•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoT化(6)
以前の紹介で、Windows 10 IoT Coreをインストールした直後の画面って、大して何も出来ないんだけど、Webからは色々と出来るので紹介しておきます。
年末年始特別企画、Part6-Final。
今回は、運用しないことになったけど、色々やれることのおまけ集。




(1) 事前準備物
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み
(3) ラズパイのセットアップとセットアップ後の簡単な設定
(4) RaspbianOSを紹介
(5) OpenDHCPServerのインストール
(6) 運用方法

以前の紹介で、Windows 10 IoT Coreをインストールした直後の画面って、大して何も出来ないんだけど、Webからは色々と出来るので紹介しておきます。
まず、Windows 10 IoT Coreをインストールしてネットワークに参加した直後は、DHCPサーバから自動的に割り当てられるため、単独で見つけることは困難です。
そこで、マイクロソフトのIoTダッシュボードというアプリをダウンロードしておきます。

Windows 10 IoT Core Dashboard

これは、複数のIoTを管理するのに適したアプリケーションです。

(1) まずは、下記の囲みをクリックします。

Windows 10 IoT Core Dashboard 1


(2) すると、ファイルのダウンロード先が現れてきますので、適当なところに保存します。

Windows 10 IoT Core Dashboard 2


(3) ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、「インストール」ボタンをクリックします。

Windows 10 IoT Core Dashboard 3


(4) インストール中の進行状況が表示されます。暫く待ちましょう。

Windows 10 IoT Core Dashboard 4

(5) インストールが終わりと、IoT Dashboadが現れます。
まだ、Windows 10 IoTをインストールしていなければ、ここでmicroSDHCカードを用意してセットアップすることが可能です。
その場合は、「新しいデバイスのセットアップ」をクリックしましょう。

Windows 10 IoT Core Dashboard 5


(6) ここでは「手順をスキップ」させます。

Windows 10 IoT Core Dashboard 6


(7) この様に以前みたような画面が出てきますので、microSDHCカードを用意して「ダウンロードとインストール」のボタンを押します。
今回は、運用方法から離れるので、左上の「自分のデバイス」の赤い囲みをクリックします。

Windows 10 IoT Core Dashboard 7


(8) この様にインストールしたWindows 10 IoTの一覧が表示されます。今回は、1台だけですので、1つしか出来ません。
しかし、自動的に割り当てられたIPアドレスが割り振られているのですぐに見つかると思います。
複数あると大変ですけども。その時はコンピューター名に命名規則を付けてやる必要が有りますね。
※ セキュリティーの関係からIPアドレスは伏せさせていただいています。(以降の画像も同様にIPアドレスなどセキュリティー関係は伏せさせていただいております。)

Windows 10 IoT Core Dashboard 8


(9) 該当するWindows 10 IoTを右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。
ここから色々と操作することが可能です。

Windows 10 IoT Core Dashboard 9


(10) まずは、「デバイス ポータルを開く」を選択してみましょう。

Windows 10 IoT Core Dashboard 10


(11) 標準ブラウザ(当方は、わざとEdgeにしています。)が立ち上がって下記のような画面が表示されます。
ここでは色々と変更することが可能ですので、変更したい箇所があればその都度修正して下さい。
尚、全編英語です(^^)

Windows 10 IoT Core Dashboard 11


(12) Windows 10 IoTインストール直後は、リモート操作が出来ない状態になっていますので、左ペインの「Remote」をクリックして、「Enable Windows IoT Remote Server」にチェックを入れましょう。

Windows 10 IoT Core Dashboard 12


(13) チェックを入れるとすぐにリモートサーバーとして可能になった旨の英語がポップアップ画面で出てきます。

Windows 10 IoT Core Dashboard 13


(14) これで、リモート操作が可能になりました。
※これで成功したはずですが、後に事件が起こります(笑)

Windows 10 IoT Core Dashboard 14


(15) ネットワークIPアドレスを固定したい場合は、左ペインの「Connectivity」から「Network」をクリックしましょう。
そして、右ペインの「IPv4 Configuration」をクリックしてポップアップ画面を表示させます。

