•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

JR西日本旅客鉄道もなりふり構っていられなくなった・・・んだが
一部界隈では、「JR西日本の企画切符は、必ずお二人様がデフォ。
JR西日本、乗り放題「どこでもきっぷ」「関西どこでもきっぷ」「西なびグリーンパス」発売。駅レンタカーも特別価格利で

一部界隈では、「JR西日本の企画切符は、必ずお二人様がデフォ。」と言われており、実際その殆どがそうでした。
個人旅行でJR西日本を使うとき安い切符ないかなぁ。とネットで調べるのですが、その殆どがお二人様でした。
しかし、今回の企画切符は、JR西日本の危機感の表れでしょうか。お一人様でも使える企画切符なんですよ。


と、書いた時点では、やるな~JR西日本旅客鉄道!と思っていたのですが、こんなお知らせが入りました。
【追記】JR西日本は4月12日、「新型コロナウィルス感染症の感染急拡大やまん延防止等重点措置の適用エリアの拡大等を踏まえて」、本きっぷの発売を当面見合わせると発表した。



はぁ・・・JR西日本旅客鉄道も落胆だろうなぁ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
比叡山プチ横断
ここでTwitterに投稿しようとしたら、電波が圏外であった。
先月は、週末雨だったり身体がだるかったりして、徒歩をサボっていたので、先週末に「よし!登山しよう!下山で!」と決行しました。
4/3に動いたのですが、翌日が雨予報だったので。


前日にザックリと行程を決める。
川西池田駅~大阪駅~(徒歩)~淀屋橋駅~出町柳駅~八瀬比叡山口駅~(徒歩)~ケーブル八瀬~(ケーブル)~ケーブル比叡~(徒歩)~ロープ比叡~(ロープウェイ)~比叡山山頂~(徒歩)~ケーブル延暦寺~(ケーブル)~ケーブル坂本~(徒歩)~比叡山坂本駅~京都駅~大阪駅~川西池田駅

徒歩で迷いそうなのは、比叡山山頂からケーブル延暦寺。
まぁ、多くの人が訪れるのだから立て看板みたいなもんがあるやろ。と楽観視していた。
あとは、何時に家を出るかだけを考えていた。


さて、出発の早朝、身体に異変が起きた!
いきなり右アキレス腱からふくらはぎにかけて足が攣った!
これは、何かの暗示か?
ふくらはぎの攣りは、稀にあるけれどアキレス腱は初めてに近い(近いと言う表現は、過去にもあったかも知れないけれど記憶にない)。
猛烈な痛みに目が覚めてしまった。
そこから、なんかウダウダとしていて結局起きたのは8時すぎになった。


そして、家事手伝いを済ませて9時30分過ぎに出発。
そこから大阪駅に着いてから再び淀屋橋まで歩く。
今回は、とにかく「歩く」がテーマ。
でも、無理せず楽して歩く。


淀屋橋駅に着いたらちょうど先発で待っていたが、今回はプレミアムではなく2階建ての2階に乗車したくなったのでそちらへ行くと窓側は埋まっていた。

おけいはん8000系その1


う~ん、しゃない次のにするか~。と思って待っていたら、2階建てじゃない電車が特急でやってきた。

おけいはん3000系


「まじか~、もう一本待つか~。」
と言う気分になり、発車案内板を見ると京橋を過ぎると京都の七条まで停まらない特急とキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

おけいはん発車掲示板


ちょっとだけウキウキ気分になり列車が到着。

おけいはん8000系その2(洛楽)


適当に淀川が見える側の席を陣取る。
かなり前から気になっていることが。。。
香里園を過ぎたあたりから枚方市までの間、ところどころ虫食いのようにフェンスを張り巡らしているのは、何か訳があるのだろうか。
もしかして、将来この区間を高架にするとかの用地買収か。
なんて事を思い馳せながら、車窓を眺めて出町柳駅に到着。
叡山電車は、昔々に乗ったことが有ったようなないようなくらい記憶が薄い。


叡山電車 出町柳駅叡山電車 3番線


そう言えば、何年か前に同志社高校に陸上の練習を教えに行ったとき、枚方から通っていることを知り、少しだけ親近感があった。
そんな子ももう今では社会人である。(大学院に進学していなければ。)

