•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

かにカニ日帰りエクスプレス~山陰編~
Twitterで今回の旅の反省点を書きましたけど、。
久し振りの登場です。
かにカニ日帰りエクスプレス。
前回いつだったかなぁ・・・と思ったらもう7年前になるんですね。

カニかに日帰りエクスプレス総括 3回目  -- 2013-12-01 Sunday


通算4回目。
お約束通り山陰へ行って来ました。
鳥取県の三朝温泉に照準を絞りました。
相方から、依山楼 岩崎は良かったよ。と言う事で、そこにしました。

今回から予約がJR西日本のみどりの窓口ではなく、日本旅行でのサイトとなりました。
Go To トラベルが関係しているみたいでして、11月3日頃に仕方なくそこの会員登録になって申込をしました。
大阪駅から結構な距離ですし、朝早い電車に乗るのもどうかなあ。と思っていたのですが、何と一番列車は既に座席が満席で取れませんでした。

仕方ないので2番目の列車を選択することに。
これだと、現地の滞在時間が物凄く短くなるな~。と思いながらの申込でした。
幸い、席が確保できたので、一安心。


旅行当日は、天気の良い一日でした。
何とも清々しいというか。日頃の行いが出たのでしょう。
前夜では、鳥取や兵庫県日本海側では雲の多い予報だったのですが。
そんなに寒くもなく、ちょっと厚手のコートは失敗だった気がします。


倉吉駅から約20分。送迎バスに揺られながら着きました。
かなり大きな旅館です。
早速、お食事会場に案内されました。

最初、コロナの関係で個室になるのかな?とそんな雰囲気でしたが、壁を取り払った広間でした。
先客で3組来られていて、私達が最後だったようです。くぅ~。


お食事は全体こんな感じ。
かにカニ日帰りエクスプレス◆お料理全体


コチラはお品書き
かにカニ日帰りエクスプレス◆お品書き


かにカニ日帰りエクスプレス◆前菜と先付


かにカニ日帰りエクスプレス◆前菜2


かにカニ日帰りエクスプレス◆お造り


かにカニ日帰りエクスプレス◆ズワイガニの酢の物


お食事はこれ以外にも、蟹鍋、蟹の茶碗蒸し、デザートと付いてきました。
もう、食べることに夢中で撮影やぬいぐるみで遊ぶ暇がないくらい、むしゃむしゃと食べていきました。
(到着時間も1時過ぎだったから腹も空いていた。と言う理由もある。)
満腹になったところで、私は温泉へ。
事前にWebで調べていたのですが、北陸地方の温泉と違って、何種類もの露天風呂や内風呂、スチーム風呂に30度前後のお風呂もあってサイコーでした。
ラジウムスチーム風呂ってどんなんやろ?と思って入ったのですが、サウナみたいなもんですね。
コレに15分くらい入って、30度前後のお風呂に入っての交互浴を繰り返すと、絶対に気持ちいいだろうなぁ。と思いました。
残念ながら入浴する時間が殆ど無くて、身体だけを洗って、一つ一つのお風呂を2~3分浸かっては、別のお風呂に入ってを繰り返しただけでした。
30度前後のお風呂だけは、何度も浸かったなぁ。めっちゃ気持ちよかった。


風呂に上がってからは、電子クーポンで8000円分のお土産を買うことに。
ふだん、1~2000円程度のものしか買いませんが、さすがに8000円ともなるとどれを買おうか迷いますw
こんなん絶対に買わないだろう。と言うお土産物をわんさか入れていきました。

お土産物の品々


包みに入っているものは、相方のもので私は良く分かっていません。
私が勝ったのは、梨のきんつばとノドグロとシジミのお味噌汁でした。
どんなものかちょっと楽しみです。


Twitterで今回の旅の反省点を書きましたけど、
・山陰は遠いので、行くなら始発便と最終便にする!
・カニはやっぱり日本海で取れたものがサイコー
・温泉も色んな種類があってサイコー!
・+1000円でグリーン車に乗れるので、ケチらずに乗れ。
・ただし、グリーン車の車内Wi-Fiは座席位置にも因るが届かないので期待しちゃダメ
・Go To トラベル政策は、内需喚起に役立っている!安倍前首相、菅首相ありがとう
・ディーゼル車は、やっぱり五月蠅いなw

