•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Raspberry Pi 3 Model B+によるRasbianOS化(7)

RasbianOSのセットアップから運用までの連載です。
週一連載です。




(1) 事前準備
(2) セットアップ
(3) 各種設定(Wi-Fi NWやアカウント追加等)
(4) Open DHCP Server のインストール
(5) Playstation Media Server のインストール
(6) Webminとファイル共有サーバーの設定(sambaサーバー)
(7) バックアップ運用(バッチ)

最終回は、殆どRaspberry Piと関係無いありません。
ただ、ファイル共有の設定やデータを持っている場合、定期的にバックアップをしておかないと、HDDやシステムが壊れたときの復旧が大変になります。
これは、鉄則と言っても過言ではありません。
新品のHDDであっても、1週間もしないうちに突然壊れることだってあります。
ハードウェア的にRAIDシステムを組んでいるとしても、二重三重でバックアップを備えていた方が安心です。

私は、そう言った意味で大切なことと認識してもらうために、敢えて最後に持ってきました。
過去にLinux運用をしていたのを思い出し、どこかに保存していたハズだったので、探して見つけました。

バックアップ報告スクリプトの覚え書き  -- 2012-01-24 Tuesday
バックアップスクリプトの改修  -- 2012-02-05 Sunday

#/bin/bash
#前日の結果ログを削除
rm -f /tmp/result.log
#結果ログの作成
touch /tmp/result.log
#バックアップ時間開始
echo --- system backup start --- >> /tmp/result.log
echo start TIME:`date '+%Y/%m/%d %H:%M:%S'` >> /tmp/result.log

#5日前のバックアップファイルを消去
cd /mnt/backup/
find ./ -ctime +5 -exec rm {} \;

#バックアップ開始
#ファイル共有
cd /home/user1/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_user1.tar ./
cd /home/user2/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_user2.tar ./
cd /home/user3/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_user3.tar ./
cd /home/user4/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_user4.tar ./
cd /mnt/homeshare/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_homeshare.tar ./

#システム関係
cd /root/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_root.tar ./
cd /etc/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_etc.tar ./

#ログデータ
cd /var/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_var.tar ./*

#Webデータ
cd /mnt/www/
tar cf /mnt/backup/`hostname`_`date '+%Y%m%d'`_www.tar ./

#バックアップ後のファイル一覧を結果ログに吐き出し
ls -lt /mnt/backup/ >> /tmp/result.log

#各記憶装置状態を確認
echo -----ディスク状態----- >> /tmp/result.log
df -k -T >> /tmp/result.log
echo -----外付けHDD----- >> /tmp/result.log
/usr/sbin/xfs_db -c frag -r /dev/sdb1 >> /tmp/result.log
echo -----バックアップメディア----- >> /tmp/result.log
/usr/sbin/xfs_db -c frag -r /dev/sdc1 >> /tmp/result.log

#バックアップ時間終了
echo end TIME:`date '+%Y/%m/%d %H:%M:%S'` >> /tmp/result.log
echo --- system backup end --- >> /tmp/result.log

#文字コード変換
#nkf -s --overwrite /tmp/result.log

#メール送信
mail -s `hostname`" is a result." hogehoge@sir-2.net < /tmp/result.log


こんな感じです。
外付けハードディスクやバックアップ用メディアのファイルシステムをxfsにしておくことで、断片化の状態をチェックし、必要に応じて手動でデフラグを行います。
バックアップ用メディアは、SDHCカードです。それ程容量は大きいものを使わないので、現状そうしているだけです。
そろそろ、32GBから大容量にチェンジしよかな・・・(笑)
結構安くなりましたしね。
microSDXCカードの方が。


これを毎日バックアップを取るなら、/etc/cron.daily/ に放り込むだけでOK。
頻繁にファイル共有を使わないのであれば、1週間おきでも良いと思います。


さて、7回にわたってRaspberry PiによるRasbianOSは、いかがでしたでしょうか。
Linuxをインストールやセットアップを経験された方なら、特段難しいことはありません。
ただ、普通のやり方ではインストールが出来ないので、これ以外の手順があれば教えて下さい。

