•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

情報番組は、情報弱者最適のツールだね
正しい情報を伝えず、上っ面だけの不安を煽って、情報弱者を右往左往させるのが、楽しくて仕方ないんだろうな。
先月、実家に帰省したときに話を聞いていたこと。
地方銀行からドコモ口座にお金が抜かれる事件があって、メガバンクの三井住友銀行や三菱UFJ銀行が安全である。とテレビで放送されていたらしく、親が今のメイン口座からメガバンクに切り換えようか考えているらしい。


本当に情報弱者のツールにまんまと踊らされているなぁ。と帰省のたびに話を聞いてゲンナリするんだけど、単にお金の出し入れだけに使っているメインバンクなら、別にそうしても構わないだろう。
「お好きにどうぞ。」と一言で済まされる。
しかし、このメインバンクに
・クレジットカード引落
・公共料金引落
・株式投資の出納口座
・年金支給口座
といくつもの紐付けがされていたら、それらの手続きをするだけで更に手間がかかる。
老人はサンデー毎日だから、いくつ紐付いても時間が無限にあって、『どんなにたくさんの手続きがあっても華麗に済ませる。』なら、「お好きにどうぞ。」の一言で済むが、自分の親の性格からそれらの火の粉が自分にかかるのを分かっているため、全力で阻止するために説明をクドクドとする。


情報番組は情報弱者にとって、ツールとして最強である。
テレビの言う事は絶対に正しい。と言う信念から、100%納得させるための説明に苦労する。
私の話術が下手なのもあるが、ともかく不安がって聞き入れる耳を持っていない。

取りあえず、今回の事件を整理する説明で、
・既に地方銀行とドコモ口座間の送金は凍結されている
・仮に起きたとしてもドコモなら100%保証してくれる(声明済)
である。
そして、以下も付け加えておいた。
・たまたま、今回三菱UFJ銀行と三井住友銀行がセーフだったが、今後の安全保証は絶対にない
・メインバンクを変えると、自分1人で手続きをやらないとダメだけど出来るかい?
・テレビでこう言う事件がでるたびに、「ここの銀行が安全」と言われたら口座変えるの?
と言う事で、何だか面倒くさい方に気持ちが傾いてくれたので、メインバンクを変える気持ちはおさまってくれたようだ。


しかし、情報番組は、いい加減なことばかり言うので本当に困る。
こいつらは、適当なことを抜かしてばかりで絶対に責任を取らない。
正しい情報を伝えず、上っ面だけの不安を煽って、情報弱者を右往左往させるのが、楽しくて仕方ないんだろうな。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
聲の形
コミックスもあるので、後日買って映画との比較をしたいと思います。
今夜、日テレ系で21時から放送されます。
京都アニメーション制作の「聲の形」。




以前、NHK教育で放送されていたのですが、初見でとても感銘した作品です。
涙も流さずにはいられない、そんな物語です。


是非とも見て欲しいな。
ろうあ者の気持ちが少しでも分かると、私はとてもうれしいです。


コミックスもあるので、後日買って映画との比較をしたいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
オーシャンズ8
昨日、先週末に放送されたオーシャンズ8を見ました。



昨日、先週末に放送されたオーシャンズ8を見ました。
実は、映画館で観に行こうかと思っていたのですが、「オーシャンズと言えば男だよな!」と言う勝手な価値観でいきませんでした(苦笑)


こちらは、ダニーオーシャンの妹が主役。
豪華な宝石を盗み出すという設定。
見ていて最初に気付いたのですが、タイトルの「オーシャンズ8」だから8人でやるのに、なんで7人?と思ってました。
最後の方でそう言うオチがあったとは。。。


すべてを見て素直に感想を書くと、華麗に盗むけど何か一つ物足りない。
迫力がないというか、あそこで盗む芸当があっても本人は気付くだろうし、簡単に取れるものではない宝石なのに、そんな不自然なところで見つかるわけないでしょ。と、もう少しストーリーを詰めて欲しかったな。と思います。
Amazonのレビューでは、評価が意外と高かったので、これは多分私が出演している女優を殆ど知らないからかな。と反省しております。
やっぱり、ジョージ・クルーニーにカンバックしてもらって、オーシャンズシリーズをやって欲しいなあ。と思います。


