•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

お金に余裕があれば毎日やってもらいたいこと

以前、こう言う記事に少し触れました。

【シリーズ・その17】ようやく一つ終わったか?  -- 2022-06-21 Tuesday


もしも、自分の生活で何かしらの縁で石油王になったら、雇ったり出張で来てもらったりしてでも、毎日してもらいたいことがあります。

・歯磨きのブラッシング
・髭剃り
・全身マッサージ(鍼灸+ストレッチ付き)


この中で、半家政婦としていてもらうのは、「歯磨きのブラッシング」ですかね。
自分でやるのが面倒くさいのではなく、してもらった方が物凄く気持ちいいんですよ。
定期検診でブラッシングされるのですが、今担当されている歯科衛生士さんも前の歯科衛生士さんも、撫でるように磨いてくれて「幸せ~~~♪」ってなるんですよ。
朝は時間が無いので、夜寝る前にやってもらえたら、もうグッスリそのまま寝ちゃいますよ。
特に奥歯裏の歯茎のブラッシングの力加減が至極最高。
これは、経験しないと分からないと思います。
最後は歯間ブラシで終了。
もう、何も言うことはありません。


髭剃りも深ぞりしてもらえると最高ですね。
あのジョリジョリ感が溜まりません。
自分でもやっているのですが、どうしても剃り残しがあるんです。
しかし、プロがやるとそうでもありません。
今通っている床屋さんで、まだ現役だったお母さんの職人技は、血が吹き出るほどうまかったです。
(もともと、皮膚が弱いので血が出やすいんです。)
いつも謝られて、ワセリンを塗られたんですけど、2~3日くらいヒゲを剃らなくても良いくらいの深ぞりなんですよね。
そう言う話をしたことがあって、その頃の職人さんは「ヒゲを剃る」んじゃなくて、「ヒゲを彫る」んだそうです。
だから、血が出るんですね。
でも、私は全然OKなんですよ。

そこのお母さん曰く、「毎日剃るとことはできない。」と言うのです。
なんでも、皮膚が荒れてしまうからだそうです。
よく考えたらそりゃそうですよね。「剃る」のではなく「彫る」のですから・・・

だから、床屋さんに行くときは、前夜や当日の朝に剃らず、出来れば2~3日くらいの無精ヒゲで来てもらいたいそうです。
それを聞いてから、私は出来るだけ無精ヒゲのままで来て、今の人に「剃っても大丈夫ですか?」と確認されちゃいます。
それで、「えぇ、存分に剃ってください。」と言うときがあります。
無精ヒゲをバッサリ剃られている感覚が気持ちよくて、本当に毎日剃ってもらいたい。くらい頼みたいです。
近所なので毎日とは言いませんが2~3日おきに通いたいですね(笑)
女性にはきっと理解してもらえないと思いますが、男性なら分かってもらえるはず?


最後は、自分でもある程度出来ますが、やっぱりやってもらった方が断然違いますね。
全身マッサージと鍼灸で血流を良くしたあとで、ストレッチをしたら最高だと思うんですよ。
もちろん、夜の風呂上がりですね。
全身カチコチになってきているので、ストレッチの重要性は分かっているのですが、1人ではなかなか出来ないものです。


これらを毎晩やってもらう事になると、軽く3時間くらい費やしそうです(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
そうなの???

カテゴリーをどうしようか悩んだけど、「ざれごと」としました。
と言うのも、いつもならニュース記事を引用するのですが、これ。

高校の入学式


4コママンガなんですが、うちの両親もそうでした。
入学式は来ていませんが、その代わり入学式前に保護者を集めて学校方針を伝えて、それに応じられないのであれば入学辞退してください。
的な説明がありました。
合格してから入学辞退なんてあるのか?と思うのですが、当時私のクラスでも数名学校を自主退学して、高校受験を受け直していたという風の噂を聞きます。
それはそれで凄いなぁ。と思うのですが、今時の保護者は大学の入学式や卒業式にも行くそうですね。
下手すると、子供の入社式にも訪れるとか。


私の親は放任主義でしたので、中学校の入学式にも来た記憶がございません。
と言うか、保護者が入れるスペースなんてなかったと思います。


小学校の入学式は出席していましたが、私は欠席(長期入院)でした(^^ゞ
学校に来たときは、ひらがなと足し算引き算が終わってました(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (22人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
今日はお休み