さぁ、これで、小型PCが壊れても大丈夫な状態になったぞ。
問題点は、PMSの再生だけだな。
ネットで見る限りでは、出来るような感触があるんだけどなぁ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
インターネット光回線サービス10Gbps雑感 (2)
インターネット光回線サービス10Gbps雑感  -- 2018-02-10 Saturday。
インターネット光回線サービス10Gbps雑感  -- 2018-02-10 Saturday

昨年のこの時期くらいに書いていたなぁ。
と思い振り返りネタ。

さて、インターネット光回線サービスの10Gbps標準化はいつやってくるのだろう。
恐らく2020年頃には普及するんじゃないかな。と予想します。


まだだ。まだ、1年残っている。。。
しかし、この1年、LANカードのIFは少しずつながら出てきており、価格も1万円台にまで下がってきました。
でも、廉価帯マザーボードに標準装備はされていない。
この1年で登場しますかね。



仮にPC側が対応出来たとしても、ハブ(イーサスイッチ)側がまだまだ高い。
これをサクッと解消する方法は、無線LANの新規格である11axに有線LANポートを10Gbps標準化すること。
一部の無線LANでは、既に搭載されているけど、まだまだこれから。
この1年で2~3万円台で登場したら普及が進みそうな気がするんだけどなぁ。

今年後半くらいから、10GbpsのネットワークカードやUSBが出てくるんじゃないかと思います。

これは、全くハズレましたね。
ネットワークカードは出てきていますが、USBタイプはまだまだですね。


今年は、(スケジュール通り行けば)無線LAN新規格が秋口から冬にかけてドラフト版として登場します。
これは、1Gbps以上の速度が出ることが前提になるので、有線LANポートが1Gbpsのままだと、それがボトルネックになってしまいます。
個人的に有線LANの方が無線LANよりも冗長性、安定性、信頼性が高いので、このドラフト版とセットで10Gbpsの普及を加速してもらいたいですね。

んで、インターネット光回線サービスの10Gbps化は、2020年くらいに黎明期から普及期に入ってほしいです。(私の願望)
それまでは、まだまだと言った感じでしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
消費税増税前の購入タイミング
ただ、液晶テレビなどの黒物家電の場合、ちょうどBS4Kチューナー内蔵タイプの入れ替わりになるし、比較的高価格帯(最上位機種)に位置づけられています。
平成もあと2ヶ月半。
消費税増税にあたっては7月半。


さて、このまま行けば2019年10月は、消費税10%に増税されます。
こうなると気になるのは、購入するタイミングはいつなのか。ですよね。


ネットでは散々口酸っぱく仰るブロガーさんがいますが、ここで改めて購入するタイミングを確認しておきましょう。
まず、ここで確認しておくことは、7月~9月の第2四半期。
この時期に購入するのは、日用品や食料品に留めておくべきです。

何故なら、商売柄、駆け込み需要があるときは、需要が高いわけで値引きする必要がないからです。
需要が旺盛であれば、わざわざ値引きをする必要ありません。
似ているようで似ていないですが、需要と供給という点では昨年のpaypayで100億円あげるキャンペーンがあったじゃないですか。
あの時、ビックカメラでは値引きを随分と絞っていたんですよ。

ビックカメラで6万5千円で売られていたデジカメが“PayPay”のキャンペーンが終了したと同時に5万3千円に値下げされた?「まぁ、そんなものよね」

理屈はこれと同じで、わざわざ増税前狙って買いにやってくる客に値引きする必要が有るのか。ということ。
もちろん、数字が全てなので9月半ばになって、てんでサッパリな売上げになると緩むかも知れませんが、過去増税パターンを見るとそんな消費行動は決して無い。
じゃあ、どのタイミングが一番安値になるのかというと、ズバリ!

第1四半期!(4月~6月)

そして、昨秋発売された商品!

このあたりを狙えば満足感の高い買い物になると思います。
もちろん、決算期である2月3月もいいと思います。
特にクルマなんかは、3月末までに納車できる車種に絞れば、満足感が更に高くなりそうです。
(クルマの場合、決算期を過ぎると値引きを絞るのが通説!)