滞在時間がもう少し長ければ、100点満点を差し上げたいところですが、今回はそれが影響して70点と言った所です。
でも、旅館が良かったので、今度は泊まりで行きたいですね。


今回、大阪府が自粛要請を呼びかけていましたが、大阪駅から乗車する人は、そんなのお構いなしでしたね。
まぁ、何週間も前から予約をしていて、今更キャンセルできるか!自粛なんてしていられるか!(私もだけど)が殆どなのでしょうね。
老若男女の多くの人達が乗り込んでいました。(行きのグリーン車は満席に近かったのですが、実際はチラホラ空いていました。直前のキャンセルなのでしょうね。)


さて、北陸、山陰と行きましたから、こんどは城崎ですね。
来年行けたらいいなぁ。


最後に久し振りの電車旅でしたが、やっぱり旅は最高ですね。
また、旅をしたいです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (10人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
Go To トラベル を使う!
うちの親は、もう、武漢ウイルスなんて怖くない。
何だかんだ文句を言っていましたが、来月電車で蟹を食べに行くことにしました。
GO TO ~  -- 2020-10-07 Wednesday


取りあえず、行きはグリーン車。帰りは指定普通車で。
行き先は鳥取三朝温泉です。
いつも、北陸の方に行ってたのですが、たまには違うところにも行ってみたい。と言う事で山陰を狙い撃ちにしてみました。
スーパーはくとにも乗ってみたかったしね。


いつもなら、JR西日本の専用電話で予約をするのですが、今年は、Go To トラベルが使える旅行代理店に丸投げにしたみたいです。
正直、行くのを躊躇ったのは事実なのですが、まぁ、今回はマスクして我慢するか。と諦める方に力が傾きました(笑)
コースは一番安いコースなのですが、以前奮発して高いコースにしたら、料理で腹がパンパンになって気持ち悪くなり、最後に送迎バスの中でリバースした苦い経験があるからです。
なので、料理は程々で美味しく楽しく、温泉に浸かって行くプランにしました。
親を誘って合計54,600円のところ、19,110円引きの35,490円!に8,000円分の電子クーポンがもらえることになりました。
これは、さすがにお得感が高いですね。


うちの親は、もう、武漢ウイルスなんて怖くない。と言っています。
感染者数が多くても無自覚・無症状が殆どだし、万一自分が感染しても悔いのない人生を送りたいと言って、Go To トラベルを目一杯活用しているようです。
武漢ウイルスに対しての知識を理解すれば、インフルエンザに比べると大したことありません。
不必要に煽るマスゴミやコロナ脳に惑わさなければ、普段の生活様式で良いのです。
新しい生活様式の押しつけは、風邪の延長線でしかない武漢ウイルスには過剰であると私は考えています。
普段から手洗い・うがいを励行していれば、武漢ウイルスはもちろん、インフルエンザ恐るるに足らず!


ということで、来月、スマイコやんを連れて楽しんでこようと思います。
行けるのかちょっと心配の今日この頃です(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
モバイルICOCAが始まるらしい
随分と先の長い話しだなぁ。
「モバイルICOCA」2023年春スタート

随分と先の長い話しだなぁ。と思っているモバイルICOCAサービス開始。
正直、私はどっちでも良いサービスの一つで、スマホ機種変更のたびにNFC決済のiDお引っ越しに失敗するので、多分、物珍しさに最初だけやって終わるだろう。と思っている。
ただ、このサービス開始に魅力的な機能が一つだけあった。
それは、
定期券の購入やチャージの代金は、利用開始時に登録するクレジットカードからの支払う
と言う事。
現在は、検討中なので確定していることではないんだけど、3年後のサービス開始には是非とも確定してもらいたいものである。
もちろん、チャージするにはクレジットカードの暗証番号必須であることは言うまでもない。


