•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

老後2000万円問題

すっかりお忘れかと思いますが、数年前に当時の財務大臣である麻生太郎さんが言っていたと思います。
その時、国内が結構ざわついたので、それが印象的だったのですが、私は「老後2000万円問題?そんなの今時点であって、将来は不確定だろ。」って考えていました。


案の定、今年の6月?から年金は僅かながら下がり、野盗からはそれをネタに参議院議員選挙で言いまくりました。
しかしですね、もともと小泉政権の時から社会保険料を爆増させていったのですが、その制度設計はインフレ率と連動するモノでした。
当時、社会人の給与は上がらないどころか下がる一方だったのに、年金はそれに連動せず一定額か微妙に上がってました。
もちろん、それを裏付ける資料はググればあるので探してみてください。


社会人の平均給与が下がれば、年金も下げなければならない制度設計なのに、全く機能していませんでした。
こんないい加減な制度設計で、年金が将来もらえなくなるとか足りなくなるとか、現役世代が言うのは当然だと思います。


そして、今はインフレ傾向になっていて、ギャップが生まれてきていますね。
年金は下がって物価は上がる。
これは有る面仕方ないことですが、来年の年金算定額できっと上がることは間違いないと思います。
とは言え、悪いインフレの場合、将来2000万円あれば安泰とは思わない方が良いような気がします。
そうですね、大雑把な金額で言えば悪いインフレが続いた場合、20年後に1億円は必要になるんじゃないでしょうか。
もちろん、景気が左右されるので、ケースバイケースでその額は思いっ切り変動するでしょう。


だから、20代、30代、40代の人は、そう言う金額に惑わされず、若いうちに自分投資をして30代から少しずつ資産運用を学んで始めるべきだと思います。
別に20代で資産運用を始めても良いですけどね。
なので、老後2000万円問題は話半分で聞き流しておくべきでしょう。
インフレになれば絶対に足りなくなりますし、デフレになれば余裕の金額になるわけですから。


未来の景気なんて、誰も分かりません。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (26人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー::資産運用 | comments (0) | trackback (0)
データーをちゃんと見て記事を起こしましょう。





昨日Tweetした記事への突っ込み掘り下げ。

自賠責保険だけでは不十分なことも。電動キックボードは保険でどう備えればいい?

車社会の地方では自動車保険の加入率が高いですが、首都圏では車を持たない家庭も多く自動車保険に加入していないひともいます。


この部分。意外と知られていませんが、沖縄県がダントツの1位で任意保険に入っていません。
それを裏付けるデータはこちらです。
任意保険加入率

明らかにあべこべですね。
沖縄県で自動車事故を起こすと大変な事になります。
特に本土と地元沖縄との事故を起こすと、大変面倒な事になりそうです。
首都圏も比較的加入率が高く、車社会と言われている地方ほど低いです。
大阪が1位を二つ取っているのは意外でした。


きちんとデーターを見て記事を起こさないと突っ込まれてしまいます。
あいにくヤフコメでは、そう言うのが見られませんでしたが。


何でそんな細かいことを知っていたかって?
以前にこう言う記事を読んだからです。

貧乏だから車に乗るのに無保険で、事故ったらバッくれるのが許されるの?

結構、ショッキングな内容でしたので、ちょっと怖いな。と。
本文中のTweetがどこまで本当でどこまで嘘かは分かりませんが、データにウソはないでしょう。
地方へ出掛けるときは気をつけましょう。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (15人)
Posted by いぐぅ 18:00 | マネー::生命保険/損害保険 | comments (0) | trackback (0)
おかしいんだけど、それでいいの?