ただ、液晶テレビなどの黒物家電の場合、ちょうどBS4Kチューナー内蔵タイプの入れ替わりになるし、比較的高価格帯(最上位機種)に位置づけられています。
廉価価格帯で欲しいと思うなら、来年の決算期まで待つのが得策かと思います。
別にBS4Kチューナー内蔵は要らないけど、4K対応テレビは欲しい!と言う人なら、第1四半期で購入すると良いでしょう。

白物家電も、エアコンなどは当然第1四半期中に。
しかも、2019年度モデルではなく、2018年度モデルの在庫品を購入すると良いでしょう。
2月3月の決算中に購入するのも悪くありません。
なんせ指定工事日を比較的自由に選択できますからね。
消費税が10%になっても価格差が低い扇風機などは、余程のことで無い限り第2四半期中でも構わないと思います。
(多分、翌年の夏に買った方が安い気がします。)

家・マンションは、購入するタイミングがかなり難しいですね。
キャッシュと時間に余裕があれば第1四半期中で良いと思いますが、住宅ローンを組む前提なら早々と動いた方が良いですね。
家・マンションを値引きする前提で考えているなら、中古物件で当たりを付けた方が良いと思います。

大型家具や高級寝具も第1四半期か、第4四半期がベストですね。
ただ、これらの耐久消費財は、「その時に買うもの。」が正しい購入方法ではないでしょうか。

旅行は、さすがに好きにしろ。って感じですね(笑)

では、直前に購入して良いものはなんだろう?と言うと、私が思いつく限り下記の通りです。
・通勤通学定期券/回数券
・前売り(指定)券(切符や劇場など。ただし税別表記になっているものは除く。)
・値引きを全くしない商品(Apple製品とか。)
・ガソリン(こちらは相場で上下変動激しいので読めないし)
・お金に糸目を付けない人(笑)

これくらいでしょうか。
他にも探せば直前に買っても問題ないものもあると思います。
きっと増税後は、駆け込み需要の反動で、年末商戦になると半期決算よりも下がるんじゃないでしょうかね。
一人でも多くの人が、賢い買い物をして欲しいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ショッピング | comments (0) | trackback (0)
やっちまった代償は大きい
くら寿司のバイト、人生終了のお知らせ。



先週の2/6、すき家に続いてくら寿司でもバイトテロが発生しました。
(その後もバイトテロは続いていますが・・・)
こう言うのを繰り返し見るたびに、親の顔を見たいなぁ。なんて思います。
(ワイなら、顔面蒼白間違いなし!そして、子供をしばき倒す。)
そして、子供を抱える家庭にとって、リスク影響が強大になってきます。


インターネットがなかった時代は、こうした行為があったとしても内々の極小さな事で済まされていました。
例えば私、小学生の頃に田舎に帰ると、お供え物の炭酸ジュースをいとこ達で悪ふざけをしていました。
悪ふざけと言っても他人に迷惑をかけるようなことではなく、誰もいない公園で缶を開ける前に思い切り振って、プシューとビールかけのようなことをした位ですかね。
ようは、飲み物を粗末にしていたんですね。(家でやると怒られるの分かっているから.)

あと、外に置きっぱなしのメダルゲーム。
電源を入れて、最初に出る数字が「4」であることを知ったとき、適度に負けてから電源を抜いて入れ、「4」のところにボタンを押して廻してメダルをGetしてました。
(欲張って、MAXにすると「0」に停まることも確認済み。)
でも、だんだん面倒になって、結局はそのままメダルが全部回収されてしまいましたけどね。
かなりせこい話しですね。

しかし、大学生に進学してから始めた(高校時代は忙しすぎて殆ど未経験)バイトで、食べ物系を扱うところは、こんな事をする事は非常識である。
と教えられてましたので、一切無縁でしたね。
と言うか、周りがとても良い人たちに恵まれていたので、あんなバカなことはしなかったです。
(食べ物を粗末にするバイトばかりが集まるなら、私はそのバイトを辞めていたでしょう。)

結局、彼らがやらかしたことは、小学生の間に済ませられなかったことと、それをきちんと躾けることが出来なかった家庭環境が原因じゃないかな?
(彼らだけの責任ではない。)
そう言う意味では、今回くら寿司が起こした件については、社会的責任として一石を投じたと思います。

