•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Windows 10 October 2020 Update
ところが、使い始めたところIMEのATOKがアクティベーションを求められたり、クイックアクセスにもう接続出来ないフォルダを外そうにも外れず、細かいところで不具合がまだまだあるようです。
「Windows 10 October 2020 Update」が一般公開 ~年2回の大規模アップデート

先週21日の水曜日、年2回の大規模アップデートがあり、早速その日に更新を行いました。
いつもなら、様子を見てから更新をかけるのですが、今年の7~8月頃から、電源休止状態(ハイバーネーション)を実行から復帰すると、決まってネットワークが強制切断状態になり、いちいちトラブルシューティングをして、ネットワークの復帰をしないとインターネットにすら繋がらない事象が起きていたのです。
幸い、電源オフからオン状態になると、ちゃんとネットワークが繋がるので、ネットワークドライバーが原因なのかカーネルの問題なのか、それともWindows Updateで何かしら問題を抱えているのか、原因の切り分けすら分からずじまいでした。


Windows 10 October 2020 UpdateがWindows Updateから自動でダウンロード出来なかったので、強制ダウンロード更新を行い、晩御飯を食べた後に戻ってくると、4Kモニターだけが電源オフ状態になっていて、スイッチを押してもウンともスンとも効かず、仕方なく4Kモニターの電源コードを抜いて入れ直しても反応せず、それならばと思って、電源ボタンを押してWindowsのシャットダウンを行ったところ、10分経っても終了しないので強制切断する羽目に。
電源再投入後、若干の不安を覚えつつも無事に起動。
4KモニターとPCが壊れてしまったのかと思っちゃった。
その日は、取りあえず電源休止状態にして終了。


翌日、電源休止状態から復旧をしてみたところ、ネットワーク切断の問題は無事解消されましたヽ(´ー`)ノバンザーイ
ところが、使い始めたところIMEのATOKがアクティベーションを求められたり、クイックアクセスにもう接続出来ないフォルダを外そうにも外れず、細かいところで不具合がまだまだあるようです。
(クイックアクセスにあるフォルダの外し方をGoogle先生に問い合わせたところ、簡単に取り外せたことが後に分かりました。)

「Windows 10 October 2020 Update」で確認されている問題は3件 ~手動更新の場合は注意を


幸い、上記のような不具合は、私の端末では起きていないのですが、内容を見るとなかなかヘヴィーな内容ですので無闇なアップデートは要注意です。
必ず、バックアップを取ってからバージョンアップを行いましょう。


取りあえず、私の方はアップデートから昨日までノントラブルです。
若干、スタートメニューが見づらくなったかなぁ。
それ以外に不満はありません。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
現場視点からはそうですけれど・・・
それは、決済時間にかかる速さが、平均してキャッシュレスと現金は、大して変わらないけれど、現金払いの客は予め釣り銭の要らない小銭を用意している人もいれば、金額を知ってから財布を取り出しお金を探す人の差がいるとということ。
現金・カード・QR・NFCタッチ 決済が一番早いのはどれ? お店のデータで検証


タイトルだけでこの検証は無意味だなあ。と思ったんですが、記事を読むにつれて「だよね~。」と納得しました。
それは、決済時間にかかる速さが、平均してキャッシュレスと現金は、大して変わらないけれど、現金払いの客は予め釣り銭の要らない小銭を用意している人もいれば、金額を知ってから財布を取り出しお金を探す人の差がいるとということ。(こう言う時は標準偏差で統計を取ると良いんだよなぁ。)
それ以外は、カードやスマホを取り出せば済むだけである。
(クレジットカードの場合は、暗証番号入力という手間があるが。)


それよりも、完全キャッシュレス化をすれば、店側での入金出金管理がシステム機能として取込み、毎日売上金額と現金の突合チェックなんて不要になるんじゃないかなぁ。なんて思っていたりします。
入金までにタイムラグがありますけど、毎日、毎月、毎年計算をしなくて良いし、俯瞰的に見れば毎年の確定申告でもサクッと終わらせられるんじゃないかと。