今のsmart ICOCAでもスマホやカードリーダーライター経由でスマートチャージが出来れば良いのだけど、それが今もなお出来ない。
技術的な問題なのか、セキュリティーが問題なのか。
それがモバイルICOCAで解決出来そうなのだ。


巨大掲示板では、モバイルICOCAは絶対に出ないという話題がずっと続いていたんだけど、こうして公式で発表があった以上出ることになった。
今後は、絶対でない論者は、モバイルICOCA否定路線にシフトしていくのだろうか。
ちょっと楽しみである。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
2019年3月JR西日本ダイヤ改正
そして、区間快速や快速を充実するために大阪発着から新大阪発着に変更し、昼間時の行き先を新三田行き2本、篠山口行き2本にすると新幹線の乗換に利便性が向上する。
が来月14日に行われる。
今回のダイヤ改正で我が沿線の丹波路快速の昼間は、区間快速に切り替わる。

現在、丹波路快速の停車駅は
大阪-尼崎-伊丹-川西池田-中山寺-宝塚-西宮名塩-三田-三田から先各駅停車である

そして、区間快速の停車駅は
大阪-尼崎-伊丹-川西池田-川西池田駅から先各駅停車になる(JR西日本広報リリースでは宝塚から先各駅停車と書かれている。)


これまで普通電車が新三田まで走っていたのは、すべて宝塚止まりに変わる。
実質、宝塚より先の丹波路快速停車駅沿線住民にとっては、昼間時の本数が減ることになる。
最大6本(快速2本と普通4本)から4本になる。
ニュースリリースでは、(大阪方面の)速達性向上をうたっているが・・・
まぁ、実際に昼間の時間帯に乗っていないので分からないが、相当空気輸送状態なのだろう。


ここからは、完全に私の妄想なのでスルーしても良いんだけど、ラッシュアワー帯も含めて普通電車を大阪に乗り入れるのをやめて、東西線直通の四條畷行きにしてはどうだろうか。
多分、現行の運用が高槻~宝塚だと思うんだけど、そう言う運用は全部区間快速に任せたり、西明石~京都間の普通電車に一任すれば良いと思う。

JR京都線、JR神戸線が遅れると、それに引きずられて、JR東西線、JR学研都市線、JR宝塚線に遅れが生じる。
それを最小限にするため、JR宝塚線が乗り入れている大阪への運用を極力最小限にして、JR東西線経由の四條畷行きにすれば良いと思う。
もちろん、尼崎で京都行き普通電車と乗り換えできるようにね。

そして、区間快速や快速を充実するために大阪発着から新大阪発着に変更し、昼間時の行き先を新三田行き2本、篠山口行き2本にすると新幹線の乗換に利便性が向上する。
おまけで、おおさか東線と接続出来ればなおよし。
(おおさか東線と直通はしなくて良い。ダイヤが乱れたときの影響が大きいので。)
将来、リニアが開通したときも便利になるだろうし。

現在の快速電車は、全て大阪発着になっているんだけど、これを新大阪発着に変えてくれないかなあ。
なんて、常々思っている。
新幹線を使うときに、大阪駅や手前の尼崎で乗り換えるのが面倒くさいんですよ。
直通普通電車が無くなるので、快速だけでも新大阪発着にすると嬉しいんだよなあ。


今度のダイヤ改正で、JR宝塚線はある意味ターニングポイントにきた感があるので、ブログとして記事にしておきました。
最終電車も繰り上がるのかしらね?


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
日帰りで晴れの国に行って来ました
しかも、新幹線の殆どが東海道新幹線だったので、山陽新幹線に乗ったのは記憶する限り大学生以来かなぁ?。
遅い夏休みを先週土曜日から来週月曜日まで取っています。
14日は、久し振りに虚無感に襲われ、自律神経もおかしくなって、兎にも角にもやる気0でした。
15日も、その傾向があったのですが、朝から予定を組んでいたため、かなり無理をして出掛けました。
16日は、昨日書いたとおり。


さて、17日は当初、19日に予定していた日帰り旅行を繰り上げたのでした。
19日は別の用事が夕方にあったのでね。。。


クルマやバイクの旅行前計画は、ザックリとしか立てないのですが、鉄道の旅行前計画はインターネットの時刻表サイトで綿密に練りました(笑)
こう言うのって楽しいですよね。。。(オレだけかな?)