ただ。。。
くら寿司は前科があるんやねぇ。
「無添加、イカサマくさい」と書き込んだ人物の情報開示、認められず 無添くら寿司運営会社が敗訴 東京地裁
今回のケースとは異なるんですけども、くら寿司の顧問弁護士は、今度は勝つと睨んでいるんでしょうね。
これで負けたら、もう「飲食業界終了のお知らせ」になるかも知れない。
ライバル店にブラックバイト店員を送り込ませて、無茶苦茶やられる。なんて事も可能になりそうだし。
それだけじゃなく、株式上場の会社を狙い撃ちにして、事前に信用売りしておいて、翌日にバイトテロを起こして株価を下落させ、そして株を底値の株を買い戻す。
そんなストーリーも出来ちゃうんですよ。

今後、報道されるかどうかは分かりませんが、くら寿司もここまで本気を出したことですから、是非とも最後まで見届けたいと思います。
そして、これを機会に親子の間でしっかりと、食べ物を粗末に扱わない事を確認しましょう。
粗末に扱うなら記録と記憶の残らないようにヤレ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
ポケGOプラスが壊れました
相変わらずPokemon GOをやっている私ですが、ついに愛用していたPokemon GO Plusが壊れてしまいました。
相変わらずPokemon GOをやっている私ですが、ついに愛用していたPokemon GO Plusが壊れてしまいました。
終わり方はあっけなかったです。

・スマホとの接続が短時間で切れる
・接続してもモンスター発見してボタンを押すと接続が切れる
・ストップを発見して押しても切れない
・スマホを再起動してもダメ
・一旦プラスをアプリとスマホから削除して再接続してもダメ
・別のスマホに接続しようとしたら繋がらなくなった
・元のスマホに接続を戻したら無反応
・電池を替えても結果は同じ

と言う事でご臨終と相成りました。
発売当日に【相方】が買ったものですから、まぁ、そこそこに保ったと思います。

プラスのようなコンパクトさがほしいのですが、あいにくもう売っていない。
今は、こちらを買わなければならないようです。




う~ん、大きさがどれほどのものか分からないけれど、スマートさが無いんですよね。
Pokemon GO Plusは、マジックテープを使うことで、バイクやクルマのハンドルに取り付けて、運転の支障が全くない状態で楽しんでました。
(渋滞に見舞われても苦にならない。)

そこで、自己責任の原則で他にないか探してみたところ、これを見つけました。




2/6に注文。
2/7の午前中に届いたようです。

リストバンドがイヤなのでアクセサリーを追加注文しました(^^)

早速充電をしてみたのですが、本当に充電しているのかが分からないです。

並行輸入品なので、マニュアルは同梱されているも日本語はありません。
が、ここにありました。
名前は違いますが、中身は同じでした。

使って1時間くらいで自動OFFは、ソフトウェア側の仕様と言っても良さそうですね。
丸5日使ってみて感じたことは、連続使用12時間の仕様がよくわからないことですね。
と言うのも、3時間ほど連続(オフになったら再接続する)で使用したら、4回目の接続が出来なくなりました。
充電を開始して完了するまでも分かりません。
過充電には気を使っているのですが、充電完了したらバイブレーションで応答する機能くらいあっても良いと思います。
あと、電池の残量が分からないのも弱点の一つですね。
まぁ、モンスターボール Plusも分からないようですが、この辺の改良をこう言ったアングラアイテムにも期待したいところです(^^)


最後に公式以外の製品を使う事で、アカウント抹消される可能性があります。

そうした事を踏まえた上で、楽しんでいただければと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
ありがとう!Bye-Bye!
行政書士+コミックという組み合わせは、初期の頃に読んだ青木雄二氏の「ナニワ金融道」に通じるものがあったのですが、ここのところ、かなり現実離れのテーマばかりでついていけなくなりました。
先月、カバチタレ3 (22)巻が発売されたのですが、色々と勘案した結果、購入するのをやめました。
行政書士+コミックという組み合わせは、初期の頃に読んだ青木雄二氏の「ナニワ金融道」に通じるものがあったのですが、ここのところ、かなり現実離れのテーマばかりでついていけなくなりました。
時には、現実離れ過ぎた話しで引き寄せられたこともあるのですが、身近な話しからは遠ざかっていたので、私の中では21巻で打ち止めです。

