•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

インターネットで他人に注意するとき、気をつけるべきこと(自戒)
私もしばしば間違いを犯してしまうのですが、書き込んだ本人に注意をするとき、リプライやレスなどで書き込むことが多いのですが、この方法はあまり賢くないやり方だと気付いたんです。
TwitterでもFacebook、InstagramなどのSNSからブログの掲示板や5ちゃんねるなどの不特定多数の掲示板まで、書き込むところはたくさんあります。
まぁ、ダークWebでも使わない限り、書き込む時点でその人の所在が分かるところが、ネットの恐ろしさでもあります。


私もしばしば間違いを犯してしまうのですが、書き込んだ本人に注意をするとき、リプライやレスなどで書き込むことが多いのですが、この方法はあまり賢くないやり方だと気付いたんです。
と言うのも、本人だけに注意をするならば、直接本人にメールなりDMなりチャットなどで伝えてあげた方が良いのです。
なぜならば、注意した内容が本人だけでなく他の方にも目がとまるわけです。
注意する内容が、書き込んだ本人だけでなく、広く多くの人に見てもらうような内容であれば、その注意は有意義なものになります。
しかし、本人だけのものであれば、内容によっては第三者からは個人攻撃と捉えられかねません。
そうなると、注意をした本人は良かれと思った事が、他人に誤解が生まれてしまいかねません。
それならば、書き込んだ本人に直接伝えてあげた方がスマートじゃ無いかと思います。


つい最近、私はある人の書き込みについて、「この引用したサイトはまずいな。」と思ってコメントで書き込んだんです。
でも、ストレートに書けば良いのに回りくどい書き方をして、ご本人にちゃんと伝わらなかったんです。
そこで、何度かコメントを付けたところで理解して下さって削除したんですね。
その時、振り返ってから気付いたのです。

「コメントするんじゃなくて、チャットで伝えた方が良かった。」

と。
注意した書き込みから消すまでの時間は数時間ですが、その方やそのフォロワーには目が止まったと思うんですね。
しかも、ストレートな書き込みじゃないだけに、私が書いたコメントに

「こいつ、何言ってんだ?」
と捉えられたかも知れません。
そう思うと、自身のあり方に反省しなくちゃならないな。
と考えてしまいました。

ついつい、コメントやレス、リプライの方が手軽なのでやっちゃいますが、注意するときは一呼吸を置いて考えてからした方が良いですね。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
プロバイダーの切り換えタイミング
目に見えない契約なので、人はプロバイダーの契約解除を月末締め(23:59:59)、新規契約を月初(00:00:00)にしたいと考える。
人は出来るだけ無駄な出費を避けたがる傾向がある。
例えば、市内に複数のプロパンガス会社があり、これまでA社のプロパンガスを購入していたが、新規B社のプロパンガス会社が開業し、A社よりも月20%程安くなると言うことで切替を考えた。
ガス管の入り口は1つだけなので、2社同時に契約することは不可能だ。
そう言う場合、A社を今月末、B社を来月1日からとしたいと考えるのが普通である。

ところが、A社は契約解除の1ヶ月前じゃないと受け付けてくれない。
B社は予約殺到で来月1日には間に合いそうにない。

と言ったケースが想定される。
そう言う場合どうするか。

(1)A社を翌月で契約解除、B社も契約するがいつになるかを確認
(2)B社のプロパン設置月までA社と契約し翌月解除

のいずれかではないだろうか。
地方のように土地があるような地域では、プロパンを1本増えたところで問題なかろうが、マンションではちょっと問題になるそうですね。


今や社会のインフラであるインターネット。
こちらも切り換え、乗換は切実な問題である。
目に見えない契約なので、人はプロバイダーの契約解除を月末締め(23:59:59)、新規契約を月初(00:00:00)にしたいと考える。
私も何度かプロバイダーの乗換をしたが、こう言う技は基本的に出来ない。(何事においても例外はある。)
だいたい重複した期間が存在し、二重払いが発生してしまう。