晴れの国は、あくまでも目的地であって、滞在時間は1時間もありませんでした。
私の場合、鉄道旅行というと車窓を楽しむことが目的ですので。。。


行程は、
行き、新快速のAシートからの赤穂線経由。
帰り、新幹線のさくら号でビューン。
本当は、行きに特急はくと号に乗って、上郡から普通電車に乗って行きたかったのですが、接続が滅茶苦茶悪くて諦めました。
新幹線も何年ぶりだろう。と言う位久し振り。
しかも、新幹線の殆どが東海道新幹線だったので、山陽新幹線に乗ったのは記憶する限り大学生以来かなぁ?
相生より以西まで乗ったとなると、多分、高校生以来じゃないかな?
それ位、山陽新幹線とは御縁がありません。
ここのところ、九州や山口へは、クルマかバイク+フェリーのどちらかでしたからね。
それ位、山陽新幹線とは御縁が遠のいていました。


新大阪までバイクで行って、新大阪からスタート。
大阪まで行って、大阪からスタートしても良かったのですが、どっちにしても新大阪を通るのでね。
ん?なぜ、最寄り駅から新大阪まで行かないのかって?
それは、私の気まぐれ。。。
あと、Aシートの混雑具合が良く分からなかったので、万一、新大阪で座れなかったとしても、大阪駅で座れるだろうと言う予測を立てていました。
まあ、ハズレたけどね。


では、旅の感想を。
Aシートは、だいたい空気輸送でしたね(笑)
新大阪~大阪間は、まぁまぁいましたが、神戸を過ぎたら空気でした。

Aシートの案内


乗務員2名が到着駅ごとに回ってました。
新大阪~大阪間は乗務員交代からか、見回りはありませんでした。
私が、チケットをいただいたのは大阪駅を過ぎたところでした。

Aシートのチケット


シートの快適さは、多くのYouTuberが伝えているので省略するとして、私の身長でも十分な座席感覚で快適でした。
リクライニングが有るのとないのとでは、やっぱりしんどさが違いますね。
これを500円払うことに抵抗があるかというと、そうでもないと思います。
まぁ、大阪~尼崎みたいな乗り方は、さすがにしませんが、尼崎~京都なら払っても良いかな。と思います。
Wi-Fiもフリーで使えるのですが、これ、前後の車両でも電波拾えたら使えるんじゃないのか?と思いました。
セキュリティーに問題のあるフリーWi-Fiですが速度に不満はありませんでした。

今回。初めて18切符以外で山陽本線と赤穂線を使ったのですが、さすがに期間外だとガラガラですね。
曜日・時間帯にも因ると思いますが、姫路~播州赤穂~岡山と誰一人私の横に座る人はいませんでした(笑)
山陽本線と赤穂線が合流する駅では、かなりの立ち客が出たのですが、ラッシュアワーのような混雑ではありませんでした。
平日昼間のJR宝塚線下りよりも混んでいたけど、2両編成と7両編成では当然違いますわな。

駅の風景


何か禁止シールが貼ってあったのですが、こんな寂しい駅に昇る奴いるのか?
あ~、いるからシール貼っているんだな。なんて思いながら眺めてました。

日生(ひなせ)駅


日生駅で行き違いで暫く停車。
そんなにマジマジと見ていなかったのですが、日生港と駅がすぐそこなんですね。
(赤穂線全通しは2度目で、初回は暗かったので覚えていない。)

赤穂線で気付いたのですが、相生から播州赤穂まで気にも止めてなかったのですが、播州赤穂を過ぎてからの電車の揺れが昭和時代を思わせるような揺れっぷりで、「どうした?」と言うか、私が小学生の頃に体験した揺れを思い出すくらいでした。そう言う作りなのかどうか分かりませんが、何だかノスタルジーに浸れました。


