•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

君の膵臓をたべたい(上)(下)
AmazonのPrime Readingで君の膵臓をたべたい(上巻)が無料で読めることからポチッと。
【コミック】

【小説】


2017年02月10日/2017年06月20日/2017年04月27日発売
2018年10月04日購入(コミック)
2018年10月05日読了

AmazonのPrime Readingで君の膵臓をたべたい(上巻)が無料で読めることからポチッと。
上巻丸々読めると思ったら、3話くらいまでしか読めず、なんかタイトルとはほど遠い内容(贓物をタイトルにするのは個人的に敬遠する私)で、続きが気になったのでポチッと上下巻を購入。
泣くことはなかったけど、心に突き刺さるラストに揺さぶられました。
最初、上巻を読んで何となく下巻の展開は病気でヒロインが亡くなるんだろう。と、読んでいたのですが、その予想は大きく裏切られました。
とてもあっけない幕切れで終わりました。
その後のエピローグでも、とても丁寧にまとめられていました。
あまりにも良かったので、3度読み直しました。


今度は、小説を購入して読んでみようと思います。
間違いなくお奨めしたいですね。
映画(実写、アニメ)もやっていますが、多分レンタルで見ることになりそうですね。
アニメの方は映画の公開(2018/09/01)から1ヶ月少しで次々と終わってしまったので、ちょっと残念だったりします。


お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ちおちゃんの通学路(9)
ちおちゃんの通学路(8)  -- 2018-04-08 Sunday。



2018年09月21日発売
2018年09月28日購入
2018年10月02日読了


前回、次は無いかな。と書きました。
ちおちゃんの通学路(8)  -- 2018-04-08 Sunday


しかし、今回最終巻と言う事もあり、それだけ残すのもなんだかな。と言う事もあり、ついでにアニメの感想も交えて書こうかと思います。
最終巻は、その〆らしくギャグ要素がほぼ無しで、これまでの物語を完結するためのエピソードをまとめた感じです。
なので、ギャグマンガとして読むつもりなら、ほぼ買う要素ゼロです。
(まあ、最初の話しだけギャグかな・・・?)
これまで置き去りにしてきたものを、全てまとめ上げて、最終話ではあとがきにも書いてあるような終わり方をします。
(ネタバレになるので買って読んでね。)
個人的には、これは〆として良かったですね。
全てが中途半端に終わらず、綺麗さっぱり終わりです。

アニメの方は、なんか全く面白くなく、惰性でただただ見ていただけでしたが、本当に最初から最後までつまらなかったです。
コミックスは面白い回があったのに、どうしてアニメでこれほど駄作に終わってしまったんだろう。
時間を返して欲しい(苦笑)
(まだ、男子高校生の日常のほうが10,000倍面白い。)
ただただ、残念でした。

お奨め度:★★★☆☆ ギャグマンガとしてなら⇒★☆☆☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
星野、目をつぶって。(全13巻)
雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─  -- 2018-09-15 Saturday。


2016年07月15日から2018年09月14日かけて発売
2018年07月23日購入(1~3巻)
2018年09月12日購入(4~12巻)
2018年09月14日購入(13巻)
2018年09月18日読了→現在読み返し中w

最初にAmazon無料本(たまに検索して探しているんよ)として3巻を何となくまとめて購入。
でも、ずっと寝かせていた。
無料本を手当たり次第手に入れるけど、読むのはつい後回しにしがち。
9月の頭くらいに読み始めて、「ありきたりの青春群像劇だけど、お化粧をテーマにしてなんか面白そうだな~。」と言うことで、ちょっとずつ読んでいた。
ケインズ論の本を読んで頭が疲れたときの片手間に読んでいる感じかな。

雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─  -- 2018-09-15 Saturday

んで、ケインズ論を読み終えると同時に3巻読了。
続きが気になって12日に残り8巻まとめ買い。
そして14日に最終巻を購入。


一通り読んで読後感は、色々厄介ごとに首を突っ込んで何とかなるのか?と不安があったけど、最終的に丸く収まって良かった。

高校2年生の春、根暗で日陰者ネガティブ思考の主人公が、あるきっかけでクラスで人気者のヒロインと出会う。
ヒロインは顔にコンプレックスがあり、お化粧をして登校している。(かなりギャップがあるけど、スッピンでも俺は良いと思うんだが。)
しかし、ヒロインは自分で化粧が出来ずに幼なじみのお姉さん(高校美術教師。夏休み明けに退職。)にしてもらっていたのだが、紆余曲折があって主人公にしてもらう事に。
そこから、様々なサブヒロイン、サブヒーロー?が登場し、入り乱れて話しがお化粧から友情関係に変わって繰り広げられる。
ラスト4巻は、内容がかなりきつかったけど、最終巻の13巻で色んな伏線を回収して終わります。
エピローグも、個人的に良かったかな。
★5つには出来ないけど、なかなか面白かったので★4つにしました。
でも、もう1回読み直したら満点になるかな?
読み直しているけどね。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─
活字だけのケインズの本は読みませんが、マンガなら何とか読めるかな。