たびたび、クチコミ掲示板で質問や相談でそう言う類いを遭遇する。
インターネットが使えない空白期間を作っても良いのであれば、月初に新規契約を行って、開通日がわかったところで、すぐに既存のプロバイダーを契約解除すれば良い。
プロバイダーによっては、中旬までに解約を申し出ないと解約できない。と言う規約があるのでその点は要注意である。
そうすれば、無駄な出費も抑えられるかも知れない。
空白期間中のインターネットは、スマホをWi-Fiルーター代わりにしてしまえば良いだろう。
その代わりパケット量が物凄いことになるかも知れないが。。。


こうした二重払いを防ぐため、一部のプロバイダーでは新規契約をしたときに、開通月は無料であったりする。
こう言うプロバイダーはなかなか良心的である。
そして、回線品質などチェックをして、今までよりも悪ければ戻れば良いのです。
契約解除にはそれなりの費用がかかりますけどね。(勉強代と思って支払いましょう.)


一番確実なのは、NTT系でしか使えませんが、光コラボレーションを使わずフレッツ契約で、プロバイダーだけを乗り換える方法です。
光コラボレーションの代表格であるドコモ光も複数のプロバイダーがあって乗り換えることは可能ですけど、事務手数料がかかってしまうのが難点です。
私もドコモ光の前にぷららから乗り換えましたが、契約事務手数料もかからず気軽に乗り換えることが出来ました。
また、そのプロバイダーに縛りが存在しなかったので、解約するのも自由でした。
大変便利なプロバイダーでしたね。
もちろん、ぷららから乗り換えた月、そのプロバイダーからso-netに乗り換えた月は、重複契約月でしたがシームレスに乗り換えることが出来ました。


★結論★
インフラ系の乗換は、重複期間があってもケチらないようにしましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
NTTコムリサーチを退会しました
そして、近年、色々なインターネットアンケートが増えてきて、それらと見比べてみると、NTTコムリサーチのアンケートシステムが古くさくなってきていることがよく分かります。
一体いつから始めたのだろう?
と思って、回答履歴を覗いてみると、2007年からやってました。

NTTコムリサーチ回答履歴


振り返ると、結構長いことやってきたなあ。と感慨深いものがあります。
そして、近年、色々なインターネットアンケートが増えてきて、それらと見比べてみると、NTTコムリサーチのアンケートシステムが古くさくなってきていることがよく分かります。

予め自分の属性を入力しているにも関わらず、このアンケートサイトはいちいち自分の属性を質問項目に挙げています。
提携先アンケートであったとしても、この入力のために1~3ページ使うのは、正直言ってどうなん?と思うわけですよ。
これが、2~3件ならまだしも、10件以上も届くとさすがに┐(´д`)┌ ウンザリ。

それと質問中には、スマートホンで答えなければならない項目があるのですが、サイトのページがレスポンシブデザインでないため、スマホで見ると滅茶苦茶小さい!
老眼の入ったおっさん、おばはんには無理ですよ。
なので、私はGoogle ChromeでUA偽装して答えていました。

今回、退会を決定づけたのは、他のアンケートサイトと比較してのポイント効率の悪さ。
1日10以上アンケートに答えても、せいぜいもらえるポイントは20くらいがMAX。
たまに、クローズドアンケートで100ポイント近くあるのですが、とにかく質問項目数が長い!
2~30分はかかるであろう項目に心が折れそうになります。
それでも、参加出来たら良い方で、殆どが速攻で終了してしまいます。
前にも書きましたが、参加出来るボタンがありながら、一杯になりました。と言うページにはガッカリします。

↓↓例えばこう言うヤツ↓↓

アンケート募集


↓↓クリックすると・・・↓↓

アンケート終了


すぐに終了してくれたら良いのですが、延々と残っているのでタチが悪いんですよ。
最初にも書いたとおり、1日10通以上のアンケートが来るので、どれがもうアンケート終了しているのか、いちいちクリックしていかないと分からないんです。
何度か苦情も書いたのですが、質問元からは「ご意見ありがとうございます。」だけで改善する気無しなんです。
なので、もうやってられねえ。気持ちになり、必然とフェードアウトしちゃうのです。