11:54に新大阪を乗車する事、15:01。約3時間を経て岡山駅に着きました。
長いようであっと言う間だったなあ。山陽本線だともう少し早く着くんですけどね。
特に岡山に用事はないので、その辺をブラブラしたのですが、トイレに行く以外に本当に用は無く。。。
16:03のさくら号に乗るために40分前に新幹線改札を通過。そして、喫茶店でお茶をしてました。

桃のお菓子


せっかく岡山に来たのに、手ぶらで帰るのもどうかと思い、お土産屋さんで物色。
備前焼のイコやんが売られているのですが、あいにくの売り切れ。
桃のお菓子を買って、ホームに上がりました。。。

新幹線の岡山駅


岡山から新幹線に乗ること自体初めてかも知れない。
(広島は小学生の修学旅行がある。)
ちょっとだけワクワクしながら新幹線を待ちました。
ホームには、500系の新幹線が停まっていました。

500系新幹線


てっきり、500系新幹線は、ハローキティーだけだと思っていたのですが、そうじゃ無かったんですね。
ちょっと安心。。。

さくら号入線


暫くしてさくら号が来ました。
車内は撮影しませんでしたが、何だか指定席とは思えないほどに、豪華な造りでした。
座り心地も良し。
座席幅も良し。
乗り心地も悪くありませんでした。

さくら号から望む明石海峡大橋


30分もかからずに明石海峡大橋が見えてきて、「あぁ、旅ももうすぐ終わりなんだな。」なんて事を考えながら撮影。
新大阪には定刻の16:48に到着。
この車両は、折り返しみずほ号鹿児島中央行きへと変わりました。

山陽新幹線では色々ビックリしました。
ジングルは九州新幹線仕様?(当たり前か)だし、ワゴン販売のお姉さんが、大きなゴミ袋を持ってゴミを回収するし、フリーWi-Fiが当たり前のようにあるしで、随分と変わったなあ。と感心してしまいました。
自宅を出発してから帰宅までの7時間半の旅でしたが、久し振りの鉄道(特に新幹線)も悪くないな。と思いました。
今度岡山へ行くときは、後楽園に行かないとね。


そうそう。今回。キャッシュレスにチャレンジしました。
まぁ、現地は駅周辺しか移動していないので、可能と言えば可能でしたね。
乗車券はみどりの窓口でクレジットカード払い。
特急券はインターネット予約でクレジットカード払い。
有料シート、ランチ、お土産、喫茶店、自販機は、ICOCA払い。
で、現金は1円も出しませんでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
おおさか東線の延長区間に乗る
1ヶ月近く遅れですが、先日、おおさか東線の延長区間(新大阪~放出)に乗りました。
1ヶ月近く遅れですが、先日、おおさか東線の延長区間(新大阪~放出)に乗りました。
大阪駅で京都方面の新快速に乗って、新大阪で下車。
そして、2番線へ向かいました。
(新快速が遅れていたため、写真を撮る暇がありませんでした。)
乗換の都合上、鴫野で乗り換えることに。


何だか京阪沿線が物凄く近く感じました。
これが30年早く開通していればと思うと、本当に悔しくて堪りません(笑)
でも、京阪の乗換駅は「野江」なんですね。
「野江」は京阪では普通しか停まらないんですよ。
「野江」から1つ先が「京橋」なんですよ。
「京橋」だと、特急で京都方面へビューン。っと行ける。

もう答えは分かりますね。
新幹線で親大阪に着いたら、これまで通り大阪まで出て、環状線で乗り換えるのがベターな選択です。
しかし、京阪沿線で交野に住んでいる人は、河内磐船までのルートが物凄く楽かもしれません。
放出では同じホームで乗り換えられるようですし。
人混みを避けるなら、大阪と京橋で乗り換えるよりも、おおさか東線に乗って放出で乗り換えた方が良いかもしれません。
けれど、河内磐船と河内森はちょっと坂道で乗換がしんどいかも知れません。
あと、学研都市線の混雑がどれほどなのか気になるところです。