あ。
このオーシャンズ8では、過去のオーシャンズシリーズに出演した俳優さんも出てきます。
そうした視点で見ると、ちょっと懐かしいなあ。なんて思いますね。


最近、テレビで気になる映画をよくやっていて、録画しまくってます。
私にしては、ちょっと珍しい現象です(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 13:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
BS4K マトリックスシリーズ
そこですっかりはまってしまい、第2部のリローデッド、第3部のレボリューションズと私にはやったことが無い、1上映に映画館へ2回以上足を運ぶ事をしました。
が放送されるそうです。
こちら




私の数少ない映画史において、マトリックスシリーズは「タワーリング・インフェルノ」級の感動をもらいました。
ワイヤーアクション、多くのCG、そして哲学的なストーリー。
実は、最初だけたまたまテレビで放送するのを見て、「何か面白そう・・・」と言う事で録画予約。
そこですっかりはまってしまい、第2部のリローデッド、第3部のレボリューションズと私にはやったことが無い、1上映に映画館へ2回以上足を運ぶ事をしました。


もちろん、DVDは全巻揃えていますが、今回は4Kでの放送と言うことでちょっと楽しみです。
当然、永久保存する予定です(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
懐古厨になる
もともと、Flash動画専門サイト、pya!があったのですが、YouTubeやニコニコ動画の台頭で廃れていきました。
取りあえず、10年~15年位前に流行ったFlash動画が、いつの間にかYoutubeに転載されていたので見入った5作品。

【マイヤヒ】




【もすかう】




【トゥートゥートゥマシェリーマーシェーリー】




【「Nightmare City」 & 「Nightmare City -Catastrophe-」】




いやぁ、懐かしいです。
もともと、Flash動画専門サイト、pya!があったのですが、YouTubeやニコニコ動画の台頭で廃れていきました。
今では、著作権の関係からか、こうしたのを殆ど見られないのが残念です。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ::動画配信 | comments (0) | trackback (0)
生活笑百科~誰もいない漫才~
どうでも良いのですが、アシスタントが稲垣早希ちゃんじゃなく(産休)、ハーフ?なタレント?に変わってました。
先週末のお昼、たまたま見ていたチャンネルがNHK総合で、そんな番組をやっていました。
結構長いことやってますね。


で、何かいつもと雰囲気が違うなあ。と思っていたら、オール阪神・巨人がネタみせで暴露していました。
そうか!スタジオ見学に誰もいないんだと言うことを!


だから、何かおかしいなあ。ネタが今一つ盛り上がらないなあ。と思ったらそう言うことでしたか。
それでも、若手・ベテラン、司会進行にゲストと相談員は、プロですね。
スタジオに人がいなくてもさもいるような盛り上がり方をしていました。
でも、やっぱり違和感がある。。。


早く終息すると良いですね。
どうでも良いのですが、アシスタントが稲垣早希ちゃんじゃなく(産休)、ハーフ?なタレント?に変わってました。
この番組を見るたびに、笑福亭仁鶴さんを思い出すのですが、まだご健在なのでしょうかね?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
「新型コロナウイルス」を扱うと・・・
私は、ワイドショーなんてのは見ない(Twitterでファクトチェックを見ています。
広告が軒並み落ちる(ノーカウント)するらしい。
うちも、ブログやホームページのトップに広告バナーを載っけているけど、広告収入は月に0~1円なのでノーカンでも気にせず取り上げています(^^)


でも、広告収入を生業とするブロガーや銅が配信者には痛いですよね。
だって、そのキーワードを触れるだけで0円になるわけですから。
死活問題です。


こう言うセンシティブな情報って、デマも当然横行するわけで、広告配信元も仕方なく一律に外すんですよね。
でもこう言う時思うんですよ。


テレビ(特にワイドショーや報道系番組)では、ウソやデマ、偏向報道を何度やってもテレビ局に広告収入が入るんですよね。
おかしいと思いませんか?
こう言う番組こそ、広告収入を落とさなければいけない(全部ACjapanにする)のではないか。と私は思うんですけどね。
私は、ワイドショーなんてのは見ない(Twitterでファクトチェックを見ています。)のですが、取材した内容を適当に不安を煽って、格安の電波料で公共に垂れ流すのはいささかどうかと思います。