取りやすいところから取る。
悲しいかなサラリーマン。トーゴーサンピンで税捕捉率ダントツのナンバーワンです。
別名、クロヨンとも呼ばれています。
もちろん、真面目に税務申告している自営業者や第一次産業、政治家さんもいらっしゃいます。
しかし、この捕捉率の不公平さが、業種間でくすぶっているのも事実でしょう。
特に政治家の税捕捉率が1割って、あまりにも酷すぎて泣けてきます。
マイナンバーカードを推進して現金による寄付行為禁止、家族と第3親等全ての口座をマイナンバーカードで紐付け、隠し口座があれば国庫に全額没収。
それ位やらないとダメでしょう。
それでも、法をすり抜けて金策に廻る政治家は多数いらっしゃると思いますが。


ところで、新入社員の人にはまだピンと来ませんが、サラリーマンの社会保険料(厚生年金保険料)は30%で会社と折半だと言う事を御存知ですか?
単純に毎月30万円もらっている人は、9万円が厚生年金保険料でそのうち半分が会社負担なんです。
つまり4.5万円も払っていることになります。


しかし悲しいかな。
この毎月30万円にはトリックがあります。
それは次の通りです。

・4~6月に支払われた3ヶ月間の給料(ボーナス除く)
・定期代(3ヶ月定期や半年定期の場合、それぞれ1ヶ月あたりに分割計算
・定期代支給ではなく実費精算の場合、その交通費計算


定期代や交通費がポイントで、毎月30万円しかもらっていないのに、厚生年金保険料の算定額が40万円とかなっている人は、かなりの長距離通勤をされている方なんですよ。
定期代や交通費が厚生年金保険料の算定額に入っていることに、おかしいと思いませんか?
私は、20代の頃にこの算定額を知らずに会社へ抗議したことがあります(笑)
必要経費に入るでしょう。普通。
給料じゃないんですよ。自分の懐に入ってくる収入じゃないのに、厚生年金保険料の算定額に入るんです。
絶対もっておかしい。


うちの親父は、毎月定期代支給だったので、私の会社もそうだとばかり思ってました。
しかし、入って聞かされたのは半年定期支給。
「なんじゃそれ?」
と不思議に思っていたのですが、実はこう言うトリックがこの頃からありました。
半年定期の方が毎月定期券を買うよりも安いですからね。
その分、将来の年金受給時も安くなるわけですが・・・


所得税では非課税なのに、社会保険料ではしっかりと算定に入るという矛盾。
ちなみに私、今月の給与項目を見て驚きました。
なんと、


所得税の10倍以上厚生年金保険料を払っているのです。
介護保険料よりも所得税の方が安いんです。
どんだけ~~~(笑)


いやはや、マイリマシタ。
これじゃぁ、どれだけ確定申告しても所得税の還付は少ないハズですよ。
多分、消費税の方が多く払っているんじゃ無いかな・・・?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)
dポイント投資のその後

殆ど忘れていたとも言いますが、開始当初から「アクティブコース」で5000ポイントから始めています。
最初の頃はちょくちょく見ていたのですが、5000ポイントを超えるどころか4000とか3000ポイント台ばっかりだったので、もう見るのをやめました(笑)


それで、暫くしてから見るとこんな感じになっていました。

dポイント投資


2倍超えているやんけ・・・
と。
dポイント投資  -- 2020-01-28 Tuesday

2年前に少し引き出していたんですね。
でも、その画像が無いのでわかりません(^^ゞ


そこで、今回、「テーマ別運用」にチャレンジして、「日経インバース指数」に10,000ポイントをぶっ込みました。
はたして数年後、どの様な結果になっているでしょうか。





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (18人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー::投資(株・先物など) | comments (0) | trackback (0)
メガバンク口座を閉じようかどうか悩む・・・

先日、午後有休を取って池田市にあるメガバンクへ行きました。
私がこのメガバンク口座を開設したのは、最初に開設した給与振込口座が、当時の第二地方銀行だったわけで関東圏に支店はおろかATMもありませんでした。
幸い、手数料さえ払えばおろすことが出来るのですが、それはかなり不便・・・


そこで、会社の昼休みに近くの当時の都市銀行で口座開設したんです。
その時、給与口座は第二地方銀行、旅費口座は都市銀行で使い分けていました。
そして、時は流れ、今の給与振込は地方銀行、それ以外諸々の取引は変わらずメガバンクとしていました。
そのメガバンクが、超低金利が続いてあの手この手で支店の統廃合を繰り返しました。
結婚して移り住んだときは、5km先のところに窓口支店があったので、生体認証登録や暗証番号設定変更ミス手続き等、色々重宝していました。


