•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

殆どビョーキ
と言う話になったのですが、肝心な事がスッポリ抜けています。
ちょっと前にテレビかネットニュースで、地下鉄職員の共用で使う水道の蛇口から武漢ウイルス感染・・・と言うのを見聞し、その話題が会社にも飛び火して話題になりました。
ドアノブとかエレベーターのボタンとか、気をつける箇所がいっぱいあるね。と言う話になったのですが、肝心な事がスッポリ抜けています。


それは、お金やお札。


あれは、色んな人の手を介しているわけじゃないですか。
下手すると道端に落ちていたのかも知れませんし、男根を握ったあとのお札かも知れません。
そんな事を妄想すると、お金って色んな人の手に渡っているから一番汚いじゃないですか。
突き詰めて考えると、スーパーで売られている生鮮食品だって、人の手を介しているのでわかりません。


もう、そこまで考えてしまうと私は、”殆どビョーキ”で一度心療内科に受診されることをお奨めしたいと思いますね。

私ですか?
私は、いちいちそこまで考えていないですよ。
トイレのドアノブはちょっと気になりますが、手を洗えばそれで終わりですからね。


そう言えば、武漢ウイルスが流行る前に、NHKか民放でスマホの画面は雑菌だらけ。と言うのも見たことがあります。
そりゃぁ、いっぱい触るわけですから、雑菌も多く付着しているでしょう。
だからって、それで死ぬことは殆どないんとちゃいますか?
腹下すことはあるかも知れませんが。


ドアノブとか電車・バスのつり革手すりに気を使いすぎて、万一の急停車で車内事故になったら本末転倒じゃないですか。
それよりも、マスメディアは、現金が一番汚いと言う事を知らしめるべきだと私は思うのですよ。
ドアノブとか言うのであればね。
そうすれば、キャッシュレス決済は一気に増えるんじゃないかなぁ。と思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 医者::心療内科 | comments (0) | trackback (0)
うつ病を考える
私も何度か経験したが、その前触れはだいたい分かる。
「うつ病」と言うと、世間一般では「心の風邪」と言われているそうな。
私も何度か経験したが、その前触れはだいたい分かる。


私の場合、まず最初にネガティブ思考に入る。
辞めたいけど他に出来る事はあるのか?次の仕事が見つかるのか?
この状態で辞めたところで次も同じ事を繰り返してしまうのではないか。とか。
そして、他の思考が止まり思慮が浅くなり、自分の言いたいことが全く言えなくなる。
それを繰り返すことにより、より酷くなってきて行き着くところが自殺を考える。
自殺をしてもそのあとのことも考えたりしてしまうが、そのあとも考えられなくなると多分そのまま電車にダイブする。
その寸前でだいたいドクターストップがかかる。


これは身内ですら分からない。
周囲も気付かないだろう。
表面上、明るく振る舞っていることが多いから。


これは、ほんの一例。
心の風邪だけあって、症状は色々ある。
この病にかかると、とかくふさぎ込みがちになる。
回復方法は、色々ある。
まずは休む。とにかく休む。何も考えられなくなるまで。
身体が動けるようになれば、少しずつ動かせば良い。
少しずつ気が晴れてくればたぶん大丈夫だろう。
そして日常生活に戻れば普段無く送る事がベスト。
日常生活を送ることはなにぶん難しい。
ちょっとしたきっかけで元の木阿弥に戻ることだってある。
普通の風邪なんかは2~3日で回復するけど、心の風邪はいつ治ったのかわからない。
ぶり返すことだってある。


なので難しい病気でもある。
一種、「怠け病」とも思われがちなんだけどそうではない。
好きで休む人なんていない。
学校を休んでしまえばその分勉強が遅れてしまう。定期試験や受験に影響が出る。
会社を休んでしまえば周囲に迷惑を掛けるし、自分のキャリアプランに傷付く上に、給与やボーナス、はたまた退職金の減額が発生する。
休んでメリットがあるのは、ネガティブ思考と発作による突発的な自殺を防ぐ事だろうか。


ただ、休んでも私の経験から外出する気力は殆ど無い。
無理して外出したことはあったが、かえってしんどくなる。
何もしたくない。と言うのが最上位だろうか。


症状にもよるが、1~2ヶ月程度休むと回復する。
長いと1~2年とかかる。
もしかするとそれ以上かかるかも知れない。
回復するには、周囲のサポートと理解が何よりだろうね。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:28 | 医者::心療内科 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30