この路線にライナー列車が奈良まで運行されると面白いかもしれませんね。
停車駅は、新大阪~放出~王寺~法隆寺~奈良。
(乗降車数を完全に無視しています。)
今のところ、おおさか東線があぼーんねっとわーくの影響を受けなさそうですから、時間の確実性を求めるなら利用する手段となりそうです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
近江神宮に行って来ました
先日、ふと思い立って、近江神宮へ行ってきました。
先日、ふと思い立って、近江神宮へ行ってきました。
近江神宮への距離ならバイクでビューンなのですが、たまには電車で行ってみようかな。と。
おけいはんのプレミアムカーに乗ってみたいな。と。

(プレミアムカーの)写真は撮っていませんが、近江神宮の写真はちゃんと撮ってきました。

近江神宮門


なかなかのもんですね。
何で近江神宮に行ったのかと言いますと、おけいはんの石山坂本線で大津京までは何度か乗ったことがあるのですが、その先はなくてですね。
また、アニメ「ちはやふる」でも舞台になったところでもあったわけで、興味が湧いて行ったわけですよ。
境内には、百人一首の札が飾っていたのですが、もう一つ興味を引いたのは日時計なんですね。
写真は撮れなかったんですけど、近江神宮と日時計に何の関係が?と思ってマジマジと見入りました。
他にも中国で使われていた火時計もありました。
これは、私には知らなかったことで、とても新鮮に感じました。

そこから近江神宮をあとにしてブラブラと周囲を散策するも、特に目新しいモノも無く、大津京まで一駅分歩いてお昼ご飯にしました。

ここから、どうやって帰ろうかと算段しました。
大津京から膳所まで乗って、膳所から川西池田までビューンと帰るか。
でも、それじゃぁ面白みがない。
じゃぁ、山科で下りて地下鉄東西線に乗って御池まで行き、南北線で烏丸から阪急で帰るか。
う~ん、阪急京都線なら座って帰りたいからなぁ。

と考えたらスマホにJR西日本で人との接触事故情報が。
と言う事で、大津京から浜大津まで戻って、浜大津から三条京阪、三条京阪から河原町まで歩いて、阪急で帰ることにしました。
しかし、京阪三条~浜大津の本数が少ないですね。
仕方ないことですが、私が学生の頃はもう少し本数があったような気がします。(気のせいかな?)

今度は、電車で鞍馬の方に行ってみたいですねぇ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
能勢電がダイヤ改正を実施
ただ、現場(川西能勢口駅)の混雑具合から早急に改正しなければならない案件だったのでしょう。
確か去年の3月にダイヤ改正したはずなのになぁ。と過去ログを探したらありました。


能勢電がダイヤ改正を実施  -- 2017-01-23 Monday


たった1年4ヶ月でダイヤ改正か~。
今回は、能勢電鉄が阪急電鉄に引っ張られる形での改正でしょうか。
ただ、現場(川西能勢口駅)の混雑具合から早急に改正しなければならない案件だったのでしょう。


【主な改正ポイント(引用)】
・平日の平野発の上り始発列車を新設し、また、川西能勢口発下り始発列車を20分繰り上げます。
・平日朝ラッシュ時間帯の特急列車の発車時刻を繰り上げ、利便性向上を図ります。
・平日朝ラッシュ時間帯(8時台)の妙見口~笹部間の列車本数の適正化を図るため、妙見口発の列車本数を増便します。
・阪急電鉄宝塚線の運行ダイヤに合わせて、土・日・祝日の19時台以降の運転間隔を見直します。


今回、能勢電鉄は運用の見直し色濃く出た感じですね。
土日祝日の運転間隔も、実質本数削減ですね。
まぁ、土日祝日の夜間に乗る人がかなり減ったのでしょう。
こりゃぁ、あと5年もしたら15分間隔による更なる削減も待ったなしでしょうなぁ。


しかし、阪急宝塚線の川西能勢口より以西住民はどんどん酷くなるね。
特に宝塚に住んでいる人は、JRへシフトするんじゃないでしょうか。


それよりも、日生エクスプレスが大幅に変わるとなると、JR川西池田との接続が無茶苦茶変わりそうだなぁ。
これは、時刻表を入手して確実に把握しておかないと。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
電車車内のメロディー(ジングル?)
なんか、ボーナスチャーンスってな感じ(聴き手によって感じ方は色々)がして、ドキドキします。
私は、クルマでもバイクでも同じ事が言えるのですが、車窓を眺めるのが好きです。
でも、人生の大半を過ごすほど好きではなく、思い立ったが吉日。みたいな感覚です。


