•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

産経新聞・・・雑感
昨年、FNNと産経の合同世論調査で大規模な不正が発覚しましたが、それでも私は産経新聞を応援しています。
先週の読売新聞・・・雑感の続編ではないですけれど。
その記事にも書きましたが、長いこと購読していました。
10年以上購読していたと思う。
今の土地に住み始めて20年以上なので半分以上は産経新聞なのである。
そりゃぁ、それ以上の読者層は居ると思うけど割愛する(苦笑)


その前がアカヒ新聞で、まぁ、これがうまいこと騙されましたわ(笑)
ネットが普及して、通名報道から始まったアカヒ新聞の数々。
比べてよくわかる在日講座  -- 2007-11-17 Saturday


この時は既に産経新聞を購読していたのですが、嫌韓流の漫画を読んで知りました。
それだけじゃないんですよね。
アカヒ新聞の数々の所業は。
でも、広告が豊富でしたし、当時は無料や割引チケットなんかも配っていました。

そして、3~4年くらいかな?で産経新聞に切り換えました。
まぁ、安かったというのもありますが。
紙面も広告も少なかったのですが、程々に満足していました。
が、広告の量が少なくなってきたので、数年前に読売新聞に切り換えました。

が、しかし!

1年前から産経新聞のWeb有料会員になりました。
まぁ、ワンコインだったし。。。
なんで有料会員になったのかというと、お金を払ってまで読みたい記事やコラムがあるからなんですよ。
新聞記事だと読む時間が限られますが、Webサイトだといつでも読めますので。
で、どれくらい有料記事を読んでいるのかというと、月に数本です。
読まない月もあります。


だから、月平均にして1本あたり100円から500円くらいの時があります。
でも、読みたいときに読めないのは、ニュースとしてどうかと思うことがありましてね。
昨年、FNNと産経の合同世論調査で大規模な不正が発覚しましたが、それでも私は産経新聞を応援しています。
年間6,600円を払ってまででも読みたい記事があるんです。
読みたい記事がなくなったら、無料会員として戻すだけです。
たぶん、それは何十年先になることやら…(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
大阪はそろそろピークアウト?
本当はパーセンテージで公表した方が良いのですが、それじゃあ伝わりにくいのでね。
記事にしようか迷ったんだけど、「一種の賭け」として残すことにした。

【速報】大阪で新たに760人の感染確認 日曜では過去最多 重症者は過去最多203人に

4/9と4/10 に900人を超えていたので、1000人に達するかそれともピークアウトになるか。とどちらになるのか気になりました。
すると、下がったので今日「800人」に達してもその後下がればピークアウトになるような気がします。


これまで、ジワジワと感染者数が増えてここ4~5日で( ゚д゚)ドカンーと来たのですけれど、収束も何となく速そうな感じです。
で、100~200人あたりをウロウロすると言う。


ただ、私はこの人数よりもそもそも検査数がどれだけ毎日やっているのかも公表すべきなんですよね。
1000人検査しての760人なのか、10,000人検査しての760人なのか。全然違いますからね。
人数を公表するなら検査数も合わせて公表すべきでしょう。
本当はパーセンテージで公表した方が良いのですが、それじゃあ伝わりにくいのでね。

東京も遅れてこれからどんどん増えていくのでしょうね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
小泉政権の郵政民営化・100年安心年金!ってなんだったんだろうね
早くもその目算が狂ってきて、100年どころか、20年も保ちませんでしたね。
小泉純一郎元首相がやらかした、これらの施策を今検証すると、どれも愚策だったと言えますかね?