そんな駅に、なんかただならぬ雰囲気を感じた。
一言で片付けるならば、オタクっぽい雰囲気の人達がポツポツと居るのである。

「こんなローカル電車に何かあるんかな?」

と思って待っていたらその電車は、ラッピング車であった。

ゆるゆりラッピング電車


「なんでゆるゆり?」
昔見ていたことがあったので覚えている。
「でも、なんで?」
そして、オタクっぽい雰囲気の人達は、高級そうな一眼レフでパシャパシャ撮っていくのである。
車内にも、なんか漫画のワンシーンとかが書かれてあって、えらい力の入れようだな。とちょっと感心してしまった。


15分程度の乗車で終点に到着。
叡山電車 八瀬比叡山口駅


私が学生の頃は、八瀬遊園という駅名だった気がするんだが。
Wikipediaによると2002年に改名されたんだね。
なるほど。
スポーツバレー京都も聞いたことあるなぁ。結局なくなったんや。
と、色々と思いを馳せながら、ケーブル八瀬駅まで歩くことに。
道中の桜


道中の桜も、殆ど終わりになっていた。
今年あるかどうか分からないが入学式は、桜のない葉桜もまだのような感じなんだろうなぁ。
と、ケーブル八瀬にも何かキャラクターが展示されていた。
ケーブル八瀬のなにか


なんだろう。本業がジリ貧だから、こっち路線で集客を図ろうと言う事なのだろうか。
けど、まぁまぁの人がいたけれど。
比叡山頂まで一気に行きたいため、ケーブルとロープウェイの通し券を購入。
そして、改札口でこれをもらった。
てぬぐい?


実は、まだ開封していないんだけど、多分手ぬぐいだろう。
30年前からやってくれてたら良かったのに。と思ったのは私だけだろうか。

ケーブルカーは読んで字のごとく急斜面を登っていくのでなかなか圧巻である。
こう言う場所が必ずある。
ケーブル交換場所


うまく出来ているよなぁ。と感心する。
そうこうしているうちに到着して、今度はロープウェイ乗り場へ行く。
叡山ロープウェイ


そこに気になる看板が。
かわら投げ広場


「かわら投げ広場?なんじゃそりゃ?」と思って見ると100円で3枚。
でも、私が今回ここに来たテーマは「歩く」。
だから、そこはスルーしてロープウェイ乗り場へ足を運んだ。
ロープウェイ


ロープウェイなんて数十年ぶりに乗るんじゃないかな?
端っこに移動したら揺れる揺れる。
人がそこそこ乗り込んできて、まぁまぁの具合でした。
出発して暫くすると、京都市内が広がって見える。
京都市内の見晴らし


天気はあいにくだけど、暑くなく快適で・・・あるはずではなかった。
比叡山頂


頂上に着いてから、明らかに寒い
ブルブル震えるほどではないにせよ、薄い長袖シャツしか着ていない私には、周りから見ると明らかに登山客では無いことがわかる。
そりゃそうだ。
なんせ私のテーマは「歩く」である。
とは言うものの、ショルダーバッグとスマホ、iPod touch(7G)と財布とアクエリアス500mLと、遭難したら即死亡フラグが立つほど舐めきった軽装である。
そう、丸腰で富士山に登るような感じである。
延暦寺の案内板


取りあえず、ケーブル延暦寺までのルートを確認するため、この案内板を見る。
随分と簡略化されているな。と感心するのだが、実際のルートはこんな感じである。
比叡山頂からケーブル延暦寺までのルート


約2.5kmと普段自宅から妙見口駅まで歩くルートを考えると短い。
しかも、下山だからそれほど時間はかからないだろう。と想定していた。
それと、案の定、ところどころに案内板の杭が打たれていて、その通りに進んでいったらこの看板が見えてきた。
坂本ケーブル案内版その1坂本ケーブル案内版その2


ここで注意点が一つある。
このルートは、途中延暦寺の敷地内を通るため、参拝をする場合拝観料を払わなければならない。
しかし、拝観をせずに「ケーブル延暦寺まで歩くので通り抜けしたい。」と入り口で申し出ると、拝観料を払わなくても良いルールになっている。
(途中の案内板にもそう書いてある。)
これは、あくまでもお寺の善意によるものなので、悪用は厳禁にしてもらいたい。
でないと、次から通り抜けることが出来なくなってしまうからである。