Windows 10 IoT Core Dashboard 15


(16) ポップアップ画面が出たら「Use the following IP address」を選択し、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、ファーストDNS、セカンドDNSをそれぞれ入れてやります。
最後に、「Save」を押します。

Windows 10 IoT Core Dashboard 16


(17) 「IPアドレスが即座に変わるので、変わるとこのブラウザに描かれているアドレスでは入れなくなるがそれでも良いか?」という問合せが来ます。
そこは、躊躇わずに「OK」ボタンを押して下さい。

Windows 10 IoT Core Dashboard 17


(18) 恐らくIPアドレスが変わったことにより、タイムアウトが発生するので一旦ブラウザを閉じて、(10)に戻って続きをしたい場合はして下さい。

私が説明できる点は以上です。アプリを追加したり、ファイルのエクスプローラーを開いたりするなら、「Apps」から出来ると思います。
アプリをIoT用に開発してインストールしたいときに有用では無いかと思います。

さて、ここでもう一つ。(12)でRemote Serverにチェックを入れたので、自分の端末からリモート操作が出来ると思います。
そう言うときは、このアプリをダウンロードすると良いです。

Windows IoT Remote Client

これは、Microsoft Storeからインストールします。
でもね、ほら、何もでてこないんですよ。真っ白。

(19) ここで、先程設定したIPアドレスを下段に入力するか、既にコンピューター名が分かっている場合は上段に名前を入力します。
そして、「Connect」ボタンを押します。

Windows 10 IoT Remote Client 1Windows 10 IoT Remote Client 2


(20) 暫くの間待ちます。

Windows 10 IoT Remote Client 3


(21) タイムアウトになって失敗です。

Windows 10 IoT Remote Client 4


実に無慈悲です(笑)
これ以上の調査をすることはしませんでしたが、Windows 10 IoT として使い続けるには困難と判断しましたので、私はここで断念することになりました。


【結論】

色々開発したモノをWindows 10 IoTで動かすという取り組みは利に適っていると思います。
しかし、Windows Serverのような動きを期待することは、残念ながらこれで動かすことは間違っているようですね。
なので、何か電子工作をして、Windows 10 IoTで運用したい人向けのOSだと思います。
幸い、無料で開発できるツールはありますからね。

と言う事で、6日間にわたって、実りがあまりなかったWindows 10 IoT化の記事をここで終了したいと思います。
ありがとうございました。

次回からは、Raspberry Pi 3 Model B+によるRasbianOSを使った運用に切り換えます。
こちらもなかなか手が込んでいて大変でした(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoT化(5)
では、意地でもWindows 10 IoT上でOpenDHCPServerサイトを実行させたいときはどうするのか。
年末年始特別企画、Part5。
今回は、このブログで検索キーワードNo.1。
OpenDHCPServerをぶっ込んでみる。
を紹介します。




(1) 事前準備物
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み
(3) ラズパイのセットアップとセットアップ後の簡単な設定
(4) RaspbianOSを紹介
(5) OpenDHCPServerのインストール
(6) 運用方法

どうやって、ぶっ込んでみるのか皆目見当つかなかったんですが、ブラウザーを開いてOpenDHCPServerサイトからバイナリーファイルをダウンロードして実行すれば出来るかな?
なんて事を思ってました。

まずはブラウザを開いてみる。

Windows 10 IoT上のブラウザ


自分のブログを立ち上げると、スマホ/タブレットモードで立ち上がるんですね。(ちょっと意外)
そこから、Googleサイト、もしくは私のブログから記事検索をしてOpenDHCPServerサイトへ。
いざ、バイナリーファイルをダウンロードしようとすると・・・

Windows 10 IoT によるOpenDHCPServer


英語で何書いているのか分からないかもしれませんが、このデバイスではソフトウェアをダウンロード出来ません。と無情なメッセージ。
Windows 10とちゃうんかー!と言う事で非難したいところではありますが、どうやら出来ないことがわかりました。