郵便法改正で普通郵便の土曜配達が廃止に “翌日配達”も見直しで1日程度繰り下げに
「リスク感度が低かった」 ゆうちょ銀行が不正送金問題を謝罪
「会社全体が狂っていた」かんぽ不正、局員が語る後悔の念

郵政民営化でサービスが良くなる!と言って、2020年前後に起きた事件をあげてみましょう。

・民間サービス参入抑止のまま、郵便は度重なる値上げと配達見直し
・ゆうちょ銀行のデビット・プリペイドカード「mijica」での不正送金が発生
・かんぽ生命で異常なノルマと不正横行

まず郵便。
消費税による値上げは仕方ないにしても、10円未満の端数を何とかなりませんかね?
ゆうパックとかレターパックは10円単位で値上げしているのに、はがきと封書は1円単位。
う~ん、と唸ります。
クロネコメールが撤退した今、市場を独占している郵便は、値上げし放題じゃないですか。
何故チマチマと値上げするのですか?ドカーンと上げたら良いじゃないですか。

電電公社の民営化が成功したような幻想に囚われていませんかね。
あの時は、今のような参入障壁が小さかったから出来たんですけどね。
NTT法で縛り付けもありましたしね。
逆に郵便法では、NTT法の真逆でめっちゃくちゃ守られていますから、早々簡単に参入は出来ません。

あと、現場の声らしきものを読むと、土曜日の配達中止で月曜日の配達が鬼のように大変だとのこと。
3日分を運ぶわけですから、相当現場は負担を強いられることでしょう。
となると、一時期うちのエリアの配達が19時くらいに廻っていたのですが、更に遅くなるのでしょうかね。
配達員に過重労働を押しつけることにならないでしょうか。
ちょっと気の毒というか心配になります。


次にゆうちょ銀行。
こちらは民営化をしても、民業圧迫スローガンの下、サービスを拡充したくても出来ません。
例えば住宅ローンなんかがそうですね。
いっとき、某銀行と手を組んでいましたが、「かぼちゃ馬車事件」で頓挫してしまってます。
不正送金については、明らかにシステムの問題でしょう。
何故気付かなかったのか。開発した会社とゆうちょ銀行間でのチェックが甘かったのでしょうか。
預金制限も民間なのに普通貯金上限額が1300万円、定額貯金も1300万円。
まるでNTTが何かをしようとすると、他の通信会社がヒステリックに叫ぶように、ゆうちょ銀行もがんじがらめに縛られています。
民営化とはなんだったのでしょう?


最後にかんぽ生命。
もう、これは昭和の体育会系ですね。
過剰なノルマと老人へのだまし討ちじゃないですか。
民間の生命保険会社でもそうした事を控えている(契約するのに厳しい)のに、何をやっているんだか。
しかもこれは、マスゴミが紙面で記事にしたことがキッカケで大騒ぎになった案件。
もしも、騒がれなかったら今も続いていたんじゃないでしょうか。
失われた信用はもう取り戻せないと思いますよ。
潔く撤退した方が傷は浅く済むのと違いますか?


それから、100年安心の年金制度。
これも崩壊するんじゃないかとまことしやかに囁かれて十数年。
年金運用は、いっときと比べると順調のようですが、あくまでも運用ですからね。
その資産を少しずつ現金化して、年金に充当してくださいね。
で、現状を見てこの先80年安心の出来る年金制度でしょうか。
早くもその目算が狂ってきて、100年どころか、20年も保ちませんでしたね。
国民(厚生)年金保険料も、これ以上値上げすることは難しい(てか、厚生年金保険料って会社と個人で併せて30%も払っているんですよ?知ってましたか?)ので、消費税を短期間に5%→8%→10%と上げてきましたよね。
上げなくても良いようにするために、保険料を地味に上げてきましたよね。


小泉純一郎元首相、アナタが目指していた郵政民営化とはこういうことだったのでしょうか。
もしかして、アナタが当時の郵政省から掌返しされた恨みから、民営化にこじつけたのでしょうか。
私には、なんかそういう風にしか思えないですわ。
100年安心の年金制度だってそう。
全然安心じゃない。
むしろ不安だらけだ。
子供の数を増やしていかないと、今の制度が成り立たなくなっていくの分かっているのに、どんどん先送りしてヤバイ状態になってきている。


国民のみんなが、「民主党政権に騙された!」と多くの人が思っているように、「小泉純一郎に騙された!」と思う人は意外と少ない。
それぞれの制度について振り返り検証をしないからこうなる。
また、間違っていたことを黙って先送りすることも良くない。
誰かが貧乏くじを引いて、「すみません、これまでやっていたことは間違っていたのでやり直します!」とトップが宣言してやり直すことが必要だろう。
そうじゃないと、どんどんおかしな方向に進んでいくじゃないだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
読売新聞・・・雑感
Yahooニュースサイトは勿論、本家本元もいつの間にかひっそりと消えていることがある。
読売新聞のイメージというと、