本当にありがとうございました。
今後のご活躍を祈念します。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
設置して終わりではない。そこから始まる。。。
 2つ目は「不燃材の設置不備」。
屋根上の太陽光パネルが「燃える」、3つの原因

これは、とある市議会議員のブログで訴えていたことを思い出しました。
国民が知らない太陽光発電の実態①~消防官の危険と出火リスク
【拡散】国民が知らない太陽光発電の実態②~水害時の危険性
この記事を知ったのは3年前。あぁ、もう3年か。


さて、お家、マンションをお持ちの皆様、定期的に設備点検はされていらっしゃるでしょうか。
太陽光パネルに限った話では無く、お家やマンションの外壁、水廻りや車庫の屋根、風水害や地震のあった後の土台基礎の確認やアンテナ周りの工作物、屋根、汚水管などの点検はされていらっしゃるでしょうか。
私も実際にこう言ったケースがある度に、不動産屋に相談したり、専門業者にきてもらっては点検をしてもらい、必要であれば修繕をしてもらっていました。
昨年は、地震による基礎部分の剥離、台風と経年劣化によるBSアンテナの取り替え、汚水管破壊による交換などなど、細かい出費がありました。
数年前には、家庭内LANケーブルの張替(Cat5e→Cat6)も行いました。

工作物は、定期的に点検しないとダメだなあ。と思うと同時に、耐用年数≠実用年数ではない。あらためて知ることになりました。
BSアンテナはアナログ時代から使っていたので、耐用オーバー年数と言っても良いくらい。
LANケーブルは、西日に当たるところを経由しているので、10年くらいでアウトですかね。
リビングエアコンは、あまり使っていなかったこともあって、18年目でアウトでしたし。
外壁や屋根は、今のところ問題なさそうですが、前回の工事から10年目が経過するので、一回り目視と点検を依頼するために、貯金を始めないとまずいなぁ。


太陽光パネルも基本的には、工作物の一つで設置して終わりではないようです。
改正FIT法により、定期点検が必要な一つだと定められているようです。

家庭用太陽光発電に必要なメンテナンス|義務化の点検項目・費用・回数

メンテナンスを守らなかった場合、ケースバイケースで売電中止になるそうです。
しかし、上記リンクの点検相場を見ると、2~4年に1回とはいえ、かなり良い値段しますね。
点検1回あたり10万円弱だと、売電しても設置費用+メンテナンスでペイできないんじゃない?と思ってしまいます。
しかも、修理が発生したら+αが必要になるわけですから、他の工作物(ガス給湯器が例になるかな?)と比べると、これから太陽光パネルの設置にはかなり勇気がいりそうです。

この売電コストも電力会社の負担ではなく、我々が負担していることを御存知でしょうか。
始まった頃はそれ程の負担ではなかったのですが、今では結構な負担額になっていてしんどいです。
電気料金が値下がっても全く恩恵を授かっていません。
何とかならないもんでしょうかね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
Raspberry Pi 3 Model B+によるRasbianOS化(6)

RasbianOSのセットアップから運用までの連載です。
週一連載です。





(1) 事前準備
(2) セットアップ
(3) 各種設定(Wi-Fi NWやアカウント追加等)
(4) Open DHCP Server のインストール
(5) Playstation Media Server のインストール
(6) Webminとファイル共有サーバーの設定(sambaサーバー)
(7) バックアップ運用(バッチ)


ここまで来ると、もう何でもござれなんですが。
殆ど難しくありません。
ファイル共有サーバーについては、smb.confを設定すればいいのですが、私は面倒くさがり屋なので、Webminから設定しています。
なので、まずはWebminのインストールから・・・(笑)

wget https://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin_1.900_all.deb
dpkg --install webmin_1.900_all.deb
apt-get install perl libnet-ssleay-perl openssl libauthen-pam-perl libpam-runtime libio-pty-perl apt-show-versions python
vi /etc/apt/sources.list

deb https://download.webmin.com/download/repository sarge contrib ← 最終行に追加

cd /root
wget http://www.webmin.com/jcameron-key.asc
apt-key add jcameron-key.asc
apt-get install apt-transport-https
apt-get update
apt-get install webmin

