•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

震えて待つと良いな

イーロン・マスクお墨付きの社内文書「Twitterファイル」でTwitter社内で民主党員の削除要請を優先的に受理しバイデンの息子の汚職を隠していた実態が発覚、今後は「シャドウバン」についても暴露予定

これはなかなかショッキングなニュースですね。
TwitterのCEOがイーロンマスク氏に代わってから、Twitter内部での暴露記事が出てきています。
ほんの一部分だけですので、これからどんどん現場であくどいことが発覚するんじゃないでしょうか。
アメリカだけでなく、日本でも是非やって欲しいですね。


日本でも和製リベラルがかったTweetが流れてきて、鬱陶しいなぁ。と思いつつスルーしてきたのですが、これについて自ら暴露した事で話題になりました。
なので、他にもあるんじゃないかなぁ。と思いながらも、日本法人で色々と暴露してもらいたいなぁ。なんで思います。
これで、言論の自由(もちろんその発言には責任があることは当然ですが)を守るためにも、恣意的な方法でアカウントBANしたりした理由を公開されると面白いのにな。
なんて思っています。


そうすれば、何故日本法人の広報担当が全員解雇されたのか、みんな納得いくのではないかと思います。
これまでも、たびたびTwitterで前触れもなくアカウントBANされて、中にはそれ専門の弁護士を雇って回復したというのも見ましたから。
アカウント回復するための申請は、全く役に立たなかったような記事を読んだことがあります。
ただ、日本法人の広報担当とアカウントBANをする担当が同じかどうかは私には分かりませんけども。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 18:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
わずかいっちょまえ



2017年02月25日発売
2022年11月15日注文
2022年11月27日読了

リビングゲームの作者でもある星里もちる氏の作品。
99円だったのでポチったんだけど、今見ると結構な御値段しますね(苦笑)
パッと見た感じ、これは最近描かれた作品ではないな!と直感。
一通り読み終えた後、Wikipediaで調べると1990年に描かれた作品であることを知る。
その割に画質が良かったので、最近スキャンして高画質したのかな?と思うほど読みやすかったです。
孔雀王の時もこれくらいの画質を望みたいのだが・・・


で、内容の方なんですけれども心が温まるようなお話しです。
交通事故しした愛犬マッハ号が和好ちゃんを助けたいために天界から地上界に降りてきたんだけれども、最初は会いたい一心から心変わりをして遠くから見守る。
そして、最終話でやっと和好ちゃんと再会するんだけども時間切れで天界へ戻っていく。。。
最後のシーンなんて、「ボクはツカレタヨ。パトラッシュ・・・」みたいな感じでした。
30年の時を超えても色褪せない作品だなぁ。と思うほど、良い作品です。
あまり変にダラダラと続かせず、1巻でスパッと終わらせているところが素晴らしいですね。
もう少し、愛犬マッハ号のエピソードがあると良かったのですが、それはそれで致し方なしでしょう。


その割にお奨め度が標準であるのは、以下3点。
・平成生まれの人には伝わらないところがある
・昭和生まれの私でも、「?」のところがある
・価格が高い(400円台が限界)
と言う事です。
99円で購入した私は、★5つですね。

ただ、全編を通して犬を飼っていた人なら読んで欲しいかも。
あぁ、うちのワンコも地獄で手ぐすね引いて待っているかな・・・?


お奨め度:★★★☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
海外の日本人観客(サポーター)と国内の日本人観客っを見比べて気付いたこと

サッカーワールドカップ、初陣の対戦相手ドイツと決勝トーナメントをかけたスペインに勝ったことで国内は大いに盛り上がりましたね。
ドイツ戦は私も途中まで見ていたのですが、先制点を入れられて(仕方なかったPK)「これは見てはダメなパターン。」を察知して切りました。
翌朝、おは朝で物凄く盛り上がっていたので、「お!勝ったんや!」と思って少しテンションが上がりました。
スペイン戦は始めから勝てる気しなかったので、いつも通り起きておは朝を見たら、空元気なのか異様なテンションで「負けたんか。」と思ったらそうではありませんでした。
おめでとうございます。


さて、こう言う時に必ずと言って良いほど話題になるのはサポーターです。
海外へ応援に行くサポーターの礼儀作法が評判良いとニュース記事になります。
それはそれで、良い事なんです。
そこは全く否定しません。