・プロ野球の読売巨人軍を主軸にスポーツ欄が形成されている
・福知山脱線事故で暴言を吐いた雇われ記者?
・世界一の販売部数(だった)

と言う感じ。

実は、数年前に産経新聞の購読をやめて読売新聞に切り換えた。
別に私はプロ野球が巨人ファンではない。
どちらかと言うと、幼少期の家族が阪神ファンだったので、私は阪急ブレーブスだった。
山口投手と山田投手を覚えている。まぁ、知らんか。


で。
なんで読売新聞に切り換えたのかというと、折り込みチラシの量を期待してのことだ。
やはり部数が違うと折り込みチラシの量も違うことを実感。
特に週末の家電量販店の折り込みチラシは、産経だと何かが一つ欠けていたりするんだけど、読売新聞だとその地域一帯の家電量販店のチラシが入る。
とは言え、コロナの影響からか、あまり購入意欲の湧くようなチラシじゃないし、最近ケーズデンキのチラシが入っていない気がする。

そして、プロ野球人気が下がってきてからなのか、それともスポーツの多様化なのか、巨人を全面的に推してくるような記事も少ない。
(とは言え、4分の1ページは使ってくるが。)
地域特性からか、阪神の記事も結構取り上げてくる。
また、全国高等学校選手権(全国インターハイ)の共催に入っているので、夏になるとそう言う情報もスポーツ欄に掲載される。
(これはちょっと嬉しい誤算)

政治については、五大紙(朝日・毎日・日経・読売・産経)を比較すると右寄り保守論客である。
それでもって、産経ほど右寄りでもなく過激さはない。質実剛健と言った感じの内容であり、現実路線を貫いている。
とは言っても、憲法改正では誌面を割いて特集を組んでいたりもする。

経済については、可もなく不可もなし。あまり力が入っていないような気がする。
でも、朝読むのには十分な情報量である。
(夕刊は取っていない。)

それから、以前からなのか最近気になったのは、読売新聞独自が力を入れている「わいせつ教員事件簿」。
これは、定期的に特集を組んだり、他の四大紙ならスルーされていることも、読売新聞は必ず掲載される。
かなり頑張っているし応援したい。
読売新聞の主張は、「わいせつして起訴された教員は、教員免許返納して、学習塾を含めて教壇に立たせるべからず。」
それは尤もな主張であり、私も賛成である。





これくらい信頼を裏切る行為ですし、被害を受けた生徒には大きな傷を背負うことになります。
他にも真面目にやっている教員にも迷惑極まりないのですが、排除すると言うよりもパイプカット、もしくは陰部を切除してしまいましょう。


あと、他の五大紙と違うのは、購読しているとオンライン限定記事が無料で読めると言う事。
これは、私の心をがっつり掴んでいる。
日本経済新聞もそれ位のことをやったら良いのにと。無料会員で一月10本まで無料で我慢している私が言う(笑)
ただ、最近のニュースサイトは自分のブログにコピペをすることを禁止しているので、そこが何とももどかしいところ。
と言うのは、その記事がいつまでも残っているとは限らないからである。
Yahooニュースサイトは勿論、本家本元もいつの間にかひっそりと消えていることがある。
そりゃあ、忘れ去る権利を行使することは分かるのですが、じゃぁ、過去の新聞も有料で出していますが、それも無くしてくれませんかね。


とまぁ、読売新聞をここ4年ほど購読しての雑感ですが、いつまで継続するかはちょっと分からないですね。
折り込みチラシの量が減ったら、産経新聞に戻るかも知れません。
そう言えば、分かっていたことなんだけど、昔よくあった無料チケットや優待チケットの配布がありませんね。
うちの地域だけなのかも知れませんが、販売店もそれどころじゃないのかもしれませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
先月、MVNOの新料金プランがほぼ出揃ったけど
ドコモ回線だけど、MNOのドコモとそれ程遜色はない。
私が使っているのは、IIJmioというプロバイダー。
とびきり良いわけでもなく、かと言って悪い印象もない。
ドコモ回線だけど、MNOのドコモとそれ程遜色はない。