これで終わり。
https://[Raspberry PiのIPアドレス]:10000/
を入力すればログイン画面が出てきます。


続いて、ファイル共有サーバの設定。
まずは、アカウントを作らなければならないので、ここはGUIで

1.Webminでユーザーアカウント(hogehoge)の追加
2.Webminでファイル共有の設定(/mnt/hogehoge)の設定

の順で説明します。

【1】 ユーザアカウント追加方法
① 「システム」→「ユーザおよびグループ」から「新しいユーザを作成」にクリックします。

webminによるアカウントユーザー追加01


② それぞれ、必要事項を記入します。当たり前の事ですが、パスワードは複雑化しておくことが重要です。

webminによるアカウントユーザー追加02


③ 既存グループは「users」にしておくことが無難です。そして、「作成」ボタンを押します。

webminによるアカウントユーザー追加03


ユーザアカウント追加方法は以上です。
CUIだと、色々面倒です。私は。。。


【2】 ファイル共有の設定方法
① 「サーバ」→「Samba Windows ファイル共有」→「新規のファイル共有を作成」の順でクリックします。

webminによるファイル共有の設定01


② 下記のように入力します。「共有するディレクトリ」は間違えないようにしましょう。
 一応、習わしとして、共有するディレクトリはホームディレクトリではなく、/mnt/xxxxx が一般的です。入力を終えたら「作成」ボタンをクリックします。

webminによるアカウントユーザー追加02


③ はい。出来ました。引き続き、「hogehoge」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定03


④ 「セキュリティとアクセス制御」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定04


⑤ 「書込み可能にしますか?」には、「はい」にします。
 「hogehoge」ユーザ以外のユーザにアクセスさせないようにする場合、「有効なユーザ」にしておくとベストです。
 必要事項の入力を終えたら、「保存」ボタンをクリックします。

webminによるファイル共有の設定05


⑥ 引き続き、「保存」ボタンをクリックします。

webminによるファイル共有の設定06


⑦ sambaサーバーとLinuxサーバーのユーザーはそれぞれ別々なので同期する必要が有ります。
 まずは、sambaユーザに「hogehoge」ユーザが無いことを確認します。
 なので、「Sambaユーザ」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定07


⑧ 以下のように初期の場合、「nobody」以外はありません。
 「共有リストに戻る」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定08


⑨ 戻ったら、「ユーザの変換」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定09


⑩ 「ユーザの変換」をクリックして同期します。

webminによるファイル共有の設定10


⑪ 変換が終わると、この様に出ます。

webminによるファイル共有の設定11


⑫ 実際、追加されたかどうかを再度、「Sambaユーザ」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定07


⑬ ちゃんと追加されてました。
 再び、「共有リストに戻る」をクリックします。

webminによるファイル共有の設定13


⑭ sambaサーバの設定を有効にするため再起動します。

webminによるファイル共有の設定12


以上で設定終わりです。
Windowsのパソコンから、「¥¥ファイル共有サーバー名¥hogehoge」と入力してEnterを押すと、ユーザ名とパスワード入力画面が出てきます。
そこで、hogehogeとhogehogeのパスワードを入力することで、エクスプローラーが開くはずです。
頑張ってやってみて下さいね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
今日は運命の日 Part2
先週に引き続き、運命の日 Part2です。
先週に引き続き、運命の日 Part2です。
先週ほど、緊張はしていないのですが、やり尽くしてこようと思います。

3連休のど真ん中にぶち込んでくるあたりは、さすがだなあ。と感心しています。
スケジュールがタイトなんでしょうね。
それにしても、何もしていないけど大丈夫だろうか。
それだけが心配(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
Vivaldi 拡張機能お奨め9選(Chrome系に有効)

以前、広告ブロッカーの拡張機能を紹介しましたが、その前後して私が拡張機能を追加しているものがありますので紹介します。
10選にしたかったけど、これ以上お奨めできる拡張機能はありませんでした(笑)
では、一発目から行ってみよう!