そのなかでも、新幹線、特急、急行の始発駅から発車時の車内メロディーは好きです。
あんまり聞いてはないのですが、初めて聞いたとき随分と「これからの旅は楽しくなるよ。」的なメロディーを聴いたときは好きになりました。
ガラケーの着メロもその設定にしています。

このメロディーのタイトルは何かな?と思ってYoutubeを見ていたらありました。





うんうん、これこれ。
鉄道唱歌」と言うらしく、Wikipediaにも載っていました。
まぁ、歌詞はどっちでも良いかな。


その他、好きなメロディーと言えば新幹線のJR西日本版の「いい日旅立ち」。





全く正反対でめっちゃ気持ち沈みます(笑)
でも、ノスタルジックな雰囲気になるんですよ。
もう、長いこと聞いていないなぁ。


あとは、このメロディーかな。





なんか、ボーナスチャーンスってな感じ(聴き手によって感じ方は色々)がして、ドキドキします。
このメロディーだけ、電車でGOで先に知ったんですけどね。
それ以外は、特に印象にないなぁ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
地方ローカル線はまじでヤバイと思う
私の通勤スタイルは、最寄り駅から私鉄(地方ローカル線)→JRと言うパターンです。
いつもこのブログは、私見が入りまくっていますが、今日は事実を書きたいと思います。
今住んでいるところは、約20年前に住み始めました。(時の流れが早い…)
私の通勤スタイルは、最寄り駅から私鉄(地方ローカル線)→JRと言うパターンです。
今住むところの前も、最寄り駅から私鉄(大手私鉄)→JRと言うパターンです。


地方ローカル線とは言え、大手私鉄グループであり、イッチョ前に大都市ターミナルへ直通運転を朝晩にそれぞれ5~6本走っています。(片方向ですが。)
引っ越してきた当初、朝ラッシュは物凄い人で雑誌を読むのも一苦労でした。
始発駅から3つ目と6つ目(枝分かれしているんです)ですが、座れるなんてあり得ないことでした。

それが、7年くらい前からでしょうか。
速達電車(特急・急行)じゃなければ座れる。
から始まり・・・

5年前から
急行電車が運良く座れる。

最近は、
普通電車が確実に座れる
と朝の通勤ラッシュは、目に見えて人が減っていきました。


これは、イヤな予感しかしないな。
と思っていたら、3年前にダイヤ改正された。
ついにダイヤ改正でメスが入る…
これまで聖域?とされていた朝ラッシュ時の優等列車廃止、本数削減だ。


日中帯の乗客数はわからないが、朝のラッシュ時や夕方18時~20時台の定期利用客が減っていることは分かる。
と言うことは、運賃収入も減っているんじゃないか。
つーことは、経営がやばいんじゃないか。
よーし、決算書を見てみるか!
と、あまり会社決算を読むのは苦手なのですが、先日この地方ローカル線の会社決算報告書5期分を見たのですが、かなり青ざめるほど収益が悪化しています。


155期の鉄道事業営業利益が【1,097,445,000円】
164期の鉄道事業営業利益が【352,343,000円】
本業の事業が、10年で3分の1にまで落ち込んでます。
営業収益も約5億円も減少しています。
兼業収益も思った程上がらないのが実情のようです。


あと10年したら、どこまで落ち込むのか戦々恐々です。
もしかして、直通運転の特急もなくなるんでしょうか。
それとも、大手私鉄グループが会社毎買い取るのでしょうか。
そんな余力、大手私鉄グループにも無いと思いますが・・・。
働く労働者が激減しているので、通勤は物凄く楽になりましたが、それ程遠くない未来、路線が無くなりそうな気がしてきました。
そうなったら住み慣れた土地ともお別れするしかないかな・・・。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (1) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31