一頃は、番組に提供しているCM会社を一覧表にネット上に挙げ、その会社の広報担当に問い合わせて業務を疲弊させる(左翼が良くやる常套手段らしい)なんてのを見ましたが、今でもやっている人はいるんですかね。
SNSでデマを流したあとに、その人を特定して吊し上げるのも流行しているようですが、何もそこまでしなくても良いような気がします。
それに乗っかる(シェアとかリツイートとか。)人も、慎重にしないと手痛いことになるので気をつけて下さいね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
Live Love ひょうご
日本海から瀬戸内海まで、津々浦々情報を淡々と流してくれる。
平日月~金曜日の18:30~19:00に放送されるNHK地域情報番組である。
私は可能な限りほぼ毎日視聴している。
昨年の4月にリニューアルオープンされて、今の名称になったのだけど、結構好きである。
何か地域愛が溢れている。気がする。


アナウンサーが地元で無い人が多いのが少々残念だけど、番組作りとしては「兵庫県」にまつわる情報を流している。
ただ、気になるのは、兵庫県全域でも淡路推しが気になる。
その次は丹波。で、次が神戸、播磨。阪神の順である。
淡路島情報が、週に1度も無い。と言う事は滅多にない。
ネタに困ったときは淡路頼みなのだろうか。


でも、この番組を見ることで郷土愛が深まってきている。
日本海から瀬戸内海まで、津々浦々情報を淡々と流してくれる。
この番組を見るために受信料を払っているようなものである。


ロゴも私好みである。

りぶらぶひょうご


これからも、まんべんなく兵庫の情報発信を続けて欲しいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
ドラマ・教場
警察官なら誰でも通る道ですし、「あんな、ドラマのように次から次へと問題が起きたりしなし、学校での教官は不祥事に節穴だったわ。
先週の土日(1/4~1/5)のドラマ、教場。
たまたま、予告CMを見て、「警察学校」というテーマから録画予約しました。


一言で感想を書けば、


「アレだけ苦労して警察学校を卒業したのに、なんで不祥事を起こすんだろうな。」


と言う事です。
警察官なら誰でも通る道ですし、「あんな、ドラマのように次から次へと問題が起きたりしなし、学校での教官は不祥事に節穴だったわ。」と突っ込む人もいることでしょう。
私は、実情を全く知りませんが、まぁ、確かにアレだけの観察眼の教官がいると、警察の不祥事なんてのは起きにくいくいはずだと思います。
フィクションドラマと言う事なので、創作である事にちょっとガッカリしたのですが、撮影の方はかなり大変だったんじゃないかな?と思います。


私と警察学校は、実は中学時代に陸上競技の大会でその会場が警察学校だったりするんですよ。
中学生の時に、「どんな学校なんだろう?」とボンヤリとしか思い浮かびませんでした。
広い校庭に、400mトラックが用意出来る素晴らしいところでした。
建物は当時から古さが否めませんでしたが、今はもうありません。


でもまぁ、警察学校の(フィクションながらも)どんなところかが見られて、世の警察官は「初心忘るべからず」で日々の事案に取り組んで欲しいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
全るーみっくアニメ大投票
当時は、日高のり子さん、山寺宏一さん、関俊彦さん、林原めぐみさんなど、今じゃベテラン揃いを当時ラジオで聞いていた。
過去形になってしまうのですが、先週土曜日(11/16)、BS3chで放送された全るーみっくアニメ大投票
オンタイムで視ることはせず、翌日の日曜日、出前で届いたピザを食べながら、のんびりと見ていました。
なんせ、3時間半の拘束ですからね。
気合いを入れて見ましたよ(^^)


私の世代のるーみっく(高橋留美子さんの漫画作品)というと、「うる星やつら」になるのですが、思春期まっただ中でTVCM予告だけを見て、「ちょっとエロいな・・・」と思って見ませんでした。
確か、毎週水曜日の夜7時30分からで親と一緒に見るのに気まずかったからかなぁ?(笑)
まだ、この頃に我が家にはビデオレコーダーなんてものは存在していませんから、コッソリ一人で見るなんて事は出来なかったんですよ(笑)
もしかすると、見ていたかも知れないのですが、殆ど記憶に残っていません。
また、連載されていた週刊少年サンデーは、私にとって無縁の雑誌でした。だから、作品の内容も知る由もありません。
読んでいた雑誌は、「コロコロコミック」くらいだったかなあ?
「うる星やつら」のアニメを見始めたのは、社会人になってからでBS放送で再放送をやっていたのを録画して見始めたのがきっかけです。
なかなか、面白いアニメであるとこの時になって知りました。