それが2年前に閉店・・・
暫くは不自由はしなかったのですが、ある日通帳を記帳すると一杯になったので、「おらおら、窓口に行けや~!」とATMに言われる始末。
ATMでも通帳繰越が出来るはずなのですが、なんでも担保定期預金がオーバーフローをしたらしくて、ATMでの更新は不可。
その時、「しゃ~ないな~、出社時の昼休みにある支店窓口に行くか~。」と思って、そんな話を会社でしたら、「あそこ、閉店しましたよ。」と。
「ウソやろ…」と話をしたら、昨年7月に閉店のお知らせがありました。
時々前を通ることがあったのですが、気にも止めてなかった・・・


窓口なんて空気みたいな感じで当たり前のようにあった時代から、もうそんな時代じゃないみたいです。
一地方でそんな状態なのですから、過疎化が進んだ地方なんかはもうとっくに専用ATMすらないのでしょうね。


そんなわけで、2倍の距離になった10km先の支店までクルマで・・・
そんな距離バイクで行けるんですが、周辺の無料駐輪場がないんですよ。
有料駐輪場ならあるんですが、1回400円と微妙な御値段。
10分くらいで終わる手続きの為に400円を払うのはなんか勿体ない。
電車で行くにしても往復320円なので、時間を考えたらばバイクで行った方が安い。
ところが、クルマなら30分で330円の提携駐車場があって、窓口で駐車カードを出したら無料になる。と言う仕組みに、仕方なくクルマで行ったんですよ。


その提携駐車場も、月極と一時利用混合で、どこからどこまでが一時利用なのか分からず、10分くらい駐車場内でウロウロしてまして、全然空いてなかったところを戻ってきたら空いたのですかさず入れました。
そんなこんなで、「かなり不便な支店窓口だな!」と言う印象を受けたんですよ。


そして、ここの支店は2度目の利用(最初は独身時代にキャッシュカードを紛失して再発行してもらいました。)なんですが、当時は路駐し放題な時代だったのでバイクを側道に停めてました。
先日の2度目では、駐輪場という看板が敷地内に書いてあったので、中を確認したところ自転車は多くありましたが、バイクが1台もない状態。
「う~ん、バイクで来るのはちょっと気が引けるな。」
と認識。


んで、支店内はと言うと、まぁ、普通。
と言うか、若干狭くなったような気がしたのは、私が成長したからでしょうか?(笑)
有人窓口はパッと見て6つあるのですが、そのうち3つは予約専用ブース。
残り3つのうち2つが受付窓口でした。


係の人に案内されて待つこと10分で呼ばれて通帳繰越を依頼。
更に5分ほど待って終わり。
スムーズに立ち去ろうと思ったのですが、駐車カードがあることを思いだして提出。
「窓口の人に、時間的に30分を超えそうなので2枚お渡ししますね。」と2枚もらう。
余分に30分滞在できるようになったんですが、正直それ以外に用事はないのでそそくさ退散。
キッチリ30分だったので1枚余りました。


う~ん、特殊な通帳繰越のためにここまで窓口へ来るのは正直勘弁。
地元の駅前に支店窓口復活して欲しいわぁ。
メガバンクは、インターネットバンキングはもちろん、外貨預金などの資産運用も兼ねているのですが、今後も担保定期預金のオーバーフローのために、この支店窓口まで行くのに躊躇いがありますね。
もしかして、これはメガバンクからの通帳レスへの暗示なのだろうか。


20年前は、職場周辺ならどこにでも支店窓口がありましたが、今はかなり不便になりました。
インターネットバンキングが出来て、比較的安い手数料で外貨預金の取引が出来て、近所に支店窓口のある銀行口座を開こうかなぁ。
ゆうちょ銀行が、外貨口座を開いてくれたら言う事ナッシングなのだが・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (15人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー::貯金・貯蓄 | comments (0) | trackback (0)
不動産投資ほど難しいものは無い