坂本ケーブルラッピング車
ここもラッピング車であった。
車内もなかなか圧巻だったが、戦国BASARAと言うゲームが題材だった。


坂本ケーブルの車内
車内アナウンスも恐らくゲームで起用されている声優さんを使っていると思われる。
(最初だけは違う。)
ここでTwitterに投稿しようとしたら、電波が圏外であった。
電波圏外


うまいこと出来ている(笑)
FOMAも圏外であった。
そうそう、軽装で登山は来るべからず!と言ったが、軽快に下山したので坂本ケーブルの車内では1人汗をかいていた(笑)
ちょうど軽装で良かったのだ。
足元は悪かったけどね。それに、比叡山頂では小雨も降っていたしね。

ケーブル坂本駅から比叡山坂本駅まで一気に歩いていこうと思ったが、さすがにちょっと休憩を身体が欲していた。
なので、30分ほど無料Wi-Fiを利用して色々とやっておいた。
そして、アクエリアスもかなり飲んだ。
比叡山坂本駅までの桜並木その1
比叡山坂本駅までの桜並木その2
比叡山坂本駅までの桜並木その3
比叡山坂本駅までの桜並木その4


休憩を終えて、ひたすらJRの比叡山坂本駅まで歩くことに。
こちらの桜並木はなかなか良かった。
花は散り始めと言った感じで、とても幻想的であった。
人もそこそこ歩いていたなぁ。
比叡山坂本駅


20分くらい歩いて到着。
ここから、一気に川西池田駅まで行くのではなく、途中、京都駅と大阪駅と下車して、せこく運賃を削ったのである(笑)
分割きっぷの結果


こんな感じでね。
110円だけ安くなる計算。
しかもそれだけじゃないお得感もあるが、それは後日記事にするつもり。
1日の歩数


この日1日の歩数はこんな感じだった。
多いか少ないかと聞かれると少ないかも知れない。
10km近く歩いたけれど、それ程大したことなかったようだ。
でも、色んな景色と桜を見られたことで満足。
陽が射したら暑かっただろうしね。


比叡山横断と言っても、麓から歩いて横断したのではなく、頂上付近のみを横断しただけ。
あとは、公共交通機関を利用して時間をお金で買いました(^^)
麓から歩いて横断したら、とてもじゃないが数時間はムリですワ。
朝8時くらいには、麓に到着しないと反対側には行けないんじゃないでしょうかね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (9人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
FORZAとおはぎとバッテリー
先週末、おはぎを買いに久しぶりにFORZAで行こうと思い公道に出しました。
先週末、おはぎを買いに久しぶりにFORZAで行こうと思い公道に出しました。
しかし、スイッチを入れてもメーターが動かない!

「あ!バッテリーが上がった・・・」

と認識するまで時間はかからなかったです(笑)
8年近く交換していなかったので、随分と長持ちしたものです。
走行距離は1万キロも達していませんが…(^^)




こちらのバッテリーを買いました。
古いバッテリーは、馴染みのバイク屋に行って処分してもらうかな。
そろそろ、LEAD EXのオイルとプラグ交換の時期でもあるし。

FORZAでのツーリングも暫くしていないから、たまには動かさないとなぁ。
ついつい、LEAD EXで済ませちゃうんだよね。


結局、おはぎ屋さんには、LEAD EXでGoでした。
コースは先週と同じ山岳コース。
こっちの方が、アップダウンが烈しいけど、信号がほとんどないので走っていて楽しいんですよね。
天気はあいにくの曇り空でしたが、気温は20度前後を指していました。

おはぎ工場には、予定通りの時間に到着。
簡素な案内版に連れられて、500円で購入。
ついでに、桜餅が500円と書いてあったので購入・・・
1箱2個入りが500円だと思ったら、3箱で500円だった。安い!