じゃぁ、日本人のスポーツ観客ってみんな良いのか。と聞かれると、私は必ず「No!」と返します。
それはいつだったか忘れたのですが、こう言う記事です。
那須川天心の試合後の東京ドームが“ゴミ溜め”化、マナー違反に「胸糞悪い、2度と使うな」の声


こう言う客層もいるわけですよ。
国内には。
格闘技とサッカーという違いはありますけれど、観客という括りでは同じです。
じゃぁ、同じサッカーで国内はどうなのか。
全く報じられません。
いつも結果だけでサポーターがゴミ拾いをしている記事は一切出ません。
国際試合が国内であったとしてもです。
あると言えばサポーターが声出し問題でしょうか。(私はちなみに声を出す応援は大賛成です。)
何故なんでしょうか。


私はない知恵を絞って考えた結果、
・海外へ応援に行くサポーターは基本お金を持っている
・お金を持っているサポーターは幼児/幼少教育で親から礼儀作法を躾けられている
・観戦後の清掃は、言われなくても自発的行動が出来ている
・親子で海外へ応援に行くと、子供は親を見て育ちますから教育の鏡になる
・それが繰り返される
と思ったんですよ。


サッカーに限って言えば国内のサポーターにも礼儀作法が出来ている人もいれば、そうでない人も一定数いるんじゃないかと思うのです。
なので、国内で国際試合があったあとでも、こうした奉仕活動をしても報じられないんじゃないかと。


「そもそも格闘技の客層はサッカーとは違う。」


と言う人もいるでしょうが、別に格闘技じゃなくても野球でも言えるんじゃないかと思うんですよね。
野球でも阪神ファンは、マナーを守らないことで一躍有名になりましたからね。(今年の横浜戦で。)
それ以外にも、一部の阪神ファンは阪神が負けると暴徒化して、暴れ回るという事を聞いています。


なので、私の中では
・国内でも海外と同じくらい真面目なサポーターやファンはいるけれど
・一部がそれを無にするくらい酷いサポーターやファンがいる
と言う事なんだろう。と思います。


ニュースWebサイトも、海外サポーターの奉仕活動を美化するのではなく、国内サポーターの奉仕活動についてもちゃんと取材して下さい。
そうする雰囲気を作り醸成することで、国内のサポーターやファンの質も上がるのではないかと思います。
そして、アホみたいにはしゃいでいるにわかサポーターを全国放送しないでいただきたい。
調子に乗りよるから過激になって質が低下していくんですよ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
投資は楽して儲かりません





根気も必要です。
1日パソコンの前やスマホを片手にポチポチやっているわけではありません。
ツイートの2コマ目にもあるように、情報収集とかしなくてはなりません。
それでも、マイナスになっている方が多いです。

「じゃぁ、何でマイナスになってまで投資しているの?」

と聞くと思いますが、いわゆる「塩漬け」状態にしており、その状態からでも上場企業のなかでは、利益が出た年になると株主還元で配当金が貰えるからです。
1株2円とか0.5円なんてのがありますが、それでも貯金しているよりも遙かに高利率です。
通常100株単位なので、1円でも100円の配当金が貰えます。
銀行なんかは、今100万円預けてても10円です。
その10円から20%強の税金がかかります。なので7~8円くらいですね。
全然割に合わないです。
株は日々連動していますから、1株=???円で定まりませんが、だいたい1円から数百万円まであります。
私が株を購入する会社はだいたい2,500円/株くらいまでの物を買っています。
なので250,000円位ですかね。
それでも、配当が10円なら100円です。NISAなら税金がかかりません。
証券会社によっては売買手数料もかからないところがあります。
なので、100円丸儲けです。
利息にすると0.04%ですが、だいたい半年に1回なので、年2回にすると0.08%になります。
その一方で、1株10円で0.5円の配当をする会社もあります。
100株で1,000円なので、50円の配当が年に2回なので100円。
利息にすると、10%ですよ!
こんな高配当は、そうそうお目にかかりませんよ。


それだから、株式投資をするわけです。
もちろん、損をすることだってあります。
私が買った某自動車メーカー。
1株2,300円だったのに、今は600円台を推移しています。70%超えの下落ですよ。
もう10年以上塩漬け状態です。
それでも、時々配当金が出ます。
2,300円の時に買った株価からすると、微々たるもんですけどね。
でも、銀行に預けているよりかは全然良いです。
銀行なら2.3円の利息ですよ。話になりませんね。


もちろん、常に配当金が出るわけではありません。
業績が悪いと下がりますし、株主優待も縮減傾向です。
(割と欲しいものがなくなるのは悲しい。)
そこがポイントですね。


なので、Tweetのように投資について無知な人が発するお言葉は、「まぁ、仕方ないよなぁ。オレもそう思っていたし。」という感じで受け止めています(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (10人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー::投資(株・先物など) | comments (0) | trackback (0)
どうやって、VBAを学んだか?