毎週欠かさず感想を書いてきたコミックス。
今、まとめ買いしたコミックスがあって、それがなかなか終わらないくらいのボリューム。
比較的セリフが多いのと、就寝前に読んでいるのですが、すぐに眠たくなるんですよ。
いわゆる中だるみというヤツでしょうか。


そうこうしているうちに、次々と新刊が発刊されてきて、積ん読状態になってきました。
これを何とかしなければ・・・と思うのですが、次への新展開がなぁ。と言う感じで読んでいます。


今回は、そう言う訳でお休みです。
多分、次週からは今中だるみしているコミックスの感想が書けるかな?(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
HENTAI と 性癖 と 寛容

このテーマを取り上げようかどうか、数年にわたって禿げるほどに悩みましたが、出来るだけ簡潔に取り上げたいと思います。
ちなみに、HENTAI を 変態 としなかったのは、とある新聞社への当てつけです。
(私は生涯その新聞社に対して侮蔑します。)


私は、誰しもがHENTAIだと思います。
老若男女は、(某新聞社的に言えば)みんなHENTAIです。
そうじゃないと、子孫を残せません。
(病気で元から残せない人も当然一定数います。)


そして、十人十色性癖を持っています。
男性視点で言えば、おっぱいが好きな人、幼児が好きな人、グラマラスな体型が好きな人、もうそれは様々です。
女性視点はなんでしょうね。ムキムキな筋肉が好きな人、身長が高い人が好きな人、母性本能をくすぐられる人が好きな人、等かな。
私はそれも全然別に良いと思います。
大っぴらげにするのも、ひたすら隠し通すのもどちらでも良いと思います。


そこに「寛容」出来るかどうかが、数年かけて禿げてきても私には明確な答えが出ません。
先日のブログで、スポーツ女子選手の際どいシーンを盗撮することに私は怒っていると書きました。

GW期間中のツーリング総括  -- 2022-05-11 Wednesday

そう言う性癖がいるのなら、「寛容」すべき。と言われると返す言葉がありません。
でも、「寛容」をオールマイティーなカードにされてしまったら、「痴漢」とかも性癖の一つなんだから「寛容」しろなんて言われかねません。
やっぱり、「寛容」にも限度があってそこの線引きが必要なんだと思います。
線引きされると、そう言う性癖を持つ人は余計に燃え上がりますから、どこかで発散させる場所が必要です。
ある程度力で抑え込むことは必要ですが、それでもHENTAIは法の隙間をくぐって、あるいはリスクを冒してまでやります。


例えば性癖の一つで犯罪でもある「痴漢」。
そう言うのがしたいのなら、そう言うラブホテルへ行ってください。
大阪の桜宮にあります。
「大阪浣腸線 ラブホ」で検索すると出てきます。
それに応じてくれる相手がいないのなら、金を出してデリバリーヘルスに頼みましょう。


陸上競技大会で、そう言う際どい性癖を発散したいのなら、それに応じてくれるセクシー女優を集め、どこかの競技場を借り切って入場料を取るなどしてやればどうですかね。
めっちゃ浅はかな考えですが、昭和後期から平成初期にかけてアイドルを集めて水着に着替えさせて、テレビで何かやってたじゃないですか。
私は見たことが無いのですが、おっぱいポロリとかあったんでしょ?
知らんけど。


犯罪行為を、正当化するための場所や機会を作ればいいと思うんです。
ちゃうかな?
その機会を奪うから、HENTAIが生まれ育つんだと思います。


これらは、男性視点で書いていますが女性視点からして性癖で発散する人はどうしているんですかね・・・?
って、ここで問うても回答は出てこないと思いますけど、そう言うのが元から無い人は考えるまでもないんですかね。
私からすると、それって人生の楽しみの一部を損しているような気がするんですけどね。