2015年06月15日発売
2018年08月31日購入
2018年09月11日読了

10円で購入(笑)
活字だけのケインズの本は読みませんが、マンガなら何とか読めるかな。と思い読むことに。
ところどころ、何度も読み直して頭に叩き込む所作がありましたが、全ページ理解することができました。
これを読んで、真っ先に脳裏に浮かんだことは、2008年のリーマンショックで日本経済にダメージを食らうことに、当時首相だった麻生さんが打った経済政策です。
1000円高速とか、アナログ放送終了にあたっての家電買い替えエコポイントとか、エコカー補助金とか。
内需消費拡大を政府が積極的に推し進めたのは、ケインズ理論に基づいたことなんですね。
このマンガを読むと、活字恐怖症には理解しやすく出来ています。
ただ、ケインズ論で何故不景気になると緊縮財政になるのか。と言う所が、このマンガでは触れられていません。
そこは、もっと勉強しろということなのかな(^^ゞ

それと、この理論では政府の積極的な財政支出が国民所得向上に繋がり、GDP(国内総生産)が増える事が書いてあります。
そう思うと、来年秋に予定されている消費税増税について、ケインズ論で言えば愚策となるんじゃないでしょうか。
消費税が上がるたびに景気に冷や水をぶっかけ、超愚策とも言えるデフレマインドを維持する事が、エリート集団財務省の考えならダメだと思うのですが。


こう言う時こそ、お隣中国の財政政策を見習うべきなのでは?
5~6年くらい前から、一部の経済学者から中国経済が破綻すると言われ続けていますが、一向に破綻する気配がない。

中国バブル崩壊後、大相場がやってくる -- 2013/07/12 6:00

「中国 バブル崩壊 経済学者」で検索すれば、2018年の記事がたくさん出てくる。
でも、これってシャドウバンキングや不動産バブルと言われた2012年の頃から、ずーっと名の知れた学者が中国経済が崩壊すると言い続けています。
中国の統計が怪しいと言う論調も同意しますが、事実、こんにちまで大規模な内乱は起きず中国経済が来ています。
日本が統計を操作すること断固反対ですが、ちょっと学んだ方が良いのと違いますかね。


少し話が逸れてしまいましたが、経済学の一般理論を学ぶにはとても良い一冊だと私は思いますよ。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ふらいんぐうぃっち【7巻】読了
脱兎システムの件(くだり)と茜ちゃんのだっさい異名が面白かったですね。



2018年09月07日発売
2018年09月07日購入
2018年09月08日読了

その日(0時過ぎ)に読むつもりが、すっかり忘れて翌日に読んで、心が穏やかになり即了(笑)
心がすさんできたときの1冊と言えよう。
6話収録で発行ペースが1年と、物凄くスローペースなのですが、どの話を読んでも楽しく読むことができ、読後に心が洗われるような気持ちになります。
登場人物も1話ずつ深掘りされていて、そして面白く作られています。
脱兎システムの件(くだり)と茜ちゃんのだっさい異名が面白かったですね。
個人的には、今の作品レベル(画力よりも内容)を維持しつつ、1年1巻ペースを半年1巻ペースにしてくれないかな。と。
次回も購入は間違い無しです。
(噂レベルですが次回は、上の単行本にはドラマCDが付くようです。)


お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
Fate/stay night [Heaven's Feel](6)
Heaven's Feel の最新巻。



2018年08月04日発売
2018年08月04日購入
2018年08月04日読了

コミックス感想ウィーク!最終日!
Heaven's Feel の最新巻。
やっと発売だよ。前巻では春頃発売と書いてあったのに、もう夏真っ盛りだよ!
どれだけ待たせるんだよ!ゴルァ!!ヽ(Д´ )ノ

と、前置きが長くなりましたが感想を(笑)
この巻では戦闘シーンは巻の最後だけ。それ以外は、士郎の日常が描かれています。
もう、だいぶ日が経ったので、原作と映画第1章と混在していますが、少なくとも原作から少し話しを膨らませ(脱線し)つつも、しっかりと戻してきています。
どうしても原作と映画と並列して比較しまいがちですが、コミックスの物語としてもこれはありかな。と言う感じですね。
そして、作者が映画版を見た影響をこの巻にも込められています。
ここは、私的には原作に寄せて欲しかったなぁ。と思っています。
さて、ランサーと裏アサシンとの対戦を挟んだところで、次巻に続く。と。
今回は、あとがきがなかったのですが、前巻のあとがきで公約を果たせなかった気まずかったんですかね。
次巻は、映画第2章が始まる前に出ることを期待したいです。