NTTコムリサーチには、一旦システムリニューアルをして欲しいと切に願います。
その時は
・スマホにも対応したレスポンシブデザイン導入
・事前に登録した属性を新たに質問として入れないこと
・募集終了したアンケートは速やかに【終了】と表示すること
この3点に絞ってほしいですね。


まぁ、2度と参加しないと思いますけどね。
12年間ありがとうございました。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
こう言う団体がクローズするのは残念
代表理事は、元産経新聞記者で弁護士の楊井人文(やないひとふみ)氏。
日本報道検証機構が解散 ツイッターで明かした運営サイト「GoHoo」の今後

こう言う団体はとても大事なんだけど、真っ当な団体ほど生き残るのが難しいですね。
偏向報道が酷い某テレビ局や新聞社に立ち向かうため、ファクトチェックが必要なんですけどね。
クラウドファンディングで生き残る方法を考えて欲しかったなぁ。
かなり残念です。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
ワイのメールアドレスが流出しました
現在、とある大手企業に迷惑メールによるメールアドレス流出について問合せを行っています。
この件について、逐次更新していこうと思います。

現在、とある大手企業に迷惑メールによるメールアドレス流出について問合せを行っています。
着弾は先月12日。気付いたのはもっと後でした。
内容はこんな内容。

スパムメール20190811_1


すぐに「偽メールでアウトー」と分かる内容ですね。
折角なので、メッセージヘッダーも残しておきました。

スパムメール20190811_2


さて。
時系列的に書いておきましょうかね。

・2019/07/27
久し振りにWebからGmailに入って見ると、迷惑メールが2件ありました。
たまに覗かないと、誤検出でそのまま闇に葬り去られるので、チェックしています。
1件は、mopera.netによる本当の迷惑メールですが、ごくありふれたメールアドレスが宛先だったのでスルーすることにしました。
そして、もう1件は、、、
こちらも、宛先がごくありふれたメールアドレスだったら良かったのですが、なんと!特定のサイトにしか登録されていないメールアドレスで引っかかりました。

( ´゚д゚`)アチャー
とうとう流出してしまったか。
と半ば諦めて放置しようかと思ったのですが、やっぱり気持ち悪いので、そのサイトの問い合わせフォームに聞こうと思いました。

が。
探せども探せども見つかりませんでした。
仕方ないので親玉のサイトから問合せを行う事にしました。

前略
件名通り、2019/07/27 12:00に私のPCでGmailのWebページで確認したところ、迷惑メールが2通入っていました。そのうち1通は、宛先が「************@gmail.com」で届いていました。このメールアドレスは、貴社グループ企業のV++++専用メールアドレスで、それ以外のサイトに一切登録していないものです。このメールアドレスが貴社グループ企業から漏洩したと推測されます。ただちに、原因と対策の調査を要望します。メールの内容は、AmazonのアカウントIDがロックされて、すぐに(03)-5757-5252へ電話をして下さい。というものでした。


・2019/07/30
調査をするとの返信が届きました。
ついでにメッセージヘッダーを送付してあげました。

・2019/08/01
途中経過のメールが届きました。
******に確認いたしましたところ、
お客様の情報管理については、********チェーン全体で
管理を徹底しているところでございます。

特に、会員情報(お名前や住所、メールアドレス)については、
ホテルの基幹システム内で管理しており、
インターネットから隔離されたネットワーク内で保管しております。

そのため、現時点では、ホテル基幹システムからの流出の可能性は
極めて低いと考えています。

一方で、世の中の情勢として、サイバー攻撃等が巧妙化していることも認識しており、
+++++++において絶対に発生していないと断言すること、
あるいはその証拠を提示することもまた難しいというのが現状です。