月日が流れ、高校時代の合宿に後輩が「めぞん一刻」の単行本を1冊持っていたのでそれを借りて読むことに。
これまで、単行本を読むという習慣が殆ど無く、あっても「ドラえもん」くらいしかなく、この「めぞん一刻」を途中巻でありながら衝撃を受けた。
そして、この頃の私の音楽と言えば、「ゲームミュージック」であった。
何を聞くにしてもゲーム。
ゲーム脳。。。
当時は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が私の中で一番だったのでした。
それを聞いた友人が、「何じゃこれ?J-POPのピカソを聞け!」と言われ、レンタルレコード屋のTSUTAYAで借りたのでした。
これが私が初めて触れるアニソンの始まり・・・
しかし、こちらも原作の雑誌・スピリッツだが読んでいない。
寮生活4年目の頃に、何故かゴミ集めのところに、「めぞん一刻」の単行本10巻~14巻が捨てられており、それを難無く回収。
穴があくほどに繰り返し読み、それ以外の読みたい欲求を抑え、大学卒業して実家に帰る途中の古本屋で残りを全部買って揃えた。
そして、社会人になって東京(実質千葉)生活が始まって、リサイクルショップに「めぞん一刻」のVHSビデオ全巻が24,000円で発見。
社会人になってそこそこにお金が有ったので難無く回収。
ついでに中古のビデオデッキも買って2台繋げてダビングして、VHSビデオは今でも納戸に保管シテマス。
そして、毎晩寝る前に見て深みにはまり、レンタルCDショップでこのアニメのオープニングとエンディング曲を探したっけなあ。見つからなかったけど。
(結局、調べて各々のアーティストのアルバムを借りた。)
今でも、ピカソ村下孝蔵は偉大である。
私の中での「アニメ・ラブコメ」は、やはりこの作品が1番だろう。


次に「らんま1/2」。
こちらは、大学の寮生活で漫画雑誌の回し読みがあったので、そこで触れることになる。
アニメもやっていてオンタイムで視ていたっけなあ。
この頃から、「声優」と言うものに興味を示す。
たまたま、ラジオで声優がやっている放送をどこかで知り、ほぼ大学時代は聞いていた。
当時は、日高のり子さん、山寺宏一さん、関俊彦さん、林原めぐみさんなど、今じゃベテラン揃いを当時ラジオで聞いていた。
アニメも面白くて好きで、ダビングしてテープに残していたが、それが今どこへ行ったのやら・・・(笑)
見つけたら当時のCMとか、なつかCMになりそうだ。


と。私が触れるるーみっく作品はここまで。
その後、「犬夜叉」とか「境界のRINNE」とかあるけれど、残念ながらアニメも原作も全く知らない。
その上興味ない(笑)

で、ここからが本題で、先日の放送は私にとって、生涯残しておきたい神回だった。
あまり声優さんがTVに出ることは好きじゃないんだが、この生放送では年を重ねても演技が凄いな。の一言に尽きる。
放送開始直後、島本須美さんが演じる「音無響子」は「え?」と思うほど違っていたんだけど、アフレコに入ったときは、私の記憶する「音無響子」さんに戻っていた。
こう言う声だけの演技というのは、本当に尊敬の出来る職業だなあ。とつくづく思う。

「うる星やつら」のラムちゃんを演じる平野文さん、「めぞん一刻」の音無響子を演じる島本須美さん、「らんま1/2」の天道あかねを演じる日高のり子さんの3人が即興で歌ったラムのラブソングは凄かった。




他にも制作の裏話や、私が好きな声優の一人である「千葉繁さん」の暴走エピソードなど、どれも楽しく見ることが出来ました。
るーみっくワールドが好きな人には、とてもたまらない3時間半であっと言う間に終わった。
投票の方はと言うと、順位が上がるごとに10年ずつ層が分かれていきました。
これは、そうだろうなぁ。と思うほど。
意外だったのは、投票した層の殆どが女性層だったということ。
少年誌に掲載されていたから、男性層が多かったと思っていたのですが、「めぞん一刻」を除く上位3番組は女性が圧倒的でした。
また、10年後にこう言う大投票をやって欲しいですね。
楽しみにしています(^^)

そうそう、山口勝平さんと日高のり子さんが言っていた、「らんま1/2完結編」これは是非やって欲しいです。
絶対に録画視聴しますわ。

最後に私の中でコミックスとしてお奨めなのが、1ポンドの福音
大会の遠征途中に新幹線の中で第1巻を読んだんだけど、腹を抱えて笑うのを堪えてました。
それ位面白いです。




アニメはそれ程面白くなかったけどね。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31