Adblock Plus

改めての紹介ですが、前回紹介した広告ブロッカーですが、これをインストールしても完全に防げないものもあります。
そこは、許容する(Facebookを使うと良く分かります。)しかないですね。
PC版Chrome系ブラウザの広告ブロッカーを入れる  -- 2018-10-10 Wednesday

ただ、全てに広告ブロックしてしまうと、本当に有益な情報な広告までが見られなくなったり、レイアウトが崩れたりすることもあります。
そう言う場合は、許容してやるしかないでしょう。


Pop up blocker for Chrome

広告ブロッカーを入れても行儀の悪い広告があります。
それはポップアップ広告。
いきなり画面いっぱいに出てくる奴です。
そんな時は、これで対応しましょう。
しかし、広告か否かは判断してくれませんので、そう言うときは「一時的に許可」するを選択してやると良いでしょう。
何度か同じサイトで繰り返し表示されて、許容できる内容でしたら「許可」を選択しましょう。


The RSS Aggregator

ブログやニュースをメインにWebサーフィンをしている人にお奨め。
Operaを使っていたならとっつきやすいRSSフィーダーです。
最近では、他にお株を奪われてしまってすっかり下降気味ですが、大手企業の公式ニュースはこの機能が付いています。
私は、十数社の企業をチェックしています。


はちまバスター

悪質なブログサイトのリンクを無効にする機能です。
殆どの人は、気付かないと思いますが、残念ながらアフィカスサイトがいくつか存在し、その中でも「はちま起稿」と「俺的ゲーム速報@刃」は、ゲハブログと呼ばれており、忌み嫌われたサイトの一つである。
何故嫌われているのかは、リンク先を読んでもらった方が話が早い。
私も始めは、誤解を招くことがあって有識者からしばしば指摘された。
これを入れておくことによって、あらゆるWebサイトからリンクが引っかかると、踏めなくなります。
拡張機能オプションを入れることによって、それ以外のサイトを追加することが出来ますが、あまり多くのサイトを入れてしまうと挙動不審になるようです。


Keepa - Amazon Price Tracker

Amazonでお買い物する人には、是非とも入れて欲しい拡張機能。
これを入れることによって、全期間の価格動向がチェックできる。
特に家電製品やPC、おもちゃは必須でしょう。
駆け込み需要があるとき(消費税増税など)や、人気のある商品は、これで一発です。
我慢して嵐が過ぎるのを待つか、仕方なく高値で買うか。
また、Amazonのタイムセールも過去でわかるので、その商品の価格動向が分かると思います。


Stealthy

これは万人にはお奨めしないのですが、発信元IPアドレス偽装ツールです。
無料版と有料版があるのですが、無料版にすると極端に速度が遅くなるときがあります。
最悪タイムアウトでページが表示されないときもあります。
じゃぁ、有料版にしたら改善されるのか、と聞かれるとレビューを読む限りそうでもなさそうです。
私は普段オフにしているのですが、海外の怪しいサイト(Linux関係で出入りしているアングラサイト)に行く時に使いますね。


Block Site

特定サイトをブロックする機能。
あまり実用性を感じていない。
後述する拡張機能と合わせて保険としてインストールしています。


uBlacklist

Google検索結果から、次回から表示させないようにする機能。
私自身、検索結果でゴミページがあまり出ないため、あまり有用していない。
頻繁に欺される人には、これとBlock Siteを併用することをお奨めします。


Disable JavaScript

JavaScriptを無効にする機能。
これを使うところって、そんなに無いのですが、例えば広告ブロッカーを入れた状態でサイトに訪れると、「広告ブロッカーを無効にしないと見せてあげません。」的なページに飛ばされることがある。
この手法の殆どは、JavaScriptによって検知しているので、この検知を無効にすることでページが閲覧できる仕組み。
それ以外にも、右クリック使用禁止のポップアップとかも、殆どがJavaScriptなのでこれを入れることによって対策が取れます。
ただ、何でもかんでもJavaScriptを無効にしてしまうと、サイトによっては表示がガタガタになってしまうこともあるので、ケースバイケースでオンオフを使い分けて行きましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28