自宅について早速ご開帳。

おはぎと桜餅


左がミニおはぎ。右が桜餅。
おはぎの箱を開けるとご覧の通り。

おはぎの中身


上からきなこ、あずき、サクラ風おはぎです。
どれも美味しかった。桜餅も4個を食べた。
ちょっと食べ過ぎたかな…(^^)


また、機会があれば買いに行こうと思います。
次のお知らせが、昨日入ったのですが、金曜日発売という。
行けるわけないやん・・・
と言う事で来月は諦めます。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ツーリング | comments (0) | trackback (0)
ケツ痛し…(^^)
もう、この時点でケツが痛くて、しかもパッセンジャーも疲れてきたみたいで、これならガソリンを給油したときに一旦家に戻って、FORZAに乗り換えれば良かったとちょっと後悔しています。
LEAD EX のタイヤ慣らしも終わったことですし、100kmほどプチツーリングを3/14にしました。
コースはこんな感じ。




そもそもは、これが発端です。





これを半日で済ませようという魂胆。
スーツを買おうと思ったのは、クリーニングに出したら電話が掛かってきて、「もう、生地がダメでクリーニングするとボロボロになっちゃう。」と言われたので。
何年着込んだのか分からないけれど、そう言われたのなら仕方ないでしょう。
テレワークの日数も昨年よりは減っているし、別にスーツを着なくても良い職場なんだけど、オフオンを切り換えるのにスーツで馴染んじゃっているので。
(テレワークは私服時々寝間着w)


これまで、紳士用品店や百貨店で既製スーツを買っていたのですが、どれもしっくり来なかったんです。
まぁ、当たり前と言えば当たり前なのですが、そんなもんだと思って諦めていたんです。
21年前に両親からオーダーメイドのスーツをあつらえてもらい、やっぱり、せめてセミオーダーじゃないとだめだよな。と思い、学生時代アルバイトしていたONLYがやっているというのを知り、ルクアイーレに出店している情報を得て、前日に採寸ネット予約をして、翌日昼食後スグに出発しました。
渋滞は殆ど無く、気持ちはやい程度にいつもの2時間無料の駐輪場へ着きました。


ルクアイーレまで徒歩でテクテク。
8階のメンズ売り場までエスカレーターで上がって、探すこと数分。
随分とこぢんまりとした店構えでした。が、既製スーツが殆ど無く、オーダーメイド専門といった感じです。
店員さんから声がかかり、「ちょっと予定より早く着いちゃったのですが・・・」と話しかけると受け付けてもらえました。
まず、ミニマルとテーラーの納期と違いを教えてもらい、今回はミニマルを選択。
急ぎの場合は、テーラーをお薦めします。
一昔前なら、メジャーで結構細かく採寸をしていたのですが、ミニマルの場合は違いますね。
ウエストを測ってもらい、そこからズボンを出して丈を調整。
上着は、いくつかのサイズから羽織って、合うサイズを選び、袖丈も長さも調整。
これで終わり。
早い!けど、納期が6週間以上というのが、安さの秘密かも知れません。
(テーラーメイドだと日本製で2~3週間で出来ます。)
今回、スタンダード生地とプレミアム生地を1着ずつ買いました。
どんな仕上がりになるのか楽しみです(^^)
直送なので店に取りに行かなくて良い代わりに、配送料と受け取る前の試着が出来ません。
この辺は、トレードオフなのかな?
税込み送料込み2着で54,560円。
正直言って、安いです。
生地やオプションに拘りがなければ。


そして、少しだけルクアイーレをウロウロしたのですが、特にこれと言ったものはなく、早々に大阪駅を退散。
そのまま帰宅しようと思ったのですが、ガソリンがEmptyに差し掛かっていたので給油。
もう、ここまで来たら、今週末に行く予定としているおはぎ工場へ行くしかない!と言う事で、そのまま家に帰らず工場へGO!
C地点からD地点まで、Googleマップでドライブ案内してもらいながら、何とか到着。
久し振りにR176を走ったのですが、分かっていたとは言え随分と変わりましたね。
2車線区間が増えたのは良いのですが、雰囲気も変わったような気がします。
もっと険しかったのになぁ(笑)
いつの間にかトンネルが出来ていたし・・・
もう、この時点で5時を廻っていたので、今夜は外食決定。
久し振りにびっくりドンキー(E地点)に行きました。
なかなかの渋滞ですり抜けも難しく時間がかかりましたが、ちょうど良いお腹の減り具合とマッチ。
5組待ちでしたが、15分くらいで座ることが出来ました。