いやいや、そうは簡単にはいかないですよ。と言うツッコミがあるかと思います。
が、毎日の売上を貸金庫に入れたり、店に保管して盗難に遭う被害がなくても良いと思うのですがどうでしょうか。
リスクがあるとしたら、システム障害や端末故障で使えなくなってしまうことがある。ですかね。
(まぁ、そう言うときこそシステムの二重化が重要になるのですが。でも、東証システムで盛大に転けましたねw)
税制度に適合したシステムを導入すればよいと思えば、とっととキャッシュレス決済に移行すると良いのになぁ。と思います。
今時、仕入れした商品を現金でやり取りなんてしていないでしょうに。
なぜ、お客には現金を求めるのか謎です。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
freshclam のログエラー
/etc/cron.daily/clamscan:。
先日のサーバーストップしてOS再起動して以来、メールに次のようなエラーが送られてくるようになった。

/etc/cron.daily/clamscan:
ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).
ERROR: initialize: libfreshclam init failed.
ERROR: Initialization error!
/etc/cron.daily/freshclam:
ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).
ERROR: initialize: libfreshclam init failed.
ERROR: Initialization error!
ERROR: /var/log/clamav/freshclam.log is locked by another process
run-parts: /etc/cron.daily/freshclam exited with return code 2


どうやら、デーモンでfreshclam が動いているというので、

systemctl stop freshclamav-freshclam.service
と停めた後、単体で
freshclam
と実行したらパターンファイルが更新されて終わった。


その後、システム再起動のたびにそれをやるのは億劫だったので、起動時に自動実行しないようにおまじないをしておいた。

update-rc.d clamav-freshclam disable

これで、もう大丈夫だろう。
多分。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
国勢調査の〆切が10/20まで延長
恐らくノイジーマイノリティが騒いでいるだけだろうと思いますが、会社を知られたくないとか、国が情報開示しないなら我々も開示しないとか、何だか中二病をこじらせた大人達がSNSで発信しているのを見て、「あ~いう人達にはなりたくないな。
国勢調査、回答期限を10月20日まで延長

ちょっと驚いたのですが、インターネット回答が恐ろしいほどに低いからか、10/7までだった期限が2週間延長されました。
正直、こう言う回答にすら協力出来ない人達ってなんなんすかね。
と私は思うわけです。
設問項目には「ん?」と思うこともありますが、別に知られたくない項目があるとは思えません。


恐らくノイジーマイノリティが騒いでいるだけだろうと思いますが、会社を知られたくないとか、国が情報開示しないなら我々も開示しないとか、何だか中二病をこじらせた大人達がSNSで発信しているのを見て、「あ~いう人達にはなりたくないな。」と思いました。


国勢調査の大事なポイントは、正確な統計を図るのはもちろんのこと、どれだけの世帯構成で生活をしているのか、行政としてどうフォローするのか、災害時の避難場所は適正であるかどうか、そして国力がどれほどのものなのかを国がきちんと知るために行うわけですよ。
ワレこそ貧乏人こそ、キチッと回答をしたら行政府や立法府が、所得の底上げをするための施策をするとか考えるんですよ。
回答をしないことによって、その世帯は国として存在しなかったと判断され、あらゆる行政サービスからこぼれ落ちるんですよね。

「私は質問票すらもらっていない。」と言う人も、すぐに役所へ連絡して受け取るべきですね。
何かと理屈をこねて黙っていても、行政は知らさなければ知らぬ存ぜぬなので、本人にとっては大のマイナスです。
税金も納めている人なら尚更です。
税金だけ徴収されて、行政サービスは一切無いことにされますから。。。