スルガ銀不正融資「スジ悪物件で奈落に」438人の怒り


一時期、不動産投資勧誘の電話があって、今でもあるのですが全部お断りしています。
(あ、信用のおける不動産屋さんからも冗談話であったなぁ。)
今からローンを組んでも完済することには死んでいるような年齢です。
でも、30代の頃から頻繁にありましたから、あの頃に都内のマンション投資をしておけば、もしかすると大儲けしていたかも知れません(笑)


株式投資は、営業日に売買が繰り返されるので、マメな人は損得が分かると思います。
しかし、不動産投資は、よっぽど自己資金に余裕がないと殆どの人が損する仕組みになっているんじゃないでしょうか。
だって、10年先の未来なんて誰も分からないんですよ。
物件だけはどんどん老朽化していくので価値が下がっていきます。
物件の価値は下がっても土地の価値が上がって相殺すれば良いのですが、そうすると固定資産税が重荷になってくるでしょう。
固定資産税をPayできて且つ投資住宅ローン返済を上回る家賃収入が永年続けることが出来るかというと、そんなのは東京都区内くらいでしょう。
そしてブームになる前の早い者勝ちです。


一時期、某不動産会社のCMで土地の有効活用で一括保証借り上げみたいな、素人の私から見ても「詐欺に近いことじゃないのか・・・」と思うほど、大々的に宣伝していました。
そして、案の定、地方を中心に破綻してCMはパッタリとみなくなりました。
不動産は、自分で住むことであって貸借は、損しても痛くも痒くもないお金に余裕を持った人がやるべき分野だと私は思います。
ギリギリの生活で、一攫千金を夢見るような人には、絶対に向いていません。


それにしても、スルガ銀行というのは凄い銀行ですね。
これほど、信用を失わせる銀行は、バブル崩壊以来じゃないでしょうか。
まともに取引していた顧客が一番気の毒です。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (12人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー::投資(株・先物など) | comments (0) | trackback (0)
仮想通貨まで手が回らない・・・と言うか現時点では手を出さない

時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに ステーブルコインUSTはなぜドル連動が崩壊したのか


こう言う記事を見ると、何故かジンバブエ・ドルを想像してしまう。
何十年か前に友人に「私は、株とかはやらないわ~。」と言ってました。
しかし、ちょっと生活にゆとりが出来たので、持株会に入ったんですよ。3000円くらいから始めました。
そこから、12年くらい前に株に詳しい人の話を聞いて、「じゃぁ、ちょっとやってみようかな?」と思ってネット証券で口座を開きました。
それで、NISAが始まって長期投資と短期投資を巧く使い分けながら、資産運用をしています。
それも、別に6画面モニター開いてデイトレーダーみたいな事まではせず、短期投資の株はゲーム的にやっている感じです。


で、今のところの戦績は、投資額を回収しているかと言われると、ほど遠いほど回収できていないです。
しかし、10円株を100株単位で買って11円で全株売りを繰り返すこと数年で、長期投資とする会社の株を買う。と言う事を繰り返しています。
こう言うのは長い目で見ていかないとダメなのですが、ある日突然上場廃止になるリスクがあるので、その点を気をつけないといけません。
(長期投資株も短期投資株も両方ね。)


あ、でも、持株会の方は、今毎月1万円ずつやっているのですが、昨年夏時点で投資金額の2倍になっています。
なのでトータルでみると、超大幅なプラスになっております。


株式投資ですら、放置気味なのに仮想通貨なんかに手を出したら、私にとって現時点では「人生詰み」になってしまいます。
昨年か一昨年冬にNHKが必死にニュースアピールしていたのですが、私は鼻ホジしながら、「取付騒ぎ起これば良いのにな。」なんて不謹慎なことを思ってました。
ら、それが現実に起きたんですね。
と言うか、仮想通貨も色んな種類があって、私の中ではビットコインくらいしかないのですが、「ルナ」ってなんやねん。と言う感じです。
こうした投資には必ずリスクが生じるわけで、別に「仮想通貨だから怖い」と言うわけではないです。
「国内通貨」だって、いつ破綻するか分かりません。