この人の動画を視聴して、私もこのブログに書くヒントを得たので残しておこうと思います。
私の場合、仕事柄と言うのもありますが、そもそも、Excel VBAは入社して5年後くらいに会社の研修で学んだのが最初です。
当時私はロータス1-2-3(平成生まれには知らん罠)を使いこなしていて、関数を使いまくっていたのですがマクロはちんぷんかんで組めなかったんです。
そこで、会社から当時大型汎用機を学んでいる社員を、時代がこれから蔵鯖クラサバの時代になると読んで強制的に受けさせられたんです。
当時、研修で2週間?くらい学びましたがサッパリわかりませんでした(苦笑)


それから更に2年後に担当異動で、クラサバの世界へ放り込まれたんですね。
汎用機でのデータベースは理解していても、クライアントコンピューティングのデータベースはまるっきり違っていたので右往左往したんです。
それで、私に与えられたミッションとして、OracleのデータベースサーバーからAccessへの取込を定期的に行うツールを作る。
と言う事を始めました。
Excel(表計算)ソフトではなく、Access(データベース)ソフトのVBAを本気で学んだんですよ。
と言っても、誰も教えてくれる人はおらず、当時はどうしていたかというと参考書やYahoo検索で必死に調べまして、ODBCという素晴らしい翻訳機を知りまして、それを私のマシンに入れて手動でコピペしたのが始まりでした。


しかし、だんだんそのデータ量が多くなってきて手作業するのが面倒というか、もしも違ったものになったら大変な事になる!と言う事で、汎用機で培った自動化ツールを作成したのがAccess VBAの始まりです。
そこでも、検索しまくって情報を仕入れてとにかくトライ&エラーで何度も何度もやってはやり直して、デバッグ作業を繰り返した結果、半年くらいで完成しました。
(仕事の合間に作っていたのでけっこうな時間がかかったんですよ。)
本当に、DAOとADOの違いに苦労しましたよ。


そして、データベース担当から外れて今度は(プログラムの)ソース管理人に着任。
これがねぇ、当時LANの速度が10Mbpsしかなくて、そこに数百本のソースが一気に納品されてきて、ソース管理サーバーに依頼書とにらめっこしながらコピペしていたんですよ(笑)
もうスピードが遅くて遅くて、当時の残業時間が過労死ラインを軽く超えるくらいを年中やっていて、コピペがなっかなか終わらなかったんですよ。
当然貸出もあったり、開発が二重三重四重と併走し始めて、さすがに脳がパンクしそうになって初めて上司に訴えたんですよ。


「もう、頭が変になる。だから、1人では出来ないから要員を増やしてくれ!」
と。そして、紆余曲折があって2人来てくれて、私は温めていた自動化ツールを始めたんですよ。
それが、ExcelとAccessによる組み合わせでVBAを組んだんですね。
もちろん、やりたいことを検索してトライ&エラーでやって、これで「ある程度」は時短に繋がったんですよ。
そして、依頼書の管理簿も自動付与するようにして、申請する側も簡単に出来るようにしたんです。
これを3年くらい続けて、「ライブラリ管理総合ツール」というメニューを作ったんです。
今では多分使われていないと思いますが、今もその担当は存在していて5年前に別担当で必要を感じてそのツールをメールで送ってもらうよう頼んだところ、現存していた上に改良工夫されていてうれしかったモノです。
(とっくに違うものに置き換わっているものと考えていたから。)


こうして、私はVBAを学びました。
そして、今ではExcel+Access+Outlookと言う複合技も使っています。
まぁ、Outlookはメールを作って送信待ち状態なのですが。
そうそう、全社員にメールと初期パスワードを送るのに1人ずつ作成するなんて非効率だから、Excelにメールアドレスと社員名と初期パスワードを書いておけば、ボタン一つで一気に全社員分を送信することだって可能です。(メールサーバに負担をかけない工夫もしております。)
今ではそのツールは使われなくなりましたが、当時は誰かが思い出したかのように、私を指名して「あのツール、あったよなぁ。」と言ってきます(笑)