「国に歯向かう私(俺)は格好いい!」
なんて中二病をこじらせずに、素直に国に協力してあげましょう。
反逆しても、行政から委託された調査員がしつこくやってくるだけですよ。
対人恐怖症なら、さっさとインターネット回答して済ませちゃいましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
4ケタの数字
いい加減、この4ケタの数字をデファクトスタンダードとするシステムを変える時期に来ていると思うんですよ。
で思い浮かぶとすると、私は銀行の暗証番号。
いい加減、この4ケタの数字をデファクトスタンダードとするシステムを変える時期に来ていると思うんですよ。
最低でも8ケタ英数字にするくらい普通だと思いますが。
そんな事変えられることくらい、世界のバンキングシステムのメモリは余裕だと思うのですが。
いや、そう言う標準化団体が率先して策定すべきなんですよ。
いつまで、4ケタの数字を暗証番号として持つのでしょうか。
そこが、脆弱性になっていてもおかしくないと思うのですが、どこのセキュリティー会社も指摘しないんですよね。


金融業務における情報セキュリティ技術の国際標準化 ... - 金融庁

このレポートの23ページによると、暗証番号(PIN)の国際標準:ISO 9564でPINは4ケタ以上(12ケタまで)と記されている。
だとすれば可能なのに、頑なに4ケタ数字固定にしている。
4ケタに拘るなら、英数字記号まで取り入れるべきだろう。


なかなかそうは行かない事情が、1銀行だけそうなってしまうと、他行やコンビニから引き下ろすときにシステムに対応していなくて、利便性が失われますからね。
しかし、利便性を失ってでもそろそろ「英数字8桁化」をデファクトスタンダードにするべきですよ。
これでも、セキュリティー的にまだ脆弱性があるくらい。
いっその事、英カナ数字12桁化にすると、より完璧かも知れません。
(カナを使う国なんて限られるしね。まぁ、海外ATMで使えない恐れがあるが。)


どうして、4ケタの数字に固執するのか。
全銀システムを持っているシステムインテグレーターさん、その辺を提案していきましょう。
地銀システムを持っているシステムインテグレーターさん、その辺を提案していきましょう。
郵貯システムを持っているシステムインテグレーターさん、その辺を提案していきましょう。
信金システムを持っているシステムインテグレーターさん、その辺を提案していきましょう。


4ケタの数字を暗証番号に持つなんて、もう時代遅れも甚だしいですよ。
だから、ドコモ口座のような事件が起こるんですよ。(ちょっと違うが。)




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (x)
家族共有予定表が強制解除された件
デスクトップアプリでは、使い物にならないのに、スマホアプリでは使えるという謎の仕様。
マイクロソフトのアカウントには、「ファミリー」という家族向けのアカウントがあるんです。
そこに、私や相方、両親、兄弟を入れています。

それで、Windows10標準アプリにあるカレンダーや、Office365にあるOutlookのカレンダーで予定表を共有していました。

「していました。」と過去形になっているのは、8/15前後でガッツリ消えていたんです。
「Family Calendar」と言う項目がなくなったことに気付いたのは、8/16。
前日に相方から指摘されて気付きました。


Webによる予定表の追加方法は、「Outlook.com で共有された家族の予定表を使用する」に書いてあるので、問題なく予定表を記入出来ます。

しかし、最初にも書いてあるとおり、Windows10標準アプリにあるカレンダーやOffice365にあるOutlookのカレンダーでは、どうすることも出来ないんですよ。
当然、スマホアプリでも出来るパターンと出来ないパターンが存在しており、一番確実に出来るのはMicrosoft謹製のOutlookアプリなんですよ。
デスクトップアプリでは、使い物にならないのに、スマホアプリでは使えるという謎の仕様。。。