それが、昨日書いた件なんですよ。
では、意地でもWindows 10 IoT上でOpenDHCPServerサイトを実行させたいときはどうするのか。
幸いにも、プログラムソースがあるので、それをダウンロードしてVisual Studio上でコンパイルしてやれば良いんですよ。

Visual Studio 2015 でシンプルな Windows 10 IoT アプリケーションを作成する (Windows 10 IoT Core プログラミング)

実際試したわけじゃないのですが、ソースがあれば何とかなるんじゃないかと思います。
しかしながら、私は長いことVisual Studioの開発からは退いており、今更、メインPCにVisual Studioをインストールする気がありません。
そういうことで、Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoTによる運用を断念することにしました。
いともあっさり断念するのは、こう言う運用のされ方を想定されていないんでしょうね。
それだったら、まだHyper-V Serverの方がマシかもしれない。
けど、こちらはシステム要件が合致しないので諦めるしか無いのであった。


これで終わるのもシャクなので、次回は、Windows 10 IoTによる運用を少しだけ紹介したいと思います。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoT化(4)
(4) RaspbianOSを紹介 。
年末年始特別企画、Part4。
本年もよろしくお願いいたします。




(1) 事前準備物
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み
(3) ラズパイのセットアップとセットアップ後の簡単な設定
(4) RaspbianOSを紹介
(5) OpenDHCPServerのインストール
(6) 運用方法

さて、ここで脱線。
RaspbianOSをインストールしたところを紹介。
ほんのり触っただけで終わりました。

NOOBSと言うサイトからダウンロードして、ZIPファイルをそのままmicroSDHCに展開します。
そして、それをRaspberry Piに差し込んでスイッチオン。
あとは、ネットで山ほどあるサイトの通り進めていけばインストール完了です。
フルパッケージ版とネットワークを使ったインストール版がありますが、初心者はダウンロードに時間がかかるけど手間が少ない「フルパッケージ版」を推奨します。

Raspberry Piセットアップ中1Raspberry Piセットアップ中2Debianもどきが起動


画面は、Linux特有のGUI画面です。
Windows とあまり大差なく、Microsoft Officeに似たLibre Officeがインストールされているので、文書作成や表計算も問題ないでしょう。
(問題があるとしたら、MS OFFICE特有のVBAとかではないでしょうか。)

取りあえず基本・・・(笑)


数時間使ってみた感じですが、Web主体で使うならそれでも有りだと思います。
しかし、動画とか、Googleマップを4kで全画面開こうとすると、なかなかのもたつきようでイライラしますね。
半画面にして使う分には問題ないでしょう。


しかし、この後、Windows 10 IoTを使い続けることに断念する日が来ると思うとは、、、


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoT化(3)
前回の記事から、PCからmicroSDHCに書き込んだWindows 10 IoTをRaspberry Piに差し込みます。
年末年始特別企画のPart3。
大晦日ですが張り切って書き続けます(^^)




(1) 事前準備物
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み
(3) ラズパイのセットアップとセットアップ後の簡単な設定
(4) RaspbianOSを紹介
(5) OpenDHCPServerのインストール
(6) 運用方法

前回の記事から、PCからmicroSDHCに書き込んだWindows 10 IoTをRaspberry Piに差し込みます。
そして、経験から書かせてもらいますが、無線LANを使うよりも有線LANを使った方が良いです。
何故か、私のRaspberry PiはWindows 10 IoTで無線LANは使えませんでした。(個体差があると思います。)

それでは、スイッチオン!
お馴染みの画面が出てきます。
Windows 10 IoT 起動 01


暫くすると、IoT Core...のメッセージが出てきます。
まだ、準備段階です。

Windows 10 IoT 起動 02


もう少し待っていると、Raspberry Piらしき画面に切り替わります。

Windows 10 IoT 起動 03


出てきました。

Windows 10 IoT 起動 04


言語の選択と、右側に「コンピュータ名」、「IPアドレス」、「OS Version」が表示されます。

Windows 10 IoT 起動 05


言語は、下の方に「日本語」と書かれているのでそれを選択しましょう。

Windows 10 IoT 起動 06


こちらは、「コンピュータ名」、「IPアドレス」、「OS Version」が表示。(※IPアドレスはセキュリティー上伏せています。)