大変恐縮ですが、情報漏洩の可能性についてさらに調査を進めるため、
以下の例をご参考にしていただき、お客様のご指摘のメールアドレスを
********にご提供いただいた状況や時期などを確認させていただけないでしょうか。
大変お手数をおかけいたしますが、何卒ご協力をよろしくお願い申し上げます。

こんな感じでした。
なので、7年前にメールアドレスを登録した日時と提供した状況を伝えました。
こう言う時、メールアイテムを残しておいて良かったな。と思える瞬間です(笑)


・2019/08/09
1週間以上経過し、もはや調べようがないところまで来たのかな?と思ったところ、返信が届きました。
(1)迷惑メールについて
お客様からご回答いただきました内容をもとに、
株式会社*********があらためて調査を進めさせていただきましたが、
現行の予約システムにはお客様のメールアドレス(「*******」あり、「*******」なし)の
ご登録が確認できませんでした。

ご登録が確認できなかった理由といたしましては、

・お客様のご利用時期(会員登録の際にWEB登録なされた時期)が、
 現行の予約システムを導入する2016年以前と考えられること
・お客様の最終のご利用から2年以上経っていたと考えられること
 (当時の会員規約では、2年以内のご利用がないお客様の会員情報は
 消失することとなっておりまして、新予約システムへの移行の対象となっておりませんでした)

の上記2点から、旧予約システムから現行の予約システムに
会員情報の移行がなされなかったためと考えられます。

なお、現行の予約システムへ移行する際に、
旧予約システム上の個人情報につきましてはすべて破棄しております。

ただ、旧予約システムに関する調査を現在実施することができないため、
情報漏洩の可能性の指摘については、
前回の回答の繰り返しとなり恐縮ではございますが、
絶対に発生していないと断言すること、
あるいはその証拠を提示することもまた難しいというのが現状です。

貴重なお時間を割いて詳細な情報提供をいただいたにもかかわらず、
このような回答となり大変恐縮ではございますが、
今後もお客様の情報管理については、***チェーン全体で徹底してまいりますので、
何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


だそうです。
この文面をそのまま汲み取れば、2016年以前に漏れていた可能性があった(メールのやり取りだけでなく、サイトの通信を通じて漏れていた可能性もある)と言う事。
最近(2年以内)、メアドが漏洩したわけではないとのこと。
┐(´ー`)┌ヤレヤレと言う事に、このサイトを再利用する可能性もあることから、近いうちにメアドを変更することにします。
これほど長期間、流出されたメアドを寝かされると調査する側も大変ですね。
少なくとも3年以上、寝かされ続けていたわけですから。
本当に困ったもんです。
はい。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット::迷惑メール | comments (0) | trackback (0)
出戻りしました・・・
・ぷらら(2003年8月頃~)。
インターネットを始めて20年超え・・・
今更ながらおさらいしておこう。
インターネットプロバイダー履歴
Just-net
@nifty
ZAQ(2000年11月頃~)
ぷらら(2003年8月頃~)
mopera(2016年8月頃~)
so-net(2018年11月頃~)
ぷらら(2019年7月1日~)

好きでぷららになったんじゃないけどな。
so-net都合でドコモ光+so-netユーザーは強制的にぷららに移管されてしまいました。(ドコモ光以外のso-netユーザーはそのまんま)
誠に遺憾である(笑)

ぷららの速度低下とIPv6接続サービスが始まらないことから、moperaに移って、ドコモ回線の見直しから「フレッツ」⇒「ドコモ光」/「mopera」⇒「so-net」にしたんだけど。
まさか、半年後に譲渡されるとは思いませんでした。
今のところ、個人情報をぷららに売られただけで、他は何も変わっていない感じです。
これから、数年かけてぷららに変えさせられるんでしょうね。

ドコモ光で良かった。
DMM光のようにso-netが楽天へ譲渡されるような事になれば、ワイは発狂していたことだろう(笑)

楽天モバイルが「DMM mobile」と「DMM光」を事業承継!譲渡額は約23億円。契約数はMVNOの携帯電話サービスが約24万、固定回線が約2万

とは言え、現状so-net回線であるものの、いずれぷらら回線に切り換えられるのである。
直近、ぷららのトラフィックモニターを見ると、相変わらず混雑具合で変わっていない。
ぷららもIPv6接続サービスを開始したが、うまく分散されていないようである。