とにかく、私がVBAを使いこなすのは、
・いかに簡単で時短(作業の効率化)
・そして間違わずに確実に(正確性)
・出来る事(自動化)
なんですね。
ルーチンワークとなっていることは、極力自動化してしまって、さっさと終わらせることなのです。
これが、なかなか会社に評価されないのが悲しいところなんですけどね(涙)


この動画のように、分からないところはVBA記録ボタンを使うと良いです。
これだけでも、かなり進歩しますから。
そこから深化しようとするとなると、もう今ではGoogle先生やアヒル先生で検索するといっぱいでてきます。
やりたいことをボンヤリと検索窓に入れてやると、答えがひょこっと現れてきます。
それをトライ&エラーでやり続けるだけです。
出したい結果が分かれば、自ずと道は開けます。
例え汚いソースコードであったとしても(笑)


そう言えば、PowerPointとWordだけはVBAで組んだことないですわ。。。
あんまり使うことがないのでねぇ。
奥が深いですよ。VBAは。
APIを使いこなすと、最早無限大と言っても良いくらいです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (9人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Webコミックに馴染めない

電子書籍にハマっているのに、何故かWebコミックには見向きもしない私です。
ども。
一時期、海賊版サイトが話題になって、今でも絶えずに出版社が苦労されています。
その一方で、スマホアプリを中心に無料で読めるコミックとかPCのWebで読めるコミックとか結構あります。
私も、「衛宮さんちの今日のごはん」を知ってから、少しの間だけ見ましたがやめました。
それは何故か。


・まとめて読みたい
・あとで修正が入る
・配信間隔が分からないので忘れる


以上3本です。
それでは、また明日~~~♪



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (16人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
偽microSDメモリーカードの見破り方

【偽造SDカードを使うとこうなる】ラインナップにない容量のモデルを確認! マトモに使えないので注意せよ

私は、基本的にこう言う系はAmazonで購入しているのですが、時々、「kOnozamA(このザマ)」に引っかかる時があります。
(知っていてわざと引っかかって、このブログで啓発記事を書いたこともあります。USBメモリだったかな。)


今では、microSDメモリーカードを購入する時は信頼出来るメーカーからしか購入しませんが、相変わらずAmazonやメルカリやヤフオクでは、容量偽装をした偽物が出品されているケースが少なくありません。
Amazonの場合は、カスタマーに連絡して返品手続きをすれば返金されるのですが、メルカリやヤフオクではちょっと厄介です。
ましてや、Amazonで騙されてそれをメルカリやヤフオクで転売するとなると、貴方のアカウントに傷を付けるだけでなく詐欺や商法に関する罪等で逮捕される可能性があります。
なので、この手のものは記事にも書いてある通り確認が必要です。
市場価格より異様に安いメモリカード(5,000円前後で売られているモノが1,000円とか)は、「まず詐欺!」と言っても過言ではありません。
Amazonの場合、ピンキリなので価格調査が難しいのですが、そう言うときは、kakaku.comで検索ボックスに、「microSD ○○GB」と入力して検索すれば、だいたいの値段が分かると思います。
また、これもAmazonですけれど、「マーケットプレイス」と書かれている商品は、返品が困難になるだけではなく、個人情報が抜き去られる可能性がありますので。
(食料品はそうでもないけれど。)


安く手に入れたいのは人の心理ですが、詐欺たちはそこを狙っているワケなので、騙されないようにしましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (15人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
【シリーズ・その33】いててて・・・

今日の歯医者は午後からだしのんびりするか~。と思って9時前に起床。
そして、朝食を摂ってブログ連携をして、Outlookの予定表を見る。


「ん?9時30分歯医者?あれ?15時では・・・?」


と思って、慌ててスマホのアプリで確認をする。


予約:10時30分


∑(ノ ̄┏Д┓ ̄)ノ ウオオォォォォォォォー!!
やべぇ!急いで着替えて準備しなくては!
と言う事で大急ぎ着替えて自宅を出発する。





何とかギリギリ3分前に到着。
今日の治療は30分なのですぐに終わるだろうと思っていた。
治療目的は、右下奥歯のインプラント準備だから。


さて、型取りする前に左下の部分矯正の修復を始める。
それが結構時間をかけて、「これ30分で終わるかなあ?」と言う感じで進む。
すると埋め込んでいるインプラントの土台をぐりっと廻されて、「うっ」と痛みっぽいモノが来る。
グリグリ回すので、「ん!」と声が出た。
担当医から「痛いですか?」
と聞かれたので、
私は、「はい。」と答えた。