Windows 10 IoT 起動 07


右下にある「次へ」をクリック。

Windows 10 IoT 起動 08


最終的な設定を行っています。

Windows 10 IoT 起動 09


突然ブラックアウトになって「虫眼鏡」が現れます。

Windows 10 IoT 起動 10


出てきました!
でも、ここでのやれることは物凄く限られています。

Windows 10 IoT 起動 11


まずは、時計などが狂っていますので、それを修正してやる必要が有ります。
Windows 10特有の「設定」マークである中央のアイコン(電源アイコンの左のアイコン)をクリックします。

Windows 10 IoT 起動 12


まずは、デバイスの設定「基本設定」でキーボードレイアウトを「英語」から「日本語」に。
タイムゾーンを「アメリカ太平洋州」から「大阪、東京、札幌」に変更してやります。

Windows 10 IoT 設定 01Windows 10 IoT 設定 02

ネットワークはここでは変更出来ません。
参照するのみです。
私のRaspberry Piでは無線LANは有効になりませんでした。

Windows 10 IoT 設定 03



ここでは、Bluetoothデバイスの設定を行います。
あれば、「オン」に切り換えて設定をしてやります。

Windows 10 IoT 設定 04

「Cortana」については、どっちでもよいです。
必要であれば、オーディオ入出力端子を用意する必要が有ります。

Windows 10 IoT 設定 05


これであらかたの設定が終わり。
直接設定できるのは、これだけなのですよ。


あとは、チュートリアルがちょろりんと(笑)

Windows 10 IoT チュートリアル 01Windows 10 IoT チュートリアル 02


IPアドレスの固定化とかは、リモートで行う必要が有ります。
それについては、また明日(^^)。
と言うか来年か。
それでは、よいお年をお迎えください。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoT化(2)
Windows 10 IoT Core Insider Preview。
年末年始特別企画Part2。




(1) 事前準備物
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み
(3) ラズパイのセットアップとセットアップ後の簡単な設定
(4) RaspbianOSを紹介
(5) OpenDHCPServerのインストール
(6) 運用方法

今回は、Windows 10 IoTファイルのダウンロードとSDHCへの書き込み方法を紹介します。
なお、これの執筆している時点が、2018年12月24日ですので紹介するサイト先が変わるかもしれません。
変わってしまったら自力で探してください。
と言うのも、私は、ここを参考にしていたんですよ。

「Raspberry Pi3 Model B」で遊んでみよう! Part4


ちょうど2年半前の記事なので、古いと言えば仕方ないのですが、検索して辿り着いた人にガッカリさせちゃ悪いと思って予防線を貼りました(笑)


では、今はどこにあるのか。
Windows 10 IoT Core Insider Preview
こちらになります。
うぉー、英語!どれだー!と悩む人のために、画面キャプチャーを撮っておきました。
ご査収ください。

Windows 10 IoTファイルのダウンロード元


赤い囲み部分をクリックすると、一瞬画面が切り替わります。

Windows 10 IoTファイル切替画面


すると、ファイルのダウンロードメッセージが出てきますので適当なところにおいて終了です。

Windows 10 IoTファイルのダウンロードメッセージ


執筆時点では、約800MBくらいの大きさですので、空き容量が十分にあるPCへダウンロードして下さいね。


さて、ここからが本番。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Raspberry Pi 3 Model B+によるWindows 10 IoT化(1)
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み。
年末年始特別企画。
6回に分けて連載します。
年末進行で大変だったから、ちゃっちゃとやっちゃうよー(笑)
今月上旬相方にこれを買ってもらいました。




(1) 事前準備物
(2) 資材のダウンロードとmicroSDHCカードへの書き込み
(3) ラズパイのセットアップとセットアップ後の簡単な設定
(4) RaspbianOSを紹介
(5) OpenDHCPServerのインストール
(6) 運用方法