朝は遅めに起きたので、プロテイン牛乳とコーヒーのみ。
昼は、俵おむすびとカップうどん。
夜は、これくらい食べてもええやろ(笑)


もう、この時点でケツが痛くて、しかもパッセンジャーも疲れてきたみたいで、これならガソリンを給油したときに一旦家に戻って、FORZAに乗り換えれば良かったとちょっと後悔しています。
Googleマップの計算では、99.4kmと出ましたが、メーター読みでは100kmを超えてました。
久し振りの100kmの2ケツは、腰もケツも辛かったです(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ツーリング | comments (0) | trackback (0)
JR西日本旅客鉄道で思うこと
と、スパゲッティーのようなダイヤの組み方をしていたのである。
今の20代・30代前半の人には分からないと思うが、少し老害的な話を書いておこうと思う(笑)
あの、忌まわしき福知山線脱線事故が起こるかなり前、2000年に入る前の頃、JR西日本の列車全てにおいて【クソ】だな。と思うことが多々あった。


それは、電車がホームに到着するとき、停止位置から大幅にずれることが度々あり、整列乗車の意味がなかったのである。
だから、割込とかは当たり前。
当時、東京メトロや京阪電車に乗り慣れていた私にしたら、この杜撰な運転は目も当てられないほどに酷かった。
そのくせ、「整列乗車に御協力下さい。」というのだから、もう滑稽である。


また、関西私鉄とのスピード競争から新快速でも快速でも130km/hを出すそのスピードは凄まじかったが、一度遅延すると深夜遅くまで乱れるという欠陥があった。
中には輸送指令が優秀すぎて、午前中には解消されていたりするんだけど、致命的な箇所で発生すると遅延は夜までかかった。
2000年過ぎてからの話しだけど、いつぞやのダイヤ改正で昼間時の各駅停車の運用がエグかった。
具体的に書くと、1つの電車運用で
・高槻発西明石行き
→西明石発京都行き
→京都発新三田行き
→新三田発高槻行き
→高槻発西明石行き・・・以下ループ

と、スパゲッティーのようなダイヤの組み方をしていたのである。
一度人身事故や自然災害で乱れると、深夜まで列車が遅れていた。
(秋の臨時改正で元に戻したと思う。)


更に、福知山線脱線事故前までのJR宝塚線快速下りは、つり革を持っていないと立ってられないほどのスピードを出す。
確か、大阪~川西池田駅を20分切っていたと思う。
新快速並の速さである。
なので、物凄い有り難かったが、やはり朝ラッシュを中心に日常茶飯事的に遅れていた。
たまに、優等列車(ここで言うと特急ではなく快速電車)を優先するため、普段、外側の線路を走るのだが、内側を走らせて大阪駅まで先行させていた。


しかし、2005年の福知山脱線事故で状況が一変した。
安全軽視な会社体質を変えるため、ありとあらゆる事を断行していく。


まず、目に見えて分かったのが列車速度が落ちたことと、駅停車の時間が伸びたことだ。
それまでは、着いたらスグに扉を閉める行為をしていた。
それが、こんにちまで一切無くなった。
そして、朝の上り快速列車は、のんびり走るようになった。
これまで、尼崎まで物凄い勢いで走っていたんだけど、安心して立っていられるような速度になり、車内の揺れもそんなに酷くなくなった。


こうしたゆとりダイヤが徹底された次の副産物は、列車がほぼ停止位置に止まるようになったことだ。
これにより、乗客が指定された場所に立ち止まって待っていることで、割込乗車はほぼ皆無になった。
ただし、駆け込み乗車は相変わらず頻発しているのだが、これは民度の問題なので諦めている。


相変わらず人身事故が発生したときの輸送指令がクズだと、終日グダグダになることがあるのだけど、ここ何年かは社内教育が行き届いたからなのか、それともソフトウェア向上のお陰なのか分からないが、その影響範囲がかなり狭まっている。(完全に解消されたとは言い難い。)


なので、私の中でJR西日本旅客鉄道の評価は、良い方向に大きく変わってきている。
一部の人に言わせると、「昔ワルだった奴が更正して普通になっただけ。」とも言えるだろう。
確かにそうかも知れない。