すると麻酔をする事になり、それで何とか痛みが緩和して治療続行。
モニターの時計を見たら軽く30分を超えていた。
あぁ、やっぱり・・・
と言う感じで部分矯正の修復を続けて終わる。


それから、上全体と下全体、噛み合わせの型取りを行って、それはサクッと終了。
これだけだったら、本当に30分以内で終わっていたな。と言う感じでした。
そのあと、担当医と歯科助手さんが何やら話をしていて、それが終わってから歯科助手さんがインプラント手術の説明をされた。
これが結構長いんだけど、かなり重要なことらしい。
それで、同意書にサイン。
費用についてサイン。
12時にやっと終了。


結局、1時間半もかかってしまう治療でした。(そのうち30分は説明なんですけれど。)
いよいよ、ダーっと歯科矯正からインプラントへと高額治療が押し寄せてきます(笑)
それで、次回の予約決めなのですが、2時間くらい時間が必要とのことで、その予約を調整したのですが、なかなか空いている時間が無くて、結局来年1月7日10時15分で確定。
それで、薬を渡されました。当日朝に必ず1錠服用するとのこと。
なかなかシビアである。
忘れないようにしなければ・・・


実はその日、歯科検診なのですが、別の日にずらすと言う事で決まりました。
歯科検診日を1月13日9時から。
この日は午前年休を取らざるを得まい。


すると、会計時に部分歯科矯正のチェックを行いたいので、3週間後に来て下さい。と言われて、あいにく土曜日は全部NG。
なので、平日の12月27日18時に行くことが決まった。
何とも年末の慌ただしい時期である。
仕方あるまい。

で、肝心なお会計ですが3,690円。
最後にCTスキャンを行ったのが大きかった。
それにしても、注射とか処置や薬に点数が入っていないのは、実にザックリとした保険点数だなぁ。と思いました。
まぁ、自由診療費用に含まれているから。と言う事か。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (21人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 医者::歯医者 | comments (0) | trackback (0)
Kindleにしては高価格だなぁ

ペンで書き込める大画面キンドル「Kindle Scribe」発売 「紙の本のように使う」

正直、白黒でペンタブレットのようなものですが、この御値段で出してくるとはちょっと驚きました。




2万円台なら・・・と思っていたんですけれど。
やはり、ここにもインフレの波が押し寄せてきているのでしょうか。
これを買うくらいなら、私はシャープの電子メモ帳を買います。




この機種とは違いますが、職場で大活躍しています。
もう、こいつなしでは仕事が出来ないくらいの相棒です。
スケジュール帳も付いていますが、そちらはスマホでとPCのOutlookで充分といった感じですね。
私の場合、あくまでもメモ帳に特化していますので、毎度の事ながら最後に充電したのがいつだったのか忘れるくらい、かなり長持ちするのですよ。
バックライトがないので当然なのですが、これくらい割り切ってくれないとダメです。
合皮製カバーのペン差しがだんだんボロボロになってきているのですが、そこは割り切っていて新しいカバーは考えていないです。


今度のプライムデーで少し安くなるだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (19人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
NISA恒久化

NISA恒久化、貯蓄から投資へ 預金1000兆円を誘導

まだ確定事項ではありませんが、確定になれば投資家には朗報になります。
後日、似たような記事を書きますので詳細は割愛しますが、5年ごとの更新がなければ積極的にやりたいですね。
ついでと言ってはなんですが、持株制度もNISAに組み込んでくれないかなぁ。なんて思っていたりします。


ただ、何度も繰り返しますが、投資はリスクが必ず付きまといます。
預貯金も国が破綻しない限り大丈夫ですが、1,000万円/銀行までしか保証しません。
なので、それ以上持っている人は投資や他の銀行に分散した方がよさげです。


投資する気がないなら、ゲーム感覚で安い株(1株1円~20円台)をぶっ込んでみてはどうでしょうか。
100万円なら100万株(1株1円)買って、2円になったら売却予約設定をしておけば、200万円入ってきます。
NISAの場合、120万円/年までなので1回限りになりますが、それでも銀行で100万円預けて1年間の利息は微々たるモノです。
ただし、その企業が倒産したらパーになるので、そう言うリスク覚悟が必要です。
よく分からない場合は、ネット証券取引を選ぶのではなく、手数料を払ってでも電話や窓口のあるとレーダーに相談した方が良いですね。
必ずしも儲かるとは限りませんけどね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (25人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31