そこで最初に出したのが、ジンバブエ・ドルなんですよ。
「は?」と思うでしょ。検索するとすぐにヒットしますよ。
史上最高額紙幣の通貨。



お金が紙くずのようなハイパーインフレな国です。
仮想通貨とは真逆を行くような国内通貨ですが、現金を持っていても信用されない国ならあっと言う間に暴落です。
今の日本が円安になっているのは、アメリカドルの金利が上がるのに対し、日本はゼロ金利政策を続けているからだ。とニュースでは頻りに言ってますが、私はそうじゃないと思うんですよ。
日本の消費購買力が、人口減少と高齢化で落ちていっているんだと。
だから、どんなに円を刷っても刷っても、日本の経済力がどんどん落ちているので魅力がない。と判断されて円が売られているわけです。
(それ以外にも多くの理由があると思います。)


で、仮想通貨の話に戻しますが、現時点ではそこまで廻せる資金が全くないので、『仮想通貨に手を出すくらいなら、金の毎月積立をやる。』ことを宣言します。
こっちの方が、まだ安心しますので。
『有事の金』と言われるくらいですからね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (13人)
Posted by いぐぅ 18:00 | マネー::資産運用 | comments (0) | trackback (0)
今年もやってくる各種税金

我が家は少なくとも、
・固定資産税
・自動車税
・軽自動車税3台(うち1台免除)
が来る。


一番のトップバッターは、自動車税だった。(5月6日時点)
うちの県税や市税はクレジットカード払いが可能なので、いちいちコンビニやATM、銀行窓口に行かなくても済む。
ただ、クレジットカード払いになると手数料が取られるという点がどうも解せない。
システム利用料と言う事なんだけど、右から左へスイングするのに金額によって段階的に上げられるのはどうも解せない。
一律なら分かるんだけど。


それでもなぜ、税金をクレジットカードで支払うのか。
それは至って単純である。


引き落とし日を延ばせるから!


「は?」と思うかも知れませんが、自動車税を含む各種税金は、5月31日(この日が土日なら6月の第1営業日まで)が〆切です。
現金で支払っている場合は、その日までですがクレジットカードでその日までに支払うと、引き落とし日が翌月か翌々月になります。
翌月か翌々月かがポイントでして、そう、「ボーナスで支払いたい」となると、多少の手数料も利子払いと思ってクレカを使います。
うちの会社ボーナスが6月下旬ですので、7月上旬に引落をされたいんです。1ヶ月半も先に延ばせるのは、クレカの強みですね。
あと、病気によって年単位で会社を休んでいたとき、給料もボーナスもガクッと減った時期があって、クレカによる分割払い(10回)をしたこともあります。
クレカの分割払いは、あまりしたくなかったのですが、背に腹を変えられなくてね。
そんな経験もあって、我が県や我が町ではクレジットカードによる収納が出来るようになって、大変助かっているんですよ。


現金収受の方が手間暇人件費がかかっていると思うんだけどなぁ。
システム利用料と言うなら、現金収受やATM入金もシステム利用料を導入すべきだよね。
どうしてやらないんだろうねぇ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー::税金 | comments (0) | trackback (0)
クレジットカードでの購入するには信用と実績が必要

とあるクチコミで、高額商品(信用枠200万円で50万円以上の買い物)をするとロックされたり、定期的なサービスを購入していると不審請求という扱いになったりする。と言うのを読みました。
どれも、同じクレジットカード会社への不信を募らせるクチコミ情報だったのですが、逆に言い換えれば

・高額商品を毎月買うための実績作りが足りないから跳ねられたのでは?
・あまりメジャーでない商品・サービスを漫然と支払っていることに、クレジット会社側が危険を察知して止めたのでは?