よく、一部のエセフェミニストが叫ぶ二次元のおっぱいが大きすぎて男性を誘惑している!とか、私からしたら「アホちゃうか。」と思うんですよね。
そんなの一部の性癖だけで、この世の男性全てが好きな訳じゃないんですよ。
「男性が~!女性ガー!」と言うのは、エセフェミニストには寛容性が全くなく、イチゼロの世界で生きているように見えて、しんどくないのかな?と思います。
私からしたら、程度の問題で別に気にもしないんですわ。
「痴漢」とか「盗撮」「レイプ」は犯罪なので糾弾されるべき対象ではありますけどね。


昨年か一昨年前に、「MeToo」をぶら下げるパフォーマンスありましたよね。
セクハラは、複雑な問題なので敢えて突っ込みませんが、「職場にハイヒールを止めさせろ!」と言うのには呆れましたね。
「やめたらええやん。」と思ったのは私だけでしょうか。
会社の規定にあるのなら、転職したらええやん。と思ったんですけど。
好きでやっている人は、全然OKですし、嫌なら無理することないのになぁ。と思います。
SNSで訴えたところで、規程を変えられる会社もあればそうでもない会社もあります。
それこそ、「寛容」じゃないですかね。
その「寛容」に受け入れられなければ、自分で会社を興すなりしてやれば良いと思います。


最後にセンシティブな点に触れますが、女性はセクシー女優に出演されている人をどう思っていますかね?
私は、単純に(色々含めて)凄いなぁ。と思うのですが、女性から見て同属嫌悪なのか、何とも思わないのか、寛容しているのか・・・興味あります。
あ、SNS上でエセフェミニストは「保護しろ!」の大合唱でしたね。
そして、セクシー女優さんがエセフェミニストに反論したらブロックするそうです。
なんなんかな?

話が一段とそれますがなんかのテレビ番組か雑誌かネットか忘れてしまったのですが、1990年代の売れていたセクシー女優さん1回あたりの出演額と、今のセクシー女優さん1回あたりの出演額が桁違いなんですってね。
まぁ、昔のAVは一本1万円前後していたと思いますが、今は数千円・・・下手すると千円台で売られていますからね。
超デフレですよ。
そら、1回あたりの出演額も少なくなるのもわかります。

もしも、身内に男女問わずAV出演していたら、正直、より一層ハゲ化が進むほど悩むと思います(笑)
「寛容」すべきなのか、「不寛容」になるべきなのか・・・
同性なら多分シレっと「どうやった?」と聞くと思いますが、異性なら黙っていますかね。
「沈黙は金、雄弁は銀」ってヤツですね。


結局長くなってしまったな。
ますます禿げるな。
ハゲ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (12人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
芸能人の相次ぐ自死

昨日の朝、いつものようにスマホで5ちゃんねるを見ていたら、「上島竜兵が死んだ!」って書き込みがあって、「ウソやろ・・・」と思ったら本当だった。
しかし、Yahooニュースを見ても「自殺」と言うキーワードはなくとも、こんなのが出たら「自殺やんけ!」って分かるくらい、もう何度も見ています。
心の相談窓口


先日も、渡辺裕之さんが亡くなり、昨年末には神田沙也加さんも亡くなりました。
コロナで亡くなった有名人よりも遙かに多いんじゃないでしょうか。


飛び降り自死は、理由がどうであれわかりますが、渡辺さんの「縊死」なんて難しい言葉を使っても、上記のような一文が出たら「あ・・・察し」になるくらい学習します。
上島竜兵さんも、病死で亡くなったのなら「Σ(- -ノ)ノ エェ!?」になりますが、上記のような一文が出たらわかってしまいますよね。
ネットメディアも、もう少し考えた方が良いと思います。


それにしても、そんなに特に思い入れがないのですが、彼の色んな芸風が見られなくなると、かなり寂しくなるなぁ。と思います。
私にとって彼を刺身料理で例えるなら、「つま」みたいな人です。
彼と関わった多くの芸人が物凄く悲しんでいるんじゃないでしょうか。
昨年末はなかったけど、もう年末恒例だった「笑ってはいけない」シリーズで、出川哲朗さんとの対決がなくなるんですね。
本当にどうでも良いコーナーなんだけど、そう言うのが大事なんですよ。


弔意からご冥福をお祈りします。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (12人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
最近地震が多い・・・