第1回は事前準備物。
以前の記事にも書いてあるとおり、これ単体では何一つ出来ませんので最低でも、
・microSDHC(最低16GB以上)
・USBキーボードとマウス(Logicool無線も対応可。それ以外は知らん。)
・モニター(HDMI入力のあるTVでもOK)
・microSDHCにOSを書き込むためのPC
が必要です。

あれば嬉しいものとして
・microSDHCに対応したガラケー(万一microSDHCのドライブ割当てが失敗したときの再フォーマット用。スマホはダメでした。)
・2.5A出力可能なUSB-ACプラグ(これは必須に近い)
・無線LANの親機、または有線LAN
があると良いでしょう。

「ガラケー」なんて必要なのか?
PCでフォーマットできるのとちゃうの?
と思うでしょ?


出来ないんですよ。


何故かわからんが。
もしかしたら、マルチメディアカードリーダーライタが壊れかかっていたから出来なかったのかも知れないんですが、microSDHCが全然認識してくれなくて困り果てました。
どうすることも出来なくて、AcronisTrueImageでブート起動して、そこからフォーマットしました。
それも面倒になったので、ガラケーにぶっ込んでフォーマットしました。こっちの方が手軽。
N-02Cヽ(´ー`)ノバンザーイ

ただし、ガラケーが古すぎるとメディアが対応していないのでご注意を。2010年以降なら問題ないと思います。
スマホでも試したのですが、microSDHCが認識しなくてダメでした。
SO-02GとSO-04E。

Windows 10のdiskpartでオンラインにしようにも出来なかった。
前にも紹介しましたが、これを新たに買いました。

【SDメモリカードリーダーライタと延長ケーブル】




このSDカードリーダーライタは、現在の自宅サーバーのバックアップ先メディアとして2017年10月より使っており、メモリも本体も今のところ連続使用に耐えています。

「2.5A出力可能なACプラグ」。
最初に紹介したベーシックキットは、USBケーブルが2.5A対応なので問題ありませんが、安物や1A程度だと本体が壊れたり火災の発生する可能性があるので注意して下さいネ。

【USBケーブル】※こう言うのが良いみたい




※↓これはギリ範囲↓




【USB充電器】※これがお奨め




結構、何だかんだと必要になり、1万円くらい+PC(OSを書き込むため)の予算を組んだ方が良さそうです。
手間暇を考えると、ドンキのPCがベターだと思いますよ(^^)

「イチキュッパ!」の衝撃再び。ドンキの“激安ノートPC”第2弾に、ネットは賛否両論
MUGA ストイックPC2

これを書いたら身も蓋もないな(笑)
まぁ、何にせよ、明日から本格的に書いていきますので、皆様ついてきてくださいね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
PMS復活
どこに書いたのか忘れたのですが、今春、Windows 10をアップグレードしたら、Playstation Media Server(PMS)の調子が悪くて使い物になりませんでした。
どこに書いたのか忘れたのですが、今春、Windows 10をアップグレードしたら、Playstation Media Server(PMS)の調子が悪くて使い物になりませんでした。
端的に書くと、映画版はそれとなく再生出来る(時々再生が止まったり、スキップしたりする)のですが、TV版はどこをどのように設定しても再生することが出来ませんでした。
最初は、PMS(REGZA版)をバージョンアップ(1.69->1.70)したことが原因か?
と思ったら、案の定そうでした。


バージョンダウン(1.70->1.69)にしたら見事に復活しました。
ただ、一部の動画については音声がノイズ再生されるので、これは仕方なくPS3で視聴しようと思います。