これはもう、Outlook.com側で仕様変更があったとしか思えないんですよね。


家族には、当分の間、この2つの方法でやって下さい。と御願いメールを出しました。
が、相方は納得のいかないご様子。
私も納得いかないのですが、どうすることも出来ないので、アプリ側で更新されるまでは、暫くの間不便を強いられることになります。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
clamav バージョンアップ後のエラー
また、/etc/clamav/freshclam.conf のオーナーが clamav:adm になっていたので、root:rootに変えてやった。
10日前から毎朝ウイルススキャンメールにこんなメッセージが飛んできた。
/etc/cron.daily/clamscan:
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.102.3 Recommended version: 0.102.4
/etc/cron.daily/freshclam:
ClamAV update process started at Tue Aug 4 06:57:55 2020 DON'T PANIC! Read https://www.clamav.net/documents/upgrading-clamav
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.102.3 Recommended version: 0.102.4 daily.cld database is up to date (version: 25893, sigs: 3770223, f-level: 63, builder: raynman) main.cvd database is up to date (version: 59, sigs: 4564902, f-level: 60, builder: sigmgr) bytecode.cld database is up to date (version: 331, sigs: 94, f-level: 63, builder: anvilleg)



バージョンアップしましたよ。と言うお知らせである。
これまでは、ソースをダウンロードしてきてコンパイル&インストールをやっていたんだけど、OSバージョンアップをするとそれらがややこしい事になっていたので、それ以来OS謹製のものを使うことにしている。
しかし、OS謹製のものは一定期間が過ぎると最新のパッケージとしてダウンロードされないのが難点である。

まぁ、それはさておき、取りあえずバージョンアップを行い無事完了した。はずだった。
翌朝、ウイルススキャンメールにはこんなエラーが出力されましたよ。と書かれていた。
/etc/cron.daily/clamscan:
ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).
ERROR: initialize: libfreshclam init failed.
ERROR: Initialization error!
/etc/cron.daily/freshclam:
ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).
ERROR: initialize: libfreshclam init failed.
ERROR: Initialization error!
ERROR: Can't open /var/log/clamav/freshclam.log in append mode (check permissions!).
run-parts: /etc/cron.daily/freshclam exited with return code 2


色々とエラーを検索キーとしてググってみたんだけど、パッと解決しないので、もしかして、/etc/clamav/freshclam.confが悪さしているのかな?
と思って見た。
DatabaseOwner clamav
UpdateLogFile /var/log/clamav/freshclam.log
LogVerbose false
LogSyslog false
LogFacility LOG_LOCAL6
LogFileMaxSize 2M
LogRotate yes
LogTime true
Foreground false
Debug false
MaxAttempts 5
DatabaseDirectory /var/lib/clamav
DNSDatabaseInfo current.cvd.clamav.net
ConnectTimeout 30
ReceiveTimeout 0
TestDatabases yes
ScriptedUpdates yes
CompressLocalDatabase yes
SafeBrowsing false
Bytecode true
NotifyClamd /etc/clamav/clamd.conf
# Check for new database 24 times a day
Checks 24
DatabaseMirror db.jp.clamav.net
DatabaseMirror db.us.clamav.net
DatabaseMirror database.clamav.net
PidFile /var/run/freshclam.pid

赤字のところが、これまでrootだったのに、clamavに戻っていた。
また、/etc/clamav/freshclam.conf のオーナーが clamav:adm になっていたので、root:rootに変えてやった。

あと余計なことだが、/var/log/clamav/freshclam.logも削除した。
ここまでやってみたところ、無事解決した。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
簡易DLNAサーバーを構築
と言う事で、nasneをDLNAサーバーとして使っていたのですが、これが使えなくなってしまったので、代替機としてファイルサーバー兼DHCPサーバーであるWindows10にすることにしました。
nasneの外付けハードディスクが調子悪くて外して数ヶ月。
nasneは何ら問題なく動いています。
やはり、外付けハードディスクに問題があったんかな。。。


と言う事で、nasneをDLNAサーバーとして使っていたのですが、これが使えなくなってしまったので、代替機としてファイルサーバー兼DHCPサーバーであるWindows10にすることにしました。
負荷分散を考えていたのですが、代わりになるものが見つからないので仕方ないです。
Raspberry Piを使う手もあったのですけどね。