先々月下旬から、京都府南部を震源とする地震が頻発している。
しかも、震度3~4クラスが週に3~4回くらい感じたことがある。
これは、東南海トラフ地震の前触れか?
それとも、単なるプレートの歪みによる現象か?
痴呆ローカル局で取り上げないからハッキリと分からない。


ザッと拾ってみただけでもご覧の通り。















30年近く前、東京勤務の時に「東京は結構揺れるからな~。」ってのが当たり前なくらい、最初はビビってたけどそれも慣れた頃に、あの1.17である。
あの時は、「久しぶりにデカイの来たな~。」くらいしか思わなかったのだが、それは大きな誤解だった。
阪神大震災の余波が東京や千葉に来たのだった。


3.11も当時東大阪にいたんだけど、オンボロ建屋で凄く揺れた。
この時は、「ついに東京か?」と思ったら、東日本大震災であった。
その時も横揺れが凄かったのを覚えている。


この経験から、縦揺れは「地域内」。横揺れは「遠方」と学習したが、それが正しいかどうか分からない。
あくまでも経験則だから。
京都府南部群発地震、一体何なんだろうか。
気になって仕方ない。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
明日はメーデー・・・

定年後、もし再雇用を選択した時どうするか。


組合に再加入しないかなぁ


これに尽きる。
実は、今の組合活動に疑問点が多くあり、実践していることもある。
それは、各種募金運動と政治団体への加入をしない。と言う事。


組合なんて社員全体は守っても、個別案件で発生したことには守ってくれない事をたびたび痛感した。
数え上げればキリがない。
これまでで、強く印象に残っているのは、
・北大阪地震で発生した家屋一部損壊で義捐金から修繕費用を出すと言われて必要事項と損壊箇所の写真を提出したのに、修理が終わって数ヶ月後に罹災証明を出せと言われた
・ボーナス査定評価に不服があり組合に訴えたが真剣に向き合ってもらえなかった・・・どころか意趣返しで配置転換されうつ病再発
・病気休職中に産業医からパワハラを受け、それを相談したのに無視された(返事一つなかった。)
この3要素が私の心に大きく傷に残り、それ以来組合不信となっている。


若い頃、組合から頼まれて何度か募金をしたけれども、現在は、政治団体への参加を含めて募金をしていない。


あと、毎年の事ながら春闘プロレスで、達成も出来ない目標を掲げて中途半端な妥結の繰り返し。
労使交渉では、常に使用者側に寄り添って妥結している。
それに、過去最高益を出しているのに、グループ会社のKPIで達成出来なくてボーナスがマイナスになったのも、ハッキリ言って
なんじゃそりゃー

なんじゃそりゃー!
ですよ。その点を組合は追及していますが、ノラリクラリと使用者側にかわされてしまって藪の中へ・・・
春闘では、「時間外ストライキ」なるものを毎年やるのですが、それって後日、組合員に仕事の負担を強いることになるんですよね。
それを守っている組合員はいるのかな?特に目の届かないユーザービルなんかは、無法地帯でした。
こんなだらしない組合に、加入する意味ってある?と思うと、その先短いのに入る価値はあるのか?と考えるんですよ。
高い組合費を払って、全く割に合わないなぁ。と。


巨大な組織なのに、何やってんだ?と思いますよね。
無関心になるのも必然です。
だらしない野盗に迎合し、政治団体を作ってたいそうなお題目を立てているけど役立たず。
だから、一部の労働組合幹部も労働貴族として優雅にやっている。と見えてしまいますね。
だって、使用者側に寄り添って施策を決めたら良いんですもの。
それだから組合員は、殆ど無関心なってくるので適当に決めて適当にやっておけばOK。
そんな風に私は見えています。
あ、適当というのは言葉に語弊がありますね。
使用者側に寄り添ってやればOKですね。
時間外ストライキなんぞ無意味な戦術を使わず、丸1日休む戦術に切り替えて、社会的な混乱を見せるくらいの意気込みを見せてもらいたいものです。
何のためのストライキ準備金があるのでしょうか。膨らむ一方で組合幹部貴族の肥やしになっているんですかね。


メーデーなんてのも、私が社会人になる前の遙か昔は活気があったと思いますが、今じゃオナニー祭。
10年以上前に動員で参加したことがあったのですが、ハッキリ言って野盗のパフォーマンス祭で「こんなの意味あるの?」と悟りました。
その後、組合員の集めた組合費で昼間から飲み食い。(私は不参加でしたが。)
いや~、労働貴族サイコーですなぁ。