懸念していたIPv6接続サービスの仕様も、今までと同じように出来るみたいなので、それだけはちょっとだけ安心か。
以前は、特殊な接続だったように思えたのだが・・・

取りあえず、暫くは様子見で速度に不満がでたところで、新しくプロバイダーの乗換を検討しよう。
せっかく、so-netのサービスを使いまくろうと思っていたのにな。
いや、一部は使っているんだけど。
困ったな。。。

ところで、ぷららから所定の書類が届くらしいんだけど、3週間経過した今でも届かないのは何故だろう?
色々な意味で残念でR。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
批判や侮蔑は、時としてブーメランがくる
注意した側にすれば、以降はミュート、ブロックの行動を取るでしょう。
と思うんですよ。
これは、私の人生教訓というか学んだというか。

同調圧力というのもありますが、ポジティブな話しならそれで良いんですよね。
ポジティブでも、内容がネガティブだと批判を受ける覚悟が必要なんですよ。

例えば、先日のかんぽ生命問題。
社長が謝罪会見を開いている中で、「なにこの役員!なにも分かってないのか。アホ面しとるな!」なんて居酒屋レベルの会話をネットに載せると、

・外見と糾弾は別問題だろ!
と突っ込まれるか、
・フォローワーから距離を置かれる
・華麗にスルー
と言う3択になります。
(だいたいがスルーが大勢である。)

突っ込まれた側の当人としては、
・カッとなる
・凹む
・無視
のいずれか選択することになると思います。
「カッ」となっても、自分で冷静になるくらいのコントロールできれば良いのですが、抑えが効かなくなって論争が始まると、それは終わりの始まりになります。

注意した側にすれば、以降はミュート、ブロックの行動を取るでしょう。
注意した側がカッとなった相手に、いくら誠意を伝えても伝わりません。
仮に注意した側に非があっても、カッとなった相手に謝ったとしても、相手は全く冷静になってくれないことが殆どです。

不幸にも論争する展開になった場合、注意した側が取るべき行動は、ミュートやブロック、フォロー外し、グループから離脱を強く推奨します。
注意した側が納得するまで、相手の誤解を解くよう説法されても良いのですが、実りのある収穫にはならないでしょう。
自己満足に終わるだけです。

さて、注意を受けた側へのアドバイスなのですが、名指しで注意を受けたことは、とても良いことであると前向きに考えるべきです。
どうしても心情的にカッとなったり、凹んだりしますが、冷静に振り返ることがポイントです。
問題があれば「改善する機会だ。」として、ピンチをチャンスな思考を取ればそれで終わりです。
もしも、注意した側が理不尽なことを言ってきたとしたら、軽くスルーするスキルを身につけましょう。
叱られているうちが花ですよ。
同じ事を繰り返していたり、年を食ったら誰も言わなくなりますから。
裸の王様状態になります。

ただし、政治と思想信条は別だと思います。
これは、どうしようもありません。
折れる必要もありませんし、反論する必要もありません。
“そう言う意見がある”と思って読み流しましょう。
下手に反論すると、相手が激昂に任せて論戦してくる可能性が高いです。
よほど、文章力に長けた人でないと疲れます。
居酒屋でもあるあるケースなのですが、この時はひたすら菩薩モードに入るとよいです。
ただただ、聞くだけに徹して自分の意見は絶対に言わないことです。
自分の意見を言わないどころか、相手を気持ちよく喋らせてあげるくらいの気持ちでどんどん聞いてみると良いでしょう。
(しんどいけどね。)

私は何も、「批判をするな!」「侮辱するな!」とは書いていません。
そう言うことをすると、こう言う返しがあるかも知れないよ。それを受け入れる覚悟ある?
と言いたいのです。
精神的ショックを受けた。のであれば、次回から気をつけましょう。
人間だから同じ過ちは何度も繰り返しますけどね。