今月のダイヤ改正で、利用者減による便数削減が待っている。
仕方ない面もあるが、その分、メンテナンスの時間が伸び、従業員の待遇改善を考えると止む無しかも知れない。


厳しい情勢が続く鉄道事業会社だけど、公共交通機関としての使命を果たすべく、色々と頑張って欲しいと切に願う。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
昔にあって今にないもの
ここからはちょっとうろ覚えなのですが、車内放送で呼ばれた後、公衆電話機の受話器を取ったらすぐに繋がるのではなく、車掌さんか交換手?が本人確認をするんですよ。
ふと思い出したことがあったので、備忘録に残しておこう。
それは何かというと、新幹線の車内放送による呼出電話。
平成中期(平成15年)頃かな、携帯電話普及期+トンネルエリア拡大に入る頃まで、新幹線に乗っていると車内放送で、「大阪府の○○さん、お近くの公衆電話までお越しください。」とかかる。
そんなに頻繁にあるわけじゃないんだけど、稀にそんな車内放送がかかる時代があったんです。


実際、私も新幹線内で電話を受けた経験があって、それは実家から東京へ帰るときのことでした。
なんと、自宅の鍵を実家に忘れていたんですよ。
それに気付いた母が、ちょうどこの時間に帰ることを覚えていたので、電話取り次ぎサービスみたいなところに自宅から電話をして、車内放送で私を呼び出したわけです。


ここからはちょっとうろ覚えなのですが、車内放送で呼ばれた後、公衆電話機の受話器を取ったらすぐに繋がるのではなく、車掌さんか交換手?が本人確認をするんですよ。
そこで本人確認と分かった時点で、実家の家と繋がる。と言う仕組みなんです。
大事なのは、本人が乗っている列車番号、例えば、ひかり351号とかこだま822号などをピンポイントで伝えなければ繋がらないんです。


Wikipediaによると、もうスマホの普及で廃止になったんですね。
一つの時代を感じさせる出来事でした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
かにカニ日帰りエクスプレス~山陰編~
Twitterで今回の旅の反省点を書きましたけど、。
久し振りの登場です。
かにカニ日帰りエクスプレス。
前回いつだったかなぁ・・・と思ったらもう7年前になるんですね。

カニかに日帰りエクスプレス総括 3回目  -- 2013-12-01 Sunday


通算4回目。
お約束通り山陰へ行って来ました。
鳥取県の三朝温泉に照準を絞りました。
相方から、依山楼 岩崎は良かったよ。と言う事で、そこにしました。

今回から予約がJR西日本のみどりの窓口ではなく、日本旅行でのサイトとなりました。
Go To トラベルが関係しているみたいでして、11月3日頃に仕方なくそこの会員登録になって申込をしました。
大阪駅から結構な距離ですし、朝早い電車に乗るのもどうかなあ。と思っていたのですが、何と一番列車は既に座席が満席で取れませんでした。

仕方ないので2番目の列車を選択することに。
これだと、現地の滞在時間が物凄く短くなるな~。と思いながらの申込でした。
幸い、席が確保できたので、一安心。


旅行当日は、天気の良い一日でした。
何とも清々しいというか。日頃の行いが出たのでしょう。
前夜では、鳥取や兵庫県日本海側では雲の多い予報だったのですが。
そんなに寒くもなく、ちょっと厚手のコートは失敗だった気がします。