このプロバイダーの良いところは、複数SIMでシェア出来るという点。
最低用量である3GBを2枚のSIMでシェアしながら使っている。
余ったパケットは、翌月まで繰り越してくれる素晴らしい逸品。
速度もまぁまぁ悪くないので、全くと言って良いほど実害はない。


悪いところ・・・強いてあげるなら、このデータ通信プランの最低容量が3GBで余りまくっているという点である。
所詮サブ回線扱いなので、毎月2GB強を繰り越している。
言い換えれば、毎月2回線で1GB未満しか使っていない。贅沢である。


先月、MNOの料金低廉化による煽りを受けて、MVNO各社もより一層の低廉化プランが発表された。
その中でIIJmioが2GBプランで680円を出してきた。
そうだよ。このくらいのプランでいいんだよ。と思って料金プランの変更をしようと試みたが、2GBをシェア出来るような項目が見つからなかった。
つまり、2GBx2回線と、逆に増えてしまうと言う(笑)


なら、今のままでいいやと思った次第。
680円を2回線でシェア出来たら、滅茶苦茶魅力的なプランだったのになぁ。
世の中そこまで甘くはなかったか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
なんでも「差別」と書けば良いというものでは無い事例
いくら世の中がLGBTsの方向に行っているとは言え、その使い方は明らかにおかしい。




両者の言い分を聞かないと、突き飛ばされた件についてどうこう書けない。
が、後ろに突き飛ばされたことで、「女性差別」というのは、差別用語の使い方があまりにもおかしいと思える。
この場合、「女性差別」ではなく、女性側の言い分だけをとれば、「暴行」「傷害」じゃないかな。
もしかして、男女の体格差があるが故の「女性差別」と言うのなら、全ての男性を女性並みの体格にしろと言うことかな。


そんな無茶言うなよ・・・


いくら世の中がLGBTsの方向に行っているとは言え、その使い方は明らかにおかしい。
「暴行」や「傷害」を書くならまだしも、「差別」って・・・
私にしたら、間違った使い方だと思うのですが、いかがでしょうか?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (10人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
今年7月は兵庫県知事選挙!
今回の武漢ウイルスで知事の指導力の無さが、露呈してしまったと言っても過言ではありません。
ようやく、悪夢の20年間が終わりを告げようとしています。
この20年間の県政は、私なりに評価すると晩年は悲惨でした。
何一つ、成果が見つけられませんでした。
さすが、元自治省官僚だけあって、政治手腕はないけれど、甘い汁の吸い方を知り尽くした人でした。


今回の武漢ウイルスで知事の指導力の無さが、露呈してしまったと言っても過言ではありません。
もし、前回の知事選選挙で違う人がなっていたら、こんなグダグダにはなってなかったんじゃないでしょうか。
金が無いのに公用車をセンチュリーにしたり、科学的根拠も無く大阪や東京を蔑視したり・・・
もう少し、兵庫県の県政をしっかり見据えた政策を立てる人を選びたいですね。


今回は、ビラ1枚でもしっかりともらって、それぞれ候補者の政策を見て選びます。
少なくとも、現時点では現副知事は、井戸知事の禅譲するとみているので、問答無用で投じないと思います。
来年の兵庫県知事選挙が楽しみだ  -- 2020-08-22 Saturday


大阪に負け時劣らず、兵庫の自民党も腐っていて、副知事を推薦したはずなのですが、その空気を知った一部の自民党が会派を離脱し、維新と組むと言う暴挙に出ました。
会派離脱の11県議 斎藤氏に県知事選立候補要請

しかし、こちらの候補者も総務省官僚出身なので、私的に政治手腕としてどうなの?「う~ん」という感じです。
具体的に兵庫県政の問題点を洗い出して、このように改善したいという主張が欲しいところですね。
(これは、副知事にも言えることですが。)
官僚出身が知事になることはダメと言うわけではないのですが、国会議員にしても都道府県知事にしても官僚出身者で、政治手腕を発揮した政治家が思い浮かびません。
どちらかと言うと、行政の盲点を突いて甘い汁をすすっている人が多い印象です。