さて、Windows10でDLNAサーバーを構築するとなると、パッと思いつくのが過去に構築した、PS3 Media Server
今回は、音楽と画像と動画をシンプルに再生出来れば良いので、それ程凝った構成を考えていません。
そこで気付いたのは、灯台もと暗しといいますか、Windows Media Player。と言う存在です。
これ、単純に再生するだけでなく、DLNAサーバーとして機能をするんですよ
知ってましたか?
私は、数年前に知っていたのですが、やってみたところ今一つだったのでパスしていたんです。
(DVDのISOファイルが再生出来ないという点。)
今回、DVDのISOファイルは存在しないので、Wundiws Media PlayerのDLNA機能で行けるんじゃないかと思ってやってみました。


その前に。
このサーバー構成を書いておかねばなりません。
Cドライブは、SSDでそこにDHCPサーバーを立てています。
そして、スモールデスクトップPCには、USBをいくつか付けています。
1つは、外付けハードディスク(2TB)
1つは、バックアップ用USBメモリ(128GB)
もう1つは、過去につ買っていたSDカードメモリ(万一USBメモリが壊れたときのバックアップ用32GB)
外付けハードディスクは、全然余裕なので、そこにオーディオビジュアル系ファイルを全部ぶち込みました。
それでも、まだ余裕といった感じですね。


さて、Cドライブは必要最低限の容量(128GB)しかないので、ファイルを全部入れることが出来ません。
当初、「ミュージック」と「ビデオ」を外付けハードディスクのフォルダに設定していたのですが、Windows Media PlayerのDLNA機能が、ちゃんと作動してくれず。。。
そこで、Googleで検索して見たところ、こう言うのをブログで紹介されていました。

Windows10マシンを標準機能でメディア(DLNA)サーバーにする方法

タイトルだけでは、どこにでもありふれた記事に思えるのですが、この記事のポイントは、空っぽの「ミュージック」「ピクチャ」「ビデオ」であっても、他のドライブレターにあるフォルダから、右クリックをして「ライブラリに追加」と入れるだけで、Windows Media Playerが認識してくれるということ。
私の認識ではそのフォルダーにファイルが無いと認識しないんじゃないかと思っていたのですが、実際試したところ無事に認識しました。

Windowsエクスプローラー


こんな風に表示されてダブルクリックすると、Media Playerが立ち上がりました。

Windows Media Player起動したところ


デフォルトは、ローカルのライブラリを表示知るのですが、「MSI-R」というサーバーをクリックして、「音楽」-「アーティスト」とクリックすると表示されました。
「ビデオ」も念のためクリックしたところ、ちゃんと表示されました。
これで、めでたしめでたしですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::Windows | comments (0) | trackback (0)
ポストペイ普及必死やね
 その代表格は、主に関西の私鉄や地下鉄、バスの共通ICカード「PiTaPa(ピタパ)」。
[New門]せっかちだから?お得感を重視?…関西人は「後払い」がお好き


この記事を目にしたとき、「提灯記事を書いてもらうために必死なのかな?」と思った。
と言うのも、同じ関西地区にある前払い方式の「ICOCA」とどれだけの発行枚数に差があるというのだろうか。
PiTaPaは、後払い方式ではあるが関西の私鉄(一部は東海地方も可能)とJR西日本の特定エリアでしか使えない。
そして、PiTaPaには審査がある。
これがネックとなって普及にスピードが上がらず、開始当初、普通の磁気定期券を持っているよりもPiTaPaの方がお得な料金設定も、いつの間にやら廃止されたり、各関西私鉄会社がバラバラのサービスを始めるようになった。


今では、一部の関西私鉄会社がICOCAカードで定期券を作れるようにしている。
完全に想像でしかないのだが、Osaka Metroを除く利用者は、殆どICOCAを利用していると思われる。
ICOCAは、2,000円払えば1,500円分のチャージですぐに使えますからね。