私も、ネット上で色々と批判することはありますが、侮辱だけは気をつけているつもりです。
特にその人の外見を侮辱するような書き込みは、下手すると名誉毀損で訴えられるかも知れません。
そう言うのは、近年、居酒屋レベルの会話で済ませるようにします(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
靖國(神社)論争は言うまでもない・・・
動画でも語られていますが、最近の橋下徹さんの考えには、時折「ん?」と首をかしげることが多くなりました。
何を語りたいかはこちら。




ボクは、他国に配慮することなく靖國神社に天皇や首相の参拝してもらいたいと考えています。
だから、私は圧倒的に百田尚樹さん、有本香さんを支持しています。

動画でも語られていますが、最近の橋下徹さんの考えには、時折「ん?」と首をかしげることが多くなりました。
これは、自分の考えが橋下徹さんと合わなくなってきたからだと思うのですが、ただ彼の発言全部が全部、否定するわけじゃないんですよ。(念のため)
こと靖國神社に至っては、全くソリが合わない(これは以前から)し、なんで中韓に配慮しなければならないのか。
中韓に配慮して(国立追悼施設を作って分祀して)も、彼らは別の難癖を見つけて騒ぐのが常套手段です。
自国の宗教行事に他国の配慮する意味が分かりません。

恐らく橋下徹さんは、一国の王や首相が参拝を押し通した結果、中国人旅行者が大阪に来なくなることを懸念しているのだろうか。
(韓国やパラオ、東南アジアがその典型例でしたからね。)
来なくなることで関西圏の経済が再び低下することを恐れているからだろうか。
この辺りは、大阪観光局の統計を見てみました。

平成30年の速報値を見ると、なるほどな。
中国からの来阪割合が、39.9%
韓国からの来阪割合が、20.9%
台湾からの来阪割合が、10.7%
香港からの来阪割合が、6.3%
米国からの来阪割合が、3.6%
以外からの来阪割合が、18.6%
と、中韓からが半数を超えているわけですね。
特に中国からの来阪が40%近いわけで影響が大きいんですね。

40%の中国人がいなくなると、大阪の経済基盤は確かにやばいかも知れません。
まぁ、これは私の仮説にしか過ぎませんが。。。


でもね。
それと、これとは別の問題でしょう。
英霊の御霊に感謝を行動にできない国家元首が、世界にどれだけ数少ないことか。
アメリカとロシアだけにでも根回し(教育)して理解してもらい、令和を迎えたこの時代に上皇さまや今上天皇、一国の首相が終戦記念日に参拝をすれば良いだけなのでは。

今この状態が一番チャンスじゃないかと思うんですよ。(朝日新聞にとっても!)
中韓にトドメを刺す時期に来ていると思うんですよね。
多くのネット民は、今上天皇、上皇さまに靖國神社へ参拝してもらいたいと願っている方が多いと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
EPARKのやり方がえげつない
EPARK歯科、契約歯科医院に課金させる巧妙さが凄い!。
EPARK歯科、契約歯科医院に課金させる巧妙さが凄い!

この記事を読んで、EPARKのやり方が物凄くせこいなあ。なんて思いました。

法スレスレで運営しつつ、GoogleマップYahooロコでせっせと課金用電話番号に変更・・・
もちろん、EPARKもボランティアでやっているわけではないのですが、こんなせこいやり方を続けていたら、利用者の心証が悪くなり、他の予約システムにも影響するのではないかと思います。


私も食べ物系で時折EPARKを利用する事がありますけど、こうしたやり方をする企業なら、利用する事自体改める必要が有りそうです。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
【予言】年末恒例の笑ってはいけない24時に・・・
引き出しネタで、絶対に出てくるよな?。
ミャンマーのお金、浜田雅功すぎてワロタwwww

引き出しネタで、絶対に出てくるよな?
松本の引き出しに隠れていそう(^^)

ミャンマーのお札


これ、先週SNSで話題になったヤツなんだけど、何度見ても似てるなあ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31