倉吉駅から約20分。送迎バスに揺られながら着きました。
かなり大きな旅館です。
早速、お食事会場に案内されました。

最初、コロナの関係で個室になるのかな?とそんな雰囲気でしたが、壁を取り払った広間でした。
先客で3組来られていて、私達が最後だったようです。くぅ~。


お食事は全体こんな感じ。
かにカニ日帰りエクスプレス◆お料理全体


コチラはお品書き
かにカニ日帰りエクスプレス◆お品書き


かにカニ日帰りエクスプレス◆前菜と先付


かにカニ日帰りエクスプレス◆前菜2


かにカニ日帰りエクスプレス◆お造り


かにカニ日帰りエクスプレス◆ズワイガニの酢の物


お食事はこれ以外にも、蟹鍋、蟹の茶碗蒸し、デザートと付いてきました。
もう、食べることに夢中で撮影やぬいぐるみで遊ぶ暇がないくらい、むしゃむしゃと食べていきました。
(到着時間も1時過ぎだったから腹も空いていた。と言う理由もある。)
満腹になったところで、私は温泉へ。
事前にWebで調べていたのですが、北陸地方の温泉と違って、何種類もの露天風呂や内風呂、スチーム風呂に30度前後のお風呂もあってサイコーでした。
ラジウムスチーム風呂ってどんなんやろ?と思って入ったのですが、サウナみたいなもんですね。
コレに15分くらい入って、30度前後のお風呂に入っての交互浴を繰り返すと、絶対に気持ちいいだろうなぁ。と思いました。
残念ながら入浴する時間が殆ど無くて、身体だけを洗って、一つ一つのお風呂を2~3分浸かっては、別のお風呂に入ってを繰り返しただけでした。
30度前後のお風呂だけは、何度も浸かったなぁ。めっちゃ気持ちよかった。


風呂に上がってからは、電子クーポンで8000円分のお土産を買うことに。
ふだん、1~2000円程度のものしか買いませんが、さすがに8000円ともなるとどれを買おうか迷いますw
こんなん絶対に買わないだろう。と言うお土産物をわんさか入れていきました。

お土産物の品々


包みに入っているものは、相方のもので私は良く分かっていません。
私が勝ったのは、梨のきんつばとノドグロとシジミのお味噌汁でした。
どんなものかちょっと楽しみです。


Twitterで今回の旅の反省点を書きましたけど、
・山陰は遠いので、行くなら始発便と最終便にする!
・カニはやっぱり日本海で取れたものがサイコー
・温泉も色んな種類があってサイコー!
・+1000円でグリーン車に乗れるので、ケチらずに乗れ。
・ただし、グリーン車の車内Wi-Fiは座席位置にも因るが届かないので期待しちゃダメ
・Go To トラベル政策は、内需喚起に役立っている!安倍前首相、菅首相ありがとう
・ディーゼル車は、やっぱり五月蠅いなw

滞在時間がもう少し長ければ、100点満点を差し上げたいところですが、今回はそれが影響して70点と言った所です。
でも、旅館が良かったので、今度は泊まりで行きたいですね。


今回、大阪府が自粛要請を呼びかけていましたが、大阪駅から乗車する人は、そんなのお構いなしでしたね。
まぁ、何週間も前から予約をしていて、今更キャンセルできるか!自粛なんてしていられるか!(私もだけど)が殆どなのでしょうね。
老若男女の多くの人達が乗り込んでいました。(行きのグリーン車は満席に近かったのですが、実際はチラホラ空いていました。直前のキャンセルなのでしょうね。)


さて、北陸、山陰と行きましたから、こんどは城崎ですね。
来年行けたらいいなぁ。


最後に久し振りの電車旅でしたが、やっぱり旅は最高ですね。
また、旅をしたいです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (11人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
Go To トラベル を使う!
うちの親は、もう、武漢ウイルスなんて怖くない。
何だかんだ文句を言っていましたが、来月電車で蟹を食べに行くことにしました。
GO TO ~  -- 2020-10-07 Wednesday


取りあえず、行きはグリーン車。帰りは指定普通車で。
行き先は鳥取三朝温泉です。
いつも、北陸の方に行ってたのですが、たまには違うところにも行ってみたい。と言う事で山陰を狙い撃ちにしてみました。
スーパーはくとにも乗ってみたかったしね。


いつもなら、JR西日本の専用電話で予約をするのですが、今年は、Go To トラベルが使える旅行代理店に丸投げにしたみたいです。
正直、行くのを躊躇ったのは事実なのですが、まぁ、今回はマスクして我慢するか。と諦める方に力が傾きました(笑)
コースは一番安いコースなのですが、以前奮発して高いコースにしたら、料理で腹がパンパンになって気持ち悪くなり、最後に送迎バスの中でリバースした苦い経験があるからです。
なので、料理は程々で美味しく楽しく、温泉に浸かって行くプランにしました。
親を誘って合計54,600円のところ、19,110円引きの35,490円!に8,000円分の電子クーポンがもらえることになりました。
これは、さすがにお得感が高いですね。


うちの親は、もう、武漢ウイルスなんて怖くない。と言っています。
感染者数が多くても無自覚・無症状が殆どだし、万一自分が感染しても悔いのない人生を送りたいと言って、Go To トラベルを目一杯活用しているようです。
武漢ウイルスに対しての知識を理解すれば、インフルエンザに比べると大したことありません。
不必要に煽るマスゴミやコロナ脳に惑わさなければ、普段の生活様式で良いのです。
新しい生活様式の押しつけは、風邪の延長線でしかない武漢ウイルスには過剰であると私は考えています。
普段から手洗い・うがいを励行していれば、武漢ウイルスはもちろん、インフルエンザ恐るるに足らず!