それにJRを利用しているけれど、チャージ不足でイライラしている人を見かけたことがない。
そんなに苦情があるなら、JR西日本は何かしらの対策を打ってくるはずなのだが、駅やホームにチャージ機を置いてあるから、駅窓口で苦情を申し立てている人を見たことがないのだ。
ポストペイは、ハッキリ言って目立っていない。
それを象徴するかのように、これまでPiTaPaだけしか使えなかった定期券が、ICOCAでも使えるようにしている。


PiTaPaが、ICOCAから切り換えてもらうには、大胆にもお得感を出す施策が必要である。
その典型例が、Osaka Metroだ。
Osaka Metroの地下鉄では、色んな料金システムがあるのだが、シンプルに1割引をじっししている。
だから、切符を買うよりもPiTaPaを使った方がお得なのだ。


他の鉄道会社も、こう言うことをすれば良いのに、区間設定して1ヶ月の定期代以上に達したらそれ以上請求しない。なんて事は辞めたら良いのにと思う。
最初から2割引とか3割引にする!なんてことにしたら、PiTaPaの普及はこれまで以上に加速する。
関西人はシンプルにお得なのを選ぶのだ。
ややこしい料金設定をするよりも、現金割引にしたほうが審査が必要だけど、多くの人がJR西日本からシフトするんじゃないだろうか。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
これって、賛否両論が沸き起こりそうだが・・・
うちの会社の健康保険組合は、何の音沙汰もないんだけど大丈夫なのだろうか?。
マイナンバーカード、'21年3月から健康保険証になる。申込受付開始


もう、あと7ヶ月後には、健康保険証として使えるマイナンバーカード。
その効果は果たしてどこまで?
個人情報ガー!界隈から反対意見がたくさん湧き出そうだけど、今のマスゴミはコロナ一色だから直前(年明け後くらいかな?)になって大騒ぎするんでしょうね。


こう言うのって、たいてい病院にリーダーライター機器とネット回線が必要になるんだけど、あまたの個人病院に導入するのは、正直言って難しいのでは?
なんでも、8割以上の病院が赤字経営って言われているのに、そこでこれらの機器購入と維持運用の負担を強いるわけでしょ?
国が面倒を見るにしても、そこは税金になるんじゃないかな?
システム導入に否定は全くしないんだけど、十分な議論と情報公開、そして、システム一式の面倒をちゃんと考えないと、次々と病院が廃院になってしまっては本末転倒。
あと、マイナンバーカードを持ち歩くことが普通になるので、そこに不安がる人をどう解消するか。
私も必要時以外は持ち歩いていない人なんだけど、まぁ、運転免許証と同じ感覚になるんだったら、健康保険証がマイナンバーカードと紐付くなら別に良いかな?って感覚になりそう。
だって、健康保険証は、いつも持ち歩いているし。


それと、民間の健康保険組合はどうするんだろうか。
国民健康保険は、済し崩し的に出来そうだけど、ただでさえ赤字運営の多い組合にも負担が大きいだろう。
うちの会社の健康保険組合は、何の音沙汰もないんだけど大丈夫なのだろうか?


不安ばっかり上げてもしょうがないけど、良い点を挙げるならば、病院からかかりつけ薬局に自動的に処方箋データーが飛んでいき、薬局に着いたらすぐに出してくれる。
なんてのは、待たされずに済むので便利である。
マイナンバーカードをタッチしたら、自動的にコインロッカーみたいなところからカチャッと開いて、クレジットカード決済まで完了する。
こうなると、薬剤師の仕事を奪うことになるな。
あと、お薬手帳を忘れてもッ問題ナッシングになる。なんてのもありがたい。
これで、GoogleカレンダーやOutlookカレンダーに自動連携されて、次回の予約を登録してくれると最高なんだけどな。
そこは、今後システム拡張に期待したいところ。


まぁ、毎度のことだけど国に自分の健康状態を知られたくない人は、自力で何とかするしかないですよ。
何とも出来ないでしょうけどね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31