組合幹部の中では、一生懸命されている人もいるんですよ。
でも、組合組織という枠組みでの評価は、私が100点満点を付けるなら10点ですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
何故、変化を嫌うオッサンがいるのかを考えてみた

まず最初に、全てのおっさんが変化を嫌っているわけではありません。
また、全ての変化(時代、法律、社会システム)を嫌うわけではありません。
そんな事を言ったら、平均年齢が60歳以上とも言われている政治家なんてどうなんだ?と。。。


で、ですね。
私も充分オッサン年齢なので、若い人からすると「なんでこんな簡単なことを変えようとしないんだろう。」と言う事をオッサン目線で一考したいと思います。
あくまでも私基準で。
賛否どちらでも構いません。


まず、変化を嫌うオッサンは、「また最初からやり直すこと、覚え直すことが面倒。」だと思います。
やり直すだけならまだ良いのですが、覚え直すと言う事は結構大変なんですよ。
特にルーチンワークで仕事をしてきた人なんかは、新しいことを始めるのに一から覚えないとダメです。
あ、10代20代でそんな事を言っている人がいたら、もうそれは「オッサン予備軍」と思っても良いです(笑)


私の場合、「よし、明日から大型特殊免許でも取得するか!」と一念発起しても、絶対に行動に移しません。
だって、色々考えてしまうからです。
・そんな金どこにある?
・取得して転職する?
・転職するなら今よりも自由が効いて年収が上がるか?
・目的は?
と、後のことばかりを考えて前に進まないんですよ。
多分、20代に思いついたのなら行動に移していたかも知れませんが、それを取得したらしたで周りから「どう言う心境で取ったん?」「仕事で使うん?」と聞かれること間違いなしでしょう。


それで、変化を嫌うオッサン(の多分多く)は、「これまでの経験を活かしたい。」と思うのです。
しかし、社会システムがドンドン変わっていくので、それに対応していかなければなりません。
これまでの経験が全く活かされないケースだってあります。
そう言うのは、スパッと捨てられたら「(社会システムに順応)出来るオッサン」なんですが、なかなか捨てられないのが「変化を嫌うオッサン」なんだと思うんですよ。


「これまでの経験を活かす。」と言うのは全然否定しません。
その経験を社会システムの変化に合わせて活かしてこそが、「(社会システムに順応)出来るオッサン」なんですけどもそんなのごく一部だと私は思うんですよ。
それでそう言うオッサンの多くは、色々な詐欺師にロックオンされるんですよね。
多分、私も色々な詐欺師に騙されると断言します。
それが、いつなのかは分かりませんがね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (14人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
第二の国連を作れば良いのにね

有料記事のため、引用無し。タイトルのみ。
「第二の国連」も検討しては


本当にそう思う。
日米が今の国連から脱退する際に、各国とネゴシエーションをとっておいて、新たな組織を設立してやれたら良いのにね。
と。
このコラムは、本当に読むたびに「そうだよなぁ。」と気付かされることが多いんですよ。
最後の2行には、クスッと笑えましたけどね。

正体


多分、記者は目一杯の皮肉を込めているんでしょうけど(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (11人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
電力の安定供給には原子力発電所の再稼働が重要です

原発再稼働は喫緊の死活問題

有料記事なので本文は割愛。
私が前に書いたことに近いことを、この方は記事にして書いている。
建前上、首都圏で大規模なブラックアウトがならなくてホッとしていると書いている。
もしも、首都圏で大規模なブラックアウトが発生したタイミングで、原発再稼働アンケートを採ったとしたら、もっとそれ以上の差で再稼働容認気運が高まったのではないか。


前にも書いたけれども、安全を蔑ろにした再稼働は絶対に反対である。
柏崎原子力発電所のずさんな安全管理は、即刻停止するべき案件である。
そうで無いものは、必要最低限の安全が確認されれば、速やかに再稼働をするべきである。


そうすれば、電力の安定供給が保たれて、電気代も下がって一石二鳥でWin-Winになるんじゃないかな。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (12人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31