。
エピローグも、個人的に良かったかな。
★5つには出来ないけど、なかなか面白かったので★4つにしました。
でも、もう1回読み直したら満点になるかな?
読み直しているけどね。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─
活字だけのケインズの本は読みませんが、マンガなら何とか読めるかな。


2015年06月15日発売
2018年08月31日購入
2018年09月11日読了

10円で購入(笑)
活字だけのケインズの本は読みませんが、マンガなら何とか読めるかな。と思い読むことに。
ところどころ、何度も読み直して頭に叩き込む所作がありましたが、全ページ理解することができました。
これを読んで、真っ先に脳裏に浮かんだことは、2008年のリーマンショックで日本経済にダメージを食らうことに、当時首相だった麻生さんが打った経済政策です。
1000円高速とか、アナログ放送終了にあたっての家電買い替えエコポイントとか、エコカー補助金とか。
内需消費拡大を政府が積極的に推し進めたのは、ケインズ理論に基づいたことなんですね。
このマンガを読むと、活字恐怖症には理解しやすく出来ています。
ただ、ケインズ論で何故不景気になると緊縮財政になるのか。と言う所が、このマンガでは触れられていません。
そこは、もっと勉強しろということなのかな(^^ゞ

それと、この理論では政府の積極的な財政支出が国民所得向上に繋がり、GDP(国内総生産)が増える事が書いてあります。
そう思うと、来年秋に予定されている消費税増税について、ケインズ論で言えば愚策となるんじゃないでしょうか。
消費税が上がるたびに景気に冷や水をぶっかけ、超愚策とも言えるデフレマインドを維持する事が、エリート集団財務省の考えならダメだと思うのですが。


こう言う時こそ、お隣中国の財政政策を見習うべきなのでは?
5~6年くらい前から、一部の経済学者から中国経済が破綻すると言われ続けていますが、一向に破綻する気配がない。

中国バブル崩壊後、大相場がやってくる -- 2013/07/12 6:00

「中国 バブル崩壊 経済学者」で検索すれば、2018年の記事がたくさん出てくる。
でも、これってシャドウバンキングや不動産バブルと言われた2012年の頃から、ずーっと名の知れた学者が中国経済が崩壊すると言い続けています。
中国の統計が怪しいと言う論調も同意しますが、事実、こんにちまで大規模な内乱は起きず中国経済が来ています。
日本が統計を操作すること断固反対ですが、ちょっと学んだ方が良いのと違いますかね。


少し話が逸れてしまいましたが、経済学の一般理論を学ぶにはとても良い一冊だと私は思いますよ。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28