かと言って、民間出身者が良いかというとそれも「?」です。
弁護士の橋下徹氏のように一般聴衆に分かりやすい訴え方をする人が出てきて欲しいですね。
もちろん、良い方向でね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
もう、いい加減にしてくれないかな?
こんな週刊誌のスクープ記事を毎度毎度この時期にヤイヤイやって、肝心な事(武漢ウイルスによる国内経済の疲弊、尖閣諸島問題、憲法改正、皇室典範など)は全く1mmたりとも進まない。
「お天道様は見ている」新人議員に嘘をつけと唆した、立憲のトンデモ先輩議員に喝! -梅村みずほは...

まずは、この動画を視ていただきたい。




なんですかね?これ。
1年生議員に嘘をつけと先輩議員が言っているのです。
それを突かれた、先輩議員は発狂(笑)
この人、元官僚なんですよ?
その元官僚が、「役所のせいにしたら良い。」なんてとんでもないことを言うのです。
信じられないです。


その一方で・・・




今度は大臣から官僚に指示ともとれる発言。
それを立憲民主党が騒ぎ立てるという、毎度お馴染みのブーメラン構図。


どちらも同じだけど、本当に国会の場をなんだと思っているのでしょうか?
国難のこの時期に、こうした議員や大臣の振る舞いは、到底許されるものではありません。
こんな事で、国会を空転させるなんて、国民を馬鹿にしていると思いませんか?

こんな週刊誌のスクープ記事を毎度毎度この時期にヤイヤイやって、肝心な事(武漢ウイルスによる国内経済の疲弊、尖閣諸島問題、憲法改正、皇室典範など)は全く1mmたりとも進まない。
ふざけんなよ!こんな茶番に付き合ってられないよ!
と、言いたくなります。


昭和初期の時代なら、確実にこんな事をやらかしている議員は、国賊議員扱いにされて天誅を食らってますよ。
本当にいい加減にしてもらいたい。
そのうち、動乱が起きても知らねえぞ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
維新と反維新
これ、逆にやぶ蛇になるから黙っているのかな?とさえ私は疑いの目で見ている。
まず、私のスタンスを書いておこう。


維新発足当初:応援しているぞ。頑張ってくれ!
1回目の都構想:制度設計を見直して次イコ次!
2度の首長選挙:応援しているぞ。負けるな!
2回目の都構想:住民の真意は固かったから、仕方ないんじゃない
武漢ウイルス当初:東京と比べるとまだましかな?兵庫と比べると雲泥の差!
武漢ウイルス2020年秋:イソジンとか秋までワクチンだすとかどうなった?
現在:可もなし不可も無しだが、どうしても支持する政党を選べとなると、維新の会になる。


と言う感じで、発足当初から比べるとわりと冷めている。
けど、大阪自民党もくされ下道をひたすらつき進んでいるので、地方自民党は、国政政党の立憲民主党と同じ扱いでいる。
なので、電話による世論調査があれば、私の支持政党は維新の会になる。
公明党と入れ替わって欲しいくらい議席を伸ばしてもらいたい。


それで、SNS界隈で反維新の呟きを見ると、「君ら、維新に殺されたのか?」と言う位えげつない罵声や品のない言葉で綴られている。
酷いのになると、その人の人格を否定したり犯罪者に祭り上げたりして、見ている方が辛くなる。
(まぁ、そう言うのは速攻で人格を否定された側が弁護士と相談したりして、名誉毀損で訴えられるのがオチになるんだけど。)
反維新を掲げるなら政策論争で対案を出して否定しなくちゃならないと思う。
ただ政策論争を否定するのでは、国会での立憲民主党と同類項である。
例えば2度の住民投票で、否決に終わったのに、その後こう言う記事が出ている。

都構想の代案、大阪府・市一元化条例案を提案…26日に採決


にもかかわらず、反維新側からは殆ど反論が出ていない。
実は、ずっとこの記事を温めていたんだけど、一向にでてこないからこの日に公開している。
結局、反維新は政策論争をするんではなく、単に維新の会が嫌いなだけで、維新の掲げる政策は何でも反対なのでは?と私は感じる。