お奨め度:★★★★☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
-カバチタレ!3-(20)
しかし、火災保険で修繕費用が満額出ないなんて、正直言って怖いですね。


今回は火災と重過失、個人賠償責任保険と保険に関する内容です。
正直内容が複雑でわかりにくかった。と言うか、依頼者が勝手に恐喝まがいなことを先走っていたり、ここ最近続く綺麗にまとまった解決になっていない印象があります。
しかし、自動車保険の特約にそんなのがあったとは・・・。
私も自動車保険を確認したのですが、そのような特約はありませんでした。
まぁ、必要と思えない特約でしたので・・・。
しかし、火災保険で修繕費用が満額出ないなんて、正直言って怖いですね。
私も今一度確認しなくてはなりません。
普通は満額出ると思いますからね。


発売日:2018年7月23日
購入日:2018年7月20日
読了日:2018年7月25日

お奨め度:★★★☆☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
小学生がママでもいいですか?(1)
「まほろまてぃっく」で有名?な漫画家さんの新作シナリオ。



2018年07月06日発売
2018年07月20日購入
2018年07月23日読了

まほろまてぃっく」で有名?な漫画家さんの新作シナリオ。
息子が成人して社会人でバリバリ働いている年齢に、幼い頃に亡くした母が小学5年生に転生して再会する。
再会してから小学5年生の女児(中身は息子の母親)が、色々と世話を焼いて息子の私生活を調べる。
時には母親らしく息子に優しく接したり、朝ご飯を作ったりする。
個人的には心温まるストーリー。
ネタ的には新鮮なのですが、女児が成人男性の世話を焼くという設定がどうも好きになれません。
次の展開次第で2巻で打ち止めかな。
しかし、一度読み終えてから、再読してしまいました。
なんでやろ?
画がかわいいからかな?


お奨め度:★★☆☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(3)



前巻から半年後の発売。
ちょっと間が開いてしまって忘れたので、どんな内容だったのか1巻から読み直しました。

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) 読了  -- 2017-09-08 Friday
3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(2)読了  -- 2018-01-02 Tuesday



八雲と三只眼と再会するところから始まります。
闇と光の対立。そして忍び寄る三只眼の鬼眼王化。
そして、西洋魔術と東洋魔術の対戦。
色々と目が離せなくなってきました。
この巻では戦闘シーンと回想シーンがてんこ盛りで、同じ時間軸でハーンとベナレスが共に行動するなど、これまでの3x3EYESファンからすると、読みどころが多くて早く続きが気になります。
3x3EYESが好きな人なら、1巻からまとめて購入した方が良いでしょう。
この巻だけなら分からないですからね。
早く次巻が出ないかワクワクしますね。

発売日:2018年7月20日
購入日:2018年7月11日
読了日:2018年7月22日

お奨め度:★★★★★

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
中間管理録トネガワ(1)
と思ったら、カイジシリーズでした。


2015年12月04日発売
2018年07月09日期間限定で無料にて購入
2018年07月14日読了

コミックス感想ウィーク!第2弾!
昨日のはたらく細胞(1)と同様、期間限定にて購入。
中間管理職あるある話しっぽいですね。
こちらも、現在、深夜アニメで放送中。残念ながらウチのエリアでは放送されず(*´д`;)…
将来DVDが出たらレンタルで借りるかな。


このコミックスを読むと、役員の命令は絶対服従。部下は金太郎飴ばかり。と言う設定(笑)
部下の名前を覚えるところから始まるんですが、これが結構面白い。
そして、利根川幸雄が社の企画を立ち上げのために部下をコントロールするのに苦労するところから始まります。
また、企画の立ち上げ途中に突然会長が割り込んできて、会議を掻き乱していきます。
読んでいるだけで胃が痛くなりそう・・・(笑)
でも、なかなか面白いです。
ウチの現場では、そのようなことが無いから平和な方かな。。。(だと思う)
面白いけどレンタルDVDを見てから、続きを買うかどうか考えようかしら。


お奨め度:★★★★☆


この作画タッチ、どこかで見たことがあるなぁ。と思ったら、カイジシリーズでした。





こちらもタイトルだけは知っているのですが読んだことはありません。
このカイジシリーズが好きな人は、お薦めなのかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31