と、どれも安心感に繋がるように思えるのです。
だって、カード情報をスキミングされて不正利用されることを防止するために、クレジットカード会社が事故防止として働いているわけですから。
例えば、信用枠200万円で、毎月のように100万円以上の支払実績が数年にもわたって続いて引き落としされているのであれば、その人の信用度は上がるわけですから、最初のうちは問い合わせて解除をしてもらう必要が有りますが、実績を積んでクレジットカード会社に信用を作ればロックされることはないでしょう。
年に数回程度の買い物ならその都度解除してもらわないと仕方ないでしょう。


また、名の知れた会社でも不明なサービスを漫然と支払い続けていた場合、これも不正利用と疑われて停められることも有ると思います。
私も名の知れた会社(NHK)とかジャストシステムがありますが、数千円、数百円だからかサービスを止められたことはありません。
一度は止められてみたいものです(^^ゞ


どの様なサービスが止められるのか、どの位の金額が止められるのか、クレジットカード会社は開示してくれません。
そりゃそうでしょう。不正利用を企む輩がゴマンといるわけで、そこを突いた方法をやるわけですから。
面倒くさいですけど、いちいちクレジットカード会社に説明しなければなりません。


多分なんですけど、20年くらい前まではその辺はかなり緩かったと思います。
手口がだんだん巧妙化してきて、銀行でATMからお金を引き出すのに上限があるかのように、クレジットカードも一回の支払額が極端に高いと、どんなに信用枠があったとしても不正利用と判断されてしまうのでしょう。


難しいもんですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)
しまった!と後悔しないために・・・

私も時々やっちゃうので、もし役に立てたら・・・
自動口座引落・・・残高不足で落ちませんでした。


これ、過去に何度かやらかしました。
特にクレジットカードでね。
それを反省して、ある方法を思い出したんですよ。
ある方法とは・・・


それは、遥か昔ですが私が成人を迎えたときに祖父からお祝いとして20万円をいただいたんですよ。
直接私へ手渡しだったので、祖父が他界してから数十年後に両親に言ったら驚いていました。
なんで黙っていたのかというと、両親に取り上げられてしまうからなんですね(笑)
でも、すぐに使う予定も無かったので、高校時代にコッソリ作っていた郵貯口座に定額貯金として入れました。


普通の定額貯金ではなく、「担保定額貯金」と言う普通口座貯金で万一残高不足になったとき、20万円の定額貯金を担保として自動的に貸してくれるシステム。なんです。
間違っていたら突っ込んでチョウラィ!щ(゚▽゚щ)


でね、実際これをやっていて大正解だったんですよ。
大学3年生の時に軽く事故っちゃいましてね。
原チャリが大破して修理費用がかかったんですよ。
それで、郵貯から修理代金を払って何年間かずっとマイナスが続いていたんです。
もしも、普通通帳の定額貯金だったら面倒な解約手続きをして払う羽目になっていたのですが、担保定額貯金だったので救われたんですよ。
それから、大学の保険やらにバイトで稼いで完済しました。


結婚するまでは、残高不足による引落に失敗することはなかったのですが、クレジットカードの利用額が増えていくのと同時に、給与収入が頭打ちになって資産運用に陰りが出始めたときです。
始めてドコモカードで残高引き落としに失敗したんですよ。
計算間違いで。
そのときは、慌てて定期預金を解約して指定日まで振り込むことで、事無きことを得たのですが、数年後にまた失敗するの繰り返し・・・
で、思い出したんですよ。


担保定期預金ってやつを。
取りあえず、引落でマイナスになっても大丈夫な金額分を担保定期預金に組み込みました。
それも、つい数年前の話なんですけどね。
でも、何度か計算ミスによってマイナスになる発動がありましたが、担保定期預金で救われました。
担保定期預金サイコー!


普段、金銭感覚がまともな人ほど、うっかりミスをしてしまいます。
なので、担保定額貯金、担保定期預金をしておくことをお薦めします。
どのくらいしておけば良いかは、それぞれの家庭で異なると思いますが、メインバンクなら給与収入の半分くらいはしておいたらベターじゃないでしょうか。
支出をきちんと把握しているのであれば、その2倍の金額を入れておけば良いと思います。


あまり、何度も引落に失敗すると、貴方の信用に傷が付きます。
いわゆるブラックリストってヤツですね。
以前、私がこう言う記事を書きましたが、ここに傷が付くと各種ローンや新規クレジットカードの申込や、スマホの分割払いが出来なくなります。

私の信用情報を取り寄せてみた  -- 2021-04-22 Thursday

信用って大事ですからね。
なので、万一に備えて担保を用意しておきましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31