最近忙しくて、あまりTwitterを見ていないんだけど、維新の会の松井代表と大阪府知事の吉村氏が、この条例案について殆ど呟いていない。
もしかしたら、「大阪府・市一元化条例案」に忙しいからか沈黙を保っているように見える。
これ、逆にやぶ蛇になるから黙っているのかな?とさえ私は疑いの目で見ている。
都構想の時は、あれだけSNSを通じて呼びかけていたのに、今回はサッパリわからないのである。


何だか不気味なのですが、採決で成立したらこれまでの住民投票はなんだったんだろう?と思います。
まぁ、私は大阪府民じゃないので良いのですが。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
お笑い芸人のクリエイティブ化
私は殆ど見ていないのですが、年末恒例のM-1グランプリなんかは、その年の最高である漫才師を決めるイベント・・・なのに、今ではそこは一つの通過点・・・足かけみたいな感じになっていて、更に漫才に磨きをかける芸人が少なくて、売れたら漫才を辞めて他のことをやり始める・・・物凄く真面目なことをやり始めてコケている芸人を多いんじゃないかと思います。
キンコン西野、吉本興業退社 「プペル」宣伝巡り対立 SNSで“示唆”から3日後に

この記事を見たときに「あー」とため息が出たあとに、「まぁ、(西野だし)仕方ないよね。」と射精したときの虚無感が漂ってきました。
私は、お笑い芸人のキングコングが好きだったので、テレビで漫才やコントをしているときは良く笑ってました。(笑いの沸点が低いので。)
これは、私の何となくなのですが、最近の漫才師やお笑い芸人というのは、ある程度名前が世間に売れ出すと、

・TV番組のMCになる
・コメンテーターになる
・お笑い以外のことが本業になる

と、本来の漫才とは違うことをやり始めて、物凄くつまらなくなってしまいます。
(中には、それが開花する漫才師もいることは認めます。)
明石家さんまのようにMCをしても、常にお笑いを取りに行く芸人は、今のところ明石家さんまだけ(過去には何人かいましたが。)です。
キンコンの梶原がYouTubeを始めた最初の頃は、まぁまぁ面白かったのですが、やっぱり、西野あっての梶原、梶原あっての西野なので、ピンでは腹を抱えて笑うことが少なくなっていきます。
なんか会員制になってからは、全く見なくなりましたしチャンネル登録も外しました。
キンコン以外にも、吉本興業を退社したコンビのピンがYouTubeで学問を教えるような事をしていますが、それも私は受け入れられません
他にも料理を動画配信する芸人もいて、15年前にテレビの茶の間で笑かしていたあの頃よもう一度!と思いたいですね。


私は殆ど見ていないのですが、年末恒例のM-1グランプリなんかは、その年の最高である漫才師を決めるイベント・・・なのに、今ではそこは一つの通過点・・・足かけみたいな感じになっていて、更に漫才に磨きをかける芸人が少なくて、売れたら漫才を辞めて他のことをやり始める・・・物凄く真面目なことをやり始めてコケている芸人を多いんじゃないかと思います。
漫才(コント)という芸を磨いてこそお笑い芸人なのに、なんか違うことをやり始めてそれが受け入れられるから、方向性を変えていくのは、もうお笑い芸人の名を使っては行けないと思います。
確かにお笑い芸人ですから、売れないと死活問題ですので他にチャレンジすることは否定しません。

けど、人を笑わせるという本質を忘れてしまったお笑い芸人は、もはやそれはただのタレントです。

M-1グランプリの歴代覇者を全部知りませんが、私が歴代覇者で今も評価するのは、「中川家」と「サンドウィッチマン」くらいです。
どちらも、テレビでMCを務めているときは真面目ですが、キャストとして出ているときは基本「お笑い芸人」です。
動画配信でも、お笑い芸人として演目をやっているのを多く目にします。


最近の漫才師やお笑い芸人というのは、本当に多角化してきて一段とつまらなくしてきています。
もう私も「老害」の分類かも知れませんが、人を笑わしてナンボ。でこそ、お笑い芸人として名乗って欲しいですね。
それ以外は、タダのタレントです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30