あぁ、何のことか詳しく書いていませんね。
DVDビデオをイメージファイル化(拡張子がiso)して、それをTV(REGZA:Z3500)で視聴するという代物です。
DVDのようにメニューから選んで視聴することは出来ませんが、一時停止とか早送りがテレビリモコンで出来ます。
もちろん、DVDビデオのイメージファイル以外(MP4)も出来ると思いますが、あいにく私はそちらは試していません。
だって、一度視聴してもう二度と視聴しないビデオは削除しますからね。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Windows 10起動時改善計画(3)【ブラウザ起動時複数ページ起動編】
これは、Windows 10起動時に関係無い。
これは、Windows 10起動時に関係無い。
どちらかと言うとソフトウェアのカテゴリーかも知れない(笑)

でも、話を進めることにする。
Windows 10起動時にブラウザ(Vivaldi)が立ち上がる。
これまで、私が立ち上げるトップページは、Impress Watch だけでした。
ホントは、この後でいくつかのホームページをタブ単位で立ち上げていました。

Twitter
Facebook
ブログ
・RSSリーダー(拡張機能)

今回は、これらもまとめて立ち上げちゃいましょう。
と言うお話しです。
拡張機能が入っているところがポイントですかね。
それ程難しい設定ではありません。

[ツール]-[設定]で画面を開いて、ポチポチと追加していくだけです。

Vivaldi設定画面

こうすれば、Windows 10が起動すると暫くして自動的に5つのタブが開いて読み込んでくれます。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Windows 10起動時改善計画(2)【ネットワークドライブ接続エラー解消編】
objNetWork.MapNetworkDrive A:,sampleshare。
これは、該当する人は極少ないと思います。
ファイル共有でネットワークドライブの割り当てをしている人は、休止状態を除く電源の立ち上げから、「ネットワークドライブ接続エラー」が発生しているんじゃないかと思います。
休止状態からの復帰は、何にも問題ないのですが、それ以外の復帰では何故か発生してしまう。

私の場合、エラーになってもそのドライブをクリックすると元に戻ります。
全くもって謎です。
しかし、気持ち悪いことには違いないので、これを改善したいと思います。


これを解決するには、バッチの一つである、Windows Script Host を使います。
百聞は一見にしかず。サンプルプログラムをどうぞ。
WScript.sleep 1000
Set objNetwork = CreateObject("WScript.Network")
objNetWork.MapNetworkDrive "A:","\\sample\share"
objNetWork.MapNetworkDrive "B:","\\sample\music"


解説します。
1行目:1000ミリ秒スクリプトを一時停止します。
2行目:CreateObject メソッドを使って WshNetwork オブジェクトを作成し、objNetwork にセットします
3~4行目:Aドライブに\\sample\share、Bドライブに\\sample\musicを割り当てます

これで完璧です。
予め、ネットワークドライブを割り当てていて、再起動してもきちんと再割り当てします。
参考までに。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
Windows 10起動時改善計画(1)【スタートアップ編】
・Microsoft Outlook 2010(メール&スケジュール管理)。
長いことWindowsを使っていくうちに、特定のアプリを立ち上げたりすることが多いので、これを機会に改善してみることにした。
Tips的な書き方なので、興味のない人はスルーして下さい。
ググったらどこにでもある事なんだけどね。

私は、基本的に電源を入れてから、全てが起動終えると次のアプリを立ち上げる。
Microsoft Outlook 2010(メール&スケジュール管理)
Thunderbird(メールソフト)
Vivaldi(Web ブラウザ)
Asr(統合管理ファイルマネージャ)

それ以外のアプリは必要に応じて立ち上げる。
これまでこの4つのアプリをタスクバーにピン止めして、そこから起動させていたのですが、もう最初から立ち上げてしまえ。
と言うことに切り替えます。


その方法は特に難しくありません。
この4つのアプリのショートカット(なければ作成)を、所定フォルダに放り込んでしまえば終わりです。


※放り込み先
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
これで完璧です。

再起動してみてください。
間違いなく、立ち上がると思いますヨ。
立ち上がらなかったら、間違ったフォルダ(ユーザー名をチェック)にコピーしていると思われます。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
ここに放り込んでも良いのですが、1台のパソコンを複数人のアカウントで使い分けているときは、ショートカットファイルを放り込まない方が良いでしょう。
このフォルダは、全ユーザーアカウントに対するフォルダです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30