ということで、来月、スマイコやんを連れて楽しんでこようと思います。
行けるのかちょっと心配の今日この頃です(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
妙見口駅まで歩く・・・
やっぱり、低地と高地の違い(酸素濃度が薄い)なのか?(笑)。
いつも、Googleマップで近所の細い道を見ているのですが、「はたしてここは、どんな道になっているのだろう?」と興味を惹くポイントが多いのです。
普通なら原チャリで通る事を先に考えるのですが、もしも獣道だったら・・・Uターン出来ない道だったら・・・とたらればでネガティブに考えると、さすがに行く気になりません。
しかし、徒歩なら行き止まりでも来た道に戻ることが出来ます。
特に大阪の軽井沢とも言われている豊能町には、そうした道が多く、最初は近所のスーパーまでの距離を歩いてきましたが、それだけでは物足りなくなり、ついには能勢電鉄の終点、妙見口駅まで2時間で往復出来るか?(ついでに買い物も)チャレンジを敢行しました(笑)


9時半にスタート。
妙見口駅までは、ほぼ休むことなく一気に歩き通しました。最初の越境ポイントにダラダラと長い上り坂があるくらいで、あとはほぼ平坦な道。
約4Kmの道のりを約40分で着くことが出来ました。

妙見口駅

この日、朝は寒かったのですが、その日の最高気温が20度を超えると言われていたので、アンダーシャツと薄い長袖1枚で行きました。
歩いている間は、熱さをそれ程感じなかったのですが、妙見口駅に着いてからは、一気に汗が噴き出てきました。
ここで飲み物を買おうと思ったのですが、PayPay使える自販機じゃないことが判明。
暫く我慢することにして、立ったまま休憩をした後、来る途中にあるPayPay自販機で買うことにしました。


20分ほど休憩してから、再び来た道を戻ることに。
違うルートでも良かったのですが、そっちは急勾配で車も多く通るのでパス。
約4kmの割には、かなりしっかりと歩いて汗が噴き出るのですが、その前日、大阪駅前・・・北新地を周辺を10km近く歩いた時と比べると、全くしんどくはありませんでした。
やっぱり、低地と高地の違い(酸素濃度が薄い)なのか?(笑)


40分徒歩+20分休憩+60分で到着(買い物と休憩もあったため)。
なかなか、良い運動になりました。
でも、歩数はそれ程稼げなかったなぁ。
歩数を稼ぐには、やっぱり大阪駅周辺を歩くのが一番なのだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
おい!責任者出てこいや!>NHK
旅行関連の検索サービスを手がける「atta」は、全国3万余りのホテルや旅館を対象に宿泊料金のデータを収集し、需要の動向を分析しています。
Go To トラベル、10月末までの利用実績は約3976万人泊


この記事を読んで、私は「あれ?Go To トラベルって高級旅館・ホテルばっかり利用している人が優遇されている施策とちゃうかった?」と思いました。
だってほら・・・

宿泊料金5万円を境に明暗分かれる施設 Go Toトラベル 1か月


NHKが延々懇々と記事を載せていますが、結果蓋を開けてみると、10,000円以下の利用が半数以上。35,000円以上はたったの3%にしかなりませんでした。
NHKの記事では、開始1ヶ月でしたから物珍しさとお得度合いが高額料金ほど大きいので、そうしたニーズが高かったのでしょう。
しかし、最初の記事では、7~8月の利用価格帯分布ですので、観光庁はNHKの記事に対して全否定をする事になりました(笑)


たった3%の高額利用者を、さも多くの人が使ったとストーリー捏造を作ったNHKは、この結果を重く真摯に受け止めて、報道制作に携わって欲しいもんですな。
この記事を作成した報道関係者は、当然、謝罪文を掲載してくれるんでしょうな!
んんっ?


統計を学び直せ!>NHK!


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30